タグ:茨城県

行った日:2018.8.13
コース:関東鉄道常総線騰波ノ江(とばのえ)駅(10:00)~関城~大宝城~下妻城(多賀谷城)~常総線下妻駅=汽車=守谷駅~守谷城~守谷駅(16:00)



どうも天気の様子が芳しくない。山小屋の予約をキャンセルし、城見物にでかけた。



関東鉄道常総線の1両編成の汽車に乗り、騰波ノ江駅で降りた。
梨畑が続く道を歩くと、


イメージ 1
関城(国指定史跡)を望む。


関城は低地に囲まれた台地上にあった。低地にはかつて大宝沼が水を湛えていたらしい。



イメージ 2
関城。



イメージ 3
関城。



イメージ 4
関宗祐のお墓。南朝方として北畠親房を迎え入れた。約二年の籠城(1343)に耐えるも落城。



イメージ 5
関城。土塁跡。



イメージ 6
坑道跡。攻城軍高師冬が城内を目指して掘らせたと伝わる。


城内は民家などが多く進出していた。低湿地の中の微高地と言う事で、昔も今も住むのには適した場所なのだろう。関城跡は、城内よりも遠望がいいのかもしれない。




関城北側から糸繰川に出て、南下。大宝城を目指す。草いきれの強烈な糸繰川の土手上を歩く。この頃よりギンギラギン。日陰はない。
左手に木陰を見つけ糸繰川を離れる。水をガブ飲みして、煙を吹かす。
腰を上げて少しだけ進むと、そこがこれまた国指定史跡の大宝城の一角だった。



イメージ 7
大宝城搦手口。


イメージ 8
大宝城土塁?切岸?



イメージ 9
大宝城内大宝八幡宮。平安末期には存在が確認される。


大宝八幡宮があり、そこを城郭化したものと思われる。


イメージ 10
大宝城。南北朝期、関城と連携し反足利勢力として南朝の拠点となる。


後年、室町期には結城氏家臣の多賀谷氏が領有。
大宝八幡宮に現存する梵鐘は武蔵国崎西郡渋江郷平林寺のために鋳造されたものと伝わる。多賀谷氏の御先祖は、埼玉郡多賀谷郷。野与党の道智氏から出ているとも言われる。渋江郷も野与党の領域であり、何か関連があるような気がする。ムフフフッ・・・。


イメージ 11
大宝城南側の土塁。



イメージ 12
大宝城南側の土塁。城内には小学校、幼稚園、保育園の他、民家多数あり。


大宝八幡宮参道脇の土産屋で、ラーメンを食い、お冷のガブ飲み。店員が話しかけてきたので、関城から歩いてきたと言うと、「大宝城関連要図」という印刷物を手渡された。


さて、お次は下妻城(多賀谷城)じゃ。
あまりの暑さに、途中でアイスクリームを購入。なれないものを食ったら腹が痛くなった。


イメージ 13
下妻城。(多賀谷城祉公園。)



イメージ 14
石碑には多賀谷氏。



イメージ 15
下妻城・多賀谷城の最盛期は、とんでもなく広かった。


下妻城は多賀谷氏により1460年頃に築城され、暫時拡張。16世紀末期には南北2.5km東西1.5kmに及ぶ広大な城域となった。残念ながら現在は、都市の中小規模の公園の中に「多賀谷氏」が石碑に顕彰されているにとどまる。街中を歩けば、土塁や掘り跡が残存するようだが、そこまではねぇ~。


多賀谷城址公園から、関東鉄道常総線下妻駅は近かった。

下妻駅から汽車に乗り守谷駅に向かった。


守谷駅で下車。ここは「つくばエクスプレス」が開通してから急速にに発展した街だ。駅頭には「2017住み心地日本一」の横断幕がかかっていた。しかし、歩く者には、決して歩きやすい所では無かった。完全に車社会のための街づくり。


駅から守谷城を目指すも、迷い気味。もともと守谷城の位置もハッキリしていなかったし、守谷城を案内するものもない。ただ、森林公園のそばという情報だけがたよりだった。
つくばエクスプレスの高架下を北上。人影は無い。やっとみつけた親子連れに「森林公園」を聞くと、この道を真っ直ぐいけばいいと言う。しめしめと思うも、すぐに行き止まり。う~ん困った。勘で右に進んで左へ。こんな時に雨が降ってきやがった。それもとびきりの豪雨が。雷も鳴っている。近くの橋下に避難。遠くには薄い青空も見えるので、煙を吹かせていた。15分も橋下にいると、小降りになってきたので再出発。
ふと、左手を見ると、小高い森が見えた。おおっ、森林公園か!森に入ると公園化した森だった。勘で右に進むと若者がこちらに歩いてくるので、「守谷城は知りませんか」と聞くと、「知りません」との事。う~ん、まずいねぇ。所が、そこから1分も進むと、森が終わって駐車場があって、「守谷城」とあった。



イメージ 16
いきなり現れた守谷城の案内板。



イメージ 17
守谷城。



イメージ 18
守谷城中心部の平場。



イメージ 19
守谷城。堀切か?



