カテゴリ: 奥武蔵・秩父(秩父鉄道)

山行日:2020.11.30
コース:満願の湯ふれあい広場駐車場(7:40)~皆野アルプスの尾根(8:15)~猿岩(8:40)~(8:55)破風山(9:10)~巻道探索~札立峠(9:25)~水潜寺(10:00)~満願温泉駐車場(10:40)


ブログ「日和見日記」のJICKYさんの破風山記が発信された。それによれば、かなり赤味の強いカエデ紅葉が楽しめそうだ。もう適期は過ぎたかもしれないが、散り残りでも拝んでみたいと出かけた次第。今回は、コロナ急増のため、嫌いな車利用とした。ちなみに皆野町のコロナ感染者はわずかに3名。そして我が町は、確実に毎日コロナ患者が発見されている。なるべく皆野町の人々に御迷惑をかけないようにしなければ。幸い、山中では誰とも会わず、水潜寺でお寺の方と遠目のご挨拶程度ですんだのでよかった。



破風山に登る前に、秩父華厳の滝に寄る。誰も居ない。
DSC02721



紅葉は散り残りのみ。谷間で、まだ陽が射して来ない。日陰のクスンだモミジでは・・・。残念。
DSC02723



とっとと、車に乗って、満願の湯「ふれあい駐車場」に向かう。駐車場などの情報は、皆野町のHPのハイキングマップから仕入れた。このマップの出来栄えは、素晴らしい。花やモミジのスポットも的確に記載されているので破風山を歩く際は、参考になる。
取り敢えず、駐車場には一台の車も止まっていなかった。クソをして出発。


舗装道を歩いて風戸集落を通過すると「風戸の鏡肌」という岩が現れた。
DSC02726風戸の鏡肌



風戸集落と宝登山。天気はすこぶる良い。
DSC02733



山道に入り、風戸集落の水源近くに祠が。人と山の境界なのかもしれない。
DSC02736



そして、皆野アルプスの尾根筋に登り着くと、予想だにしなかった紅葉が残っていた。
DSC02744



カエデは断続的に現れた。
DSC02745



思っていた以上の赤味だった。
DSC02749



ヒヒヒッ・・・。
DSC02750



スゲー、スゲー。
DSC02751



黄金色もいい。
DSC02754



ムフフフッ。
DSC02755



ど~なってんだ~。
DSC02758



カエデの木が太いワ。
DSC02761



猿岩に到着。皆野町のマップではこの付近に「モミジマーク」がある。
DSC02762



いやはやなんとも。
DSC02765



上の写真のところを通過して振り返る。
DSC02766



プフぁ~。
DSC02767



足が進まん。
DSC02772



どうしましょう。
DSC02773



首が痛いワ。
DSC02775



そして開けて武甲山。
DSC02777



破風山に到着。だぁ~れもおらん。菓子パンを食ってオサラバ。札立峠に向かう。
DSC02778



途中、破風山の巻道に寄り道。皆野町のマップに「モミジスポット」と出ていたから。
DSC02787



スポットは「野巻椋神社コース」分岐付近にあった。
DSC02788



戻って、札立峠の道を行く。
DSC02790



札立峠から水潜寺へ下る。もう杉林だけだ。
DSC02792



両岸に岩が現れて。岩陰に水潜寺が見えた。
DSC02794



秩父札所34番水潜寺に到着。お寺を掃除する方に軽くご挨拶。参拝者はいなかった。
DSC02795



水潜寺。結願寺。
DSC02799



水潜寺から車道はすぐだった。車道を満願の湯まで歩く。
DSC02808



満願の湯にて。小春日桜とあった。
DSC02812小春日桜



満願の湯ふれあい駐車場には数台の車が止まっていた。登山者らしき御仁がお一人出発していった。
日和見日記のJICKYさんの記録から知った紅葉スポットだったが、断続的とはいえ自然の赤い紅葉を手軽に楽しめる貴重な所だった。






山行日:2020.6.27
コース:秩父鉄道親鼻駅~ガスト親鼻店(8;40)~萬福寺~仙元コース~(9:50)美の山(10:20)~~蓑山神社~古参道コース~秩父鉄道皆野駅(11:20)


