カテゴリ: 山の怖い話

小さな落石は良く見る。自分が発生源になってしまった事も何回かある。春先の雪渓歩きなどで、左右の山腹から小石が絶え間なく落ちてくる事もあった。巨大な落石に遭遇したのは一回だけ。

1995年5月28日。スキーを担ぎ、富士山頂を目指した。
当日の午前2:00過ぎに御殿場口5合目登山口に到着。仮眠後、7:00に5名で出発。寝不足に弱いおいらは、最初からピッチが上がらず、各合目ごとにザックを放り出した。山頂の鳥居が大きく見える9.5合目で強風と雪礫に見舞われた。あっという間に、雪面が硬くなってしまった。すでに13:00を過ぎていた。富士山未登頂はまさにおいらの鈍足が原因だった。最早これまでとスキーを着け、一斉に逃げるように滑り下った。
途中より雪渓を拾いながらの滑りとなる。滑りそのものは快適だったが、ガスに覆われはじめてしまった。
6.5合目あたりだろうか、スキー滑降はここらあたりまで。スキーをぬいでいたその時。ゴーン、ゴーンと重低音が響いてきた。見上げると白い雪渓の上に潅木。そして乳白色の霧。視界は50m位だったろうか。不気味な重低音がどんどん近づいてくるのが判る。落石だ!
どこから現れるか判らない。上方を凝視し、全員身構えた。そして、霧の中から突然巨大な岩塊が現れた。おいでなすった。と思う間も無く、岩塊は空中を跳ね上がり、ヒューンという音と伴に20m程脇を通過していった。なすすべも無く、ただ見送った。岩塊は重低音と伴に霧の中に消えていった。

岩塊の大きさは、はっきりとは覚えていない。ただ、かなり大きかった事だけは確かである。そして、恐怖のあまり、便意を催してしまった事をはっきりと覚えている。

クレバスとはどのようなものなのだろう。
イメージ的には氷河にできる亀裂。硬く深い青氷の亀裂の底でゴーゴーと水が流れている感じで捕らえているのだが、想像でしかない。

以前、「クレバスのような所」に落ちた事がある。あくまで、「ような所」で、これをクレバスと呼んでよいのか判らない。

場所は、岡山・鳥取の県境・恩原三国山の鳥取県側の尾根直下。雪庇の真下である。
この山、雪が無い季節に登るにはエンジン着きの草刈機と、替え刃3枚ほど無ければ無理である。


イメージ 1
岡山県中津河の集落から中津河川を遡り県境の一つ手前の尾根をスキーで登った。

イメージ 2
途中、巨杉が孤高に聳えている。この尾根を大杉尾根と命名した。最近のネット記事を見ると、巨杉の枝が大分折れ、危機的状態になっているようだ。


イメージ 3
恩原三国山西方のピーク。

イメージ 4
恩原三国山。貧弱なピークであるが、かつて、おいらのアイドルであった。あのピークの向こう側でクレバスのような穴に落ちた。

その日(2001.3.24)、おいらは、恩原三国山(岡山・鳥取県境)の東腹をトラバースし、三国山北嶺(鳥取県)に向かった。早朝はガリガリに雪が凍り付いていたが、気温が上がり雪は柔らかくなっていた。雪ロールが至る所で斜面を転がり落ちており嫌な感じのトラバースであった。スキーを滑らせ一気に通過した。雪庇の小さい所をよじ登り、恩原三国山と三国山北嶺を結ぶ尾根に出た。ここから北嶺には、アッサリ着き、鳥取側の景色を堪能した。
帰りは、恩原三国山との鞍部までスキーを滑らせたが、山腹のトラバースは雪が緩んできたので危険と判断し、恩原三国山に一旦登り、岡山県側に下ることにした。
シールを貼り、やや細い尾根を登る。東側に雪庇が張り出している。すぐに急な斜面となる。前方に岩を抱えた杉が現れた。スキーを履いたままでは通過できない。この当時、山中でスキーを脱ぐ事はまず無かった。なので、一旦、山腹東面に降りて巻こうと考えた(西面は超急斜面)。
幸い雪庇が雪堤状になっており、雪堤の腹にスキーを滑らせた。山腹に着くと同時に、ズドンと体が落ちた。雪庇と山腹の間にできた亀裂に落ちたのだ。亀裂は雪が被っており見えなかった。深さは身長より少し深かったので2m位だった。
狭い亀裂で身動きが取れなかった。足は全く動かないのでスキーが穴の奥で雪に刺さってしまったようだ。おいらの、登山経験上で尤もアセッタ場面であった。アセッタ時は、タバコを吹かせるのだが、この時ばかりはそうもいかなかった。この山で人に出会ったのは、1114m峰という超マイナーなピークを目指すと言っていた人に3年前に会っただけだ。絶対に人は来ない。それだけは間違いない。

自力で脱出するしかない。少しだけ動く腕で穴の側面を少しずつ削った。手袋に水が染みてきた。とりあえず腕は動くようになった。しかし、どうあがいても足は全く動かない。手はビンディングに届かない。ビンディングはジルブレッタ404。前方の開放機能は無い。踵の捻じれのみの開放である。踵をひねった。が、ビンディングが開放されることは無かった。あ~ぁ、このまま、ここでくたばるのか、と、一瞬思ったりもした。
硬い雪ではなかった。まして青氷などではない。根気良く手で雪を掻き、手でビンディングを開放するしかない。1時間以上は経過しただろうか。ようやくビンディングに左手がかかり、左足が開放された。次いで、左足の先で右の踵を押し付け、ついに自由の身になったと思ったが、流れ止め(ヒモ状)が取れない。苦労して流れ止めをはずした。一旦、穴から這い出てタバコを吹かした。助かった。
スキー靴で雪を削り、もう一度穴に入った。意外にもスキーは簡単に回収できた。

