カテゴリ: 日光・念仏平~山王峠

山行日:2013.9.22
目的地:竜池の宿、金田峠・深山之宿跡
コース:念仏平避難小屋(前夜泊 5:20)~山王尾根入口(5:40)~2274m峰(5:50)~2207m峰(7:10)~2130m圏(7:30)~2193m峰(8:30)~1971m峰(10:00)~(10:30)金田峠付近・深山之宿跡(11:45)~金田峠~1949m峰(11:30)~於呂俱羅山(12:30)~山王林道(14:00)~山王峠(14:20)~光徳(15:10)


本コース2011年8月に辿った事があった。その時は、2193m峰の下りで東側にコースをはずし、復帰に手間取り、金田峠の石祠探しに時間が取れなかった。今回はどうしても金田峠の石祠を発見したかった。

金田峠の石祠は永正15年(室町時代)奉納の日光修験道三峯五禅頂に関わる金剛堂との事。日光山中に現存・発見されている室町時代の石祠はここ深山之宿と男嶽の宿(ネギト沢のコル)の二基である。
日光市史によると、日光修験道の峰修行の研究は「現在登山道が無く、専門家による実地調査ができない」とされている。

永正年間の歴史年表をみると、古河公方の内訌に宇都宮氏が大きくかかわっている。また、宇都宮氏は蘆名氏との抗争で領地を拡大。佐竹氏との戦いでも勝利をおさめている。日光修験道にも勢いがあったに違いない。

素人のおいらが、金田峠の石祠をただ見たからと言って何の意味も無い。何の意味も無いのにしたがるのが趣味であろう。ただ、自己満足の世界があるだけだ。

などと、ホザキつつ。
朝3:30に目覚めた。月の光が窓から差し込んでいる。かたわらのタバコが目に入り一服。そして2度寝。ホザイた割にはこのテイタラク。


イメージ 1
念仏平避難小屋の2階の窓から。5:00頃。男体山が見えている。


4:00起床。
ドンベイのナントカカントカという炊き込みご飯、ケンチン汁を食う。クソをして、コーヒーを飲んで出発。


イメージ 2
おおっ、晴れている。取り敢えずこの天気が続いてチョーダイ。


山王尾根入口の看板から藪入り。


イメージ 3
のっけからこんな感じ。前途が思いやられますなぁ~。



イメージ 4
2274m峰を越える。

2274mを越えると、なんだか前回と様子が違う。なんか笹に勢いが感じられない。季節柄なのか、年較差なのか?石楠花は健在。今回はGPSを携行した。GPSを持っていると大胆に尾根をはずして藪を避ける事ができる。GPSのご利益は大きい。ただスイッチは入れたくないんだよなぁ~。

イメージ 5
なんか、嬉しくなるような上天気。温泉ヶ岳の脇に白根山がチラリ。


そして、なんと、尾根の北側に踏み跡を発見。ムムッ、鹿道には見えん。ただ、踏み跡は断続的なものだった。

竜池の宿も前回未見。恐らくだいぶ近づいているはず。尾根の北側を辿る。ヌタ場が数か所に点在。これは違うよなぁ~。と思っていたら・・・。


イメージ 6
推定竜池の宿か?

水の涸れた湿地が現れた。上下2段になっていた。「全踏査 日光修験 三峯五禅頂の道」によると「水草のゆれる池塘」とでていたような気がする。池塘では無く湿地ではあるが、位置、規模からここが推定竜池の宿であろう。

竜池の宿から一段上がった小ピークから2207m峰はすぐだった。2207m峰は2つのピークを持つ。ここの下りはやや難しいが、今日は天気が良く2つのピークの間から2193m峰を正面に見て下れば良いだけだった。やがて左手に尾根型を感じ、そちらに移った。

2130m圏にも2つのピークがある。今回は2130mピーク手前で右折。ここは判りやすい。
あとは、ひたすら2193m峰を目指す。

2193m峰に到着。ここまで順調だ。
アレッ、前回見た2つの赤テープが見つからないよ(汗)。
ここの下りで一度大失態をしているので不安感が募る。取り敢えず磁石をセットして下りはじめる。東側に行かないように気おつけたが、いつの間にか両側に見える森の方が高く見えるじゃぁないの!う~んGPSのスイッチを入れてしまった。見るとチャンと尾根に乗っていた。クソツタレ!
しかし、一度見てしまったGPSは手放せなくなった。その後もハッキリしない地形が続き、尾根がハッキリしたかと思うと密藪だったりして。

昔の修験者達はどうやってここを正しく下ったのだろうか?恐らくは大先達が秘伝の地図を油紙にでも包んで笈の中に大事にしまっておいたのか?ナタメでも打ち込んでおいたのか?

