カテゴリ: 奥武蔵・秩父(秩父鉄道)

山行日:2018.4.7
コース:秩父鉄道親鼻駅~ガスト親鼻店(8;40)~皆野町下田野~取り付き地点捜し~(10;40)418.0m峰(10;50)~主稜線車道(11;30)~塞神峠~葉原峠(12:10)~岩根神社(12;30)~法善寺~秩父鉄道野上駅(14;00)


今日も親鼻駅に来てしまった。目的は長瀞右岸418m峰付近の桜見物ではあるが、ガスト親鼻店で朝飯を食う事の方がより比重が高かったかもねぇ~。


今回は2.5万図に記載の「∴長瀞」の「瀞」の字の右側付近の尾根を登ろうと思っていた。現地に行ってみると、法面が続いていた。法面に階段があり、そこから山腹に取り付いてみたものの、森に隠れた帯状の岩壁が長々と続いていた。一旦県道に戻り、少し北上。小さい沢筋から取り付こうとしたが、沢の入り口に民家があり、侵入しにくい雰囲気。あきらめよう。

少し南下。沢筋に沿った林道記号を辿る。結局先月の取り付き点の木工工場に出てしまった。う~ん、全く同じ所はなぁ~、と思い、あたりを見回していると、緩い沢筋に埋没しかけた林道がが見えた。出たトコ勝負で、ここを登ってみるかぁ~。



イメージ 1
明瞭化した林道。左手を辿る。


林道は薮化したり、明瞭化したり、分岐したりしながら続いた。伐採地のような所に出て、



イメージ 2
足元に。


イメージ 3


小沢の源頭部まで林道様は続いていたが、最後はケモノの踏み跡を使って尾根上に出た。


イメージ 4
尾根上には、早くもツツジが咲いていた。ツツジは3種類あった。



イメージ 5
桜も期待通り現れたが、天気がどうもイマイチ。


少し歩くと、先月歩いたルートと合流。


イメージ 6



イメージ 7
ツツジ2種類目。ミツバツツジだろうか。日光のミツバツツジとは雰囲気が違う。



イメージ 8
桜は満開である。



イメージ 9
桜も何種類もあるようだが、全く判らない。




イメージ 10



イメージ 11
ツツジ3種類目。



イメージ 12
桜は、次々に現れる。




イメージ 16




イメージ 13



イメージ 14
そして、418.0m峰に到着。



イメージ 15
点線が、今回のコース。正確性に欠けます。



つづく。

山行日:2018.3.3
コース:秩父鉄道親鼻駅~ガスト親鼻店(8;40)~赤城神社~橋を渡る~藪入り~(10:00)長瀞右岸418m峰(10:15)~主稜線車道(10:40)~北進~塞神峠~仙元峠~植平峠~葉原峠~(11:40)小林山(大平山)(12:00)~521m峰(12:15)~283m峰(12:50)~183m峰~県道(13:15)~秩父鉄道樋口駅(13;30)


たそがれオヤジさんが、長瀞右岸の「小林山(大平山)」に登られた。俺は、10年位前に小林山の基部で、藪に覆われた尾根を見て、まぁいいかと思い、長瀞カントリークラブ東方の車道になんとか出て、金尾山に辿り着いた事があった。先月のたそがれさんの記事を見るに、「小林山に道あり」とでていて、もう一度訪れてみるかと思い、でかけた次第。


長瀞右岸の418mピークは、最近の俺のお気に入りである。大した所ではない。が、杉林少なく、道記号なし。派生尾根はどれも歩きやすそうに見え、体力的にもちょうど良い。いわば、身の丈に合った寂峰というわけだ。今回は、赤城神社の先の橋を渡った所からの支尾根を登ってみた。


