カテゴリ: 中央線沿線・富士五湖周辺

山行日:2019.12.28
コース:JR中央線笹子駅(8:10)~船橋沢~道迷い~上部林道~宝越東方鞍部(10:30)~(11:30)鶴ヶ鳥屋山(11:50)~林道横断(12:30)~下山路分岐(12:40)~丸太沢(13:20)~車道(13:45)~JR中央線初狩駅(14:15)

昭文社の地図に、鶴ヶ鳥屋山山頂:南側展望よし、の記述あり。
これは富士山の展望がよいのではないかと思い、でかけてみた。今回は、先週の反省からチェーンスパイクを携行した。
しかし、道に迷うは、積雪で道は失うわ、ヤレヤレハイキングとなってしまった。取り敢えず、無事に帰ってこられて、ホッとした次第。


笹子駅では、数人の人々が下車した。
俺は、タバコを吸って、缶コーヒーを飲んで呑気にしていた。数人が滝子山の方へ、数人が笹雁山の方へ向かった様子。南側の山に向かう者はいなかった。

林道をユルユルと登り、舟橋沢に沿った山道に入る。小さな土砂の押し出しが何箇所かあり、道は分かりずらい。渡渉点もまた、分かりずらい。


渡渉して右手の沢に入った。この先で迷った。
DSC09836
右手の沢に入り沢を辿り、枝沢を渡渉。この枝沢に沿って道型があり、これを辿る。だいぶ登った所で、道が柔らかい事に気がつく。不安になり枝沢分岐に戻る。辺りを見回すと、本流上流にピンクリボンが見えた。ピンクリボンは秩父では完全に山仕事の目印で登山道とは無関係。どうやら、ここではピンクリボンが登山道の案内のようだ。ここよりピンクリボンを信じて歩く事にする。

ピンクリボンを信じて沢筋から離れる。尾根山腹の急登となる。
DSC09839


次第に、雪が現れてくる。
DSC09840


尾根に出て、雪が増えてきた。
DSC09845


上部林道を横断。雪面に一人の足形あり。かなりの急斜となるも、雪は湿気の無いジャリジャリで滑り止めは不要。しかし、歩いても歩いても稜線に着かない。
道型は完全に見えない。尾根に沿って登るだけ。急斜面で先行の足跡が乱れる。俺もバテる。
ようやく主稜線らしきものが見えた。先行の足形は、左方向へトラバースに入った。俺は不安を感じ、もう少し尾根を登り、小鞍部と同じ標高となってから左へトラバース。


ようやくにして、主稜線に這い上がった。本来はここより西側の宝越に出るはずであったが、道型は全く分からず、ここに出た。富士山が樹間から僅かに見えた。手前は三ツ峠山の張り出し尾根か。
DSC09846


鶴ヶ鳥屋山に向かう。
登下降多く、ここでもバテる。
向こうから青年がやってきた。初狩駅から北面ルートを辿ったそうだ。道型はでていなかったそうだ。俺は、そのコースを辿る予定だったので青年に「足跡を利用させて頂きますよ」と言うと、青年は「かなり危うい所を辿ってしまったので、アブナイかも」との事。ムムムッ・・・。まずいねぇ~。青年は三ツ峠まで行くと言っていたが、この雪で不安そうであった。

青年とスライドしてからも、なかなか鶴ヶ鳥屋山に着かない。
しかし、悪い事だけでは無かった。主稜線の南側には全く雪が無かったのだ。鶴ヶ鳥屋山の先に南面を下るコースがあったからだ。そうだ、そうしよう。


