カテゴリ: 那須

山行日:2010.7.18~19
目的地:流石山・大倉山・三倉山・唐沢山
コース:7/17 那須ロープウェイ(12:15)~峠の茶屋~峰の茶屋(13:00)~三斗小屋温泉(14:00泊)
7/18 三斗小屋温泉(4:40)~大峠(6:00)~流石山(7:00)~大倉山(8:00)~三倉山(8:30)~(9:20)唐沢山(9:50)~林道(11:10)~稲荷神社(11:30)~養鱒公園駅(13:00)


本コースは、かなり前から気にはなっていた。昨年徒然草子さんの流石山の記事を見てムショウに行ってみたくなり、実現にこぎつけた。今回の3連休は、少々の雨でも出かけるつもりだった。
ところが、直前で連休初日が出勤となった。一日遅れで出発。

7/18
東武伊勢崎線で久喜に出て、初めて東北線に乗る。宇都宮乗換えで、黒磯駅に。曇天空のもと、バス乗り場のベンチに座った。バァさんが隣りに座る。一昨日は大雨。昨日はまぁまぁ。本日はドえらく暑いとの事。黒磯駅前をスイスイと出発したバスは、東北自動車道那須ICを過ぎたとたんに渋滞にはまる。
居眠りをしていると、那須ロープウェイ駅に着いた。付近は駐車場に入れない車でごった返していた。

ロープウェイ駅で段取りの悪いソバ屋でうどんを食う。イラツキながら食ううどんは、まずかった。うどんを食ってロープウェイ駅を後にする。下界は曇っているが、ここいらは晴れ間が出ている。峠の茶屋をやり過ごし登山道に入ると、大勢の人々が下ってくる。少し登ると森を抜ける。大汗が噴出す。

イメージ 1
おきまりの、朝日岳と明礬沢。


イメージ 2
峰の茶屋着。峰の茶屋の鎖は、穏やかな日には何の役にもたたない。思い出深い鎖である。

本日、北関東の山は、午後より雷雨との予報なので真っ直ぐに三斗小屋温泉に向かった。

イメージ 3
三斗小屋温泉、煙草屋さん。

イメージ 4
同じく大黒屋さん。本日はこちらに宿泊。

2時に大黒屋さんに入り、早速一っ風呂浴びる。

イメージ 5
そして、ビールをグビリと飲む。いいねぇ~。

そして、一眠り。遠雷の音で目覚める。軒先から落ちる雨だれの音が。いい風情だねぇ~。

イメージ 6
ここは、あくまで旅館。各部屋に夕食が運ばれるのだ。夕食を運んでくれたのは、かつて命がけで峰の茶屋を一緒に越えた従業員氏だった。

飯を食い終われば、することは無い。7時前にご就寝。


7/19
今日も寝過ごし、予定より30分遅れの4:30に出発。晴れてはいるが、朝から蒸し暑く、すぐに汗をかく。3本ほど沢を渡る。いずれも、やや水量が多く、足を濡らす。安物の新しい布靴に水が大量に浸入した。


イメージ 7
まずは、大峠を目指す。

大峠直下で笹が覆いかぶさり、全身ずぶぬれとなる。昨日の夕立のせいだろう。


イメージ 8
大峠。おきまりのお地蔵さん。

イメージ 9
そして、流石山を目指す。早くも、お目当てのニッコウキスゲが現れる。しかし、さっきまでの青空は何処絵やら!霧が去来する。

イメージ 10
それでも、ニッコウキスゲは咲いている。

イメージ 11
そこいら中に咲いている。


イメージ 12
時折、晴れる。あの頂の随分向こうに流石山の山頂があった。

イメージ 13
流石山を越え、大倉山に向かう。気分は明るい。

イメージ 14
沼原の調整池が見える。

イメージ 15
大倉山近くより。茶臼岳から雲が取り除かれようやく見え出した。

イメージ 16
三倉山手前の頂から派生する、男鹿山塊に繋がる尾根。


イメージ 17
三倉山を振り返る。山頂には新しい石祠と石の山頂標識があった。

三倉山より藪が深いとガイド本に出ていたが、完全に刈り払いがされ快適に歩けた。ここらより、草原は終わり。

イメージ 18
唐沢山山頂近くより。ようやく三本槍、旭から雲が取れた。会津二股山なども見えた。

三倉山山頂で「空沢山まで1時間30分」と書かれた標識が倒れていたが、どう考えてもそんなには時間がかからない。藪っぽかった時の名残か?今は1時間弱でゆっくり行ける。

