カテゴリ: 安蘇の山

山行日:2019.11.30
コース:JR桐生駅=バス=吹上(9:30)~(11:15)鳴神山・桐生岳(11:40)~697m三峰山(12:50)~大形山(13:40)~自然観察の森出口(15:20)~寺前バス停(15:35)~崇善寺~寺前バス停(16:38)=バス=JR桐生駅=両毛線=JR足利駅~田中橋~東武足利駅(17:55)


桐生の紅葉スポットとして、ハイトスさんやたそがれオヤジさんが何回か紹介されている崇禅寺。たそがれさんの今年の記事を見て、俺もと思い、鳴神山をからめて出かけてみた。

自宅から桐生はそれほど遠いわけではないのだが、JR桐生となると状況が異なる。東武の新桐生駅とJR桐生駅が結構離れているのである。今回はJR桐生駅に行く必要がある。「吹上」行きの1番バスにはどう頑張っても間に合わない。2番バスは「吹上」にとどかない。3番バスに乗った。従って、出発時間が大幅に遅れるのだ。足の遅い俺は、一抹の不安を抱えて家を出た。

JR桐生駅から「吹上」行きのバスは、意外にも満員であった。途中からも次々に人々が乗り込み、立ち客が大勢出現した。しかし、「宝徳寺」で大多数は下車。たそがれさんによれば、宝徳寺の紅葉がTV放映されたと。

「吹上」まで行ったのは俺と登山客風のオッサンの2名のみ。オッサンは、下車するなり歩いて行った。俺は、JR桐生駅での3回目のクソの出が悪く残便感を催していたので、バス停前にあった簡易便所にこれ幸いと駆け込んだ。が、満足感は得られなかった。

民家の点在する山田川に沿って車道を歩く。


DSC09090


山田川は、紅葉にまみれていた。


DSC09092


駒形橋を過ぎると、雲が出てうすら寒くなる。
しばらく進むと、多くの車が停まっていた。

沢に沿って登っていくと、

DSC09097
第一石門の看板があり、狭隘地となる。
爺さんに抜かれる。



DSC09099
やがて、砂糖をまぶしたような雪が現れる。貧弱ながら、一応三段染めか。


右手に大岩が連なる。ここが第二石門か?
岩屋になりそうな穴がある。中は覗きに行かなかった。

すでに、多くの人々が山から降りてきている。便圧が上がりませんように。



DSC09101
急登をこなして、稜線上の神社に出た。温度計があって、4℃を指していた。


DSC09102
鳴神山・桐生岳に到着。関東平野は晴れているようだ。富士山が見えた。


DSC09105
北の方角に、日光連山と皇海山が見えた。

山頂で、菓子パンを食う。


DSC09106
重い腰を上げて、南に連なる尾根を行く。人影少なく、日当たり無し。寒い。



DSC09109
800m位から紅葉した木が現れるが、杉林中心で、チョット寂しい感じ。スライドした人も3人のみ。


DSC09112
三十六童子の標識を見る。

なつかしいのぉ~。三十六童子もまた、ハイトスさん、たそがれさんの記事で知った。たそがれさんのブログをかかさず見るようになったのは、たそがれさんが熱を入れて「三十六童子像、36体を捜す」記事を掲載した頃のような気がする。三十六童子とは、こんな所にあったんだ。


DSC09113
「三十六童子→」の標識があった697m峰・三峰山。山岳修験道が盛んだった安蘇の山らしい風景。ここで、握り飯1個を食う。

*桐生市のハイキングマップでは、三峰山は697m峰では無く、もう少し南の主稜線上から少し離
 れたピークを三峰山としていた。  

**ところで、安蘇山塊とは何処を指すのだろう。栃木県佐野市で、旧安蘇庁舎を見たような気が 
 する。してみると栃木県の西南部の山域を安蘇山塊と呼ぶのだろうか。ネットで調べてみると、渡
 良瀬川左岸域の山々と言う表現もあるようなので、鳴神山も安蘇山塊の山と考えたのだが。 


