カテゴリ: 奥武蔵・秩父(秩父鉄道)

山行日:2018.11.23
コース:秩父鉄道桜沢駅(7:50)~鐘撞堂山(9:10)~北尾根経由~305m峰で詰まりかける~南西の尾根~円良田湖~花園御岳城(11:20)~五百羅漢~少林寺~善導寺~正龍寺~秩父鉄道寄居駅(13:10)


春に行った鐘撞堂山は自然林に満ちていた。紅葉も綺麗なのではないかと思い出かけてみた。少林寺近くの247m峰が花園御岳城である事を最近知ったので、ここを引っ掛けてみようじゃぁないの、と鼻息を荒くして出かけた。

秩父鉄道桜沢駅で降りたのは、俺一人。駅外の便所に駆け込む。


イメージ 1
八幡神社の脇が登山道入り口。


急な登りが緩むと八幡山。ベンチがあり、ここで朝飯がわりの菓子パンを食う。
小さな登り下りが続く。期待していた紅葉は寂しいものだった。まず、カエデ類が少ないのだ。あってもウリハダがチョボチョボ。



イメージ 2
紅葉の切り取り。




イメージ 3
まぁ、なんとか。



イメージ 4
一見ゴージャス。



イメージ 5
こちらも切り取り。



イメージ 6
おっ、と思ったが、多分植林の幼木。あと10年位かかるかも。



イメージ 7



イメージ 8
こちらも幼木。



イメージ 9
鐘撞堂山山頂から。


鐘撞堂山には2組5人ほどいらっしゃいました。展望用の櫓に上がると、西~南~東の眺めが良い。
ポツラポツラと人々がやってきたので、オサラバ。北側の尾根道に入った。「あんずの~ナンチャラカンチャラ→」の標識あり。


イメージ 10
薄暗い森となる。


しばらく行くと、道は、2.5万図にあるように左手に尾根を外して着けられていた。俺はどう言う訳か、その先の305m峰に寄りたくなったのだ(普段は、そう言う事は思いつかない。楽な道があればそれを選ぶ)。ところがどっこい、305m峰手前で、急坂に出くわし窮す。なんとか右手に活路を見出し登りきった。ここから南西に伸びる尾根に乗るつもりでいたが、尾根型が見つからん。当初、顕著な尾根なので踏み跡位はあるだろうと、たかをくくっていたのだ。濃密な森で、地図の感じと異なってかなりの急斜面だった。ここは305m峰ではないのではないかと疑心喚起となり、北へもう少し歩いてみたが、どんどん下り、ピークなんぞは現れない。戻る。
305m峰でタバコを一服。結論は、当然「道」に戻るだ。苦労して登った急坂を草を掴んで下ってみると、下った所から南西の尾根に乗れるような気がした。305m峰の西斜面を少しだけトラバースすると、尾根型に簡単に乗れた。な~んだ、と喜々として南西尾根を下った。青いスズ竹が散在する。いよいよ回復基調なのか?スズ竹が居ないと寂しいが、繁茂されると、それはそれで・・・。
左手から明瞭な道が合流。さっき見送った道だろう。ヘンな事を思いつかず、普通に道を辿れば良かった。
その後すぐに、道は右手に折れて行った。2.5万図には南西の尾根に道記号があるが、木の枝を積んで、「行けませんよ」の意思表示がなされている。俺は真っ直ぐに積まれた木の枝を越えた。明瞭とは言えないが、踏み跡様はあった。
と、右斜面を何かが転がり落ちて行く音がした。その後しばらく草をかき分けるような音が続いた。何者だ!俺は大きな声を何度も投げかけた。ヤツはどんどん下っているようだ。クワバラ、クワバラ。
いつしか、太い明瞭な道が現れた。な~んだ、道はちゃんとあるじゃぁないの。一安心。道は尾根の右側に着いていた。俺は念のため270m圏のピークに登った。登ってから道のある右の方へ進んだ。ん、磁石を確認すると真北に進んでいる。ありゃぁ~、だまされた。270m圏に戻る。
270m圏で磁石を当てると、進むべき方向に薄い踏み跡があった。
しばらく下ると237m峰との鞍部に達した。2.5万図では、道記号は235m峰で途絶えている。ここで、北側を見ると、明瞭な踏み跡があった。地図を見ると、浅く緩い沢形の先に道記号がある。しめしめ、この踏み跡を利用しようではないの。ゆねい斜面を下ると、湿った窪状に出た。廃屋が見える。窪状を越すと立派な道があり、これを辿るとすぐに円良田湖であった。