取り敢えずGPS様様で、2193m峰を下りきった。

1971mを越え、傾斜が緩むといよいよ金田峠の一角に入る。半返し縫いのように歩く。進んでは戻り、木の廻りをグルリと一周したり。
そして、前方にいきなり石祠が見えた。

イメージ 7
おおっ、ついに発見したドォ~。金田峠付近・深山之宿跡に佇む、石祠。


深山之宿に辿り着いた修験者一行は、ここで3日間滞在。灌頂の儀式を行う。灌頂とは大先達の任命を行う事と思われる。

全て、池田正夫著「全踏査 日光修験 三峯五禅頂の道」の請け売りでした。


イメージ 8
せっかくなので、もう一枚。


金田峠の石祠周辺は、大きく刈り払いがされていた。おかげで、簡単に見つかったと言う次第である。前回は笹の勢いがもっと凄く、尾根上数mという至近にも関わらず見つけられなかったのである。


石祠の一段下には埋もれかかった石段が見えた。石祠の側面と内側に陰刻らしきものが感じられたが、全く読めなかった。
石祠はどこを眺めているのだろうか?深山巴の宿か?横根山か?などと妄想を巡らしつつ、不謹慎にも石積みに腰を下ろし焼きソバパンに食らいついた。
笹原を少し南に分け入ると緑がかった刈り込み湖が見えた。


はて、気が付くと雲が異常に厚く覆い始めた。。二度と来る事は無いかも知れない。名残惜しくもここを去るしかあるまい。

石祠から金田峠には踏み跡様が出来ていた。1949mへ向かう。笹の急斜面にバテる。


イメージ 9
緑がかった刈り込み湖。こんな色していたっけか?



イメージ 10
1949m峰到着。ここは本コース一の展望地。今日辿った尾根を振り返る。左奥温泉ヶ岳~2207m峰~2193m峰。


笹原の1949mに到着。水のガブ飲み。いやはや、早く帰らないと雨に打たれそうな気配。


イメージ 11
1949m峰から於呂俱羅山に向かう。


前回楽勝で登れた於呂俱羅山だったが、今回は藪につかまった。右往左往の末、ようやく於呂俱羅山に到着。ちょっとしたルート取りの違いによりこうも違うものかと思う。

於呂俱羅山の急斜面の下りは嫌だ。ケツを着きながら下る。最後は笹で尻セード。

イメージ 12
小岩峰で一息入れ、山王林道へ下った。

イメージ 13
平和な山王峠ではお嬢様2名がご休憩。



そして、とびきり平和な光徳牧場に帰着。


とても満足な2日間であった。

山行日:2011.8.14~15
目的地:金田峠
コース:8/14湯元(7:30)~金精沢~金精峠下(9:00)~(9:30)金精峠(9:50)~念仏平避難小屋(12:00)  8/15念仏平避難小屋(5:00)~山王尾根入り口(5:20)~2274m峰~2207m峰(7:00)~2193m峰~1971m峰~(11:50)金田峠(12:10)~1949m峰~(13:50)於呂倶羅山(14:30)~山王林道~山王峠(16:00)~光徳牧場(16:40)


