カテゴリ: 安行1月、2月、3月

行った日:2020.3.19



植物振興センター東園。
DSC00689



雲一つなかった。まさしく満開。
DSC00672



つばきを撮ったが、ピンボケになってしまった。
DSC00687


長居はできず、早々に退散。



行った日:2020.3.15


椿寒桜、安行寒桜、緋寒桜と咲いて、
今日は「関山」が7分咲きとなっていた。
この木には「関山」と標示されているのだが、「関山」ではないのではないかとの疑問を生じているのである。
でも、この木が好きなので毎年開花を楽しみにしている。

昨日は思いがけず雪が降ったが、安行中毒者はどうしても気になってしまうのだ。



おおっ、咲いているではないの。
DSC00635



同じような写真を撮ってしまう。
DSC00636



満開かとも思ったが、
DSC00656



近づいてみると、多くのツボミが残っていた。
DSC00660



枝が、角カクとしてヒネクレている所が好き。
DSC00663



ひねくれております。
DSC00665



もう一枚撮って、帰宅。
DSC00643




行った日:2020.3.12


植物振興センター。
DSC00590



植物振興センター。
DSC00591



植物振興センター。
DSC00592



植物振興センター。
DSC00593



植物振興センター。
DSC00594



興禅院。
DSC00628


実は、赤山城のモクレンの高木を見に行ったのだが、
昨年の台風の被害を受けたのか、幹の真ん中でえらく損傷していた。





弁財天。
DSC00619



弁財天。
DSC00618



赤山城。
DSC00587



弁財天。
DSC00525

行った日:2020.3.3

安行寒桜の咲き具合はいかがかなものかと、安行の密蔵院へ行ってみた。

俺の採点は、8分咲き。昨年の台風の影響なのか、少し枝ぶりが振るわなかったように見えた。
家に帰り、密蔵院のHPを見ると、7分咲きとあった。


DSC00434


DSC00437


DSC00442


DSC00447


DSC00451


DSC00453


DSC00455


DSC00456


DSC00457


DSC00460


寒緋桜も8分咲き。
DSC00462


DSC00463


DSC00464


DSC00467


DSC00470


DSC00471


梅もまだ頑張っていました。
DSC00479


DSC00485


DSC00487


DSC00494


DSC00495


DSC00501


DSC00502


DSC00503


DSC00507


隣地の「安行原の自然の森」の寒緋桜の大木。
DSC00509


密蔵院墓地入り口。
DSC00510


DSC00511


「安行原の自然の森」の安行寒桜。
DSC00512


この様子だと、あと2~3日で満開を迎えそう。
そうなれば、昨年よりも10日も早い満開である。






行った日:2020.2.23


まさかとは思ったが、椿寒桜が満開になっていた。
植物振興センターに1本だけ椿寒桜がある。
昨年は3/10頃に満開だったので、約半月早く満開になった。


植物振興センター。椿寒桜。
DSC00285



椿寒桜。
DSC00286



椿寒桜。この木には多くの鳥が集まり、花をちぎっている。
DSC00288



道々にて。梅の大木。
DSC00296



興禅院。
DSC00299



興禅院。梅の大木。
DSC00300



興禅院。参道。
DSC00305



道々にて。梅の大木。
DSC00308



植物振興センター。ミツマタ。
DSC00310



植物振興センター。ミツマタは開花がはじまった。
DSC00311



植物振興センター。
DSC00313



植物振興センター。ボケ。
DSC00317




梅園のある植物振興センター西園は、工事のため完全に閉鎖していました。

↑このページのトップヘ