イメージ 11
薄暗い森から、明るい円良田湖に出た。



イメージ 12
湖畔道にて。



円良田湖畔を歩き、少林寺への道へ入る。少し登って峠のようなT字路に出る。標識は「左:少林寺」のみ。俺は右に行く。緩く登って、鳥居があって、横掘りのような所を土橋のようなもので通過して、2頭の狐の間を登ると、


イメージ 13
247m峰。花園御岳城の主郭のはずである。


247m峰は、なにかの宗教の石像が林立する所であった。聞いた事の無い神様の名前が石に刻まれていた。およそ城跡には似つかわしくない。あまりいい気分がしないので、すぐにオサラバ。



イメージ 14
五百羅漢の道を下って、



イメージ 15
少林寺。


鎌倉時代から室町時代にかけて北武蔵を席巻した藤田氏ゆかりの



イメージ 16
善導寺、




イメージ 17
正龍寺によって、



寄居駅に到着。



寄居駅前の蕎麦屋で蕎麦を食って帰途に着いた。




イメージ 18
正確性に欠けます。

山行日:2018.11.10
コース:秩父鉄道浦山口駅(8:50)~大谷地区~日向地区・藪入り~練馬区キャンプ場(10:00)~伊勢岩ノ頭1040m付近・高ワラビ尾根合流(11:30)~武士平分岐(12:00)~小持山(13:05)~大持山(14:00)~ウノタワ(14:30)~横倉入林道(15:20)~名郷バス停(16:10)=バス=西武鉄道飯能駅


昨年同じ時期に高ワラビ尾根を歩いて紅葉が美しかったので、二匹目のドジョウを狙って高ワラビ尾根の支尾根を歩いてみた。小持山から先は腹案もあったが、鈍足に拍車がかかって、一般ルートで名郷に下った。
肝心の紅葉は1000m以下で見頃、それより標高が高いと散り残り紅葉。1200mでは落葉であった。


秩父鉄道羽生駅と熊谷駅で大量の埼玉県内の高校生が乗り込み、大混雑。どうやらテニスの大会があるようだ。高校生は広瀬野鳥の森駅で下車。平和が訪れた。


浦山口駅で降りた登山者は意外にも俺だけだった。菓子パンを食い、クソをして、タバコを吹かす。ルーチンワークだ。

車道を歩き、去年登った高ワラビ末端の取り付きをスルー。浦山ダム脇からトンネルをくぐり、ダム湖沿いにしばらく歩く。

大谷集落の所で、左手の林道に入る。神社記号の所から藪入りしようと考えていたが、気が変わりもう少し先に行ってみた。


イメージ 1
日向地区より浦山川対岸の山。



上の写真からすぐ先に消火栓があった。浅い沢の切れ込みの所だ。ふと見ると薄い踏み跡があり、ここから藪入りした。薄い踏み跡を辿ると、



イメージ 2
閑散とした練馬区のキャンプ場に出た。


まぁよい。一服しようではないの。


バンガローの裏手に目的の尾根が続いていた。キャンプ場との境界には大量の粗大ゴミが草に埋もれかかっていた。日本らしい光景である。粗大ごみをふんずけて尾根に乗る。

はじめは杉林。踏み跡はあるような、ないような。鹿か猪の足跡が着いていた。歩き難い事はない。650m付近の急斜面に難儀する。落ち葉の下が濡れていて、滑る滑る。木の幹や根っこを掴んで登る。