唐沢山山頂に着いた時、旭岳、二股山に笠雲がかかっていたが、飯を食い終わる頃に一斉に雲が取り払われた。真下に位置する下郷町も良く見える。
ガイド本によると、ここから足探りの藪とあったが、刈り払いの行き届いた明瞭な道が続いていた。ただ、泥濘とした所が多く、これに参った。多くの人が歩いたのか、ぬかるんだ道がこねくり回され、歩きがたい。
後で知ったのだが、前日三倉山の集団登山があったようだ。コースは、大峠下から、本コースを辿るもので、バスで送り迎え付きのようだ。理想的にありがたい企画。マイカーの人々は大峠下から大倉山あたりで引き返しているようだ。

おいらは、泥道を恐る恐る下った。やがて左手に道に導かれる。沢型を九十九折れに下ると、アジサイの群生があった。美しいのだが、足元がぐちゃぐちゃで・・・。と思っていたら、いきなり林道に出た。思いもかけない事だった。ガイド本にも、ルートマップにも無い道だった。尤も、おいらの持っている資料が古すぎるのかもしれない。林道を歩くと、稲荷神社に着いた。ガイド本の登山口近くのようだ。

ここより、長い車道歩きが始まった。かんかん照り。
畑と水田が大きく広がる。下郷町の方々は農作業に励んでいた。

イメージ 19
振り返ると、那須旭岳が堂々と聳えていた。


足の裏が痛い。ふやけた足の皮がむけたのだろうか?
ようやく辿り着いた養鱒公園駅は無人だった。近くの酒屋でビールを買い、快速「鬼怒川温泉」行きに乗った。

鬼怒川温泉駅で、特急券を購入しようとすると、本日全列車満席とのこと。自宅は、遥かに遠かった。

山行日:2010.6.6
目的地:姥ヶ平・日の出平・南月山
コース:沼原駐車場(5:10)~沼原湿原~姥ヶ平~牛ヶ首(7:40)~日の出平(8:10)~南月山(8:30)~白笹山(9:00)~沼原駐車場(10:20)


峰桜の存在は、去年まで知らなかった。昨年、ブログ記事を見て知った。

ネット情報とは、実にありがたいものである。登山愛好者にとって、ネットの利用価値は高いと思う。今回のような花情報に限らず、おいらの場合は藪山情報・山スキールート情報などで大変重宝している。

マイ・パソコンを手にしたのは、僅か5年前。それ以前は、現地に行く前に、地図を丹念にニラミ、ルートを捜していた。岡山に居たときは、土地勘が無く、道が無く、強烈な根曲り竹の海をさまよっていた。たかだか1200mの山に登るのに2年を要した事もある。

たいていの山は、ネットで検索すれば記事にぶち当たる。それを参考にすれば、確度よく藪山でもスキールートでも登る事ができる。だから大変ありがたい。ただ、少しありがた過ぎるのではないかと、なぜか心の片隅に引っかかりを感じないわけではない。でも、もう手放せないだろうな。

今回もネット情報で仕入れたネタで、お花見に出かけたのである。


奇跡的に早起きに成功。

イメージ 1
沼っ原の駐車場からは、川をはさんで大佐飛山が見えた。初めてこの山の姿を確認した。

大佐飛山は以前から気になっていた山だ。栃木県内では高薙山と並び、かなりの難山のようだ。多くの藪山愛好者が日帰りで登っているようだが、おいらの体力では無理そうだ。ネット情報は、諦めも促してくれることもある。ただ、いつかは取り付いてみようとは思っている。