DSC09117
697m峰からダラダラ下りと小さな登下降を繰り返し、鞍部に達した。高く聳える大形山らしき山体に怯える。



DSC09118
ここらあたりから、色付いた木々が多くなる。


必死に登って、


DSC09121
大形山に到着。

大形山には、陽気なオッカサン2名がいらっしゃいました。北関東の山々にやたら詳しい人たちだった。


DSC09123
オッカサン2名にくっついて、大形山を下る。やたら足が速い。いや、俺が遅すぎるのか。おかげで、ペースアップできました。


DSC09124
大形山からは見事な黄葉。落ち葉を蹴散らしての歩きは楽しい。そして、北からの雲域を抜けたのか、明るい日差しが心地よい。


DSC09125
オッカサンから、「自然観察の森の分岐だよ。吾妻山の方に行くんだったら、桐生駅まで乗っけてってあげるけど。」と言われ、心がグラつくもここでお別れした。そう言えば、分岐ポイントの萱野山を気づかず通過していた。アブナイ、アブナイ。



DSC09128
自然観察の森の方に下る。


DSC09130
しかし、この道は「関東なれあいの道」だった。とんでもない階段道の連続。他の「なれあい道」よりも段差が大きいような気がした。ここは登りたくないねぇ~。



DSC09132
「自然観察の森」に到着。が、ここはかなり広い。道の分岐多数。どの道が出口に近いのか?「なれあい道」の道標は教えてくれない。日はすでにかなり低いよなぁ~。


DSC09135
自然観察の森を下って。本日は自然観察を行う余裕はすでに無い。


ようやくに、「自然観察の森」出口に着いて、時計を見ると15時をだいぶ廻っていた。崇禅寺に早く行かないと、モミジ狩りができん。

急ぎ足で車道を下る。
すると、アッサリと寺前バス停に到着。あたりを見回しても見えるのは民家ばかり。すると、小道を車が、すーっと入って行くのが見えた。それを追って小道に入ると、お寺が見えた。


DSC09144
崇禅寺に到着。おおっ凄い紅葉だ。だが、日が傾き薄暗くなっていた。

明るい所をもとめて、境内の上の方に急行。疲れた足がシンドイは。



DSC09147
ヒヒヒッ・・・。日が当たっている所。オネイチャンが熱心に写真を撮っていた。



DSC09148
明るい所、明るい所。ウヒヒヒッ・・・。



DSC09150
ああっ、もう日が当らない。


DSC09151
逆光もなんの、とシャッターを押すも、結果は知れている。あ~ぁ。



DSC09155
何とか。


日は下がり、茜色の空は綺麗なのだが・・・。
残念。
鈍足を恨むしかあるまい。


薄暗くなったバス停に戻る。
そういやぁ~、朝から続いていた便意なぞは、めずらしくも無くなったなぁ~、などと下らない事を考えつつ、バス待ち40分は、寒くてつらかった。

朝とは違い、バスに乗ったのは桐生駅まで俺一人。
さて、どうやって帰ろうか。
新桐生行きのバスは当分無い。
ワ鉄で相老に行く手もあるが、外すと洒落にならない。
結局、両毛線で足利に行って、田中橋で「渡良瀬川夜景」を見つつ、東武足利市駅まで歩いた。



     



山行日;2016.11.13
コース:行道山バス停(9;40)~行道山浄因寺~石尊山(10;40)~両崖山(12:15)~織姫公園もみじ谷~織姫神社(13:20)~鑁阿寺~東武伊勢崎線足利市駅(14:10)


昨日、安行でも紅葉が進んでいる事に驚愕した。
まずいねぇ~。
大子に行くか、足利に行くか迷った。

最近気付いた事なのだが、実は山の紅葉よりも平地の紅葉の方が早いのではないかと。もちろん、高い山から低い山へと紅葉は降りて行くのだろうが、低山の紅葉は麓よりも遅いのではないかと。

だとしたら、足利もみじ谷の紅葉はより早く訪れるのではなかろうかと。

そんな妄想から、取り敢えず今週は足利の低山に行く事にした。フライングの恐れは充分にあったのだが。


家を出て、電車にのって。途中でSDカードの事が気になって、カメラをまさぐり出したら、案の定SDカードが入っていなかった。
自宅へ戻る。1時間のロス。足利で次の「行道山行き」のバスに間に合うだろうか。