イメージ 3
杉林が尽きると、ウヒヒ的に、色付いていた。



イメージ 4
クククッ・・・。



イメージ 5
1000m付近で現れた岩場。



計画段階から、1000m付近等高線密度はイヤラシイなと思っていた。案の定岩場が出現した。登れそうなので取り付いてみたが、かなりヤバかった。湿った落ち葉と岩で滑る事。退却も考えたが、退却寸前で登れるルートが見つかる。木が折れない事を確認し木につかまり、岩が剥げない事を確認し岩を掴み、木の根が抜けない事を確認し掴んだ。下を見ると、落ちたらおだ仏のような気がする。右足の自由が利かないので、手でズボンのスソを掴んで引き上げた。まぁ、そうは言っても普通の健常者なら問題が無いのかもしれない。俺は結構青ざめていた。

ようやく安全地帯に達したが、慎重に。

登りきると、そこは高ワラビ尾根の本尾根だった。そして、小さなプレートに「伊勢岩ノ頭・1040m」と書きこまれていた。

ここからも岩がちだった。昨年は何の苦労も無く登れたのだが、今回は落ち葉が濡れていて、かなり気を使う歩きとなった。


イメージ 6
伊勢岩ノ頭を越えて。



イメージ 7
散り残り紅葉。



イメージ 8
たまに、こう言ったヤツも。ここいら辺までは、すこぶる天気が良かったのだが。



武士平分岐を見送って、小持山の最後の急登でバテた。
しかも、急速に雲が増え始めた。


小持山には単独氏と4人組がいた。



イメージ 9
小持山付近より、浦山側。




小持山と大持山の中間ピークで握り飯を食った。展望ピークだが、誰も居なかった。


大持山にも誰も居なかった。雲が広がり青空0となる。長沢背稜は完全に雲に覆われていた。長居は無用。というか、名郷の16時12分のバスに間に合わないかもしれなくなっていた。このバスを逃すと次は17時43分。急がねば。



イメージ 10
ウノタワへ下る。



イメージ 11
ウノタワ到着。散り残りのみ。ただし、浦山側の紅葉は素晴らしかった。


時間が無いので、山中に下る事にする。



イメージ 12
ウヒヒヒッ・・・・。



イメージ 13
こんな写真を撮っている場合ではないのに。



山中への道も滑った。スピードが上がらん。



ようやく林道に辿り着いたのだが、林道も湿っていてツルツル。腰が引けて小股で歩く。妻坂峠からの道を合わせて、時計を見て愕然とする。ひぇ~、バスに間に合わん!ころんでもいいから走るゾ!白岩からの林道を合わせて、時計を見て一安心。

名郷16時12分にギリギリセーフ。

バスには、めずらしくも4人が乗っていた。

さわらびで、大量の登山者が乗り込んで、東京の通勤電車なみの混雑となる。



イメージ 14
正確性に欠けます。

山行日:2018.9.23
コース:秩父鉄道波久礼駅(8:10)~虎ヶ岡城(9:10)~大槻峠(10:00)~陣見山(10:40)~榎峠(11:40)~石神神社(12:30)~百体観音~JR八高線児玉駅(13:50)


「次は~ハグレ~、波久礼~」の案内で、網棚からリュックを降ろそうとしたが、何かが引っかかって降ろせない。メガネを外してよ~く見ると、雨蓋のチャックの頭が網棚の金属の間に挟まれていた。力いっぱい引いてみたが外れ無い。そうこうしているうちに、波久礼駅到着。ムムムムッ・・・・。チャックが壊れてもいいワイと思い、リュックの胴体ごと思いっきり引いてみた。外れん!電車のドアは閉まってしまった。クソッタレ!その後も力いっぱい引いたが、外れ無い。このまま三峰口か、とあきらめかけた所で、ようやく外れた。樋口駅直前であった。