イメージ 2
沼っ原湿原の木道は、霜がおりていた。

イメージ 3
三斗小屋に向かう道すがら、僅かに咲いていた。

三斗小屋への道を分け、姥ヶ平に向かう。
ひょうたん池に立ち寄る。

イメージ 4
潅木帯となると、姥ヶ平に着いた。おりしも、茶臼岳の脇から太陽が顔をのぞかせた。

ここまで峰桜と思われる木または花は無かった。峰桜を捜す。

イメージ 5
広場の中央に3分咲きの花があった。

イメージ 6
これが、峰桜だろか? 

同じような木がたくさんあるが、咲いていたのはこの木1本だけ。早すぎたのか。残念。

がっかり気分で牛ヶ首に向かう。

イメージ 7
牛ヶ首着。

イメージ 8
牛ヶ首より、姥ヶ平と流れ石山方面。流れ石山も行きたい(徒然草子さんのブログを見てしまったら、ムショウに行きたくなった)。

牛ヶ首は、15年ぶり位か。栃木県岳連主催の清掃登山で、峰の茶屋からここらあたりまでゴミ拾いをして以来のような気がする。
峰の茶屋の方からドンドン人が来る。皆様お早い。硫黄臭気の中、一本吸う。

日出平に向かうと、なんと花がたくさん咲いている。姥ヶ平で一本しか咲いてなかったヤツが。
これが、峰桜か?
通りがかりのカメラマン氏に聞くと、峰桜とのこと。

イメージ 9

イメージ 10
峰桜の回廊と化していた。狂喜乱舞し、先へ進む。

日の出平を通過。まだ、峰桜は続く。

イメージ 11

イメージ 12
燧ケ岳、会駒、窓明。坪入山か?会津朝日か? 6月としては良く見える。

イメージ 13
南月山到着。どうしてもこのようなものがあると、写してしまう。

イメージ 14


休まず進む。峰桜はここらあたりまで。

這い松の尾根が、普通の松のようになり、一登りで白笹山到着。狭い山頂。一本吹かし去る。

ここからは、花・花の連続攻撃だ。


イメージ 15
これから咲いてやるとの意欲満々。背後に高原山。

イメージ 16


イメージ 17
燧・アイコマに別れを告げる。

イメージ 18


イメージ 19
シロヤシオ乱れ咲き。


人々がドンドン登ってくる。
やや急な道が平らになり、タンポポの小道となると、沼っ原駐車場に帰着した。
広い駐車場から車があふれ、路上駐車も多くなっている。
たこ焼き屋が店を出し、かき氷まで売っている。

早々にオサラバする。

車窓からはいつまでも大佐飛山が見えた。男鹿山塊の親分が、おいらを睨みつけているような気がした。

山行日2010.3.14
目的地:大白森山
コース:羽鳥湖スキー場(8:40)~鎌房山~大白森山(11:45)~鎌房山~羽鳥湖スキー場(15:45)

白河の町は強風が吹き荒れていた。町は晴れていたが、那須連山には雲がかかっていた。
徒然草子さんからお誘いを受け、今日は大白森山に行くのだ。徒然草子さんからは、日どりの決定を一任されていたので、少々責任を感じないわけではなかった。
徒然草子さんとは、初対面。黒のヘルメット・白い上着との事。そんな方が居たので「徒然草子さんですか」と声をかけると、「えっ」と言っていぶかしげな顔をする。人違いだった。スキー場の階段を昇り、あたり見回していると、後ろから声をかけられた。徒然草子さんだった。

リフト券を購入し、スキー場トップに。
やや密な潅木帯を突破し、林道に出る。雪は締まり歩きやすい。アンテナをやり過ごし、林道終着へ。しばらく山へ行っていなかったのでややバテたが、ここまで順調。ここで、一回目の休憩。ただ、風は強い。この後、高気圧が真上に来るはずである。風の強い那須であるが時間が経てば風も収まるのではないかと、長めの休憩を採った。いや、徒然草子さんの優しさか。

