カテゴリ: 日光白根山~根名草山

山行日:2015.8.9
目的地:温泉ヶ岳の穴
コース:日光側金精峠下駐車場(7:15)~金精峠(7:40)~(8:40)温泉ヶ岳~穴探索~温泉ヶ岳(9;20)~金精峠(10:00)~日光側金精峠下駐車場(10:30)


現在、体力に不安あり。クソ暑い中、低山の短時間歩きに特化していたが、やっぱり暑さはコタエる。近くて、標高が高くて、楽な所を考えた。
思いついたのが、日光温泉ヶ岳である。標高2300m超。金精峠下からならば、歩きだしから標高が高い。

しかし、このコースでは短すぎる。そうそう、温泉ヶ岳の謎の穴探しを加えてみよう。


日光宇都宮有料道路・日光口付近からの女峰山様は雲に覆われていた。このままなら帰ろうと思っていたが、金精道路付近では、ほぼ快晴に晴れあがっていた。

日光側金精トンネル手前の駐車場はすでに満車だった。途方に暮れていると、宇都宮Noの二台の車が幅寄せをしてくれて、何とか駐車する事ができた。二人のオッサン、ありがとう。

やはりここは涼しい。秩父の低山とは違うよ。

それでも、大汗かいて、金精峠に到着。


イメージ 1
金精峠。ここはいつでも逆光である。


タバコを吹かせていると、蕗渡る風が涼しい。


駐車スペースをつくってくれたオッサン二名と、家族連れ、二人のオ姉さんが上がってきた。


先へ進もう。ここからは、日陰も多く、斜面も緩やかで歩きやすい。


イメージ 2
温泉ヶ岳に到着。燧ケ岳を遠望。


イメージ 3
表日光連山。                                              

だぁ~れもおらん。ここでも、タバコを吹かせ、チョコパンを食う。


さて、温泉ヶ岳の穴を捜しにでかけよう。
前日、ネットで「穴」を検索してみた。何件か記事があったが、北とか、東とか、南東とかあり、はっきりしない。「全踏査・日光修験・三峯五禅頂の道」をあらためて紐解いたところ、「東側」とあった。

磁石をまさぐり出し、取り敢えず真東にセットする。

磁石の示す方向の延長線には、切込・刈込湖があった。その方向には、なにかしら、非常にかすかな、踏み跡様が、感じられた。足元の悪い笹を足探りで下った。すぐに狭い笹原となった。右手の樹林に入ると、明らかな踏み跡と古い赤テープがあった。少しばかり、この踏み跡を辿ってみたが、なんとは無しに「穴に向かう踏み跡」とは思われず、笹原側に戻った。
すると、すぐに「温泉ヶ岳の穴」が見つかった。

イメージ 4
温泉ヶ岳の穴は、中央の木の根元にあった。


イメージ 5
温泉ヶ岳の穴①。


イメージ 6
温泉ヶ岳の穴②


予習で、温泉ヶ岳の穴は、深さ6~10mの竪穴で、径約2mで、笹に覆われ落ちる可能性ありと認識していた。なので、足探りで慎重に近づいた。怖いので、②の写真が精一杯であった。
特に噴気、異臭などは感じなかった。
落下防止のためか、周囲に倒木が巡らされており、積雪期でなければ不意の落下の心配は無いように感じられた。


イメージ 7
温泉ヶ岳の穴付近から、温泉ヶ岳方向を見上げる。この笹斜面を登り返して、温泉ヶ岳に戻った。


あらためて、「温泉ヶ岳の穴」の道順を記しておこう。
温泉ヶ岳山頂より、東側へ向かう。
やや急な笹原となり、前方下に切込・刈込湖が見える。
切込・刈込湖より少し左手に小さな棚部が見え、そこにある木の手前に温泉ヶ岳の穴がある。
温泉ヶ岳山頂より、迷わず歩けば10分とかからず到着する。


温泉ヶ岳に戻ると、駐車スペースを空けてくれたオッサンが飯を食っていた。

木が育ったのか、この季節だからなのか、白根山方向の展望が得られず、オサラバ。


イメージ 8
下山途中から、日光白根山。


イメージ 9
群馬県側。


イメージ 10
このコースで、金精様ははずせない。


イメージ 11
金精峠に戻る。親子連れが社の日陰でご休憩中。小学生は、社の中を覗いちゃぁいけないよ!