越谷で急行を待つ。「新栃木」「南栗橋」「館林」「久喜」行きの電車が来たら、本日の計画はオジャンである。なんと、運の良い事か、「太田」行きが来たではないか。

足利の駅で走って、なんとか9:05発「行道山」行きのバスに間に合った。本日バスには登山者10名が乗り込み、座席は全て埋まる盛況。結構な事ですなぁ~。


行道山バス停は谷間にある。ここから車道を呑気に歩く。天気はすこぶる良い。

行道山浄因寺の麓に着いた。
ここからモノレールがあるのだ。これまで乗った事が無かったのだが、なんとなく乗ってみたかった。
500円也。
周辺の環境整備に使われるとの事。また、清心亭の入場費が含まれているとの事。



イメージ 1
浄因寺へのモノレール。乗客は俺一人。


「このモノレールは林業用のものでありますか」
「いえ、ここの為に特別にしつらえたものであります」

とのことだが、どう見ても林業用の改造のように見える。
スピードは、ほとんど歩きの速度。脇を歩いている人をスイスイ追い越していくと言う事は全くない。でも、乗って満足。少し恥ずかしかったけれど。


浄因寺の紅葉には、完全にフライング。ここのシンボルイチョウの葉は、まだ青みが残っていた。


イメージ 2
浄因寺付近。


清心亭には、解説員様がいらっしゃる。色々とウンチクを述べられるのだが、俺のツルッとした脳には殆ど歩留まりなし。

「葛飾北斎は、ここにきたのですか」
「はい、絵の研究から実際にここに来なければ判らない事が表現されております。また、麓の方が海外に肉筆画を売られた記録が発見されておりますので」


イメージ 3
浄因寺のイチョウは、まだ青みが残る。


イメージ 4
カエデは赤いものと青葉が混在。今後もっと赤くなる事でしょう。


浄因寺から石尊山へ向かう。


イメージ 5
まことに小さな寝釈迦。


寝釈迦には多くの人々がいた。写真だけ撮ってオサラバ。


ほどなく石尊山に到着。ここにも大勢の人々が。男体山に白い筋が見えた。焼きソバパンを食ってオサラバ。

稜線上にカエデなし。

毘沙門堂のカエデは全くの青葉。通過。



イメージ 6
両崖山到着。少し下った所で、雑木紅葉。カエデは赤くなりかけ。


両崖山を下り、10分ほどの所の岩場で休憩。握り飯2個を食う。


イメージ 7
両崖山方面を振り返る。暑くて汗ダクとなっていた。


ユルユルと下ると、しだいに公園化してきて、下に織姫公園モミジ谷が見えてきた。少しクスンではいるが、まっ赤に紅葉していた。



イメージ 8
もみじ谷。ヒヒヒッ・・・。


イメージ 9
ヒャ~。


イメージ 10
クククッ・・・。



イメージ 11
淡いのもいいじゃぁないの・・・、フフフフッ・・・。


今年のもみじ谷は、多少くすみが感じられたが、下に降りて逆光で見るととても美しかった。


尾根上にあるレストハウスで蕎麦を食おうと思っていたが、のぞくと超満員。あきらめました。


イメージ 12
織姫神社参道。プハ~。


織姫神社参道は、青葉混在ながら中々の紅葉。


車道に降りて、お次は鑁阿寺へ向かおう。



イメージ 13
鑁阿寺。少し時季が早すぎた。これから見頃を迎えるのだろう。


鑁阿寺は国宝でありながら、拝観無料のお得なお寺。紅葉も当れば相当のもの。



という訳で、浄因寺、鑁阿寺はフライング。もみじ谷はほぼベストだったかもしれない。


朝のドタバタはあったが、満足して特急両毛号に乗り込んだ。

山行日:2016.5.5
目的地;鳴神山カッコソウ群生地
コース:新桐生駅=桐生女子高バス停=梅田南小前バス停(8:15)~(9:10)大滝登山口(9:25)~鳴神山・桐生岳(10:40)~椚峠(11:10)~北側カッコソウ群生地~コツナギ橋(12:00)~梅田南小前バス停(12:50)=本町5丁目バス停=新桐生駅


今年はサクラソウの追っかけをやろうと決めていた。対象は、川口市安行植物振興センター、さいたま市田島ヶ原、鳴神山カッコソウ群生地、中禅寺湖のこぼれ九輪草である。今回は、鳴神山である。

