カテゴリ: 那須

山行日:2014.4.12
コース:羽鳥湖スキー場手前の林道入り口(8:10)~林道~鎌房山西方鞍部(11:40)~大白森山山頂東方ピーク(12:40休)~大白森山へ向かうも撤退(13:15)~鎌房山~羽鳥湖スキー場(15:00)


那須旭岳を見るために、大白森山へ向かった。
コースは、羽鳥湖スキー場が閉鎖しているだろうから、スキー場手前の林道を辿る事にした。この林道は徒然草子さんと同道した際に下りルートとして向かったが、灌木藪につかまりスキー操作がままならず、撤退していたルートである。今回は、4年ぶりに登りルートとして再度出向いてみた。


羽鳥湖スキー場へ向かう道路は閑散としていた。スキー場手前数100mの所にチェーンで閉鎖された林道入り口があった。



イメージ 1
林道に入ってすぐの所。




林道入り口から雪があったので、スキーにシールを着けてあるきだした。
しばらく歩くと、湧水の影響なのか、林道が崩落していた。スキーを脱いで通過。特に困難なし。
やがて林道内に小木などが生えており、廃林道であると悟る。

右手の小尾根を歩こうかとも思ったが、尾根上の雪切れが心配で、ほぼ林道に沿って歩いた。しだいに林道の道型がはっきりしなくなり不安を感じる。

ストックのリングが取れやがった。後もどりしてリングを捜す。幸いリングは見つかったが、この後、4回にわたってリングがハズレ、時間を食う。





イメージ 2
1350m付近の小さな乗越より。ようやく大白森山が見えた。




1350mの台地状で、完全に林道の跡を見失った。ここより磁石と高度計をたよりに歩く。GPSはウックレ(壊れて)てしまったので、今日は持参していない。


再び林道跡を見つけるも、すぐに痕跡を見失う。鎌房山と1498m峰の鞍部を目指す。





イメージ 3
鞍部到着。ここまで3時間30分を要してしまった。





後は、尾根沿いに大白森山を目指すだけだ。





イメージ 4
おお、那須旭岳だ!俺は、旭岳を見る為に、ここにやって来たのだ。





イメージ 5
最後の急斜面。



最後の急斜面は、サンクラスト、ウインドクラスト、フィルムクラストと、クラストのオンパレード。風が強く、よろめく。おおコワ。

12時40分にようやく、山頂の一角に到着。なんと4時間30分を要した。林道コースはとても遠回りだった。





イメージ 6
本当の山頂はあちら。灌木藪がきつくて、本当の山頂はアッサリ諦めた。





イメージ 7
だって、旭岳を見に来たのだもの。




イメージ 8
小白森山と二股山。ここからは二股山は、マタになっていない。





強風で長居はできない。シールを剥がして滑降だぁ。
さて、本日は斜面は見えるかな?昨年、斜面が全く見えなくなって往生した。だから、かなり不安。


今日は大丈夫だった。とは言ってもクラスト斜面に苦しむ。途中よりザラメとなり、ハッコンで(調子込んで)枝尾根にハマる。赤い崩壊地が見え、間違った事を悟る。そう言えば、徒然草子さんの記録で、赤い崩壊地の写真を見た事があったな。カニ歩きで斜面を登り直す(汗)。
本尾根に戻り、自分のシュプールを見つけホットする。


はて、廃林道コースを下るか迷ったが、かなりのルーファンが必要と感じた。時間は押している。登りたくもない、鎌房山へ向かった。





イメージ 9
鎌房山への登り。





イメージ 10
同上。




鎌房山から羽鳥湖スキー場に向かった。
まさにザラメ祭り。





イメージ 11
営業終了のスキー場は何故か圧雪されており、誰も居ないスキー場を心置きなく滑り降りた。



車道でフキノトウを摘みながら、駐車地に戻った。

山行日:2012.4.21
目的地:野際新田鳥居前、流石山
コース:野際新田鳥居前(8:10)~日暮滝(8:50)~観音山雨量観測所(9:20)~林道終点(10:40)~(11:10)大峠(11:30敗走)~野際新田鳥居前(15:00)

