カテゴリ: 奥武蔵・秩父(秩父鉄道)

山行日:2008.12.7
目的地:蕎麦粒山
コース:浦山大日堂(7:30)~広河原谷・逆川林道~ワサビ田(道迷い9:40)~蕎麦粒山北尾根(仮称)~蕎麦粒山(11:40休)~仙元峠(12:00休)~仙元尾根~浦山大日堂(14:20)

今週も浦山大日堂に来てしまった。今回は、蕎麦粒山から北に伸びる尾根から都県境を目指した。
悪名高き広河原谷・逆川林道を辿り、林道が広河原谷を離れる所から、ワサビ田への作業道へ入った。

イメージ 1
ワサビ田作業道入り口

作業小屋を何軒かやり過ごすと、一番目の橋で右岸に渡る。

イメージ 2
一つ目の橋

すぐに二番目の橋があるが、これを渡らず、作業道を進む。

イメージ 3
二つ目の橋

やがて三つ目の橋があり、これを渡り左岸に出る。登山道を探すが見つからないのでさらに作業道を進む。

イメージ 4
三つ目の橋

すぐにせん道となり、小滝が現れた。

イメージ 5
せん道

イメージ 6


これを過ぎるとワサビ田があり、右に行く道があったが、谷沿いの道で目的のルートではないと考え、引き返した。
結局、二つ目の橋を渡った所にある東電の黄色い支柱「新秩父54号」に従って登ることにした。

イメージ 7
二つ目の橋に戻り、このポールを頼りに登った。

初めは落ち葉の中にかすかな踏み跡があったが、すぐになくなった。見上げると、黄色いポールが見えるので、これを追った。やがて尾根型がはっきりしてきて、尾根上を行く。かすかな踏み跡も再び現れた。
すると上から二人の登山者が降りてきた。そしてこう聞かれた。「この尾根はどこに出るのですか」と。
よく聞くと、二人は、今朝一杯水を出て川苔山を目指したのだが、途中道が崩落しているので、蕎麦粒山から山を回りこむように進もうとしたらしい。
「この尾根は浦山川に出ますよ」と言うとキョトンとしていた。武甲山などを説明すると驚き、秩父側に出たことをようやく理解したようだった。昭文社刊奥多摩の地図しか持っていないようなので、浦山大日堂バス停までのルートを教え、分かれた。
その後ルートは杉林となり、黄色ポールが無くなるとともに再び踏み跡が消えた。尾根上を外さないように登る。昭文社刊奥武蔵・秩父では二工場谷源頭部にルートが取られているが、尾根上を行くことに決めた。僅かだが赤・青のテープが散見される。
急登に次ぐ急登が少し緩むと、左から明瞭な道が合わさった。これが正規ルートか?この後、鮮明な踏み跡となる。
再び急登となり、右手に仙元峠が見えてきた。木の枝、笹をつかみながら登ると、ヒョッコリ蕎麦粒山山頂に着いた。30年ぶりの山頂だ。
カヤトの頂上と思っていたが、勘違いだった。雑木林のあまり展望の無い山頂だ。それでも木の間越しに富士山が見える。
イメージ 8
イメージ 9
広河原谷への下山路 テープがまいてあるが、笹に覆われ、ほとんど分からない

山頂には何人かいた。後から人も来たので早々に退散する。
仙元峠で昼飯としたが、誰も来ない。皆、巻き道を行くのだろうか。此花咲くや姫を祭る祠のお神酒の中には雨水がたまり、凍っていた。
帰路は先週歩いた仙元尾根だ。途中噴煙を上げる純白の浅間山が見えた。

イメージ 10
遠く浅間山が見えた。

ずんずん下るとコースアウトした。ピンクリボンに引き込まれたのだ。少し登り返し、ルートに戻る。やがて杉林の中、九十九折れの道となれば浦山大日堂の屋根が見えてくる。
市営バス最終便(14:20)が出発しようとしているところで帰着。



本コース(のぼり)は、昭文社刊奥武蔵・秩父の中で破線の登山道として示されているが、同じ地図内の破線道に比べ、難易度が比較的高いと思います。

仙元尾根を降りに使う場合、ピンクテープに引き込まれないようにしてください。登山者用の目印は紅白のリボンおよび、紅白のテープのようです。

山行日:2008.11.30
目的地:三ツドッケ
コース:浦山大日堂(7:30)~仙元峠(10:30休)~三ツドッケ(11:50休)~仙元峠~浦山大日堂(15:50)