なんとか鶴ヶ鳥屋山に到着。いや~、疲れた。
DSC09861


山頂から、秀麗。
DSC09852


山頂付近を歩き廻って、枝の少ない所を捜す。
DSC09855


アップで。
DSC09856



西に、なんとか南アルプス。
DSC09858



もう一丁。
DSC09859



食欲は失せて、菓子パン1個を食ってオサラバ。
DSC09862


そして、分かりにくい尾根分岐を先行者の足跡とピンクリボンを信じて何とか下る。


たまに、樹間から富士山が見える。
DSC09866


一旦林道に出て、少し先より再び山道へ。



下山ルート分岐。左は、青年が苦労して登ったルート。俺は南向きの右のコースに進んだ。
DSC09870


振り返って、鶴ヶ鳥屋山。
DSC09873



フフフッ、予想通り雪は無く、歩きやすい。
DSC09874


これが最後の富士山。
DSC09875



広場から道志の山。
DSC09880



丸田沢に下り着くと、林道が上下に2本、中間に土道1本。いずれもピンクリボンあり。ムムムッろ・・・。何処へ行けばいいのだろう。勘で土道を選ぶも、やがて方向違いに。戻る。
下の林道状を行く。
やっぱり、このピンクリボン、登山者のためのものではないかもしれんなぁ~。たまたま、作業用のピンクが登山道と一致している場合があると考えたほうがよいかもしれない。


車道に出て、滝子山。雪は見えない。あの裏側にごっそり雪がありそうだねぇ~。
DSC09883


無事、初狩駅に到着。

今回は、滑り止めは携行したが、ハイキング気分で2.5万図を携行しなかった。こんな時季、やはり昭文社の地図だけではマズイ事を思い知ったのでした。

山行日:2019.1.14
コース:京王線高尾山口駅(7:30)~四辻~草戸峠(8:40)~草戸山(8:00)~大垂水峠(11:00)~(11:50)城山(12:10)~高尾山(12:50)~稲荷山(13:20)~京王線高尾山口駅(14:00)


一昨年、八王子城見物を兼ねて、北高尾山稜を歩いていた。そのうち南高尾山稜も歩こうと思っていたが、ポンコツ頭はいつしか忘れていた。つい最近、ノラさんの南高尾山稜記を見て、思い出したのだ。ノラさんは、ノラさんらしく、やや、ややこしいルートを歩かれたようだが、俺は素直に人混みに突入した。


高尾山口駅から国道20号に出て、南下。南高尾山稜に入る案内は無かった。地図を見て細い舗装道に入ると、「草戸峠→」があった。ここより薄暗い山道を登る。やがて尾根に出た。ここが四辻だろう。尾根なりに進む。暑くなり、フリースを脱いだ。


イメージ 1
冬枯れの広葉樹と照葉樹、杉の混交林だ。



イメージ 2
草戸峠に向かう。アレ、高尾山かしら。



小さな登り下りに辟易する。


草戸峠にようやく出た。
草戸峠と草戸山は同じものと思っていたが・・・。


イメージ 3
ひょこり草戸山に着いた。


イメージ 4
草戸山付近より、城山湖。


草戸山からは、登山者が増えた。



イメージ 5
なぜか、こんな階段だらけとなる。ふみふみぃさん的に;「関東なれあいの道」だった。



イメージ 6
これくらいの階段で勘弁して欲しい。



イメージ 7
樹間より富士山。


すぐ先に、ベンチ付きの



イメージ 8
展望地があった。津久井湖と富士山。写真家の爺さんが三脚を構えて腕組みをしておった。



この辺りから、全て巻き道を選択。バテている。平な道を歩くも多くの人々に抜かれる。
やがて、下りになって、



イメージ 9
バテバテで、国道をまたぐ橋、大垂水峠に到着。



ここより、270mの登り返し。つらいのぉ~。
休まずにジックリ歩くしかあるまい。ここを登っている人は少なかった。




イメージ 10
ようやく、城山に到着。残念ながら霞みがち、且つ雲量が増えていた。


城山に恐るべき数の人々がいた。
茶店に客が並んでおる。
テーブル、ベンチ多し。
誰も居ないテープルで握り飯2個を食う。
便意じゃ!
便所に急行するも、男便所の大は故障中。
野グソでもいいのだが、さすがにこれだけ人々が居るとはばかれる。しかも、道にはロープが張られ、「植生回復中」の看板が。
野グソのできそうな場所を求めて、高尾山方向へ。