イメージ 2

未明。スキーに行こうとザックを車の荷台にホッタリ込んだ。ん、荷台に積みっぱなしのスキーが無い。ムムッ・・・(アブラ汗)。
冷静を装い考えた。おそらく、先週行った野際新田鳥居前にスキーを放置してしまったのだろう。そういえば、スキーを乾かそうと考え最後に車に積もうとしていたような・・・。
どのみち、今日も野際新田に行くつもりだったので取り敢えず出発した。

スキーの積み忘れは2回目。前回は20年前。蔵王白石スキー場で。不忘山の帰りだった。剣先温泉で疲れを癒し、さて帰りましょうかの段でスキーの積み残しに気が付きスキー場に戻ってみたもののスキーは無くなっていた。当時最新鋭のアルチプルムという結構なスキーだった。以来、その代替として、某山道具屋のセットスキーのバーゲン品を先週まで使っていたのだ。

不安な心持と同様、天気は曇り空。黒磯から霧雨。こりゃぁ山もスキーもダメかなと思った。取りあえずスキーだけでも回収したい。人ケの無い山だけにスキーの回収確率はそこそこあるのではと期待した。

甲子トンネルを抜けると陽が射し、観音沼では快晴となった。天気予報が当たった。野際新田の小さな集落を抜けると、赤いスキーが目に入った!やったー!ラッキーだ。スキーを車に積み、林道を奥へ進む。
ムムッ・・・。なんと、先週ダランとしていたトラロープがピンと張り、遮蔽物まで置かれておった。カンネンし、ここから歩くことにした。スキーにスキー靴を着け、それをザックにくくりつけた。異常に重いワサ。

先週に比べ雪は激減。林道は乾いていた。

イメージ 1
駐車地の鳥居前から少し歩くともう一つ鳥居があった。こちらの鳥居の奥には祠があった。

イメージ 3
鳥居の脇に石造3体。うち1体は転がっておった。ハイトスさん、たそがれさんに倣い石仏を起こそうとするも重くてすぐに諦めた。

イメージ 4
兎に角、天気が良い。三倉山がいい感じに見える。

スキーとスキー靴は異様に重い。おいらはスキーを担ぐのは大嫌いなのだ。ヨロヨロと日暮滝入口に到着。滝を遠望する。なるほど。加藤某氏が会津に転封になった折、道中この滝を日暮れまで眺めておったのだそうだ。ちなみに茨城南部では、ヒグレをシクレと発音する。この滝はヒグラシのようだ。

イメージ 5
観音山雨量観測所。ようやくしっかりと雪が現れた。バーゲンで買った赤いセットスキーを履いていると、オニイさんが登ってきた。大峠まで行くそうだ。

タバコを2本吹かせ出発。スキーを履くと楽だ。

イメージ 6
所が、カーブを曲がると砂漠のような舗装道。またスキーを脱ぐ。いやになっちゃうねぇ~。

イメージ 7
流石山が見えてきたのだが、大峠付近より雲が下郷町に流れ込んでいる。雲があるのは大峠のみ。
大峠付近の雲を見て、不安になる。

しばらく歩くと雪がでてきた。今度は騙されんぞとツボ足で歩く。さっきのオニイさんが道端で電話しておる。ソフトバンクでは考えられん。
全然雪切れにならないのでスキーを着ける。あ~ぁ、楽になった。

延々と歩いて、ようやく林道終点に辿りついた。磁石を大峠に向けて出発。いきなり、水流に阻まれる。スキー靴まで水に潜らせて渡る。ルートが判りにくい。こんなんで、帰りは大丈夫なんかい。ここでも一抹の不安が・・・。石祠があり、あたり見回すと下に標識が見えた。標識に下ると道型を感じこれを辿る。また水流。小さく尾根を越す。道型を失うも下にピンクリボンがあり、そこから再び道型を感じる。やがて、小沢が近付き完全に道型を失うが、適当に登ると笹が現れ、僅かで大峠に達した。