イメージ 12
雷が来ないうちに帰りましょ。


イメージ 13
金精トンネル前に帰着。



焼きソバ屋で、焼きソバを食って、帰路に着く。

山行日:2014.8.13
目的地:外山東尾根、大岳の尾根

コース;湯元駐車場(7;20)~湯の湖畔西側・外山東尾根取り付き(7:45)~外山(11:00)~(12;30)前白根山・敗走(13:00)~五色山(13:30)~中曽根~湯元駐車場(15:50)


お盆休みに入った。が、晴れの日は、今日だけみたい。色々と構想があったが、すべてボツとし、先週行こうと思っていたコースにでかけた。湯ノ湖畔から外山に登り、白檜岳から大岳の尾根を下ろうというものであった。

自宅を3:30に出た。どうやら厚い雲に覆われている様子。高速道路は渋り気味。鹿沼からは事故渋滞に巻き込まれた。予定の湯ノ滝の駐車地は釣り人に占拠されていた。仕方なく、湯元の駐車場に入った。

いつも通り、クソをして出発。時間は7時をはるかに過ぎていた。まずいねぇ~。



イメージ 1
湯ノ湖畔。奥日光は、奇跡のように晴れ渡っていた。


イメージ 2
いいじゃぁ~ないの。でも時間が過ぎていた!


高速渋滞と駐車地満車の影響で、外山東尾根の取り付きは予定時間を大幅に超過していた。湯元から湯ノ湖畔西岸をグルリと廻った。
この尾根、以前は多くの記録が見られなかったが、最近ハイトスさん、ななころびさんといった方々が歩かれている。両者ともアッサリ歩れているが、はたしてどんなものなのか?地図を見る限りかなりの等高線密度である。ちなみに「外山東尾根」の名称はハイトス氏の記事に倣ったものである。

どこから取り付こうかしらと、キョロキョロしながら歩いた。西側の尾根が低くなった所に踏み跡があり、ここから取り付いた。ちょうど「湯ノ湖周回線 一周Q&Aコース」なる標識のある所。

すぐに外山東尾根に辿り着いた。ネットが張ってあった。ネットに沿って歩くもネットの余りが、靴に引っ掛かって歩きずらい。まぁ、こんな所を歩いていて、文句など言えた義理ではないのだが。
藪無しで傾斜も緩い。が、ネットが無くなる頃より、斜度がキツクなりだした。地図通りと言えば地図通りなのだが。


イメージ 3
時折、樹間から展望が得られる。太郎山。



1700m前後は急斜面と背丈の笹で全然進まなくなった。久しぶりに足が地面に着かない程の笹に遭遇した。ここは、結構疲労した。皆様はアッサリ通過されているようなので、地力の差を感じずにはいられなかった。


イメージ 4
1700m付近の密笹地帯。


密笹地帯は、断続的ではあったがキツかった。鹿道すらなかった。密笹地帯は標高差にして100m位であった。

密笹が失せると鹿道が現れる。石楠花や針葉樹の幼木藪が現れたが、鹿道で逃げ切った。ただ、傾斜が急なので、鹿道に頼り過ぎるとあっという間に尾根が高みに遠ざかってしまうので要注意である。
一応、藪御三家の笹・石楠花・針葉樹(本来は這い松)が揃っていた。


イメージ 5
表日光連山。


イメージ 6
湖上山の尾根が左手に見える。


イメージ 7
おおっ、あれが外山か! と言うか、外山であってくれ~っ! かなりバテていた。


イメージ 8
やや、金精様の隣に燧ケ岳が見えるではないか! そして良く見ると、その下にツバクロス山と四朗岳か?


イメージ 9
左手に登りやすそうな草原が現れたが、実はアザミ藪であった。恐ろしや~。


アザミ藪の上が外山であった。以前外山に行った時には山名板が複数あったはずだが、本日は山名板が見つからなかった。なので、辺りをウロついてしまった。一応、ここより高い所が周辺にないので、よかろう、とした。

ここから、通常の前白根山に続く登山道に出なくてはならないのだが、石楠花藪につかまってしまった。しかたない、磁石を信じて進むしかあるまい。やがてすぐ右手に尾根を感じて、そちらに移動。薄い踏み跡を発見。間も無く、前白根山の登山道が湯元へ落ち込む所に出た。


ここで、水のガブ飲み。アンパンを2個食った。


重い腰を上げ、前白根山に向かった。


イメージ 10
前白根山付近から白根山と白錫尾根。


やっと、前白根山に辿り着いた。
女性御二方がいらっしゃいました。母娘なのかな。山の話をいろいろ伺った。「どこか、良い所はないか?」と聞くと、「北方稜線」との事。参りました。


さて、予定では、白檜岳から大岳の尾根を下るつもりでいたが、時間が遅すぎる。11時にここを出発しなければと思っていたが、すでに1時間半のオーバー。最終のハイブリットバスには間に合いそうにない。ゆっくり中曽根を下る事にしよう。