幸い、まもなく一丁園地に到着し、そこに便所があった。助かった~。

その後も、高尾山までの間に数ヶ所の便所があった。



イメージ 11
高尾山到着。城山にも増す人々。



イメージ 12
秀麗はすでに見えず、関東平野を見下ろしてオサラバ。



稲荷山に向かうも、ここも多くの人々が歩いていた。
うんざり歩いて、高尾山口に帰着。

すぐに発車の電車に、バテバテで乗り込んだ。

イメージ 1


山行日:2019.1.2
コース:JR中央線笹子駅(8:10)~道証地蔵(9:00)~すみ沢~すみ沢直登コース~行き詰り退却~すみ沢迂回コース~すみ沢~鎮西ヶ池~(12:10)滝子山(12:40)~1590m三角点峰~女坂~(13:20)檜平(13:40)~林道(14:50)~藤沢地区~JR中央線初狩駅(15:30)



バカは風邪をひかないと言うが、バカでも稀に風邪をひく事がある。年末の2日間、寝込んだ。2日も寝込むと、今度は腰が痛くなってくる。負のスパイラルの始まりだ。
風邪と腰痛を天秤にかけると、やっぱり腰痛の方が断然重いのである。風邪は抜けきっていないが、山歩きにでかけよう。風邪っぴきで滝子山は少々荷が重いと思ったが、再考も面倒で、当初の予定通り笹子駅から滝子山を目指す事にした。


笹子駅で降りた登山者は4~5名居たようだが、皆様どうも南面の山に向かわれる様子。俺は、クソして、タバコを吹かせてから出発。
寒い、寒い。
国道を下り気味に東進。案内に導かれて中央高速道路をくぐった。ダラダラと車道を登って、


イメージ 2
道証地蔵。ここよりすみ沢に下る。



イメージ 3
すみ沢沿いのダラダラ道を歩く。沢は寒々としているが、この辺では寒さは無くなった。フリースを脱ぐ。



イメージ 4
ホントに寒くないのヨ。



イメージ 5
寒くないのに寒むそう。全然寒くないのだ。



イメージ 6



イメージ 7



すみ沢の直登コースと迂回コースの分岐に到着。直登コースには「難路」と書かれていた。直登コースを見るに、道は明瞭。こちらを選択。



イメージ 8
ここいらまでは、楽勝。



ムムッ、黄色い砂状の傾いた道だ。靴を蹴り込んで何とか通過。先を見るとやはり明瞭な道があった。進む。
ありゃぁ、またしても傾いた砂地。すみ沢の川床まで、結構あるじゃぁないの。ケツを落として、何とか通過。しかし、またまた・・・。ウへッ!
諦めよう。
戻る。

下り加減での戻りに手こずる。迂回ルート分岐まで長い事。結局30分近いロスとなった。
迂回ルートは、すみ沢の大高巻き。ズンズン山腹を登ってからトラバース。曲沢峠からの道を合わせると、その先ですみ沢に戻った。この先、怖い所無し。