イメージ 8
大峠に到着。ここだけは曇っていやがる。

イメージ 9
流石山の尾根に雪は全く無かった。見通しが悪いねぇ~。

イメージ 10
三斗小屋側の斜面に回り込んで少し登ってみた。雪は大分上まで繋がっているようだ。しかし、ガスがかかり見通しが悪い。

どうすんべぇ~。時間的には問題無いのだが、帰りのルーファンが心配になっていた。磁石だけで林道終点に辿りつけるのだろうか。この高温ではスキーのシュプールなんて数時間で消えてしまう。林道終点にピンポイントで辿り着く自信なし。あぁ、こんな時にはGPSが必要なんだな。
自信が無いならシュプールが消える前に帰るしかねーだろう。シールを剥がした。

イメージ 11
大峠に戻ると一瞬霧が晴れた。旭岳と先週行った観音山。

イメージ 12
三本槍に続く尾根にも雪は少ない。

未練は捨てて、おさらば。笹に突っ込み、その後は早くも消えかかった登りシュプールを追う。小さな尾根を越え、

イメージ 13
水流を渡ると、アッサリと林道終点に着いた。

イメージ 14
振り返ると、大峠にガスがかかり、滝雲となっておった。

傾斜の無い林道を腕で漕ぐ。鎧沢を過ぎると登りになりやがった。スキーを外し、フキノトウを摘みながらトボトボと歩く。雨量観測所で山靴に履き替え、日暮滝の滝壺に寄り道した。

イメージ 15
日暮滝

イメージ 16
相変わらず、大峠以外の会津の山々は青空に覆われていた。

駐車地にて、忘れ物の確認を入念に行い帰途に就いた。

道の駅下郷のソバはかなりイケておった。

甲子トンネルを抜けるとなんと霧雨が降っていた。那須の山々は全く見えなかった。この天候の違いは驚きだった。

イメージ 17


取り敢えず、スキーが回収できたので善しとしよう。GWのスキーに賭けるしかないな。

山行日:2012.4.15
目的地:那須観音山、できれば反射板まて゜
コース:野際新田の先の鳥居(6:40)~沢型~1426m・1312m峰鞍部(7:40)~(10:00)観音山(11:00)~鳥居(13:00)


観音山もまた全国各地にありそうだ。那須観音山を知っておるヤツは案外少ないだろうな。おいらが知ったのも4、5年前だったと思う。那須大白森山で出会った会津のigakumiさん御一行から教えてもらった。その時は、旭岳の支尾根に佇む寂峰との認識。旭岳すらゲキ藪に跳ね返されておったので、その衛星峰などとても登れるものではないと思っていた。そして、いつしか忘れてしまった。
今年の正月、職場で配られたカレンダーに観音沼の写真が掲載されていた。秋の観音沼で、特別美しかった。そして、観音山を思い出した。

そんな折、彗星のようにブログ上に現れたaki・takayaさんが、立て続けに観音沼から冬の那須に登っておられた。
akiさんの記事に刺激され、流石山にスキーで登ってみようかとの思いが湧いてきた。しかし、チャンスは訪れなかった。土曜の好天気に恵まれなかったのだ。
今週が、今年最後の機会だと思っておったが、やはり土曜は雨。日曜一日なら、観音山くらいにしておいた方がよさそうだ。流石山狙いで、地図を良く見ておったので、厭でも観音山も目に入っていた。雪がある内はゲキ藪も隠れていよう。

先週は爆弾低気圧の影響で積雪があり、道の駅下郷で退却しておった。今週は、見る影も無いほどに雪は激減していた。

イメージ 2
道の駅下郷より。

野際新田まで車道は乾いていた。その先へなおも車で進入。鳥居を左手に確認するも、さらに先に進んでみる。すぐ先で、中途半端なゲートで、軽く進入を拒んでいた。入ろうと思えば入れそう。だがやめておいた。鳥居のすぐ下の駐車スペース一台分があり、ここに車を止めた。