イメージ 1


秩父鉄道親鼻駅で降りて、いつものようにガスト親鼻店に入店。これまたいつものように、派手な姿の婆さんが向かいの席で煙を吹かせていた。


車道を歩き、赤城神社へ右折。神社を過ぎて、橋を渡った所が今回の藪入り予定地。どうやら木工工場の敷地であるような、ないような。

藪入りは、こういう時が困る。おおっぴらに私有地に侵入するのはどうもねぇ~。網野善彦氏流に言えば、藪入り地点は「無縁」の地がよい。神社や寺や墓地だ。

今回の地点は、説明はむずかしいが、微妙な感じなのだ。とりあえず、広い削平地に入って、枝打ちの破材の堆積の隙間から尾根に乗った。


イメージ 2
広い尾根の末端には、こんなものがあった。「文化二年」とある。少しだけ「無縁」を感じ、ホットする。


初めこそ杉林の尾根だったが、いつしか雑木林となり、薄い踏み跡もあった。いい感じの尾根だった。すぐに暑くなり、フリースをザックにしまう。


イメージ 3
展望地より。中央に三宝山・甲武信ヶ岳・木賊山、右に両神山。



イメージ 4
展望地より。大霧山か。ピンボケ写真を白黒加工。


気持ちの良い尾根が、急となり、道型が消え、強引に登ると田野沢橋からの尾根に合流した。ちょうど谷草の最上部民家が見下ろせる所だった。
尾根通しに進む。


イメージ 5
418m峰手前にて。荒川が見下ろせる。



イメージ 6
418m峰手前にて。浅間山。



418m峰にはアッサリ着いて、煙をバキューム。ああっ、そうであった桜の木が多かったのだ。また、春先に来なくては。


ここから僅かに東進すると登山道が現れる。ユルユルと登って、主脈の車道に出た。


塞神峠で車道が2分。どちらかしらと地図を見ていると、オッサンが現れて2分の車道の中央の山道に入っていった。ああっ、そこかぁ~。

仙元峠、植平峠、葉原峠を通過し、



イメージ 7
小林山基部に到着。


10年前は、ここで右の道を行った。小林山に登るつもりであったが、小林山へは踏み跡は無く草藪だったと記憶している。たそがれさんの記録通り草藪など無く、踏み跡があった。やや薄めの踏み跡ではあったが、アッサリ小林山に到着。


イメージ 8
小林山(大平山)。


小林山もまた、何のヘンテツも無い山頂であったが、片側に雑木が広がる妙に落ち着いた所であった。ここで、昼飯とする。


さて、下りはどうしよう。草藪ボーボーだったら10年前と同じように金尾山に行くつもりであった。が、北側に明瞭な踏み跡が認められた。ならば、チト・イヤラシ系の下りではあるが、秩父鉄道樋口駅を目指してみようか。


小林山から北進。


イメージ 9
かなり明瞭な踏み跡あり。ただし、薄い所もあり。


521m峰からは尾根が2分する。町界の尾根に明瞭な踏み跡があったが、こちらは長瀞カントリークラブに突入してしまう。北西の尾根にもやや薄いが踏み跡があり、こちらを選択。雑木の明るい尾根を軽快に下れた。


イメージ 10
500m付近で、右手に長瀞カントリークラブがチラリと見えた。


ここから長瀞カントリークラブに沿った尾根上に明瞭な道が見えたが、地図を見ると下部がかなりややこしそう。西に下る小尾根を選択。ここから283m峰の基部までのルートファインデングが難しかった。地図に現れない小尾根と小谷が入り組んでいた。踏み跡が消えガケ地にでくわし、間違いを悟る。あたりを見回し、より明瞭な尾根を捜す。右側の小谷をトラバースすると踏み跡が現れる。念のためGPSのスイッチを入れる。このGPS、全く信用がおけないのだが、今回は、俺の希望通りの位置を示していた。

無事283m峰の基部に降り立つと、北側に明瞭な道があった。おそらく276.3m峰に続く道だろうと想像した。今回は283m峰に登った。


イメージ 11
283m峰に到着。好展望地。



イメージ 12
283m峰を西に下る。道型明瞭となる。



イメージ 13
傾斜が緩んで、道は益々明瞭化。


当初、南側の林道記号に降りようと思っていたが、道は益々よくなり、方向も良いので、谷筋の林道には下りずに、緩やかな尾根道を北西に進んだ。


イメージ 14
らくちんの尾根道だった。


最後は、突如として道が無くなり、JA長瀞菌床椎茸センターの裏に出た。草叢を乗り越すと県道に出た。



イメージ 15
荒川を渡ると、秩父鉄道樋口駅は近かった。



イメージ 16
小林山からの下りルート。



県道に出る手前、最後のフィニィシュが、いただけなかったが、久しぶりに楽しい山歩きができた。小林山の北面、西面に、また遊びに行こうっと。

秩父鉄道野上駅から釜伏山に登り、中間平までやってきた。
中間平を下り、


イメージ 1
広い畑地に出た。



イメージ 2
常光寺に到着。




イメージ 3
鉢形城内シルバー人材センター。門扉越しに写真を撮った。




イメージ 4
荒川を渡り、


すぐに右折すると、


イメージ 5
雀宮公園。

一般開放期間限定の公園のようだ。


イメージ 6
雀宮公園。


イメージ 7
雀宮公園。



イメージ 8
雀宮公園。



イメージ 9
雀宮公園。



雀宮公園を出て、荒川沿いに歩くと、



イメージ 10
水天宮。



イメージ 11



鉄橋が見えると、東武東上線玉淀駅は近かった。




ようやくお終い。

秩父鉄道野上駅から釜伏山に登り、釜伏峠、関所跡から中間平ら向かった。





イメージ 1
中間平緑地公園。




イメージ 2
中間平緑地公園。




イメージ 3
中間平緑地公園。




イメージ 4
中間平緑地公園。




イメージ 5
中間平緑地公園。




イメージ 6
中間平緑地公園。




イメージ 7
中間平緑地公園。




イメージ 8
中間平緑地公園。




イメージ 9
中間平緑地公園。



つづく。

秩父鉄道野上駅から釜伏山まで登った。
釜山神社の参道をユルユルと下ると、


イメージ 1
釜伏峠。



イメージ 2
ぷはぁ~。



イメージ 3
ここからは車道歩きで、関所跡に向かう。




イメージ 4
関所跡付近。



イメージ 5
関所跡付近。



イメージ 6
関所跡付近。



イメージ 7
関所跡付近。



イメージ 8
関所跡付近。



イメージ 9
関所跡付近。



鼻血を押さえつつ、中間平に向かった。



つづく。

↑このページのトップヘ