カテゴリ: 中央線沿線・富士五湖周辺

イメージ 1


山行日;2018.5.5~6
コース:5/5JR中央線甲斐大和駅=バス=上日川峠バス停(10:20)~大菩薩嶺(11;30)~大菩薩峠(12:30) 介山荘泊
5/6大菩薩峠・介山荘(6:40)~石丸峠~小金沢山(8:00)~牛奥の雁ヶ腹摺山(8:50)~川楜沢の頭~黒岳(9;50)~白谷の丸~湯の沢峠(10;45)~大蔵高丸(11;30)~ハマイバ丸(11:50)~天下石~米背負峠(12:3て0)~米背負沢~大蔵沢大鹿林道~やまと天目山温泉バス停(14:20)=バス=JR中央線甲斐大和駅



富士山を見に大菩薩峠から小金沢連嶺を歩いた。
大菩薩峠は40年前に一度きたきり。その時は丹波山村に抜けた。小金沢連嶺は当時バスの便が無く初鹿野駅(現在の甲斐大和駅だと思う)まで歩かなくてはならず、未訪となっていた。最近知った「秀麗富嶽十二景」を調べていて、上日川峠行きのバスが小金沢連嶺に沿って走っている事(土日祝のみ)を知った。
初めて行った小金沢連嶺は、草原と黒木の森が交差し、富士山・南ア・奥多摩の景色が素晴らしく思いのほか楽しいコースであった。


甲斐大和駅に着くと、すでに発車しているはずのバスが停まっていた。係員が「あと6人だよ~」「あと4人だよ~」と叫んでいた。俺は駅前の端っこで、タバコを吹かせていた。本日は早く歩き出してはいけないのだ。次のバスでいいのだ。早く着き過ぎても小屋に入れないから。
「あと2人だよ~」
う~ん、仕方ない、「では、乗りますか」補助席最前に乗った。

補助席最前なので、降りるのは一番。
上日川峠バス停の目の前には長兵ロッジがあった。凄い数の人々がタムロしていた。駐車場があり満車状態。トイレには女性の行列ができていた。

う~ん、こんな所でグズグスしていたくない。すぐに出発。いや~、早く着いてはいけないんだけどなぁ~。

かぁちゃんが息子を怒鳴りつけている。GWのリェクリェーションは殺伐としていますなぁ。


イメージ 2
ゆっくり歩くために、写真を撮り撮り歩く。けど、なんか春霞が懸かっているような。


ゆっくり歩いたが、じきに雷岩に着いた。ここも凄い人。タバコを吹かすわけにもいかず、大菩薩嶺に向かった。


イメージ 3
大菩薩嶺にて。本日の主役はこのお方。



イメージ 4
人をも恐れぬ不届きモノ。



端っこで菓子パン食ってオサラバ。



イメージ 5
大菩薩峠・介山荘に向かう。



イメージ 6
熊沢山の向こうに明日登る小金沢山。


介山荘には12時30分に着いてしまった。
入場は14時からだとさ。

風が強く寒い。山際に逃れて飽きるほど奥多摩の山々を眺めた。

ようやく入場が許され、ピールを飲む。あとは寝っ転がって文庫本を読んで夕暮れを待つのだ。


イメージ 7
しかし、今回も富士山は赤くならなかった。



イメージ 8
夕日は南アルプスが尽きるあたりに沈んでいった。



4/6

イメージ 9
夜明け前。



イメージ 10
大した朝焼けも無く、



イメージ 11
奥多摩・高水三山から日が昇った。左に鷹の巣山、右に御前山。だと、思う。



朝飯を食って、



イメージ 12
富士山の手前に三ツ峠。さぁ、出発だぁ~。




つづく。

イメージ 1



三ツ峠山から清八山に向かう。予想外の大下りで、早くもげんなり。
気温は高い。



イメージ 2
最低鞍部付近から三ツ峠山を振り返る。



さしもの下りもようやく終わったようだ。



イメージ 3
桜が咲いていた。



イメージ 4
ようやく清八山に到着。今日も快晴。雲一つない。



イメージ 5
清八山から。



清八山から先は、富士山観賞スポットだらけ。



イメージ 6
清八山から南アルプス。



イメージ 7
本社ヶ丸到着。三ツ峠山と富士山。



イメージ 8
本社ヶ丸より。


本社ヶ丸の先は、ブナをまじえて素晴らしく明るい尾根筋だった。



イメージ 9
こういった所が好きなのだ。



イメージ 10
時折り桜の木が。



イメージ 11
ツツジも時折り。


急斜面を下っていると、本日初めて人の姿を見かけた。


登り返して、角研山で早めの昼飯。
ここから笹子駅に向かって下った。



イメージ 12
樹間から桜。



イメージ 13
ミツバツツジ。



イメージ 14
林道を横切って、桜。


かなり疲れてきた。

正面の樹間に中央自動車道が見えると、笹子駅は近かった。



三ツ峠から清八山・本社ヶ丸の歩きで、富士山見物を充分堪能する事ができた。

さて、北関東のツツジはどうであったのだろうか。気になるところである。

山行日:2018.4.21~22
コース;4/21富士急河口湖駅=バス=三ツ峠登山口バス停(10;15)~木無山~三ツ峠山荘(11;20)
4/22三ツ峠山荘(6:45)~三ツ峠山(7:00)~清八山(8:45)~本社ヶ丸(9:30)~(10:40)角研山(11;00)~JR中央線笹子駅(13:40)