モモヒキをはき、スーキーズボンをはき、出発。

イメージ 1
入山口の鳥居。鳥居の先に祠などは見当たらなかった。

鳥居のすぐ左手には5cmの雪が繋がり、初めからシールで歩けた。雪はカチカチに凍り着いていた。ここから右手の浅い沢型を意識しながら、氾濫原と思われる広い森を登った。途中雪切れかと思われたが、右に左にコースをとり、取り敢えずスキーを外さずにすんだ。

1180m付近で正面に急斜面が現れた。ムムッ、雪が無いではないか!予定ではさらに右にカーブして沢型を詰める手はず。そちら側は、微妙に雪が繋がっておった。ホッ!

イメージ 3
ゆるゆると沢型を詰めると細身のブナ、ミズナラが現れる。

1426mと1312m峰の鞍部までは順調だつた。ここより北へ進路を変え尾根に乗った。

イメージ 4
初めこそ広い尾根だったがしだいに細くなってきた。三本槍ヶ岳が見えてきた。


イメージ 5
さらに尾根が細くなり、悪い事に雪切れとなった。

スキーを肩に担ぎ左の山腹を登る。スキーが木の枝に引っかかり往生する。まずいねぇ~。こうなると、スキーはただの邪魔者。笹に足を滑らし転倒。たまらず、スキーをリュックにくくりつけた。スキーをリュックにくくりつけ数分で雪が現れる。ザックからスキーを外す。ヤレヤレ。すると今度は硬い雪でスキーが後ずさり。今度はスキーアイゼンを装着。快適な登りになった。
1426mを左から巻き気味に通過。調子がでてきたワイ。と思ったのも束の間、1500m付近より新雪が現れ、雪がシールに付着した。こうなると最悪である。シールの抵抗が大きくなりどえらくキツクなった。一旦、スキーを脱ぎ、シールワックスを塗る。湿ったシールにシールワックスを塗った所で、効果は知れていた。まるでヤスリの上を歩くようだ。


イメージ 6
昨日の新雪だろうか。陽に照らされた新雪は良くシールに付着する。

イメージ 7
あの先が観音山だろうか?天気はすこぶる良いのだが、シールが・・・。

イメージ 8
おおっ、旭岳だ。反射板も近い。悪雪でも展望が広がると心地よい。

イメージ 9
いい感じだ。

イメージ 10
樹間からの旭岳。

イメージ 11
そして、快晴の観音山に到着した。

イメージ 12
兎に角、凄い展望だった。右、大白森山。左、小白森山。

イメージ 13
二股山の後ろに磐梯山。左、大戸岳。右奥は、安達太良、吾妻か?

イメージ 14
小野岳の後ろに純白の飯豊連峰。

イメージ 15
会津の山々。燧ケ岳、会津駒周辺~会津朝日か?手前に七ヶ岳。博士も見える。


イメージ 16
唐沢山、三倉山、大蔵山。

イメージ 17
流石山と大峠。流石から大峠へ滑ってみたいなぁ~。

イメージ 18
三本槍。その右は朝日岳か?

あまりの好天に目がヤラレそうになり、小杉の日陰に退避。時間も早いので、ゆっくりと昼飯を食った。

イメージ 19
観音沼に続く尾根には雪崩の跡が。雪崩の外側の片側に獣の足跡が見えた。獣は雪崩に巻き込まれたのだろうか。

すると、観音沼の尾根からオッサンが登ってきた。長靴姿だったので、たそがれさんを思い出す。
オッサンに観音沼からの尾根の状況を根堀は堀聞く。登ってきた尾根は雪切れだったので、できれば、雪の繋がったコースで帰りたかったのだ。オッサンの話では、雪は観音沼の手前まで繋がっているとの事。但し、尾根が細い上、藪気味であるそうだ。う~ん。スキーでは厳しそうだ。

