カテゴリ: 信越の山

山行日:2016.10.15
目的地:的岩
コース;的岩コース駐車場(8:10)~的岩~四阿山(10;40)~的岩~的岩コース駐車場(13;10)



どうやら、今年の紅葉はだいぶ遅れているらしい。
紅葉を見る為には、相当の標高が必要なようだ。紅葉が進んでいないと雖も、すでに紅葉シーズンに突入している。紅葉の名所は人混みだろう。

そんな訳で、紅葉の名所ではなく、比較的標高が高く、且つ楽に登れる山はなかろうかと、思いを巡らせて思いついたのが、四阿山だった。かつて、的岩付近で素晴らしい紅葉を見た記憶もあるし。


何十年前に行ったのかすら忘れてしまったが、確か国道の鳥居峠から登ったと記憶している。ネット等で調べてみると、現在は鳥居峠からさらに3kmほど先まで林道が通じ、駐車場まであるとの情報を得た。なおさら楽に登れそうだ。


駐車地に着くと10台ほどの車が停まっていた。菓子パンなどを食って出発。



イメージ 1
天気はすこぶる良い。ここは標高1500mもあるのだが、ほとんど紅葉していなかった。


ミズナラなどの木々が生い茂る緩い坂道をノソノソと登る。カラ松林となるが、全然紅葉していない。


イメージ 2
ほどなく的岩に着いた。


イメージ 3
的岩の灌木は紅葉していた。


的岩山の方に行くと、的岩の観賞スポットがあったはずだが、的岩基部の道は途中で笹藪に埋没した。おかしいな。戻る。どうやら的岩山への道は廃道になったようだ。非常に残念。


イメージ 4
多少なりとも、色付いた木々が現れてきたが、基本紅葉していない。


イメージ 5
色付いているのは、五葉ツツジかドウダンツツジのようだ。


イメージ 6
その他の木はほとんど色付いていなかった。


イメージ 7
ユルユルと登って、四阿山に到着。


狭い山頂に中学生やら高校生やらの団体サンが数組もヒシメイていた。それに高齢者が加わって凄い事になっている。筑波山状態。


イメージ 8
北ア北部。白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳、天狗の大下り、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。


イメージ 9
槍ヶ岳、穂高連峰。


写真だけバシャバシャ撮ってオサラバ。


カックン、カックン来た道を下る。


イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12


イメージ 13
浅間山は、今日も煙を吹かせている。


2040mピークから花童子に向かう予定であったが、的岩~的岩山の道が気になって、的岩に下った。


イメージ 14
的岩。強烈な逆光を浴びて。


イメージ 15


的岩の東側の基部に沿って的岩山方向に進んでみたが、道は発見できなかった。頭上から落石にでもあったら大変だと思い、途中であきらめた。


ノソノソ下って駐車地に戻る。


途中、真田氏関連の史跡の案内標示を見るも、帰りの渋滞にオビエ素通りした。

山行日:2011.2.5
目的地:湯の丸山、角間山
コース:鹿沢温泉(8:40)~支尾根(9:45)~1855m峰(10:15)~(11:20)湯の丸山(11:50)~(12:50)角間峠・敗走(13:20)~鹿沢温泉(13:50)

「曇り時々晴れ」から「晴れ時々曇り」に予報が変わった。金曜の帰りは遅かったが、土曜日に行って見よう。場所は湯の丸山と角間山。関越道から長野道に移った頃、ラジオでは埼玉県内の大渋滞を放送していた。助かった。しかし、ねむい。体の弱いおいらにとって、寝不足は致命傷になることがある。
それにしても、山々の雪が少ない。浅間山は純白からは程遠い。地蔵峠までノーマルタイヤ・チェーン無しで上がれた。群馬県側に入るといくらか雪が増えた。鹿沢温泉まで、4WDモードでソロソロと下った。

おあつらい向きの所に駐車地があった。駐車場かどうかは判らないが、3台ほど停まっている。お一人、角間峠方面に出発した。おいらも、スキーを履いて出発。天気は春霞がかかったようで、晴天とは言いがたい。

イメージ 1
コースは鹿沢温泉からレンゲツツジ群落を経て主尾根に至り湯の丸山に登り角間山まで縦走。角間峠に戻り鹿沢温泉に戻るという計画。

古いスキーの跡や足跡があり、これを追う。

イメージ 2
平原のような所に出た。角間山だろうか?