三峯五禅頂の日光修験道を知ったのは、山渓アルバインガイド「奥日光・足尾・那須」を読んでからだ。著者の岡田敏夫氏自らネギト沢のコルで、室町時代の石祠を発見した事が掲載されていた。ネットで検索してみると群馬県の山岳会のサイトで、その時の事、その前後の事が詳しくしるされていた。
何故か、三峯五禅頂夏峯ルートに惹かれた。そして、それまであまり行くことの無かった日光の山々に出かけるようになった。夏峯ルートを歩いてみたいと言う欲望が芽生え、ジャブを繰り出すように恐る恐る、隠し山、宿堂坊山、於呂具羅山などに行ったりしてみた。
そんな折、2009年に池田正夫氏の「全踏査 日光修験 三峯五禅頂の道」が出版され、夏峯ルートの全容がようやく判った。ヤジノ沢右岸尾根と金田峠周辺は、おいらの実力では持て余すものがあると感じていた。たそがれオヤジさん曰く「ヤブ天国」との事。
一昨年、ジャブの一環として根名草山に行った折に、山王尾根の入り口を捜してみたが見つからなかった。所が、昨年「su3777m」さんが、山王尾根入り口の標識がある事をブログ上で紹介されていた。
そんな事もあって、自分には荷が重いと思われる本コースを歩いてみる事にした。ただ、鈍足のおいらに皆様のような日帰りはとても無理。念仏平避難小屋に前泊する事にした。

8/14
湯元の駐車場で、出発準備。キャンピングカーが多く停まっている。タクシーが居ないか見廻すが、残念ながら姿形も無い。中曽根コースへ行く広い道を歩き出した。のっけから暑さにヤラれた。直ぐに汗ダクとなる。
涸沢を渡ると道は細く急になる。どうやら金精沢を外れている様子。引き返し、涸れ沢の直ぐ手前のうっとうしい小沢を登る。笹の露に濡れた。
金精道路の橋桁をくぐる。広いゴロゴロの涸れ沢となる。

イメージ 1
金精道路を2回横断。3つ目の橋の先は、堰堤が連続していたので、そこからは金精道路を歩いた。

イメージ 2
金精様は凛々しいねぇ。

トンネル手前で、大休止。暑すぎる。バイクツアーの人々が押し寄せてきた。怖いので、出発。

イメージ 3
金精様を見るのは大好き。でも登ったのは1回だけ。

峠から温泉ヶ岳の道に入ると日蔭になりいくらか涼しい。お一人降りてきた。その後、山王峠まで、ただの一人とも出会わなかった。
温泉ヶ岳はパス。


イメージ 4
明日辿る、尾根が見えてきた。ここから見る限り、平和そうな尾根に見える。

イメージ 5
「su3777m」さんが発見してくれた「山王尾根入り口」の標識を見つける事ができた。枯木の高い位置に打ちつけられていた。温泉ヶ岳方面から来ると見つける事は困難。

イメージ 6
旧念仏平避難小屋の水場。位置的には「旧」の方が好都合なのだが。

イメージ 7
新念仏平避難小屋。1.5階建て。1階は天上が低い。2階は登るのが面倒。一階に陣取った。しかし、誰も来なかった。


イメージ 8
新念仏平避難小屋の水場。歩いて30秒。旧より細い。日照り続きの時は旧で水汲みをしておいた方が良さそうに感じた。

昼飯を食って、ゴロンとする。文庫本を読む。朝の好天がうその様に曇り、涼風が吹き抜ける。
3時頃からバターピーをつまみに酒パックを飲みだした。このマッタリ感が何とも言えないねぇ。
4時半には、晩飯の準備。5時半には寝た。
9時過ぎに轟音で目が覚めた。豪雨が降っていた。あ~ぁ、明日も笹薮でずぶ濡れか・・・。


8/15
3時半起床。月明かりが小屋の窓から射している。小屋の窓から。温泉ヶ岳と男体山。まずまずの天気のようだ。まずは、タバコを一服。コーヒーを飲んだりしているうちに、時間が過ぎていた。

イメージ 9
5時出発。昨晩の豪雨の影響か、山々は濡れていた。晴れているのに、いきなり上下カッパを着用。ザックカバーも。

「山王尾根入り口」にて磁石をセット。いよいよ薮入りだ。ノッケから迷う。2274m峰はすぐ近くと思っていたが、見つからない。やや北方にそれらしき高みが見える。藪を漕ぐ。