鳴神山のカッコソウを調べていたら、ナルカミスミレという固有種がある事を知った。できれば、そいつも拝んでみたいものである。


新桐生駅からバスを乗り継いで梅田南小前にようやく着いた。桐生市の「おりひめバス」はどれだけ乗っても1回200円であった。乗り継ぎがあったため、都合400円であった。バスに乗っていたのは4人だけ。それにしても北関東の方々は公共の交通機関というものを使わないものだ。


梅田南小前から車道を歩く。桐生市のパンフレットよると、ここから大滝登山口まで1時間30分とある。そこまではかからないものの、長い道のりであった。暑いので日陰を選んで歩いた。


大滝登山口の大鳥居の下で休憩。梅田南小から前後して歩いてきたお方と長話しになった。伊勢崎から来たとの事。車は吾妻山の下に停めて、バスに乗って来たと。なるほど、北関東の方としてはめずらしいパターンであるなぁ。この方にカッコソウ群生地の位置などを大まかに聞いておいた。


イメージ 1
山道に入ってすぐ。大滝らしい。


山道と言っても広い。しかも何箇所か枝道が分岐しているが、案内の無い所もある。取り敢えず沢沿いに行けばいいのかと思い、そのように歩いた。鳴神山らしく、石仏などが現れる。ハイトスさんやたそがれさんの記事で、何とはなしに宗教色の強い山域だと認識していた。

沢音が小さくなり、幾分傾斜が強まってきた。上の方で何人かのハイカーが熱心に写真を撮っていらっしゃるようだ。ムムムッ、カッコソウ群生地か。
ロープが張られ、それらしい雰囲気なのだが、サクラソウらしきものはなし。代わりに、スミレぽっいものが結構咲いている。おおっ、ナルカミスミレか?



イメージ 2
スミレに見える。みんなが写真を撮っていたので一応俺も。帰ってからナルカミスミレか調べてみよう。


さらに上に上がる。どうやらカッコソウ群生地に着いたらしい。が、肝心なものが無い。最上部に数株のサクラソウがあった。ロープ際から距離があり、よく見えない。多分カッコソウなのだろう。


汗だくで稜線に出て、取り敢えず桐生岳に向かう。



イメージ 3
桐生岳に到着。狭い山頂に人々がヒシメク。すぐにオサラバ。



イメージ 4
女峰山、男体山、太郎山、日光白根山、皇海山、上州武尊山が見えた。



イメージ 5
山頂付近。咲いていた山ツツジはこれだけ。あとはつぼみ。ミツバツツジはかなり咲いていた。



イメージ 6
ショウジョバカマ。仁田山岳直下にて。腕章をした係員に教えられて。


この山には、腕章をした係員が大勢いた。皆、謙虚で穏やかで親切な方たちだった。


イメージ 7
椚峠付近にて。



イメージ 8
椚峠。ここからコツナギ橋方面に下ってすぐの所に北側カッコソウ群生地があった。



イメージ 9
北側カッコソウ群生地に到着。大勢の人々がいた。大滝登山口で長話をした方もいらっしゃいました。



イメージ 10
カッコソウ。但し、俺にはカッコソウとサクラソウの区別はつかない。


イメージ 11
だれかが、「カッコソウの葉っぱは丸いんだヨ」と言っていた。なるほど。


カッコソウ群生地は杉林の斜面にあった。
ここにも腕章を着けた係員の方がいたので、聞いてみた。
「ここ、杉林なんですけど、自生地なんですか?」
腕章の係員の方、
「自生地は、かつてここより下に僅かばかりあった。ここで、少しづつ増やしていった。」のだそうだ。

俺、
「白樺平さんて、ご存じですか?」
腕章の係員の方、
「あの人が、最初に始めたんですよ。」

俺、
「ナルカミスミレ、どんな花なんですか?」
腕章の係員の方、
「ムフフフッ・・・。」意味深な笑いを浮かべて。

腕章の係員の方によると、ナルカミスミレはマボロシの花なんだそうだ。ある人が、白いスミレを見つけ新種ではあるまいかと思って発表しちゃったら「ナルカミスミレ」になっちゃったんだそうだ。そして、本にも載っちゃった。真相は、色抜けしたエンレイスミレだそうだ。色抜けは花が古くなると大抵の場合するそうだ。
最後に腕章の係員の方は、ナルカミスミレは何処かに本当に自生しているかもしれないですね、とニッコリ笑った。実にナイスなオジサンであった。