イメージ 20
守谷城。


守谷城の成立期は不明だが、下総千葉氏の一族相馬氏の城と考えられている。上杉謙信越山時の「関東幕注文」に古河衆として名を連ねているので、古河公方傘下であったと思われる。が、その後の後北条氏による関宿城攻撃などを受けて北条傘下に入ったものと思われる。


雨は上がった。
蒸し暑い中、守谷駅に向かった。



城ブームだそうだが、大宝城の大宝八幡宮以外は、だぁ~れも居なかった。

行った日:2017.8.5
コース:上野駅(9;40)~不忍池~旧岩崎邸庭園~根津神社~六義園~旧古河庭園~飛鳥山公園(旧渋沢庭園)~江北橋~東武スカイツリーライン竹の塚駅(16:30)



「でっか字まっぷ東京」を携えて、上野駅で下車。
まずは、不忍池に向かおう。





イメージ 1
台東区上野不忍池。



イメージ 2
不忍池。


お次は、


イメージ 3
台東区池之端。旧岩崎邸庭園。


不忍通りを北上。


イメージ 4
文京区根津。根津神社。



イメージ 5
根津神社。


道に迷って、なぜか東大地震研究所前などを通過し、本郷通りに出て北上。



イメージ 6
文京区本駒込。六義園。



イメージ 7
六義園。



イメージ 8
六義園。



本郷通りをなおも北上。



イメージ 9
北区西ヶ原。旧古河庭園。



イメージ 10
旧古河庭園。



イメージ 11
旧古河庭園。



イメージ 12
旧古河庭園。



本郷通りをさらに北上。



イメージ 13
北区王子。飛鳥山公園内旧渋沢庭園。



イメージ 14
飛鳥山公園。


飛鳥山公園の北端におかしな乗り物があった。無料との事で乗ってみた。



イメージ 15
エスカレータがわりのモノレール。


モノレールを降りると、目の前がJR王子駅。


豊島橋で隅田川を渡り、足立区に入る。



イメージ 16
江北橋で荒川を渡り、


尾久橋通り、環七、尾竹橋通りと繋いで、東武スカイツリーライン竹の塚駅まで歩き、ダウン。ここで鉄道に乗って帰宅した。

行った日:2017.1.28


いろいろあって、高峯歩きは短時間で終わった。
加波山麓、筑波山麓の下道で帰る途中、真壁城を思い出した。


石井進氏の「中世武士団」の中で、常陸平氏の繁茂の例として真壁氏が取り上げられていた。そしてかすかな記憶の中に「真壁町長岡」の地名がよみがえる。
カーナビというものを持たない俺は、キタナイ車内の中から地図を掘りだした。かなり古い。しかも全国版である。当然大幅な縮尺率である。幸い「真壁町長岡」を見出す事ができた。

しかし、現地に着くも、城跡の案内は無い。ムムムッ・・・・。まぁ、急遽来た訳で、見つからなくて当然。諦めかけた所で、大きな「観光案内」を見つけ、車を急停車。しげしげと案内を見て、「体育館」のそばに真壁城がある事が判った。戻る。

真壁城は、「桜川市真壁古城」の体育館裏にあった。良く見ると車道から堀と土塁が見えていた。



イメージ 1
真壁城案内板。


真壁城は、想像を越える規模であった。俺のイメージは鎌倉初期の常陸平氏傍流の開発領主であって、広大な城郭を構える一族とは思っていなかった。どうやら鎌倉初期に造営された館が、戦国末期まで増築増強されたようだ。従って、今見る城跡は、戦国末期のもののようだ。


イメージ 2
農道を通って、ここから入城した。



イメージ 3
背後には、加波山~足尾山~筑波山の山並みが迫る。



イメージ 4
奥に筑波山。とにかく広大だ。筑波山の麓には宗家多気氏の北条多気山城、平沢官衙跡、すぐその先にライバル小田氏の小田城(国指定史跡)がある。


イメージ 5
確か、真壁氏一族から剣豪も輩出している。



イメージ 6



イメージ 7
パラグライダーがたくさん飛んでいた。城跡の隣地にパラグライダーの着陸基地があるようだ。



イメージ 8
折れをともなう土塁。



イメージ 9
土塁の切れ目から、加波山方面。



イメージ 10
堀も深くて広い。



イメージ 11
堀は何重かになっている。



イメージ 12
土塁に咲く。土塁に登ると白い日光連山が見えた。風光明媚である。



イメージ 13
城内にある鹿島神社。本郭には稲荷神社があった。


イメージ 14
鹿島神社にて。鹿島神社の裏手はひときわ高い土塁と堀があった。自然地形を利用したものか?