前白根~五色山間に出現した、小さな池塘。


チンタラ中曽根を下って湯元に帰着。

帰りも渋滞にハマる。

山行日:2013.9.21
コース:光徳=バス=日光湯元温泉(10:00)~中曽根登山口の林道~金精沢~国道~金精トンネル(11:10)~金精峠(11:50)~温泉ヶ岳(13:00)~山王尾根入り口(13:50)~新念仏平避難小屋(14:20 泊)


今日は、わずかな歩き。なのでゆっくり家を出たら、高速道路が渋滞気味。おいおい、光徳9:45のバスに乗り遅れてしまうじゃぁないの。
いろは坂の登りで東武バスが先行しているのが見えた。登りに弱いおいらの軽ワゴンにムチを入れた。アエグようにバスを抜いた。バスは中禅寺温泉のターミナルに一旦はいるはずである。あ~、助かった。

湯元より歩きはじめる。カンカン照りだ。

イメージ 1
とにかく暑い。

白根山の中曽根登山口を見送り、林道を進む。細く藪化した金精沢に入り、一つ目の橋の所で国道に出た。


イメージ 2
金精様は凛々しいねぇ~。


国道を汗みどろで歩く。

金精トンネル入り口ですでにグロッキー。ノソノソと金精峠に向かう。



イメージ 3
金精峠着。暑い。

金精峠には2組4名様がご休憩。おいらはパンをかじって昼飯とした。このパンボソボソでノドを通らん。二度と買うまいと、しっかり決意した。



イメージ 4
温泉ヶ岳への道は日陰となり、いくらか涼しくなった。


この道、スイッチバックが多い。何回あるのか数えたら8回だった。

大勢の人々が降りてくる。ついに25名の団体さん現る。おいらは「お先にどうぞ」と涼しい顔で道をゆずった。実はバテていた。


イメージ 5
白根山が見えてきた。


今日はこんなに晴れなくてもよかったのに・・・。明日はどうしても晴れてもらいたいのだが。天気予報は、あまりいい事は言っていなかった。


イメージ 6
温泉ヶ岳到着。ムムッ、湖の色がおかしいんじゃネッ!


温泉ヶ岳には2組3名様がいらっしゃった。この山にしては大賑わいの部類か。


イメージ 7
温泉ヶ岳から燧ケ岳。右手の白いボツンが新念仏平避難小屋。


山頂近くにあると言う不思議穴を捜そうと思っていたが、とてもバテていたのでとっとと下った。

su3777mさんに教えてもらった「山王尾根入口」の標示を確認。


イメージ 8
念仏平避難小屋に到着。避難小屋2階より温泉ヶ岳。

避難小屋のベンチで御夫婦が休憩中。栃木100名山にチャレンジ中との事。皆様凄いものです。

御夫婦が去ると閑散としたもの。急に秋風を感じてしまった。歩いて30秒の水場に行き、流れを確認。チョロチョロだが出ておった。ラッキー。
小屋に入り、ゴロリと転がり、くだらない文庫本を読む。

16:30より晩飯。今日も餅入りラーメンとシーチキンのみ。
寝袋にもぐり込み、バターピーを食いながら酒パックをチュウチュウ。ついでにヘッドランプの灯かりで本を読む。
19:00就寝。

行った日:2013.8.24
目的地;金田峠
コース:湯元バス停(10:00)~金精沢~国道~金精トンネル(11:10 雨のため撤退)~湯元バス停(12:15)


金曜日の昼休みに天気予報を見て、土日の山歩きを諦めた。
所が、帰宅後未練がましくネットで日光の天気予報を確認すると、「24日9:00頃から晴れ」マークが出ていた。おおっ、急遽準備して、床に着いた。

清滝のコンビニで2日分の食糧を買い込んだ。
明日の下山地光徳に車を止め、バスで湯元まで来た。

晴れるはずの9:00は、とうに過ぎているが、どんより空。これから天気が良くなるのだろうと出発。今日は念仏平泊の予定なので、のんびりスタートで良いのだ。

中曽根の登山口がある林道様から金精沢の藪沢に入り、途中から国道に上がった。ありゃ~、霧雨が降って来たよ。

イメージ 1
金精トンネル着。温泉ヶ岳の尾根を見上げる。パンを食っていたら雨が降ってきやがった。

洒落にならないねぇ~。


イメージ 2
男体山が、くら~く、聳えている。


風が出てきた。寒い。

迷わず、登山中止。
諦めの早いのが、おいらの特徴。独り歩きの気楽さでもある。


清滝のソバ屋でソバを食って店を出たら、薄日が差してきやがった。

8/17
今日は最終日。昨晩の夜更かしで本日も朝寝坊。予定よりも2時間も遅い起床だった。
五色沼避難小屋に泊まったのは、ジイさんとおいらだけ。おいらが起きるとジイさんも目が覚めたらしい。