もう少し聞きたい事があったが、廻りから次々に質問攻めにあっているので、心ならずもオサラバした。


コツナギ橋への道は傾斜が緩く、俺向きだった。


イメージ 12
道々にて。


コツナギ橋からは、また長い車道歩きが待っていた。


イメージ 13
道々にて。


イメージ 14
道々にて。



イメージ 15
道々にて。


梅田南小前に帰着。

朝、目を着けていた最寄りの焼き肉屋に行くも、「本日休業」の札が。
むなしくも、バス停のベンチで、菓子パンに食らいついた。


家に帰って、ネットで「ナルカミスミレ」を検索した所、かなりの数の記事がヒットした。まことしやかに語られていた。花の事には詳しくないので、何が真相なのかは俺には判断できないのだが、ナイスな係員の方の言葉には説得力があったなぁ。

山行日:2014.11.24
目的地:浄因寺、鑁阿寺
コース:東武足利市駅=バス=行道山バス停(8:40)~浄因寺~行道山・石尊山~大岩山~毘沙門堂~両崖山~織姫神社~鑁阿寺~東武足利市駅(13;50)


今日もモミジ見物を目当てに寺社巡りにでかけた。

足利市駅からバスに乗ったのは、俺を含めて3人のみ。モミジ狩りの最盛期にしては、なんとも少ない人数であった。全員、終点の行道山バス停で降りた。

俺は、コーヒーを飲み、タバコを吸って最後に出発した。バス停の名は「行道山」であるが、山頂のバス停ではなく、谷間のバス停なのである。

舗装道を呑気に歩いた。天気予報では、9時頃から晴れると言っていたが、その気配は全くなく、どんよりとした空だった。

やがて、駐車場が現れ、そこそこ車が止まっていた。駐車場の先に、なんと、モノレールが設置されていた。誰も乗っていないモノレールが上から降りてきた。

階段道となる。石仏、庚申塔がそこら中にある。

そして、浄因寺に着いた。


イメージ 1
おおっ紅葉しているではないか!


イメージ 2
喜んで、そこら中を歩き廻ってしまった。


イメージ 3


200円を払って、小峰に建つ清心停に入場。


イメージ 4
写真はうまく撮れなかったが、200円の価値あり!


晴れていればなぁ~、と思いつつ浄因寺を後にした。


イメージ 5
寝釈迦。実に小さいものだった。


行道山・石尊山は、ここからすぐだった。


大岩山を越えて一旦車道に出ると、朝バスに乗っていたオバサンがいた。織姫神社に行くと言っていた。
毘沙門堂まで一緒に歩いた。毘沙門堂で写真を撮っていると、オバサンは先に行くと言う。「毘沙門堂の階段を降りたら、車道を左へ行ってネ」と言って別れた。


毘沙門堂では大した写真も撮れず、ここを去る。車道に降り立つと、支尾根に沿って真っ直ぐ下って行くオバサンの姿が小さく見えた。アレレレ・・・、織姫神社に行くんじゃぁなかったのかい!
折よく、登って来た人がいたので、「この道は何処に行く道であるか?」と聞くと、「アスレチックである」との事。「アスレチックから足利の駅までは近いのか?」と聞くと、「いや、遠い」との事。
ありゃぁ~。俺は、おせっかいにも、オバサンを追って、支尾根を下った。「お~い、お~い」と呼んでみたが聞こえない様子。やっと声が届いて、「そっちは違うヨ~」

オバサン、ハーハー言って登り返してきた。

その後しばらく一緒に歩いた。

オバサンの山歴は凄かった。早月尾根とか七倉岳とか・・・。オバサン曰く「低山恐るべし」 同感でありますです。特に「関東ふれあいの道」は、道標こそ多いが、十字路や丁字路で→が中途半端な向きを向いている事が多いのだ。このルートでもそんな所をしばしば見かけるのである。


両崖山も紅葉の最盛期を迎えていた。薄暗いのが残念である。


なだらかな岩道となり、やがて公園化した広場に着いた。その右手下方に真っ赤なモミジの列が続いているのが見えた。俺は鼻血を指で押さえつつ、オバサンと別れてモミジ列に急行した。


