カテゴリ: 散歩

散歩日:2010.4.11
コース:自宅(12:30)~綾瀬川左岸公園~谷古田雨水溝~国道298側道~八条用水~草加公園~自宅(15:30)


前日の天気予報では、曇りだった。
なので、山には行かなかった。
が、晴れていた。

11:50の天気予報でも曇ると言っていた。
が、お昼を過ぎても晴れていた。

自宅で昼飯を食って、外を見ると青空が広がっていた。あぁ山に行けばよかった。
今年2回目の花見に出かけようとは思いもよらなかった。

イメージ 1
外環道の側道は春の花が咲き乱れていた。

イメージ 2
綾瀬川の桜は盛りが過ぎたとはいえ、シブトク咲いていた。

イメージ 3
綾瀬川左岸公園近くの芝桜。今年は不作のようだ。

イメージ 4
近づいてみると、そこそこ。

イメージ 5
綾瀬川の土手に咲く花。

イメージ 6
町に咲く花。

イメージ 7
草むらに咲く花。

イメージ 8
美女を呼び、撮影会などが開かれるらしい。

イメージ 9
国道298側道に戻る。

イメージ 10
鳩と桜。絵にならない。

イメージ 11
気の早いツツジが咲いていた。

イメージ 12
八条用水。空が青いねぇ。

イメージ 13
草加公園にて。

イメージ 14
小ぶりなしだれ桜

イメージ 15
草加公園にて。

イメージ 16
早くもケヤキが芽吹きだした。


排ガスを浴びながら、汗ばんで自宅に戻る。

散歩日:2010.4.3

コース:自宅(8:20)~札場河岸~綾瀬川右岸~新栄団地~川口市戸塚~伝右川~安行出羽公園~ときめきランド~川口緑化センター~自宅(11:50)


今年も桜の季節がやってきた。散歩がてらに花見をしておこう。

外に出ると薄ら寒いので上着を取りに家に戻った。曇天空だが、日は選べない。30分ほど歩いて、日本の道100選、旧日光街道札場河岸に出た。

イメージ 1
空色は冴えない。ただ、桜は満開に近い。天気がイマイチのせいか、人出は少ない。

日本の道100選に選ばれていいのだろうかと思うような旧日光街道草加松原の松並木を綾瀬川に沿って遡る。松並木がつきると、再び桜並木となる。

イメージ 2
一瞬、陽が射すと、ピンク色が鮮やかに。

イメージ 3
少なくなった農家の庭先には春の花が満開。


イメージ 4
東武伊勢崎線をくぐると、またまた桜並木となる。

イメージ 5
この並木はけっこう長い。今年は菜の花も植えられたようだ。

桜並木は、国道4号線まで。橋下をくぐり、さらに進むと新栄団地沿いの桜並木が現れる。

イメージ 6

イメージ 7
新栄団地の桜は、大木で見事だ。

イメージ 8

イメージ 9
水鳥が群れていた。

ここをこえると、川口市。適当なところで左折し、綾瀬川と別れる。すぐにドブ川伝右川にぶつかる。

イメージ 10
ドブ川伝右川にも立派な桜並木がある。

伝右川に沿って、下流へ向かう。下流と言っても、流れは殆ど無い。やがて安行出羽公園に到着。ここで、右折。ときめきランドの小道となる。ドブ川に沿った小道だが、なかなか美しいところで、努めて訪れるようにしている。


イメージ 11
ときめきランドの小道は、外環自動車で終わる。ここを左折。道の駅樹里安・川口緑化センターで休憩。缶コーヒーを一本飲む。

イメージ 12
植木の町の道の駅には、春の花が咲き誇っていた。

外環道の側道を歩く。

イメージ 13
川口市と草加市の境にある、小さな石碑。

「畦塗りが、草加の町をかこみける」水原秋桜子

この句は、今の町の様子からは全く想像がつかないだろう。子供の頃、市内は田圃だらけだった。この辺りには外環はおろか4号国道も無かった。舗装道路ですら無かった。民家も少なく、田園が広がっていた。桜は小学校にあったくらい。レンゲ畑の印象のほうが強い。