最近、全く歩いていないので、高い山や長い歩きは無理だろう。低い山となるとこの時季かなりの暑さに耐えねばならぬ。そんなわけで、ごく短時間で歩ける美の山にでかけた。


何故か、本日、親鼻駅で多くの人々が下車した。俺はガスト親鼻店に直行した。ガスト親鼻店は大分様子が変わっていた。まず何と言っても全面禁煙になっていた。これは痛い。そして、メニューが無くなっており、代わりにタブレット様のモノが備え付けられていた。この手の者は苦手である。マゴついていると、若いね~ぇチャンが、使用法を懇切丁寧に教えてくれた。

朝飯を食って、萬福寺に向かう。萬福寺にてクソをして、「仙元コース」なる道に入る。富士講関連なのか、その手の石造が並ぶ。すぐに神社らしきものが見えたが、そちらには目もくれず登山道を進む。数分で息切れを起こしていたので。

車道に2回出て、山道に入ると、「お犬のくぼ」。小さな石室があるだけだった。
DSC01338お犬のくぼ


大汗が噴き出している。
DSC01342


榛名神社。
DSC01344


アジサイが現れて、山頂真近。
DSC01345


ご丁寧に陽が射してきやがった。暑い。
DSC01347


後ろに大霧山。あちらは雲に覆われている。
DSC01348


登谷山から釜伏山あたりの山。
DSC01349


大霧山と秩父高原牧場。
DSC01350


暑すぎる。
DSC01352


大霧山の山頂が見えた。
DSC01353



俺の好きな山。
DSC01354


しかし、暑い。
DSC01355




DSC01357



美の山山頂の展望台から。
DSC01358


握り飯一個を食って、辺りを歩き廻るも暑くて。
DSC01360


山頂付近にて。
DSC01363


山頂付近にて。
DSC01364


山頂付近にて。
DSC01366


山頂付近にて。サツキツツジが咲いていた。1本だけ。
DSC01367


山頂付近にて。
DSC01369


暑くて、上から下までビチョビチョ。普段ならズボンを降ろしてパンツを乾かすのだが、人が大勢いてそうもいかない。山頂近くまで車道があるので観光客も多い。但し、三密というほどの事はない。

広大なアジサイ園地の上っ面だけ見てオサラバ。
最短で下れそうな皆野駅方面に進む。


途中にあった蓑山神社。
DSC01373


蓑山神社の参道を下って振り返る。登りに使わなくて良かった。
DSC01374



DSC01376


ひと気が少なく暑苦しい道を下る。途中「古参道コース」とあった。
DSC01378 (2)



皆野の街中でそば屋を捜すも見つからず。うなぎ屋2軒と割烹料理屋があったが敷居が高い。
駅裏で着替えて、帰途に着く。


18181

山行日:2020.2.15
コース:西武秩父駅=小鹿野町営バス=薬師の湯(9:30)~薬師堂~鳥居山コース~両神神社奥社(10:35)~(10:55)四阿屋山(11:10)~両神神社奥社~福寿草園地(11:40)~山居広場徘徊~薬師コース~薬師の湯(12:30)=小鹿野町営バス=秩父鉄道三峰口駅

西武秩父駅でのバスの乗り換え時間は5分しかない。混雑した駅舎でクソをする時間も煙を吸う時間も缶コーヒーを飲む時間もない。全てのルーチンワークを割愛してバスに乗り込んだ。
「薬師堂バス停」の案内の放送で、降車ボタンを押すもバスは薬師堂バス停をスルーしやがった。運転手は若い登山者にバスの乗り継ぎ方法を延々と説明していたのだ。クソッタレ!次の終点「薬師の湯」で降車の際、苦情を述べると、「このままこのバスに乗ってください」と。バカヤロー、いつになったら出発するんだい!