小尾根にユルユルと上がって、水溜りのような鎮西ヶ池をやり過ごす。最後にチョット急登すると、



イメージ 9
滝子山に着いた。三角点は1590mのようだが、山頂には1610mと書いてあった。



先着の方、一名のみ。


肝心の秀麗は、東側に雲がまとわりついていた。まぁ、これはこれで、いいか・・・。
でも、チョットだけ粘ってみた。



イメージ 10
あまり変らんか。




イメージ 11
全然変わらんは。



30分滞在で、オサラバ。



三角点峰を経由して、女坂、檜平に下った。



イメージ 12
いい感じの尾根道を下る。



檜平から九十九折れを急降下。
沢に出て、沢沿いに下る。


イメージ 13
この先で、林道に出て、



イメージ 14
藤沢地区に降り立った。すでに秀麗は雲に覆われて。




イメージ 15
初狩駅にて。特急の通過と滝子山。



初狩駅では座れたが、帰省のUターンなのか、コミコミで高尾駅に到着。

山行日:2018.11.3~4
コース:11/3 JR中央線甲斐大和駅=バス=上日川峠バス停~福ちゃん荘(泊)
    11/4 福ちゃん荘(6:00)~介山荘・大菩薩峠(6:40)~石丸峠(7:40)~牛の寝(9:10)~狩場山(9:30)~大マテイ山(10:20)~鶴寝山(11:10)~松姫峠(11:30)~奈良倉山(12:20)~戻る~松姫峠(13:00)=バス=小菅の湯=バス=JR青梅線奥多摩駅



山小屋に予約を入れたのはいいが、天気予報がどんどん悪い方へ転がっている。いつの頃からか、山小屋も「予約」が当たり前になってしまった。予約なしで泊まれた頃が懐かしいのは俺だけであろうか。最早、テントも担げないし、長距離高速歩行もできないとなると、リスク承知で山小屋に予約を申し込まねばならない。悲しい現実である。



11/3
甲斐大和駅で下車すると、麓のここいらも黄葉が始まっていた。天気はよろしく無いし、山の上では紅葉は終了、なんてことはないだろうか。心配になってくる。

上日川峠行きのバスの午後の便はガラガラだった。
上日川峠に着くと、相変わらず驚くほど多くの人々がいた。今日はここから20分歩くだけだ。
薄暗い森は、すでに紅葉最終晩の趣があった。
なんだか冴えない気分で、福ちゃん荘に入場。晩飯までピールを飲んでダラダラと過ごして、就寝。



11/4
5時半に起きて、クソだけして出発。ああっ、もちろん煙は吸った。

ダラダラの坂を介山荘に向かう。大菩薩嶺にはなんら興味無し。
歩いていると、首筋に雨滴を感じる。霧雨だ。霧雨は降ったリやんだり。雨具を付けるほどではないが、11月の2000m弱で濡れるのはイヤだ。もう少ししっかり降ってくれれば、すぐに帰るのになぁ~。

介山荘脇の便所で、もうひとクソ。

熊沢山を小さく巻いて、笹原を石丸峠に下る。道が滑って往生する。


イメージ 1
石丸峠。また、微妙な霧雨だ。


取り敢えず、牛の寝を目指して下る。


急坂を下って1500m以下になると、


イメージ 2
やや、結構な紅葉ではないの!


薄暗いが、なかなかの紅葉であった。霧雨もほぼあがった。



イメージ 3
おおっ、いけてるわ!1400m以下では最終晩とは言え、見応えがあった。




イメージ 4
杉林が全く無く、紅葉の森が続いた。




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7
「牛の寝」の標識。



イメージ 8
「牛の寝」付近。尾根幅が広がり、得も言われぬ風情であった。



イメージ 9
「牛の寝」付近。ウワサ通りの素晴らしい紅葉だ。



イメージ 10
登山道を外れて、狩場山付近。



イメージ 11
大マテイ山付近。


ブナの大木の森を縫って、鶴寝山を越えて、

松姫峠の車道に出た。思いがけず、早めに着いたものだ。バスの時刻表を見ると、「小菅の湯行き」が13:15となっていた。予定では鶴峠からバスに乗る事としていたが、このまま行くと「鶴峠」で2時間以上の待ち時間となりそうだ。
取り敢えず奈良倉山に向かう。