時計を見ると、11:30を過ぎていた。12時までには家に帰らねば。
急ぎ足で帰宅する。

2009.12.6

昨晩は、少々飲みすぎた。
早起きできるわけも無く、隣町の安行まで最後のモミジ見物に出かけた。

「喝」を見てから出発。
徒歩30分で安行地区に入る。新聞に出ていた「小林もみじ園」の紅葉は終わっていた。

すぐ近くの興禅院に向かった。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



興禅院から、お隣の植物振興センターに向かう。



イメージ 7



植物振興センターから、ちょっと離れた赤山城址に向かう。



イメージ 8
途中にあったイチョウの木


イメージ 9
関東郡代伊奈氏の陣屋跡。またの名を「赤山城址」

イメージ 10
中央に見える白い線は外環自動車道。

イメージ 11
植木の畑(?)を見ながら帰途に着く。

出かけた日:2009.4.5
目的地:埼玉スタジアム2002
コース:自宅(8:00)~松江町の芝桜(8:30)~旧日光街道~国道298~東武伊勢崎線~国道4号(9:20)~新栄団地~武蔵野線~畷橋(10:20)~国道463~新国道463(10:40)~浦和美園駅~埼玉スタジアム2002(11:00)~浦和美園駅(11:20)

今日は、花見にでかけよう。
自宅から埼玉スタジアムをめざして。
かつて、日本一汚かった綾瀬川をさかのぼろう。
草加から綾瀬川をさかのぼると埼玉スタジアム2002に着くのだ。

8:00ちょうどに自宅を出発。

イメージ 1
市内松江町綾瀬川左岸の芝桜。芝桜は、今、大はやり。小規模とは言え草加でも。
しかし、まだ早かった。


日本の道100選に選ばれた草加松原の松並木を北に行く。左は旧日光街道。右は汚さ第三位の綾瀬川。かつてよりは大分綺麗になった。カモメも来るしカワウの姿も見かける。けれども今日は少々ドブ臭い。なつかしい?臭いだ。


イメージ 2
市内中根橋。少年の頃、毎日渡っていた。その頃は朽ちかけた木橋だった。


イメージ 3
市内栄町。しぶとく頑張る松。外環自動車道が見える。


イメージ 4
外環自動車道下の国道298号線のさらに下をくぐる。桜は8分咲きといったところか。


イメージ 5
対岸に越谷蒲生の藤助河岸が見える。左の大木の所には里程の塚がある。


イメージ 6
市内金明町。東武伊勢崎線をくぐると、綾瀬川の桜並木となる。ここは6分咲き。残念。


イメージ 7
緑の橋は国道4号線。地元ではいまだに「バイパス」と言う。桜並木は一旦ここで終わり。


イメージ 8
市内新栄町に入ると再び桜並木となる。


イメージ 9
春の花との取り合わせが良い。


イメージ 10
土手を降りてみたりする。


イメージ 11
市内の桜としては幹周りがかなり太いので、見栄えが良い。ドブ臭さもこの辺りは無い。
桜並木が終わると、川口市だ。夏は雑草が生い茂り歩きにくい所だ。


イメージ 12
結構、水鳥がいる。


イメージ 13
こんな鳥や。


イメージ 14
こんな鳥も。


イメージ 16
川口市戸塚東。鯉と金魚の金清さん。真冬は寒さ凌ぎに良く立ち寄る所。


イメージ 15
武蔵野線をくぐると、遠くまできたなぁ~、と言う気がしてくる。


イメージ 17
さいたま市大門。対岸は旧岩槻市釣上新田。国道463号線畷橋と埼玉スタジアムが見えてきた。

畷橋のたもとにある鰻屋には一度入ってみたいのだが、敷居が高くてなかなか行けない。

畷橋の左手には草加市民には親しみ深い伝右川がすぐそこに流れている、いや、よどんでいる。


畷橋を対岸釣上げ新田に渡り、細くなった土手を進む。


イメージ 18
さいたま市大門の大規模店。こいつができたおかげで、周辺は大渋滞。新しい四車線道路も大して役に立たっていない。
草加には大規模店さんは来ないでね。(来る気も無いか。)
綾瀬川右岸は、なにやら大規模な工事が行われている。近づけないので伝右川の消息は不明。

新国道463号線にぶつかる。先は水害対策の工事中で行けない様なので、左折し浦和美園駅に向かう。駅の先から埼玉スタジアムへの取り付き道を行く。



イメージ 19
ようやく着いた埼玉スタジアム2002。
実は、おいらはダイの鹿島ファンなのだ。登山中にかぶっている鹿島アントラーズの帽子は、浦和レッズに敬意を表し今日だけは家において来た。


何するでもなく、浦和美園駅に戻り、電車で帰宅。やや長めの散歩であった。
徒歩3時間20分も、電車では乗り継ぎを含めて30分で帰宅。

↑このページのトップヘ