再び、森に入り少し登ると尾根に出る。ドーンと三本槍方面が見えるはずであるが、山頂部に雲がかかっていた。相変わらず風が強い。帰りの目印に赤布を木に縛りつける。
鎌房山に到着したが、風が強く休まず進む。


イメージ 1
曇天、強風の中を進む。こんな日を選んでしまって、徒然草子さんに申し訳ない。

一旦下った唐松林で再び大休止。山の話やら、身の上話など。朗らかな徒然草子さんの人柄が偲ばれる。
徒然草子さんとは、この大白森山のブログ記事で知り合った。そもそも大白森山のスキー登山の記事は、そうは多くない。ここで人を見かけたのは、今回の徒然草子さんと会津のもう一組だけだ。だから、対面前から親しみを感じていた。

やや、空が明るくなってきた。

イメージ 2
見上げると、青空が急速に広がっていった。


イメージ 3
ブナの梢に霧氷が網目のように。


大白森山の木立の少ない最後の急登に差し掛かる頃、青空が広がった。徒然草子さんの歓声が上がる。
三本槍から旭岳のパノラマが広がったのだ。


イメージ 4
旭岳。よくもまぁ、こんなに天気が回復してくれたものだ。

そして、大白森山の一角に登り付いた。

イメージ 5
盆栽型の樹氷と旭岳。

イメージ 6
満開の樹氷と三本槍・スダレ山方面

イメージ 7
南会津の山々

一度小さく下り、登り返し、大白森山山頂に到着。12時少し前だった。燧ケ岳・会津駒が見える。さすがに飯豊は見えなかった。安達太良・箕輪山も雲に隠れていた。しかし、大満足ですぐに下山。

シールを剥がし、大斜面に滑り込む。徒然草子さんは、連続ターンで軽快に下る。おいらは、重いプルークボーゲンで何とか下る。すぐに林となり、鞍部で昼飯とする。

おいらのガスは、不調で、徒然草子さんのガスを借りる。ここで、まだ行ったことの無い沢筋を下ろうと言うことで意見が一致した。
コースはひとつピークを越えた所の沢筋からスキー場東に出る林道を行くものである。不精をこいて、ピーク北面から巻こうと、これまた意見が一致した。スキーを斜滑降気味に滑らせ、余り高度を下げすぎないように進んだ。
疎林から、密林へ。そして、石楠花の密林にぶち当たった。石楠花の密林にはこれまで何度も泣かされてきた。今回はスキーを着けているので、おいらはギブアップ宣言をした。徒然草子さんは快く受け入れてくれた。元のコースに四苦八苦し、復帰。この間、木に引っかかり何度も転倒。バテました。
時間もおして来たので、安全を期して鎌房山に戻る事で、ここでも意見が一致。

イメージ 8
振り返ると、朝見えなかった大白森山がクッキリと。シュプールも見える。そして、右側に黒々とした亀裂が見える。この亀裂は、初めて見るものであった。クワバラ、クワバラ。

イメージ 9
元気に鎌房山への尾根を進む徒然草子さん。

イメージ 10
そして、山頂で見えなかった飯豊の山並みが見えているではないか。

鎌房山に復帰、ここからは下り一方。勇んで滑りはじめるも、ガリガリのモナカ。とても快適な滑降にはならず、プルークで凌ぐしかない。さすがの徒然草子さんも慎重な滑りとなる。最後の林道も同様。スピードは出るが、全く曲がらない。最後までプルーク体勢で足が悲鳴を上げて帰着。

滑りは満足のいくものでは無かったが、すばらしい景色を拝めた。また、来年、新しいコースの課題もいただいた。なにより、徒然草子さんと同行できたことが楽しかった。ツレヅレさん、ありがとうございました。

帰りの高速は、信じられないような渋滞にはまってしまった。栃木県内は全て渋滞。徒然草子さんから別れ際に手渡された「かんそ芋」の大袋は車中で食べつくしてしまった。

山行日:2009.10.4
目的地:赤面山
コース:旧赤面山スキー場(7:20)~赤面山~三本槍ヶ岳(10:20)~旧赤面山スキー場(13:20)