とは言うものの、クソもしたいし、綺麗なトイレのあるここは好都合であった。おまけにめずらしくも灰皿もあったのだから、運転手に感謝しなければならないのぉ~。

少し戻ると薬師堂があった。薬師堂の少しに上に村社両神神社があった。ああっ、ここは旧両神村だったよな。
DSC00218


両神神社拝殿。鶴・波・亀。あまり両神村になじまない。
DSC00220


両神神社のすぐ下に薬師堂。
DSC00221


両神神社の脇の車道を登ると、中国風の門が現れて、これをくぐる。鳥居山コース。
DSC00223


公園風の石畳道に、ミツマタ。
DSC00226


梅もいくらか。
DSC00227


観景亭とあった。
DSC00228


観景亭より。
DSC00232


山道になって。
DSC00234



いくつかの小ピークを越えて、両神神社奥社。
DSC00236


ヤレヤレ、久しぶりに歩いたせいか、疲れた。奥社脇のベンチに座って一服していると、賑やかなGBグループが到着。オッカサン、大きなクシャミを連発。杉林だらけだった。おまけに暑いくらいだし。


奥社の先は岩場となる。高度感は無いものの鎖の連続。
DSC00237


狭く細長い四阿屋山に到着。
DSC00238


四阿屋山から両神山。
DSC00239


石祠があり、ここも青岸渡寺。
DSC00240


握り飯1個を食い、煙を吸っておさらば。長居は無用。ツツジコースという難路があるようだが、そんな所は俺には下れない。福寿草園地に向かおう。
往路を下っていると、GBグループが喘いでいた。爺さん曰く「俺、頂上で酒、飲まねぇからなぁ~」
それが、ようござんす。
両神神社奥社から福寿草園地に向かう。


福寿草園地は寂しいものであった。数株が咲いているにすぎなかった。残念。山居広場の蝋梅を見に行きましょう。
DSC00252


展望あずまやから。武甲山と大持・小持。
DSC00254



山居広場にて。だめかと思っていた福寿草が咲いていた。
DSC00255


山居広場の蝋梅。
DSC00261



ヒヒヒッ・・・。
DSC00262



なんとなく、清楚な感じを受ける。
DSC00267



こんな感じの密度。
DSC00271


色の違うヤツ。
DSC00273



梅も。
DSC00275


ひっそりした梅。
DSC00276


蝋梅の斜面。
DSC00278


種類が違うのか?
DSC00279


山居広場を歩き廻って、下山。下り方が判らなくて車道を下ると、民家の蝋梅。
DSC00282


道々にて。
DSC00283


福寿草園地用の駐車地に係員がいた。係員によると、「異常天候のせいか、福寿草の開花株数が非常に少ない」との事。なるほど、例年ならばもっと派手に咲いていると言う訳か。
駐車地を過ぎると、山道を発見。山道に入る。

妙齢のご婦人が、風のように俺を追い越して行った。そしてすぐに見えなくなった。
DSC00284


薬師の湯バス停に着いて、バスの時間を見る。45分待ちだ。朝見たうどん屋に入り、ビールを飲んでざるうどんを食って。

それにしても、クソ暑い一日だった。





山行日:2020.1.20
コース:秩父鉄道皆野駅=皆野町営バス=いろは橋折り返し所バス停(8:40)~西南集落付近取り付き~登山道合流(10:05)~車道脇(10:15)~(10:20)横隈山(10:30)~車道脇~沢戸分岐(10:40)~林道・民家・沢戸集落(11:00)~県道13号~杉ノ峠(11:25)~JA神泉支店前バス停(12:05)=バス=JR本庄駅



先週、城峯山に行った。地図を見ていると、イヤでも横隈山が目に飛び込んでくる。横隈山もまた、車道に取り囲まれた山だった。車道歩きを回避しようと、西南集落付近から西へ伸びる尾根を伝わってみようと思った。帰路は2.5万図にある小道記号を使って沢戸集落に下ろう。
この計画、歩いてみて、かなりショボイものであった。まぁ、登り尾根が城峯山と比べて杉林が少なく落葉した森が広がっていたので、その点は良かった。