イメージ 15
調査が進行中なのか? それとも公園化に向けた工事なのか?


イメージ 16
一巡りしてくると、汗がでていた。



真壁城は予想をはるかに上回る広大さであった。今回廻った所は国指定史跡の範囲だけだった。周辺にも城跡と思われる景観があった。残念なのは、本郭付近に体育館が建設されてしまった事だ。願わくば、白亜の天守閣など、建設されないように。

行った日;2016.8.16
コース;つくばEXつくば駅=つくバス=北条三叉路バス停~無量寺~多気山城山麓西面の道~多気山城山麓北面の道~つくば道~宝安寺~鹿島神社~毘沙門天種子碑~日向廃寺跡~熊野神社~全宗寺~無量院~多気太郎(多気義幹墓)五輪塔~北条三叉路バス停=つくバス=小田中部バス停~小田城案内書~小田城~小田中部バス停=つくバス=つくばEXつくば駅


以前、筑波道から筑波山に登った折、西に低い山が見え、地図を見ると「城山」とでていた。

石井進著「中世武士団」と言う本がある。これを読み進んでいくと、何章かに渡って常陸平氏の歴史が綴られていた。平将門退治をきっかけに、平貞盛流一族が常陸国に繁茂し、栄華を極めて行く。後にその宗家ともいうべき多気氏が桜川西岸の水守の地から桜川東岸の多気の地に移ったという。現在のつくば市北条地区である。そして、その裏山が多気山城、現在の城山である。
繁茂した常陸平氏を並べてみよう。
多気氏、下妻氏、真壁氏、吉田氏、石川氏、馬場大掾氏、行方氏、麻生氏、玉造氏、手賀氏、鹿島氏、石毛氏、豊田氏等々。

2,3日前、する事も無くテレビのチャンネルを変えていると、放送大学で、「地域の歴史」という番組を放送していた。そして、代表例として常陸平氏の繁栄の事例を紹介していた。


多気山城に至るルートは、判らなかった。取り敢えず、つくバスに乗り北条三叉路バス停で降りた。まずは無量寺に行ってみよう。



イメージ 1
無量寺内にあった、多気稲荷社。


イメージ 2
無量寺。多気義幹による創建と伝わる。


無量寺内や背後の墓地を巡り、多気山城へのルートを捜す。確実な道は発見できず。登れそうな所はあったが、蜘蛛の巣がひどく退散。

北条の街並みに戻る。
賑やかに会話中の婆さんの間に割り込み、「裏山へ登る道は知りませんか」と聞くも、「知らない」との事。仕方ない、ぢ道に多気山・城山山麓を時計回りに歩いてみよう。

西面で、爺さんに裏山の道を聞くも知らないと。



イメージ 3
東面より、多気山・城山を望む。


東面で、農作業中の爺さんに声をかけると、婆さん声の返事。ん、婆さんが草叢から現れた。
婆さんによると、「この先に城山に上がる道があるが、入れない」と。どこかの宗教団体に山全体が買われてしまったとの事。ムムムッ。俺はしつこく、「徒歩なら入れるんでしょ」と聞くと、口をへの字にして、ダンマリになってしまった。「ありがとう」と言って先に進んだ。

とりあえず、この先に道があるようだ。
つくば道に出た。つくば道を南下してすぐ、ムムムッ、大きな白い鉄扉で塞がれた道が多気山・城山の方に向かっている。婆さんが言っていた道は、これに違いない。閉鎖の仕方が異常に厳重である。ここを強行突破したとて、何かトラブルでも起こったらたまらんワイ。そう思わせるに充分な異常さであった。

仕方ない、他の道を捜そう。
北条地区に向かう短絡道をたどって、宝安寺、鹿島神社、毘沙門天種子碑、日向寺跡、熊野神社、全宗寺と歩いた。結果、熊野神社右手に踏み跡を発見、但し、ここも蜘蛛の巣だらけ。今日はやめておこう。