イメージ 6
抑えようも無く、鼻血が噴き出した。


イメージ 7
もし、晴れていたら、大事に至っていたかもしれない。


これ以上ここに居ては、貧血になってしまう。
コースに戻った。


イメージ 8
織姫公園レストハウスから。あれは鑁阿寺か! ムフフフッ・・・。


取り敢えず、レストハウスに入った。今回の目的の一つに、ここでソバを食う事があったのだ。
十割ソバ大盛りを食って、半年越しの欲望をようやく満たしたのだぁ~。


織姫神社に下ったものの、モミジが少なくガッカリ。と思いきや、参道の階段で、これでもかのモミジ攻撃を受け、再び鼻血に染まった。


イメージ 9
織姫神社参道にて。


鼻を押さえつつ、平地に降り立った。
鑁阿寺へ向かわねば!

途中、足利市役所のモミジに圧倒される。これでは、足利市民は遠出してまでモミジ狩りをしようなどとは思わないだろうナ。



イメージ 10
鑁阿寺の大イチョウ。でか過ぎて全体を写せない。


イメージ 11
鑁阿寺にて。



鑁阿寺の紅葉も最盛期を迎えてるようだ。


こりゃ、晴れている日にもう一度こなければ!
来年の楽しみができました。

山行日:2014.9.20
目的地:三毳山
コース;東武日光線静和駅(8:00)~浅間神社山頂(8:40)~かたくりの里(9:50)~三毳山(10:20)~南駐車場(11;20)~東武佐野線佐野市駅(13:10)

早朝、最寄駅のホームに上がると「人が線路内に侵入」し、全線で運行停止との事。15分程待たされてようやく電車が動き出した。が、その後もダイヤは乱れまくり、東武日光線静和駅に降り立ったのは予定時間を大幅に超過した8:00前だった。

改札を出て缶コーヒーを飲んだら、いつもながらにクソがしたくなったが、駅の外にトイレ無し。駅員に交渉して駅舎内の便所を借りる。

2.5万図をたよりに歩きだす。県道桐生・岩舟線に沿って歩く。ここは栃木県、他県の名前を冠した県道もあるのか!

途中、2.5万図にある93.7m峰に立ち寄る。


イメージ 1
93.7m峰は村社浅間神社であった。

猿田彦大神と天の鈿女命を祭る。
蜘蛛の巣にからめとられる。


イメージ 3
秋めいてまいりましたなぁ~。


県道を延々歩き、


イメージ 2
ようやく、三毳山らしき山が見えてきた。


切通しを通過。やがてカタクリの里なる施設に着いた。施設は施錠されていた。


何となく歩き、野外ステージ脇を通過。階段道となる。どうやら、この辺りがカタクリ群生地のようだが、今は何も咲いていない。向こうの斜面をキャタピラ車が登っている。整備工事なのだろうか。

大汗をかいて山頂に到着した。


イメージ 4
三毳山山頂。電線が邪魔である。


山頂から唐沢山城を捜したが、「あの辺りだろう」程度。
さしたる展望も無く、一服してオサラバ。


標識は多いが、標識の地名が判らずマゴつく。主稜線を歩きたいのだが、判らん。向こうからやってきたオッサンに道を聞くと、下り加減の道が主稜線だとの事。何か良く判らんが、オッサンの言に従う。正解でした。オッサンありがとう。

幾つかの峰を越え、幾つかの車道を横断し、


イメージ 5
パラグライダー滑空池から。

イメージ 6
三毳神社。


三毳神社からは、急な石段の連続下り。あっという間に南駐車場に着いた。

三毳山の山際に沿って歩いた。


イメージ 7
川を渡って、三毳神社辺りの山。


イメージ 8
そして、三毳山あたりを振り返る。奥は馬不入山か?

2.5万図をたよりに佐野市駅を目指すも、新しく広い道などがあり地形図と異なるため、迷う。

佐野の工業団地の道を西進。
佐野ラーメンを食いたかったが、ラーメン屋は混んでいた。俺は混んでいる食堂は大嫌い。一風変わったガラガラの定食屋に入りミックスフライ定食580円を食う。ボリューム満点でスイカ付き。これは安い。得した気分で店を出る。

東武鉄道佐野市駅から電車で帰途に着く。

2500円の出費で一日楽しく遊ぶことができた。

↑このページのトップヘ