カテゴリ: 散歩

行った日2015.3.7


今週も越谷梅林公園に行った。

今日から梅祭り。

先週とはうって変わって、大勢の人々が繰り出していた。



イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



ようやく、白い花が咲きだした所。

つぼみも多数ありです。

行った日:2015.3.1



イメージ 10
雨の予報なので、朝早くでかけた。赤いのは満開に近い。




イメージ 2





イメージ 3
白いのは、ちらほら。




イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8





イメージ 9





イメージ 1
もうすぐ、見頃かな。

行った日:2015.2.15


今週も山歩きはお休み。

まずいねぇ~。

痩身ながら、腹だけが出てきた。ポッコリとね。

ビール腹である。


少しは運動をしなければ。


安行植物振興センターの梅でも見てくるかぁ~。



イメージ 1
坂を上がると蝋梅があった。


イメージ 2
風が強かった。


イメージ 3
梅は少しだけ咲いていた。


イメージ 4
たくさん咲いている所だけ撮った。


イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7
こいつを見ると、どうしても山を思い出してしまう。


イメージ 8
なかなか風が収まらん。


イメージ 9
つぼみの方が多いのだ。


イメージ 10
植物振興センターなので。


イメージ 11
いろいろと咲いている。


イメージ 12
おひる前に帰りました。

行った日:2014.12.14
行った所:安行興禅院


もう終わっているかな、と思いつつも出かけてみた。


イメージ 1
川口市安行、興禅院。



おおっ、まだ残っておったか!




イメージ 2
散り加減ながら、いい感じじゃぁないの!




イメージ 3





イメージ 4
くすんだモミジも逆光だと、まだまだ見られるねぇ~。




イメージ 5
ククククッ・・・。




イメージ 6
ちょっとくすんではおるが・・・。




イメージ 7
興禅院下の弁財天。




イメージ 8
ヒヒヒヒッ・・・。




イメージ 9
だれかが撮っていたので、俺も撮ってみた。




イメージ 10
弁財天の湿地。




イメージ 11
グルグル境内を廻って、帰途についた。



今年のモミジ狩りもこれでお終いかな。

行った日;2014.11.23
目的地;吉見町安楽寺、八丁湖
コース:東武東上線東松山駅=バス=久保田バス停~息障院~横見神社~安楽寺~八丁湖~安楽寺~憩いの森~大王山自然公園~北向き地蔵~吉見百穴~松山城址=バス=東松山駅~箭弓神社~東松山駅


今年、クソ暑い時季に吉見観音と八丁湖を歩いて、カエデが多い事に気が付いた。そして、秋のモミジ狩りを狙っていたのだ。


「鴻巣免許センター行き」のバスに乗り久保田バス停で降りた。吉見町役場を過ぎ、ミニストップで、スパゲティーパンを買って食った。

T字路手前で「源範頼館跡」の案内を発見。ムムッ、これは行かねばなるまい。


イメージ 1
息障院。伝、源範頼館跡。


イメージ 2
息障院。


源範頼は、頼朝の異母兄弟である。木曾義仲を討ち、源平合戦、奥州征伐で大将を務めている。義経同様、後に頼朝から危険視されてしまった。
奥方がこの地方出身者で、数々の伝承が残る。吉見町の館跡の他に、お隣の鴻巣にも館跡の伝承地がある。


イメージ 3
息障院。


息障院を出ると、「横見神社」の案内の「→」あり。ムムツ、こちらにも行ってみよう。

横見稲荷神社も古かった。延喜式内神社との事。社域は狭いが、ナニゲに曰くありげな雰囲気を醸し出していた。後で調べなければ。

ここからは、お目当ての「安楽寺」の「→」が現れた。案内に従って歩くと、ほどなく安楽寺に着いた。



イメージ 4
安楽寺にて。クククッ。


イメージ 5
安楽寺。


安楽寺もまた古い。
しかし、松山城攻防戦(後北条氏と関東管領上杉氏)の折に、全て焼失との事。


イメージ 6
安楽寺。


安楽寺から八丁湖は近い。安楽寺の丘陵を下ると、


イメージ 7
八丁湖。


イメージ 8
八丁湖の遊歩道。


八丁湖を一周して、またも安楽寺に戻った。



イメージ 9
しつこく安楽寺。


安楽寺からは、予定外であったが「憩いの森→」の案内に従って歩いた。「憩いの森」がどこなのか知らないので、案内ポールを捜しながらの歩きとなる。丘陵の高みに沿ったルートだった。
「憩いの森」はたいして憩える場所でも無かった。薄っぺらな森の中の広場だった。

お次の案内は「大王山自然公園」であった。「憩いの森」から僅かな距離だった。

お次の案内は「北向き地蔵」である。ここも直ぐ近くであった。

北向き地蔵からは歩いた事があるので、緊張感は無くなった。すぐにソバ屋があり、十割ソバを食う。

お次は、吉見百穴である。


イメージ 10
吉見百穴手前にて。


吉見百穴は小学校の遠足以来の入場である。ほぼ50年ぶりの再訪となった。

300円を支払って中に入ってみると、アレレレ、こんなに狭かったけか・・・。小学生の時の記憶では、とても広大な百穴であったのだ!


向かいの松山城址に向かった。



イメージ 11
松山城址本郭より。奥武蔵の山々を望む。う~ん、このあたりからは笠山が目立つねぇ~。


少々歩き疲れた。東松山駅に戻る途中、バス停の時刻を見ると、すぐに来るじゃぁないの!バスに乗った。


事のついでに、と言っては語弊があるが、箭弓神社に寄る事にした。


イメージ 12
箭弓神社本殿の彫りもの①


イメージ 13
箭弓神社本殿の彫りもの②


イメージ 14
箭弓神社にて。


七五三で賑わう箭弓神社を後にして、帰途に着いた。



安楽寺、八丁湖とも青葉が混在していました。
八丁湖は湖畔道よりも、湖畔の少し上の小道に真っ赤なモミジが密生していました。

↑このページのトップヘ