徒然草子さんの三本槍ヶ岳~赤面山の記事に出ていた紅葉があまりにも素晴らしく、いてもたっても居られず、赤面山にいくことにした。


那須SAで寝ていると、雨の音で起こされた。時間は6時を回っている。寝坊をしたが、この天気ではアセル気も起きなかった。
取り敢えず、登山口の廃スキー場に向かってみよう。

旧赤面山スキー場に着くと雨はあがっていた。すでに5~6台の車がとまっていた。
次から次へと雲が押し寄せる。天気予報では晴れのはずなのだが。靴を履き替え重い気持ちで出発。
廃スキー場は寂しい。

イメージ 1
スキー場はゴロゴロの石屑の道だ。
歩きにくい斜面を1時間近くかけてスキー場跡を突破する。


イメージ 2
スキー場を抜けるとブナ林となる。

イメージ 3
次いで、白樺の林を抜けると潅木帯となり、素晴らしい紅葉の世界が広がっていた。陽の光があればもっと美しかったはずだ。

霧が去来し、時に薄日が射す。そんな天気であった。
赤面山に到着したが、なかなか陽が射さない。

イメージ 4
僅かなチャンスを狙い撮影するが・・・。スダレ山方面

あきらめて出発。

イメージ 5
兎に角、ツツジの紅葉が凄い。しかし、光が足りない・・・。

イメージ 6
朝日岳は一日中こんな感じ。

イメージ 7
紅葉しているのだが・・・。

中ノ大倉尾根を合わせると、俄然人が多くなった。三本槍まで、一気に歩いた。
三本槍ヶ岳の山頂は大賑わいだった。タバコを一本吹かせておさらば。

下りながら撮影のチャンスを窺うがなかなか陽は射さない。

イメージ 8
取り敢えず、撮っておこう。

イメージ 9
ああ、もう赤面山は近づいてしまった。

イメージ 10
仕方が無い。撮れるだけ撮っちゃおう。

イメージ 11
これでもか! ひゃー。ひどい写真。

イメージ 12
めちゃくちゃ撮るが、結果はしれている。

赤面山で、おにぎりを食いながら青空が出るのを待った。むなしい時間が過ぎていく。
あきらめて下山にかかる。

イメージ 13
途中、恐ろしいほど赤くなったツツジがあった。

ゴロゴロのスキー場跡地を下る。
車に戻り、山を見上げるが、雲がかかったきりだった。


兎に角、紅葉は凄かった。青空が欲しかった。残念で仕方がない。
所で、紅葉が早すぎる。うかうかしているとすぐに枯れ木の山になってしまう。
ヤバイ!

山行日:2009.3.21
目的地:大白森山(福島県天栄村)
コース:羽鳥湖スキー場トップ(8:40)~アンテナ~林道終点(9:10休)~鎌房山(9:40)~大白森山(11:10休)~鞍部(11:50大休)~鎌房山(13:20休)~羽鳥湖スキー場下(14:00)


昨日は、那須連峰に雲がかかり恐れをなして登山をやめた。今日は朝から天気がよい。ただ風は強い。
羽鳥湖スキー場のリフト運転は8:30だった。ガラガラのリフトに乗ると精悍なオッサンが隣に座ってきた。スキー講習の指導員だった。話を聞くと、昨日の朝は雨だったそうだ。おいらのスキーを見て、「山に登るのかい。」と聞いてきた。「大白森山まで」と言うと、今日は結構上がるかもしれないな」と。

スキー場トップでシールを着け、緑の網をかいくぐり密林に分け入る。やや右手にコースをとるとすぐに林道に出た。

イメージ 1
林道はガチガチに凍り付いていた。スノーモービルの跡で雪面はデコボコだ。帰りが思いやられる。
まずは、アンテナを目指す。なんとなくアンテナの本数が増えたような気がする。