先日、新聞に、埋もれかかった仙元尾根が整備され上田埼玉県知事が、登山した記事が載っていた。ついでに、30年ぶりに一杯水まで行くことにした。30年前は軍畑から、高水山、棒の折れ山を経て、今は無き獅子口小屋で一泊。川苔山、蕎麦粒山、一杯水を経て日原に下った。獅子口小屋でコタツで寝転んでいると、小屋の美人が蜜柑をくれたのを覚えている。山のことは全く記憶から消え去っている。三ツドッケを登り損ねたこと以外は。

薄暗い浦山大日堂脇の狭い階段が登山口だった。

イメージ 1
浦山大日堂と登山口の階段

尾根末端の急坂は九十九折れの道で、狭いながらも歩きやすい。鉄塔に出ると傾斜は緩み、一段と歩きやすくなる。鉄塔は尾根上に4塔あり、どうやら東電の鉄塔道がベースとなっているようだ。道ははっきりしているが、旧道と思われる踏み跡や作業道、獣道が交錯している。また、林業用のピンクテープが登山道と無関係に縛られているので、油断がならない。

イメージ 2
2本目の鉄塔台地からは、目指す三ツドッケが高々と望まれる。

イメージ 3
先週行った有間山  有間峠からの林道が痛々しい。

イメージ 4
左から、武甲山、大持ち山、鳥首峠 遠く日光の山が白く見えていたが写真では確認できない。


4塔目の鉄塔を過ぎると道は尾根の左側の杉林をだらだらと登るようになる。楽な道だが薄暗く展望も無い。単調だ。


再び、尾根上に上がると、急坂となる。

イメージ 5
今年初めて踏む雪


前方に小さな祠が見えると、そこが仙元峠だった。峠と言っても、立派なピークである。

イメージ 6
ようやく着いた仙元峠

イメージ 7
仙元峠のブナの古木と蕎麦粒山

イメージ 8
近づいてきた三ツドッケ


このあたりは、粒ぞろいとは言えぬが、ブナの古木が散見できる。ただ、犬ブナと化したものが多く、スッキリとしたブナは意外と少ない。これも温暖化の影響か。
一杯水に向かうとすぐに水源巡視道となり、アップダウンはなくなる。一杯水はただの一滴も水を出していなかった。

イメージ 9
二日前に雨が降ったと言うのに涸れていた一杯水

一杯水から尾根を回り込むと、一杯水非難小屋に着いた。30年ぶりだ。

イメージ 10
布団もあった一杯水非難小屋


小屋の裏手に三ツドッケへの小道を見つけ、これを辿る。重くなった足を引きずり、着いたピークは三ツドッケⅠ峰とあった。Ⅱ峰の方が高そうなので、そちらへ向かう。急速にバテ、転がるようにⅡ峰へ到着。しかし、Ⅲ峰の方が高そうに見える。Ⅲ峰の入り口には「難路」の指示板があった。もう登る余力は無かった。

三ツドッケⅡ峰からの展望はすばらしかった。誰も居ない山頂で昼飯とした。


イメージ 11
川苔山と蕎麦粒山 


イメージ 12
石尾根と富士山

イメージ 13
雲取山と芋の木ドッケ   間に白くなった木賊山と甲武信岳がちらりと見えた

イメージ 14
三ツドッケⅢ峰 右隣に武甲山と小持山


飯を食い終わると、続々と登山者が集まってきた。ハンギョウ尾根からやってきた人、40年ぶりに訪れた人(やられた!)、一杯水からの上り口を見つけられなかった人、無言の人。そうこうしているうちに13:00近くになってしまった。あわてて、往路を戻る。
仙元峠の登り返しは僅かだったが、苦しかった。左手に見える三ツドッケとの別れを惜しみながら下った。それにしても、三ツドッケⅢ峰は立派に見える。返す返すも惜しいことをしたものだ。

イメージ 15
陽はすでに、三ツドッケの肩に  よく見ると、五ツドッケに見えるではないか。しかもⅢ峰が一番鋭く、高く見える。位置の関係か?

谷間の夕暮れは早い。下の集落からは「七つの子」が流れている。カーラアスなぜ鳴くの~と。早く帰りましょう。ボロボロで、浦山大日堂へ帰着。






イメージ 16
「ブナを大事にしましょう」などと、行政、特に林野庁から言われたくないなぁ~。

↑このページのトップヘ