今日も皆野から皆野町営バスに乗った。先週は「日野沢線」に乗ったのだが、今日は「金沢線」に乗った。バスの運転手は先週の人と同じだった。高校生が途中下車すると、やっぱり先週同様乗客は俺一人になった。「いろは橋折り返し所バス停」で下車。
県道を北上すると「いろは橋」があった。ガイド本ではここを左折するコースが紹介されていた。俺は、もう少し北の2.5万図にある「西南」集落からの小道を捜した。みつからん。戻る。
戻って、この道だろうと民家の間を西進。すると僅かで最奥民家でドンズマリとなった。民家の庭先を覗きこむも、やはり先に道らしきものは無し。戻ろうとすると、折悪くか、はたまた折良くか、当屋敷にお住まいであろうお爺さんが下から登ってきた。ムムムッ・・・、まずい、思いつつ、務めて朗らかに、「あの尾根に登りたいのですがねぇ」と声をかけた。爺さん、「横隈山なら・・・、こう行って、あぁ行って・・・」と親切に御教示下さった。しかし、それはガイド本のコースなので・・・。俺は「えぇ~まぁ~、横隈山なのですが、あの尾根に・・・」と言うと、「冒険かね、あそこの赤い屋根の家の前に電柱があるだろ、あそこから行けるけど荒れちゃっているよ」「ありがとうございます。この畑の脇通ってもいいですか」「いいけど、溝があるから気おつけてな」
と言う訳で、お爺さんの言う電柱目指して畑を進む。溝を飛び越えて、振り向くと、お爺さんはまだこちらを見ていた。電柱に辿り着くと、お爺さんは家に入っていった。
確かに小道があった。
小道を辿ると、いくつもの墓地があった。
2.5万図に小道のドンヅキに「建物記号」があったので、「ポツンと一軒屋」でもあるのかなと思っていたが、
実際には小さな社があった。
DSC09997


この社の先にも小道は続いていたが、分岐あり。右を選択し、隣の沢型に移動。小道が失せ、左に移動。小道復活。赤い杭を見つける。
DSC09998


竹林となり、明瞭な道型が続く。
DSC09999


石垣。
DSC00001


その上に平坦面。
DSC00002


赤い杭と道型を見失う。磁石で北に進むも、主尾根に着かんのぉ~。
400m付近で東からの尾根が合流してきて、ようやくに現在地を知る。予定とは大分ハズしたなぁ~。まぁ、赤杭を追ったので、しょうがないか。奥で枝分かれする沢筋を正しく歩くのは難しいと言う事か。

いつしか明瞭な切り開きが。右の杉林が鬱陶しいが、それでも左側がいいので、良しとしよう。
DSC00003


鉄塔から横隈山。登山道は近い。
DSC00004



冬枯れの小道は美しい。
DSC00005


一般道に合流。
DSC00006


すぐに伐採地となり、先週行った奈良尾峠~鐘掛城~城峯山が、遥か彼方に見える。たそがれさんは、一日であそこまで行ったのだから凄い。
DSC00009


一旦、車道脇を通過し、横隈山の最後の登りとなる。
太った柴犬と鉢合わせ。犬とにらめっこ。犬は登山道を登るように引き返して行った。そして、また犬が降りてきた。後ろにはオッサンがおった。本日山中で出会った唯一の一人と一匹。
石碑二体が現れて、数少ない展望地から埼玉県神泉と群馬県藤岡。
DSC00014