スキーを担ぎ、深雪に悩まされながらツボ足で尾根を辿ると、僅かで恩原三国山に達した。

イメージ 5
県境の尾根を逃げるように滑り降りた。

以後、冬に三国山北嶺には行っていない。そして、雪庇恐怖症となった。

だいぶ昔の話。20代前半の頃。

4月の末だったと思う。一人で徳沢から蝶ヶ岳へ向かった。長塀尾根に取り付くとすぐに雪が現れた。残雪とは云え、雪山歩きには慣れていなかったので多少緊張していたと思う。先行者は居ない。トレースも見当たらなかった。当然道は出ていないので、尾根型をたどった。ただ、雪は良く締まり、ツボ足でも楽に歩けた。曇天で薄暗い森を歩き続けた。

傾斜が緩み、尾根幅が広くなった。密林であいかわらず景色も無い。ふと気がつくと、雪面に足跡を見つけた。これで一安心。足跡を追った。5分とたたずに、足跡は二人分になった。おかしいなと思った。そして、見覚えのある木々が。足跡に自分の靴を入れてみた。ピタリと一致した。ゴム底の形も同じ。瞬間、ゾッとした。

そして、「リングワンデリング」と言う言葉を思い出した。あせった。とりあえず、少しでも高いところへ行かなければと思った。廻りを良く見て進んだ。足跡はすぐに右側へ遠ざかった。

左前方に槍の穂先が見えた。ここでようやく地図と磁石を出した。今思えば遅きに失していた。地図上でシルバーコンパスの回転盤を廻し、槍と長塀尾根を結んだ。おおよその位置が判った。かなり上まで来ていることが判明した。そして、磁石をセットし、方向を定め進んだ。

森が切れ、蝶ヶ岳ヒュッテの赤い屋根が見えた。助かったと思った。主稜線上に雪は殆どなかった。槍・穂高連峰を始めて間近に見て圧倒された。

イメージ 1

幸い、その後リングワンデリングにはまらずにいる。
雪山や藪山で磁石を使わず歩き出すのは致命傷になる危険がある。
藪山や雪山で右側に向かってしまう癖があることに気がついたのは最近の事である。なおさら、磁石に頼らなければ歩けないのである。

山の怖い話と言っても、怪談話しではない。
少しだけ怖かった山の体験を記憶がなくなる前に記録しておこうと思った。
たいした話ではない。

雪酔いは、3回体験している。


イメージ 1
一の越付近から室堂のテント場に至る谷。一の越のすぐ下で雪酔いをした。



はじめは、蔵王スキー場ザンゲ坂の下の緩斜面。
強風・向かい風・吹雪・超低温・緩斜面。息をすることも苦しかった。緩斜面をクロウチングでやり過ごそうとしたしていた。そのうち、自分が進んでいるのか、停まっているのか判らなくなった。目が廻り、転倒した。転倒したときの感触は、超低速の滑降だったように感じた。起き上がるのもままならなかった。何とか起き上がり、カラサワの壁に入ると何の事は無く滑る事ができた。

二度目は、志賀高原横手山スキー場の下部。
大雪が降る中、渋峠で無重力の深雪滑降を楽しんでいたが、余りの低温・強風に耐えかね横手山スキー場に退避。横手山スキー場から熊の湯に向かった。緩斜面に差し掛かった所で自分が進んでいるのか、停まっているのか判らなくなった。何がなんだかわからなくなった。グルグルと手を回し転倒した。転倒時、さらに斜面から小さく落下。ボキッと音がした。ゴーグルをはずして周りを見廻すと車道に転落していた。ボキッという音は、スキーからビンディングが引き千切られる音だった。
状況は、蔵王と酷似。強風・向かい風・吹雪・超低温・緩斜面。息をするのも苦しかった時。

三度目は、立山。一の越から室堂への滑降時。
前夜、岡山から高速を寝ずに走り、11時に室堂で東京の仲間と落合う。ロッヂ立山連峰に荷を預け、足慣らしに一の越に向かった。夏道ルートは使わず、谷底を登りつめた。意外にもシールが効かず苦労して登った。天候は晴れ。純白の斜面に雲の陰が次々に行き交っていた。
チョロイものと意気揚々と滑り出すも、自分が進んでいるのか、停まっているのか判らなくなった。危険を感じ自ら転倒した。ゴーグルを取ると、目の前にキョトンとした登山者が立っていた。谷の中央部を滑るつもりが、左手の夏道コースの方に大きくぶれていた。コッパズカシイ思いで立ち上がり、斜滑降気味に谷の中央に戻った。
この時は、全くギャップの無い広大で明るい純白の斜面に酔ってしまったようだ。

イメージ 2


雪酔いはスキー滑降時に体験した。
雪酔い発生の共通点は、
  ・緩斜面
  ・なんらかの原因で、視界不良(余りの明るさも含めて)。
であった。
雪酔い時の感じは、海で大波に巻き込まれ水中でグルグル廻っているような感じ。自分の体勢が判らないのである。
体質的に雪酔いしやすいのかもしれない。

↑このページのトップヘ