イメージ 1



ツツジは見たし、富士山も見たし。

迷った末に、延び延びになっていた三ツ峠・清八山・本社ヶ丸にでかけた。


本数の少ない「天下茶屋行き」のバスは満員だった。
途中、3人が下車しただけで、あとは全員「三ツ峠登山口バス停」で降りた。

ゆっくり煙草を吹かせて出発。
桜が咲いていた。
車道なのか林道なのか登山道なのか判らないような道をユルユルと登る。暑い。すぐにワイシャツ一枚となる。腕まくりして、大汗かいて登る。


イメージ 2
木無山に到着。快晴。一点の雲もなし。



イメージ 3



イメージ 4
三ツ峠山荘到着。宿泊手続きをするも、時間が早いためもう少し待って下さいとの事。


周辺を歩き廻り、山頂にも行った。
時間は過ぎず、小平地のベンチで、ボーッとしていた。


イメージ 5



2時を過ぎて三ツ峠山荘に再び言ったら、入場が許された。
部屋には爺さんが一人いた。
バターピーをつまみに、ピールを飲む。飲みながら爺さんの話を聞いた。

爺さんが何処かへ行って、俺はゴロリと横になって読みかけの新書を読んだ。読みやすい本で、日暮前には読み終えてしまった。こうなると、もう1本となってしまう。


期待していた夕暮れの富士山は、あまり赤くならなかったが、山荘裏手の小平地に行くと、


イメージ 6
南アルプスの背後が赤くなっていた。鳳凰山と甲斐駒。


晩飯を食って18:30に寝た。





4/22


イメージ 7
朝焼けの富士山を期待したが、赤くならなかった。常連客らしき写真家は太陽の方角に春霞があるからと言っていた。しかし、今日も一点の陰りも無い。



イメージ 8
八ヶ岳の方は少し赤くなっていた。



イメージ 9
チョットだけ赤くなった。



朝飯を食ってノソノソと出発。



イメージ 10
出発した時には、赤味は全く無くなっていた。中央に赤石岳、左に聖岳。右側は悪沢か塩見か判然としない。



イメージ 11
白根三山。



イメージ 12
八ヶ岳。




イメージ 13
三ツ峠山山頂より。



イメージ 14
御巣鷹山の登りにて。



イメージ 15
御巣鷹山を越えて。あれが本社ヶ丸だろうか。


御巣鷹山からの予想外の大下りで、早くもげんなり。




つづく。

景信山から木下沢沿いに下って、高尾梅郷に向かった。



イメージ 1
木下沢梅林に到着。



イメージ 2
木下沢梅林。ヒヒヒッ・・・、満開だぁ~。




イメージ 3
木下沢梅林。




イメージ 4
木下沢梅林。



イメージ 5
木下沢梅林。



イメージ 6
木下沢梅林。



イメージ 7
道々にて。甲州街道沿い。



イメージ 8
道々にて。



イメージ 9
天神梅林。



イメージ 10
道々にて。へ~、ここから行けるんだ。チト遠い。



イメージ 11
道々にて。梅とネギの取り合わせ。



イメージ 12
甲州街道駒木野宿。小仏関所跡。



甲州街道をブラブラ歩いて、京王線高尾駅に。


前半は富士山。後半は梅にまみれて、楽しく歩けた。


電車に乗って、またしてもクシャミ100連発。
帰宅時には、二袋目のちり紙が無くなっていた。

山行日:2018.3.17
コース:京王線高尾山口(7:15)~高尾病院~(8:30)高尾山(8:50)~城山(9:30)~小仏峠~(10;20)景信山(10;40)~木下沢(11:30)~木下沢梅林(12:00)~甲州街道~京王線高尾駅(13;30)


高尾梅郷に行ってみたかった。
調べてみると、木下沢梅林に入れるのは10時以降との事。従って、高尾山から景信山に歩き、帰りがけに高尾梅郷を訪れる計画とした。


JR武蔵野線で、クシャミ100連発。すでにポケットテティシュ一袋を使いきってしまった。
京王線高尾山口の駅で、クソをしようと思ったらトイレは満員。ケープルカー駅に急行。事無きを得た。

40年ぶりの高尾山で、土地勘は0。地図を見て、高尾山に最短距離と思われる高尾病院から登った。完全にオーバーユースと思われる道を歩くと、舗装道に出た。



イメージ 1
薬王院参道の巨杉。不思議とクシャミは出なかった。



テッシュはもう一袋持っていたが、油断は禁物、手鼻で凌ぐ。



イメージ 2
ミツマタ満開。



イメージ 3
薬王院。



イメージ 4
高尾山着。光る東京湾が見えた。



イメージ 5
期待通りにクッキリ富士山。




イメージ 6
高尾山より。



カレーパンを食って、おさらば。城山に向かう。



イメージ 7
道々にて。



イメージ 8
一丁園地。



イメージ 9
城山より。



イメージ 10
道々にて。眼下に相模湖。



イメージ 11
小仏峠。



イメージ 12
景信山到着。



茶店が二軒あり。なめこうどんを食う。500円也。



イメージ 13
景信山にて。本日最後の富士山。



木下沢に向かって下る。標識は「小仏バス停→」。

下から多くの人々が登ってくる。待ち時間多し。


橋を渡ると、木下沢に沿った林道となる。

写真家諸氏が山腹に目を凝らし何かを探している様子。何かあるのかと、俺も山腹に目を凝らす。


イメージ 14
取り敢えず、スミレ。



イメージ 15
道々にて。



イメージ 16
道々にて。



イメージ 17
道々にて。



そうこうしていると、前方に梅の密生が見えてきた。


つづく。

↑このページのトップヘ