そのすぐ先に、横隈山山頂。北側のみの展望で、同じような風景。上越方面は曇りなのか見えなかった。
DSC00015

風が強く、寒いので煙を吸ってオサラバ。
往路を戻る。

山頂から、児玉山の会の標識「横隈山→」二本目に沢戸への小道があった。
DSC00016


沢戸集落への小道は明瞭だった。
DSC00017


すぐにヌタ場があり、時計回りに廻り込むと、再び小道は明瞭化。
DSC00018

一箇所、平場で小道を失うも、沢筋に近い方に明瞭な道を発見。その先で土砂の流れ出しと思われる片斜面があったが、高度差が少なく問題無く通過できた。

東電のポールあり。どうやら鉄塔巡視道のようだ。
DSC00019


380m付近の尾根乗っ越し地点には石積みが見られた。
DSC00020


明瞭で歩きやすい道をユルユルと下る。
DSC00022


やがて三角屋根の瀟洒な建物が現れ舗装道となり、その先が沢戸集落だった。
DSC00025

県道13号に出て左折。
杉ノ峠を通過。
DSC00026


県道13号は、ダンプ・トラック街道だった。歩道は無い。その代わり、ゴミの散乱多し。ゴミ捨て街道でもあった。日本人として恥ずかしい道であった。

道々にて。
DSC00028


道々にて。
DSC00029


県道13号。日本の山間地によくあるゴミ捨て街道。いや都市の裏道でもよく見かける。「ゴミ捨てるな」の看板が多くあったが、むなしい。
DSC00031


神流川に到着。神流川は白濁していた。下の写真の左側で握り飯2個を食う。「JA神泉支店前」のバス停は近かった。
DSC00033



本日歩いた所。
DSC00038
手書きで不正確です。特に「西南」集落から400m付近の間は、実際には何処を歩いたのか分かっていません。


それにしても、歩きが早く終わり過ぎた。標高差400m弱の山歩きなのだからアッサリしていても不思議は無いと考えたのは、神泉のバス停に着いてからだった。もう少し気の利いたコース取りを考えるべきだったかなぁ~。

バスの車窓から金鑚御嶽城を捜した。平安時代から牧があり、古くから栄えた地域のようだ。戦国時代には金鑚御嶽城の激しい争奪戦があった。一時は甲斐武田の占領地にもなった。金鑚御嶽城にもう一度行かなければ。
バスが金鑚御嶽城を通り過ぎると、一気に関東平野に突入した。


山行日:2020.1.14
コース:秩父鉄道皆野駅=皆野町営バス=秩父華厳の滝前バス停(8:50)~奈良尾集落(9:20)~2.5万図沢沿いの破線道560m付近で断念・戻る~530m付近より藪入り・途中まで踏み跡あり~606m峰北鞍部(9:50)~780m付近のトラバース道に入るもルート違い~820m圏・「城峯山東尾根」(10:40)~奈良尾峠(11:00)~車道~藪入り・城峯山東尾根に復帰~鐘掛城(11:45)~石間峠~(12:15)城峯山(12:40)~石間峠~鐘掛城手前より巻道~西門平バス停(13:50)=皆野町営バス=皆野駅


皆野駅前バス停には大勢の高校生が並んでいた。バスの席は埋まり、立ち乗車。高校生は全員「長生荘」で下車し、俺一人が残った。
俺も「秩父華厳の滝前」で下車し、無人のバスは去って行った。

バス停前より、秩父華厳の滝→に導かれ、僅かに歩くと、

秩父華厳の滝が見えてきた。
DSC09947


小振りながら、なかなか良いではないか。釜も見事だ。
DSC09949


上から。カエデの木が何本かある。そのシーズンはいいかもね。
DSC09952


秩父華厳の滝を通り過ぎると、奈良尾に向かう舗装道に合流。舗装道を登る。寒くないので助かるが、真冬だと言うのにこの暖かさは気になる。取り敢えずは晴れている。
奈良尾集落に入り、2.5万図にある奈良尾峠に直登の沢沿いの実線道に入る。


奈良尾集落奥の実線道入り口。大きな岩が覆いかぶさっていた。
DSC09956


大岩の下から。凄まじい褶曲地層。
DSC09958


実線道は破線道に続く。560m付近で踏み跡が怪しくなりだす。進行方向には倒木と大きなスラブが見えた。今日は、帰りのバスの時刻を気にしなければいけない。面倒は起こしたくない。戻る。
今回は、沢沿いの道と、尾根Aコース、尾根Bコースを考えていた。沢コースは没。尾根Aコースは奈良尾集落で観察した所、民家があって取り付けそうになかった。しかし、沢コースから戻る途中で、尾根Aコース方向の明瞭な踏み跡を見つけたのだ。これを辿る事にしよう。
しかし、この踏み跡は墓地に続くものであり、すぐに消えてしまった。う~む、どうしよう。
磁石をAコース606m峰の北側鞍部に合わせ進む。すると土壁、石垣の雛壇が2段現れ、その上に広い扇状の緩傾斜地が現れた。