イメージ 4
日向廃寺跡。つくば市の資料によると、平安末期の阿弥陀堂跡で、多気氏の拠点であったと推測されるとの事。


そして、無量寺に戻る。ここに、多気太郎五輪塔→の案内があり、向かう。


イメージ 5
多気義幹の五輪塔着。


平安時代中期より繁栄した多気氏。鎌倉時代に下野国よりやってきた八田氏(宇都宮氏一族、常陸守護)により欺かれ、没落していく。八田氏はここから至近の地小田で、小田氏を名乗る。


バス停に行くと、折よくすぐにバスがやってきて、小田中部バス停に向かった。バス停でわずか4ツ目の近さである。両雄並びたたず、か。


小田中部バス停から少し東に歩いてから右折すると、「小田城案内所」があった。以前来た時は無かった施設である。案内所には二人の係員がいた。
俺は、小田城の事では無く、多気山城の事について質問した。

①多気山城への道はないのか。
  ありません。
  現在他市の宗教法人に買い取られております。宗教法人は、関係者以外の訪問を嫌っております。
②つくば市は、300億円超のスポーツ施設を計画しておったが、そんな計画をするぐらいなら、多気山 城・城山を買い取れはよかったのでないか。
  係員①
  住民投票で建設が否決され、県会議員に笑われておりますよ。ああいった施設は必要なんですがねぇ  ~。
怒。
  係員②
  まぁ、まぁ、いろんな考え方がありますからねぇ~。
③多気山城は、つくば市で発掘調査をしていると聞いておりますが。
  係員②
  はい、2009年頃に調査しました。結果、戦国期後半の遺物のみが発掘され、多気氏在城の証拠は  出ておりません。
ムムムッ。汗・・・。
④水守の城はどんな感じですか。
  あちらは、開発が進み素人では城跡の感じは受けにくいかもしれません。

その後、係員①から懇切丁寧に小田城周辺の遺跡分布についてレクチャーを受けた。悲しいかな、歩留まりほぼ0であった。申し訳ありません。


イメージ 6
小田城跡。解説板。


宇都宮氏の一族八田知家は源平合戦の勲功により、常陸国守護職に抜擢された。常陸平氏宗家多気氏の本拠地から歩いて行ける小田の地に城をかまえ、小田を名乗る。

宗家多気氏を欺き没落させたとはいえ、周辺には常陸平氏の有力者がゴロゴロしている。他にも、佐竹、結城、多賀谷等々がひしめいており、枕を高くして寝る事はできたのだろうか。俺だったら、そんな出世はしたくない。

やがて時代は過ぎ、南朝勢力の東国拠点となる。その後も、小山若犬丸事件(難台山城)に関わったリ、上杉謙信に攻められたり、小田城争奪合戦は延々と続く。右往左往はあったものの、戦国末期まではなんとか持ちこたえが、佐竹、結城連合軍に小田城を占拠される(関八州古戦録)。


イメージ 7
整備された小田城跡①。



イメージ 8
小田城跡②


  
イメージ 9 
小田城跡③ 後ろの山は宝篋山。係員①によると宝篋山城もあると言う。その山麓にも土塁跡が点在するとの事。


イメージ 10
小田城跡④


イメージ 11
小田城跡⑤ 筑波山の右手裾野に小さく多気山・城山が見えた。


イメージ 12
小田城跡⑥


イメージ 13
小田城跡⑦


イメージ 14
小田城跡⑧ 遠く地平線のどこかに、常陸平氏故地水守城跡があるはずである。


イメージ 15
小田城跡⑨ 左にリンリンロード(自転車道、土浦~岩瀬、かつての筑波鉄道軌道跡)。



この後、極楽寺跡に行こうと思っていたが、天気予報に反するギンギラギンの太陽にギブアップ。バス停に向かった。


はたして、現在、多気山城はどうなっているのであろうか。


筑波山麓に展開した多気氏と小田氏。同じ市内に両雄が並び立つ不思議な地域である。お金持ちであろうつくば市においては、なんとかなんなかったのかねぇ~。残念ですなぁ~。

行った日:2016.3.21


難台山を下ると、さっきまでの曇天がうそのように晴れをわたった。



イメージ 1
長沢地区。




イメージ 2
長沢地区。




イメージ 3
駒場地区。




イメージ 4
駒場地区。




イメージ 5
滝入不動堂地区。




イメージ 6
駒場地区。




イメージ 7
駒場地区。




イメージ 8
日向内地区。




イメージ 9
日向内地区。




イメージ 10
日向内地区。




イメージ 11
日向内地区。




イメージ 12
羽梨山神社より。



イメージ 13
羽梨山神社より。




イメージ 14
羽梨山神社より。




イメージ 15
仲通地区。



イメージ 16
駒場地区。



あっ~、スキッリした。

↑このページのトップヘ