踏み跡はみな角間峠に向かっている。磁石で方向を定め、正面の支尾根に向かった。細い切り開きがあり、はじめはここを辿った。やがて樹林帯となり、雪が深くなった。良く見ると微妙に道型が見える。道型らしきものを辿る。ほぼ想定していた方向に進んでいる。やがて1720mで支尾根に乗った。傾斜も緩み、明るくなった尾根上を安心して歩く。

イメージ 3
湯の丸山が見え出した。

イメージ 4
道標があった。快適に登る。

イメージ 5
1855m峰より湯の丸山。

1855m峰より左手に、スキー場からの主尾根が間近に見える。高度を落とさないように主尾根に近づく。何人か登っているのが見えた。やがて主尾根に辿り着いたのだが、有刺鉄線3段張りの柵があり、本ルートに合流できない。本ルートは良く踏み固められた雪道になっており、歩きやすそうに見える。こちらは、ラッセルとは言わないが、沈み込みのある雪である。仕方ない、このまま登るか。何人かが本ルートを登って行った。見送るホカはない。
有刺鉄線のタルミを見つけ、ようやく本ルートに合流。ちょうど斜面がキツクなる所だ。踏み固められた急斜面はシールで登れなかった。スキーを脱ぐのはイヤなので、結局本ルートとは別にジグザグに登った。


イメージ 6
湯の丸山到着。大勢の人がいた。大昔来た時は誰もいなかったので、意外だった。


イメージ 7
人が多かったので、一つ先のピークに行った。ここにも数名居たが、角間峠に向かう者は居なかった。

シールを外し、滑り出した。すぐに段差に引っかかり転倒。薄皮一枚の雪の下、笹にスキーの先端が刺さっていた。右肩に激痛が走る。五十肩のようだ。ケツの財布も取れない状態なのだ。従って、ケツは左手で拭くしかないのだ。

イメージ 8
あずまや山や根子岳が美しい。

しかし、すぐに尾根上は密林と化した。東斜面に逃げる。雪質は良い。


イメージ 9
林間の柔らかい雪は、まことに滑りやすい。しかし、長くは続かない。

イメージ 10
滑りやすい所は短く、針葉樹の密林に行く手を阻まれる。こんな所はまだマシな方。

針葉樹の硬い枝に苦しむ。極端に狭い樹間をスキーで下るのは疲れるワイ。

イメージ 11
へとへとで角間峠に着いた。

すでに角間山への登頂意欲は全く失われていた。湯の丸山からここまで1.5km。スキー場ならば5分であろう。今日は1時間を要した。握り飯・ラーメン・握り飯と食い、下山する。意外にもしっかりしたトレースがある。はじめトレースを追い、やがて滑りやすそうな林間に入り、醜いシュプールを刻んだ。沢型に迷い込むが、左岸尾根を巻き気味にスキーを滑らすと、広くなった雪の山道が現れた。すぐに鹿沢温泉に帰着。

なぜか、異様に疲れたのぉ~。


イメージ 12
いつものように、妙義山の姿に驚きながら家路についた。

山行日:2009.3.28
目的地:四阿山
コース:あずまや高原ホテル前(9:00)~牧場下(10:15)~2140m露岩地帯(11:40休)~四阿山(12:50)~牧場下(14:00大休)~あずまや高原ホテル(15:00)


ETC1000円乗り放題の初日。ETC車載器が入手できず、泣く泣く出発。

四阿山は15年ほど前、異常な寒気と吹雪で敗走した山だ。今回は雪不足の心配をしながら一応出かけてみた。

長野道からは雲が多いながら、取り敢えず晴れというような微妙な天気だった。浅間山が純白に見えほっとするのもつかの間、進むにつれ、山から雪は減っていった。
上田・菅平IC直前から見た四阿山には雲がかかり、期待できそうも無い。取り敢えず登山口まで行ってみることにする。
あずまや高原ホテルの取り付き道から、いくらか雪が見え始めた。ホテル手前には、無料駐車場ができていた。雪は無い。かつては、こんな施設が無く、人には言えないような所で一夜を明かしたものだった。あずまや高原ホテルさんありがとう。
ホテルの先に、牧場に続く道があった。ここには薄皮一枚の雪があったので、取り敢えずスキーを着けて出発した。今日はノッペリした山なので、高度計の針を標高に合わせた。