食いたくも無い朝飯を食う。
ロールパン1個 74kcal
チーズ1枚   59kcal
味噌汁     30kcal
合計     163kcal

粗食ですなぁ~。

ボンジュースの空ボトル500mlに水を入れ、空身で白根山を目指す。すでに日は高い。樹林を抜けるととても暑かった。空身なので楽勝かと思ったが、やっぱり鈍足に変わりは無かった。


イメージ 1
ヒーコラ言って、白根山山頂。昨日まで辿った尾根が良く見える。


水をガブ飲み。アッと言う間に底水だけとなった。

広い山頂周辺には誰も居ない。人気の山を一人占めだぁ~。
複雑地形の山頂付近を歩き廻りオサラバ。


イメージ 2
山の斜面は真黄っ黄。
徒然草子さんが見た真黄っ黄を何年か越しにようやく見る事ができた。


イメージ 3
鹿は全然逃げない。こっち向いてと声をかけて見たが、シカトされた。


避難小屋に戻ると、ジイさんは居なくなっていた。
2回目の朝飯を食う。

ドン兵衛・釜めし 368kcal
1回目との合計  531kcal


イメージ 4
外輪山から。ここも真黄っ黄。


イメージ 5
日光白根ってカッコいいよなぁ~。右に伸びている道の先に水場がある。

道々、人々が現れ始める。白根山への道を聞かれたりする。

若者が白根山を指差して、「あの白い筋が登山道ですか?」と聞いてきた。
「そうですよ」
「え~っ、登れるんスッカ」と言うので、
何処から登って来たのか聞いたら、どうやら外山尾根から来たらしいので、
「あそこの登りよりは、はるかに楽ですから大丈夫だよ」と答えておいた。


イメージ 6
前白根山到着。登山者が次々に現れる。ここでも休憩。水のガブ飲み。


イメージ 7
五色沼の色は、朝方よりもいい感じになってきた。


イメージ 8
正面に五色山。


五色山にも登山者が多数憩っていた。
ザックをドッサリとホッタリ投げて、またまた休憩。
オッサンが「何処から来たの」と聞くので、「宿堂坊山から」と言うと、地図を広げて「へーっ」と感心していた。
そしてザックを見て、「担いでもいい?」
「いいけど、臭いですよ」
オッサンは担ぐなり「ウヘーッ」と言った。
その「ウへーッ」は、重量の事なのか、臭いの事なのか、サダカデは無い。


イメージ 9
白錫尾根。白根隠し、白檜、そして僅かに錫が見える。


五色山を後に、県境の尾根を進んだ。早くも雲量が増えてきた。
昨日まで遠かった温泉岳が近づく。


イメージ 10
国境平を越えて、金精様が見えてきた。


こちらから見ると、まさに金精様。
おいらは、この山の通過は好きではない。


イメージ 11
金精山から。


イメージ 12
金精峠から。


金精様には、御夫婦が休んでいた。おいらも当然ご休憩。もう登らなくていいのかと思うと同時に、この先の下りのイヤラシさが頭をよぎる。
次いで、オッサンが登って来た。

御夫婦下山開始。
次いでおいらも下った。
途中、あとから来たオッサンにアッサリ抜かれる。

金精峠に何とか降り着くと、若いカップルが金精様の社を開けていた。おいらも「ナンダ、ナンダ」と仲間入りし、しっかりと御本尊様を拝みました。

峠の下りは、さきほどのご夫婦と抜きつ抜かれつ。おいらはギクシャクと下るよりなかった。
短い下りではあるが、やっとの思いで国道に降り立ったと言うのが真相である。


イメージ 13
ここから湯元まで歩くしかない。


やれやれ、あとは湯元まで歩くしかない。適当な所で金精沢に降りるつもりだった。
歩きだして、しばらくして、クラクションが鳴った。
振り向くと金精様で抜きつ抜かれつした御夫婦だった。「乗っていきなよぉ~」
うわっ、有難い。「臭いですよ」「臭くて死ぬ事はないから大丈夫だよ」
御厚意に甘えた。

温泉に浸かるという鹿沼の御夫婦に湯元バス停で分かれた。本当に有難うございました。

バスはすぐに出発。

赤沼の駐車場で、着ているものを全て取り替えた。

清滝のレンガ屋で焼きソバを食い、今回の各駅停車の山旅が終了した。



追記
ガスバーナーがあっても、結局カロリー不足だった事が判明。でも腹は減らなかったなぁ~。


お終い。

↑このページのトップヘ