取り敢えず、樋口駅で下車。時刻表を見ると、幸い10分後に登り電車が来るようだ。波久礼駅に戻る。


気を取り直して出発。
「簡保の宿」の案内に導かれて、陣見山登山口の標識を発見。山道に入る。
簡保の宿の基礎部分の下を進む。オッサンが佇んでいた。この先、榎峠まで、出会ったのは、このオッサンだけ。

とにかく、凄い蜘蛛の巣だ。目が悪い上に、この曇天では、蜘蛛の巣に引っ掛かるまで、蜘蛛の巣が見えない。5mごとに蜘蛛の巣に引っ掛かっているのではないか。それもデッカイやつに。顔面に蜘蛛の巣を感じ、バックし手で蜘蛛の巣を払う。全然前に進まん。


展望も無い薄暗い森の中を蜘蛛の巣にまみれて歩いた。
目に着くのは、キノコのみ。


イメージ 1
うまそうだ。キノコに対する知識0。




イメージ 2
これもウマそう。



イメージ 3
これはチョット。



イメージ 4
こんな森を歩いた。蜘蛛の巣が張り巡らされている。



イメージ 5
これは食いたくない。



イメージ 6
これは絶対食いたくない。



やがて、超急斜面の木段道となる。大汗かいて登りきると、小さな平坦部。もう一段登ると、



イメージ 7
虎ヶ岡城に到着。



イメージ 8
虎ヶ岡城山頂にあるアズマヤより美里方面。


普段なら、周辺を歩き廻るのだが、この蜘蛛の巣ではそんな気も起らない。


イメージ 9
虎ヶ岡城にて。



イメージ 10
虎ヶ岡城にて。



菓子パンを食って、煙をバキュームしてオサラバ。



イメージ 11
その先に、尾根を切った堀切が2箇所。先へ進もう。



イメージ 12
キノコは続く。



イメージ 18
大槻峠到着。



イメージ 13
陣見山の登り。竪掘りかと思うようなエグレ。



イメージ 14



イメージ 15
何とも無愛想な陣見山に到着。愛想も無いが、展望も0。山名のイメージとは異なる。あったのはテレ玉の電波塔。



イメージ 16
陣見山にて。



イメージ 17
陣見山にて。



ここでも、菓子パンを食って、タバコを2本吸ってオサラバ。



つづく。

岩根神社まで下ってきた。
ツツジ園地は素通りしたが、


イメージ 1
ツツジ園地覗き見スポットより。凄い咲きっぷり。ミツバツツジが中心かな。


小雨が降ってきやがった。


イメージ 2
道々にて。



イメージ 3
道々にて。



イメージ 4
道々にて。



イメージ 5
道々にて。



イメージ 6
道々にて。



イメージ 7
道々にて。



イメージ 8
道々にて。



イメージ 9
県道に出ると、そこかしこで桃が咲いていた。小雨はやんだ。



イメージ 10
法善寺。




イメージ 11
法善寺。



イメージ 12
荒川を渡る。



イメージ 13
小林山の方を振り返る。こちらも綺麗そうに見える。



秩父鉄道野上駅に到着。一本見送って、駅前のソバ屋に入る。もりソバを食って、ピールを飲んで、ちょうど次の列車がやってきた。

長瀞右岸418mから主稜線の車道に出て、塞神峠、葉原峠と辿り、岩根神社に向かった。天気が悪いせいか、途中で出会ったのは、自転車の方お一人であった。


イメージ 1
418m峰から主稜線に向かう。



イメージ 2
伐採地より。




イメージ 3
主稜の車道に出た。




イメージ 4




イメージ 5
桜は満開。でも天気がねぇ~。




イメージ 6
塞神峠から土の上を歩ける。



イメージ 7
葉原峠から、再び車道歩き。当初小林山から薮ルートを下ろうと思っていたが、予定変更。



イメージ 8
いきなり。



イメージ 9
岩根神社。



イメージ 10
岩根神社。



イメージ 11
岩根神社。



イメージ 12
岩根神社と道を挟んで反対側がツツジ園地であった。入場料1000円、駐車代500円とでていた。



俺は、通過。



つづく。

↑このページのトップヘ