イメージ 1
しばらく行くと看板があった。取り敢えずカモシカ・キツネコースを選択する。

さらに行くと牧場の手前に出た。牧場には入らず、牧柵に沿って左折した。少し行き、四阿山→の標識に従い牧場に入った。

イメージ 2
牧場からは左に根子岳、右に四阿山が見えた。

イメージ 3
浅間山も見えた。

牧場の中の並木道を登った。

イメージ 4
雪面はシュカブラとなっている所があった。帰りが思いやられる。


イメージ 5
何と言う山だろう。雲は多いが、どう言う訳かこの近辺だけ晴れている。上田の町はどんよりと曇っている。


イメージ 6
登りシュプールを振り返る。登りのシュプールの美しさには自信がある。


イメージ 7
浅間山から噴煙が上がっている。噴煙は大きくなったり小さくなったりしている。噴煙の影響か、山肌が黒く汚れている。嬬恋のキャベツ(レタス?)畑が美しく見える。

牧場が終わり、やや密な樹林を登る。雪は増え、スキーを滑らすのには問題なさそうだ。
先行者の足跡が現れる。ツボ2名。ショートスキー1名。3名とも躊躇無いコース取りをしているのがよく分かる。だから、トレースをいただいた。

イメージ 8
やがて露岩が現れ、小休止する。高度計は2140mを示していた。菅平か峰の原のスキー場が見える。


露岩地帯より上に行くと樹氷が現れた。

イメージ 9
針葉樹林となり、樹氷が美しい。


イメージ 10
3月末の樹氷は貴重だ。

イメージ 11
ようやく山頂らしき姿が見えてきた。

イメージ 12
根子岳に続く尾根に出ると、山頂から3人が降りてきた。一人はスキーで滑降している。


ショートスキーヤーとは間も無く対面。なんでも浅草岳に行く所を天気の良さそうな四阿山に変更してきたのだそうだ。おいらも守門岳を変更してここに来ていたのだ。おいらが、「ここは初めてです。」と言うと、「滑りやすく楽しいコースがあるので、シュプールを付けておきますよ。帰着はあずまやホテルで。」と言って華麗に滑り降りていった。


イメージ 13
山頂真近。おいらは山頂直下にスキーをデポした。


イメージ 14
山頂到着。本当の山頂は目の前の雪庇上。雪庇恐怖症のおいらはここを山頂とした。

山頂で一服しているとあっという間にガスッて来た。

イメージ 15
根子岳がガスに覆われ始めた。万座に続く尾根はすっかり雲の中。そして、小雪がちらついてきた。

シュプールが、消えたら一大事。すぐに下山にかかる。
スキーデポ地でスキーを着け滑りだす。雪は重くママならない。ショートスキーのオヤジの美しいシュプールをおいらの野太いシュプールが汚していく。
ふと脇を見ると2人組がツボで下っている。不恰好なプルークボーゲンのお披露目だ。仕方が無い。
一時間足らずで牧場下部に降りついた。ここで、遅い昼飯とした。幸い雲は取れ、どんどん青空が広がる。

イメージ 16
再び青空となった山々。


昼飯を食い終わり、オヤジのシュプールを追う。所がどうしたことか、シュプールは雪の無い、笹の中を突っ切ること限りなし。おいおい、と思ったが、山は自己責任の世界。人を恨んではいけないな。などと思いつつ最後は牧柵を乗り越えて帰着。
オヤジの姿は無かった。
取り敢えず、15年目にようやく四阿山に登れたことは良かったし、樹氷が美しかった。


帰りは、温泉なんぞには見向きもせず、思わず砥石城跡に寄ってしまった。急登の連続で足にきた。武田信玄最大の不覚「砥石崩れ」もなるほどと思わせる城だった。


ETC1000円乗り放題の高速道路は、予想に反し、たいした渋滞も無くすんなりしたものだった。ただ、東松山ICで多くの車が降りていた。一般道はどうであったのだろうか。

↑このページのトップヘ