イメージ 12
奈良倉山へ。


イメージ 13
奈良倉山からの展望。秀麗は見えるはずもなく。


奈良倉山は大月市の「秀麗富嶽十二景」の一つに選定されている。紅葉見物と同様に秀麗見物でもあったのだが、こちらはご覧のあり様。先週の滝子山に引き続き2連敗。

秀麗無しでは長居は無用。どう考えても松姫峠からバスに乗った方が早く帰れそうなので、松姫峠に戻る。


バスの発車15分前に松姫峠に戻る事ができた。濡れた着物を取り換えてバスに乗る。

「小菅の湯」では、湯に入らずに蕎麦を食った。

なぜか、「上野原行き」のバスと「奥多摩行き」のバスがやってきた。
どっちに乗るべ~か。
恐らく上野原駅から電車に乗っても混み込みではあるまいか。多少時間がかかっても始発の奥多摩駅から電車に乗って、居眠りでもしながら帰ろうではないか。そうしよう。



「牛の寝通り」の紅葉は想像以上に凄かった。全く陽が射さないのに凄いのだから、かなりのものだろう。杉林は奈良倉山の一部のみて、二次林ではあろうが自然林が延々と続く。石丸峠を下りきると、1400m~1300mを維持し続けるので、タイミングが合えば長時間紅葉にまみれる事ができる。人通りも多くない。
晴れた日にリピートしたいのぉ~。

山行日:2018.10.28
コース:JR中央線甲斐大和駅=バス=景徳院入り口バス停(8:30)~曲り沢峠(10:00)~すみ沢源流~(11:30)滝子山(11:50)~女坂~藤沢~JR中央線初狩駅(14:15)


1泊で牛の寝通りを予定していたが、晴れるのが日曜のみとの事で、急遽滝子山に変更した。最も楽そうな景徳院から登る事にした。


甲斐大和駅前のバス停には群衆が群れていた。
係員の指示がヒドイ。どうヒドイかは面倒なので記さない。
俺は途中下車組としてバス扉前で待機させられた。補助席が全部埋まって、乗車が許された。
積み残された人数は凄いものであった。

バスのギアを入れ替えるたびに、カックンと激しく揺れる。運チャン曰く、「重すぎてまともに走らん」と。

景徳院で降りたのは俺だけ。



イメージ 1
景徳院。景徳院は、武田勝頼の冥福を祈るために、徳川家康によって建立されたと。



景徳院で滝子山の道が見つからん。
ガイドを引っ張り出して、練成館脇より登る事を知る。(全然調べないで来ている)


少し登ると早くも紅葉の気配。


イメージ 2
1000m付近。



イメージ 3
ムフッ・・・。



イメージ 4
1200m付近。


写真撮りに夢中になっていると、オッサン二人が登って行った。



イメージ 5
クククッ・・・。



イメージ 6
ヒヒヒッ・・・。



曲り沢峠からすみ沢源流部の道を選択。「紅葉が美しい」とあったからだ。



イメージ 7
すみ沢源流部。ウワサにたがわぬ黄葉。



イメージ 8
すみ沢源流部。たまりませんのぉ~。




イメージ 9
すみ沢を離れて。



すみ沢源流部から尾根に乗り上げると。


イメージ 10
ブナ、ミズナラの黄葉。


このころより雲量が増える。



イメージ 11
滝子山に到着。清八、本社ヶ丸方面に雲がかかり、秀麗は拝めず。



どこから登って来るのか?、かなりの人々が山頂にタムロしていた。

菓子パンを食ってオサラバ。


人のいない三角点峰で煙をバキューム。


急な坂をエッチラオッチラ下る。男坂・女坂分岐では、躊躇なく女坂を選択。


イメージ 12
檜平。渋めの黄葉。


山腹をイヤと言うほど九十九に折れて、沢筋に出る。

沢筋を下りきって、



イメージ 13
何だこりゃ。



イメージ 14
コンクリ道より、チラリと滝子山。午前の晴天がうそのように曇ってしまった。



初狩駅で下着を取り換えて、電車に乗車。初狩駅ではすいていたが、高尾駅に着く頃には満員。


紅葉は良かった。が、秀麗を見る事ができなかった。また来ようかとも思うが、滝子山は結構キツかった。

↑このページのトップヘ