イメージ 2
アンテナをやり過ごすし、上り詰めると林道終点だ。今日はガチガチの氷でスキーが潜らないので、ここまで楽にこられた。

ここより南西に向けて登る。森の中、いくらか雪が柔らかくなる。すぐに村界尾根に出る。強風に見舞われる。


イメージ 3
村界尾根に出た所で、帰りの目印に赤布を木に縛り付けた。赤布は強風にあおられた。

イメージ 4
少し行くと、すばらしい展望が得られた。左から赤面山、スダレ山、三本槍ヶ岳、須立山。


イメージ 5
潅木の緩やかな尾根をガリガリと登ると僅かで鎌房山に着く。鎌房山からはこれから登る大白森山の東面が見える。実は頂上はこの三角ピークの奥にある。

鎌房山からは明瞭なルートは無くなる。山頂から僅かな潅木の切れ目を西に進む。


イメージ 6
この雪提は南を巻く。

巻き終わりると、下りになる。今日はガリガリの雪面でいやな所だが、シールのままボーゲンで何とか凌ぐ。
下り終わりはなだらかな平坦地で、前方の尾根を右に唐松林の中を巻くと楽だ。
巻き終わりの次も右へ巻き、次は左を巻く。
そして登りが始まる。ブナから白樺へ。そして、石楠花が現れると急斜面となり、純白の斜面となる。
真っ白の三角形の左端に沿って登った。そして気が付いた。風が無くなっていた。ガリガリのはずの雪面にいくらか柔らか味を感じる。東南向きのこの急斜面は、風さえ収まれば緩むのも早いのだろう。電光形に快適に登る。

イメージ 8
遠くに安達太良山が見える。


イメージ 7
三角形の頂点まであと僅か。旭岳、別名赤崩れ山がまぶしい。


イメージ 9
小さな歯ブラシ樹氷。

イメージ 10
三角形の頂点に到着。歯ブラシだらけ。再び風が強くなる。


イメージ 11
三角頂点付近からの展望。二股山の雌岳は見えない。ここから西進する。


イメージ 12
本当の山頂が近づく。雪が少なくなり腐ると、山頂へは行けなくなる。

イメージ 13
山頂に到着。強風に鼻水が吹き飛ばされる。今日来た方向に矢印は無い。


山頂からの展望は、今までの中で最も透明感があった。那須の山々、ヒウチ岳、会津駒、三つ岩、窓明、分からない会津、越後の山々。

イメージ 14
磐梯山と右に猪苗代湖が見えた。

イメージ 15
そして、旭岳。大白森山に来るのは旭岳の雪景色を見るためだ。

さすがに、山頂の風は強く長居はできなかった。
ガリガリの尾根を伝わり、三角形頂点に戻る。
ここに戻り、一段下がると風は皆無となった。シールをはずして、無木立ちの急斜面に滑り出す。雪は極上のザラメとなり、最低スキーヤーのおいらでも連続ターンが決まる。喝采を叫び白樺林に突入。密林を掻き分け、ボーゲンに苦しむ。

鞍部で昼飯とする。ここまで、下り僅か5分。いかにコンディションが良かったか。
めずらしくコーヒーなどを飲む。

再びシールを付け往路を戻る。

イメージ 16
大白森山を振り返る。肉眼では、おいらのシュプールが醜く刻まれているのが見えた。

イメージ 17
小さな雪庇に怯えながら登り返す。おいらは雪庇恐怖性なのだ。

イメージ 18
めずらしい白樺?の大木などを見ながら登り返す。

イメージ 19
鎌房山に戻り、シールをはずす。

緩やかな尾根を快適に滑り、赤布を回収し、森を快適に滑る。デコボコ・ガチガチの林道も程よく緩み快適に滑る。羽鳥湖スキー場に着き、快適に滑るつもりが、砂のようなザラメ。山のザラメは滑りよいが、スキー場のてんこ盛りのザラメはうんざりだ。誤魔化しながら滑り降り、今日のスキーが終わった。

スキー場はともかく、良い一日であった。そう言えば、山では誰とも会わなかった。

↑このページのトップヘ