緩傾斜を登り、
DSC09959


尾根に乗り上げると、高度計は620mを示していた。ヤレヤレ、尾根コースAに到達したようだ。
DSC09960


尾根コースAを進むと、作業小屋、ドラム缶、一升ビンの散乱が現れた。フカフカの踏み跡もある。尾根に沿って登る。杉林ばかりであるが、枝打ちの残置が堆積しむしろ歩きやすい。
700m付近から急登になるも、歩くに困難は無い。

大岩が現れたが、簡単に登れた。これを過ぎると傾斜は緩んだ。
DSC09962


770m付近で、左手に明瞭なトラバース道が現れた。尾根は820m圏まで続くが、これ幸いと二つ目のトラバース道に入り込む。トラバースを終え、城峯山に続く主尾根に出た(と思っていた)。2.5万図にある道は無いが、白いビニール紐が点々と続いていた。間違いなかろうと、下る。そして、行き詰った。ムムムッ・・・、進むべき方向に超急斜面。ありゃ~。
ここで、磁石を地図に当てると・・・、間違えたのぉ~。そして右手に送電鉄塔がチラリと見えて、完璧なる誤りに気付く。
戻る。
しかし、トラバース道には入らず、小尾根を直登。
主尾根に復帰。少し北上すると、


「城峯山東尾根→」が現れた。本日2回目のヤレヤレ。
DSC09963

しかし、ここの下りは登山道有りとは雖も、かなり急斜面で、カニ歩きで下った。



奈良尾峠に到着。
DSC09964


奈良尾峠からは時短のため途中まで車道を歩いた。北の樹間に白い連嶺が見えた。
小ピークをやり過ごした辺りから、薮に入って、城峯山東尾根の登山道に復帰した。なんと横着な事か!
鐘掛城への登り比高200mはキツかった。


尾根脇に2箇所ほど平坦面を見るも、鐘掛城の郭跡の保障は無い。
DSC09965鍵掛城下


ヤットコさ登り着いた鐘掛城。山頂付近に城跡の雰囲気は微塵も感じられなかった。
DSC09967

鐘掛城の下りは「関東なれあいの道」の階段だった。え~、帰りにここを登るのかと思うとウンザリした。


下りきって、石間峠。車道を横断。
DSC09968石間峠

最後の登りをヒーコラ言って、
城峯山に到着。

DSC09971

ピンボケ写真。左の小ピークが笠山。中央右寄りに武甲山。
DSC09976

左奥に木賊山・甲武信ヶ岳・三宝山。両神山。右下は城峯神社だろうか。
DSC09980

北の方角は、白霞みに埋没しかけた上越国境の山々と志賀高原、草津の山々が見えた。
握り飯2個を食って、煙を吸って・・・。さ~て、どうすんべ~。
予定では、城峯神社に下ってから城峯山南東斜面の車道を利用して鐘掛城に戻るつもりでいた。しかし、バスの時間には余裕が無い。右足の動きがにぶくなってから、下りだと昭文社のCTの2倍を要する事がある。ここは城峯神社はカットしよう。往路を戻る。


鐘掛城基部。おおっ、巻道があるではないか!「関東なれあいの道」の道標もあるので、大丈夫だろう。
DSC09981

とても歩きやすい道を門平集落に下る。


途中の鉄塔から、朝登った奈良尾峠東方820m圏を見る。
DSC09983


上の写真の拡大。下図のように間違えた。トホホホッ・・・。
DSC09984


順調に下り、やや大きめの神社に到着。
DSC09990


神社の先は門平集落だった。先週登った小峰山。
DSC09991


民家の庭先に蝋梅。
DSC09992


そして、なんと、バスの発車時刻の1時間前に西門平バス停に着いてしまったのだ。
城峯神社に寄る時間は充分にあったのだ。
こうなると、やることは煙を吸う事以外にない。
1時間後、誰も乗っていないバスがやってきた。そういやぁ、今日は山中で誰とも会わなかった。静かでよかったのだが、杉林ばかり見ていた。車道を随分横断したな。山の鉄塔は好きではないな。

秩父鉄道に乗って、野上辺りから小林山の鈍重な姿を見るのが好きだ。雑木に覆われた冬枯れの森がいい。そして、辿った尾根のヒダヒダを目で追うのが好きだ。




DSC09994
手書きで精度は悪いです。

↑このページのトップヘ