イメージ 10
2274m峰付近より。ヤレヤレ。

山王尾根入り口付近に2、3のテープ類を見たが、その後は2193mまで全く無し。ヒト道も無し。時折鹿道が現れ、助かる。直ぐに全身ずぶ濡れ。靴は防水スプレーをしたにもかかわらず、カポカポ。藪は、これまで行った日光の中では最高に激しい。笹、石楠花、針葉樹の幼木。笹は根曲がり竹でないので、背丈を越えても何とかなる。石楠花と針葉樹の幼木のミックスには閉口した。
尾根上を回避したりしながら進んだ。しかし、濡れた笹の片斜面は良く滑る。時折見える地面がなんとも嬉しい。
2207m峰は細長い。端から端へ様子を窺がう。2190m圏の頂きが何とか見えた。磁石をセットし山腹を下る。尾根型が現れホットする。
2190mピークを巻きたいところだが、慎重を期し、ピークへ登った。山頂は2つのピークからなっていた。手前のピークに戻り再び磁石をセット。この時ボールペンを失っていることに気がついた。記憶力の無いおいらの事、以降時間経過は、殆ど不詳。ここは、すぐに尾根型に乗り安心して歩けた。ゲキ藪は変わらない。
2193mは藪には苦しめられたが、ルート上の不安は無かった。高薙ぎ山の登山者が居る事から、以降、少しは踏み跡が現れるのではないかと言う期待があった。

イメージ 11
2193m峰

案の定、下り口にテープが2つ巻いてあった。しめた、ここを下ればよいのだ。しかし、いつまでたっても尾根型は現れなかった。不安になり、辺りを観察した。左手に尾根が見える。あれに違いないと、山腹をトラバース。石楠花藪が厳しかった。しかし、到達した尾根は小尾根で、前方に高々とした山が見える。すぐに高薙山の一角だな、思う。木に登り、辺りを再び観察。遥か右手に平な尾根が見えた。あれが正解か!クソッタレ!再び山腹をトラバース。このトラバースは精神的にもきつかった。沢状を2箇所越えると尾根に出た。目の前に赤テープがあった。助かった。
ホットするも束の間、急斜面でまたまたルートを失った。先ほどと全く同じパターン。左へ外し、右へ戻る。疲れたワイ。
1971mの下りは、慎重を期した。これ以上迷うと今日中に帰れなくなる。気を引き締めて磁石をセット。特段迷いやすい所ではなかった。
いよいよ、金田峠が近づいてきた。傾斜が緩んだ所から、辺りをキョロキョロ。石祠探しだ。

イメージ 12
金田峠に何とか午前中に着いた。でも、遅すぎるワイ。

アセッテ石祠探しを行ったが、見つからない。時間的に随分遅れている。諦めよう。

イメージ 13
足下に刈り込み湖が見える。人里に近づいたような気がした。

1949m峰は急斜面だった。笹が濡れていて滑る。笹を掴みながらの登りとなった。最後の於呂倶羅山の登りは石楠花がうるさかったが、尾根を小さく回避すると思っていたほどの事は無かった。

イメージ 14
於呂倶羅山到着。遅い昼飯を食った。

於呂倶羅山まで来れば、もう大丈夫。と思ったが、とんでもない。濡れた笹の急斜面の下りは恐ろしかった。笹を掴んで何とか下るといった按配。テープ乱立のおかげで下れたようなもの。磁石だけでは何処に降り立っていたことか。時間はかかったが無事山王林道に到着。助かった、との気分が覆う。この下りで水を全て飲み干してしまった。

イメージ 15
山王林道より。ドビン沢の奥の山が怪しく聳えていた。

山王林道をトボトボと歩いた。喉の渇きが耐え難い。再び山道に入り、光徳目指して駆け下る。光徳牧場でアセロラドリンクを一気に飲み干す。外人さんに話しかけられ、相手をしているうちに、最終バスの時間が過ぎてしまった。あ~ぁ。再び車道をトボトボ歩く。

兎に角、夏峯ルートの最難関と思われる区間を歩くことができた。しかし、ツイていた部分があった。終日展望があったことだ。ガスにでも巻かれてしまったらルートミスからの復帰が困難だったかもしれない。少しでも天気がいい日に、と思い、実行日を一日遅らせたのは正解だった。しかし今後、このコースを再び訪れることは無いと思う。おいらにとって、夏峯ルートは厳しかった。

山行日:2009.7.20
目的地:於呂倶羅山
コース:山王峠付近(8:00)~(9:20)於呂倶羅山(9:40)~山王峠付近(11:30)

先週、梅雨が明けたそうな。
もう、もう三週間も山に行っていない。

金曜日の晩、喜び勇んで食料などを買い込んで帰宅。カビ臭いテントなどをヒッパリ出しながら天気予報を見ると、土日は雨。ガックリ。

土・日は、買い込んだ食糧の一部を食って家でゴロゴロ。雨の予報が出たら山には行かないのだ。

日曜の晩に天気予報を見ていると、栃木に晴れのマークが出た。
どこかの山に行こう。
暑いので、あまり低い山は厭だ。
於呂倶羅山に行ってみよう。

於呂倶羅山は以前から気になっていた。山名が変わっているからだ。道が無いのも良い。
ただ、今年買った昭文社の地図には小道の記号が付いていた。13年前に買った地図には小道の記号は無かったのだが。はたして道はあるのか?

今日も寝坊して、歩き出しは8:00になってしまった。梅雨が明けたのか、明けていないのか、雲が多く部分的に青空がある程度の天気だ。

日光側から涸れ沼の入り口を過ぎ、少し行くと送電線がある。電線の真下に登山道入り口があった。


イメージ 2
見事な登山道があった。標識はなし。


イメージ 1
山王峠付近から見える鉄塔と小岩峰。まずは、ここを目指す。


刈払われ階段もある。至れり尽くせりの道だ。すぐに鉄塔に着く。


イメージ 3
良い道はここまでだった。鉄塔巡視道だったようだ。鉄塔の右側に笹に埋もれた踏み跡を見つけ、これを辿る。

間も無く、岩峰の基部に着いた。岩峰にはあっさり登れた。

イメージ 4
岩峰(1789m)からは白根山が見えた。

イメージ 5
これから登る於呂倶羅山の斜面。鬱蒼としている。

岩峰を下ると、赤いテープが尾根の北側に導いている。取り敢えずこれに従う。沢型に出て、すぐに尾根に登り返す。どうやら尾根どうしでも行けたようだが、赤テープに従う。

イメージ 6
こんな感じのルート。道はある。赤テープもやたらにある。密林だ。


笹の深い尾根を登る。凄い急登になる。
尾根形が無くなる。赤テープに従う。
ようやく急斜面が緩み、広い尾根となる。


イメージ 7
広い尾根の南端に笹を漕ぐと、白根山が見えた。


ルートに戻り、やや下り、再び登ると、於呂倶羅山山頂に着いた。


イメージ 8
山頂にある立派な標識。


イメージ 9
山頂からの展望はよくないが、少し藪を下ってみたりすると景色が広がっていた。


イメージ 10
男体山には雲がかかり始めていた。


山頂から金田峠方向に少しだけ行ってみた。先人の痕跡が僅かに感じ取られた。基本的にはこの先踏み跡は無いものと思った方が良さそうだ。ただ、赤リボンを2つ見付けられた。
金田峠に向かいたい気持ちをどうにか抑え、もと来た道を下った。金田峠には、もう少し気力を充実させてから行こう。


イメージ 11
男体山と中禅寺湖。中禅寺湖南岸尾根は雲に覆われていた。


イメージ 12
三岳。この山は、相当手強そうだ。おいらの実力では登れそうも無い山だ。


広く緩やかな尾根では、ルートを失いやすい。あれほどあった赤テープが見えない。磁石で方向を確認して進むと、赤テープが現れた。
ヤマネらしき小動物が、足元を横切る。

急斜面の下りは、笹をワシ掴みにして凌いだ。

尾根通しに岩峰に戻った。


イメージ 13
三岳と涸沼がよく見える。


イメージ 14
太郎山を裏側から見る。


岩峰で早い昼飯を食い、山王林道に下った。



行ってみれば、かなりアッサリとした登山だった。
道は昭文社の道記号で云えば、赤い破線とグレーの破線の中間程度。赤テープが多く道迷いの心配は比較的少ないと思う。ただし、コンパス必携。
笹の深さは、腰程度が主体。胸までは極僅か。背丈を越えるような所は無かった。石楠花無し。
金田峠への踏み跡は、痕跡程度。無しと思った方がよい。また、石楠花があり、困難度は高そう。

時間があったので、立木観音に寄って見た。


イメージ 15
立木観音から。この三連休で行きたかった山々が見えた。

↑このページのトップヘ