さぁ~て、そろそろ下ろう。

シールはずしてパイプ~の煙り♪
気分は明るい。

ところがどっこい、重い新雪にスキーが潜り全然スキーが回らない。プルークボーゲンも拒否された。横滑りと斜滑降&キックターンという最悪の組み合わせで凌ぐしかなかった。徒然さんのようにはいかないのだ!
そんな滑りで雪切れ地点に到着。下りなので横着をし、スキーを肩に担いだ。笹に足を取られまたもや転倒。学習効果なし。ここは、思い出したくもないワサ。あれ、藪の写真が無いねぇ~。それほど、余裕が無かったのかねぇ~。

ようやく雪が現れスキーを着けた。朝の硬い雪がウソのように赤城シグレに変わっていた。まぁ良くある事ですワ。足元ビチョビチョで鳥居に帰還。今日は坪足か、ワカンで来るべきだったかなぁ。結果論ではあるが・・・。

しかし、ひどい滑りではあったが楽しかった。

イメージ 20
早朝、全面凍結していたように見えた観音沼も、水面が見えていた。秋にもう一度来てみよう。

山行日:2011.10.2
目的地:赤面山、三本槍ヶ岳
コース:堀川・あかづら橋(7:00)~鉄階段(7:15)~旧スキー場上(8:30)~赤面山(9:20)~スダレ山(人混みで三本槍中止)~(10:40)清水平(11:10)~(12:20)赤面山(12:40)~堀川・あかづら橋(14:20)

徒然草子さんのブログ記事で、赤面山の紅葉が凄い事を知ったのは3年前である。以来、毎年出向いている。出向いてはいるが、過去2回は天候不良で充分堪能できなかった。堪能できなかったが、その凄さは、充分確認できた。徒然草子さんの写真を見る限り、毎年、ベストタイミングで訪れているような気がする。おいらも今年こそはとの思い入れを込め、3年連続、3回目の訪問である。なお、冬季は、1回だけ出向いたが、余りの寒気と強風のため、山頂直前で逃げ帰っている。どうも相性の良い山ではないようだ。

今年も、国立少年の家から少し先の堀川にかかる橋を出発点とした。少年の家からだと遠いし、スキー場コースは味気ない。おいらにとって、堀川からのコースがちょうど良い。

天気予報によれば、白河・下郷町とも晴れマークは午前のみ。午後は曇るようだ。勝負は午前中に決するのだ。とは言え、那須は遠すぎる。3:30に起床するも、歩き出しは7:00になってしまった

鉄階段から尾根に乗る。北側は快晴。南側は曇天。この尾根の上の空で天気がはっきり分かれている。不思議な感じ。

肝心の紅葉はこのあたりでは進んでいない。

イメージ 1
旧スキー場トップ。鎌房山の背後に磐梯山が見える。北側は良く晴れている。紅葉が無いじゃないの!

上に行けば紅葉しているだろう。先に進む。

イメージ 2
秋の味覚を堪能する。

イメージ 3
森林を抜けると朝日岳が見える。余り紅葉しとらんなぁ。

イメージ 4
赤面山が見えてきた。少しは紅葉しているようだ。

イメージ 5
赤面山の肩に到着。旭岳は良く晴れている。

イメージ 6
赤面山山頂付近よりスダレ山方面。こちらは天気がスッキリしておらん。

赤面山には単独の御婦人が一人。言葉を交わす事無く写真を撮る。紅葉はしておるが、まだ早すぎた。それに光が足りん。東の空の雲が、日光を遮っている。わずかな薄日が射した時にシャッターを押すが、結果は知れたもの。ガックリ。今年も外したな。タイミグも天気も。

とりあえず、スダレ山に向かおう。

イメージ 7
シャッターだけは、押しておこう。

イメージ 8
ダメなものはダメなのであるが・・・。

中の大倉尾根に合流すると、すさまじい人出であった。渋滞である。主稜に出るとさらに朝日岳方面から次から次へと人が来る。ありゃまぁ~。三本槍には大した執着は無かったので、アッサリやめにした。すぐソコの清水平に行く事にした。

イメージ 9
清水平手前から朝日岳を見たら、大勢の人が取り付いていた。ウヘッ!

ここは、メジャー系の山だったのだ。

イメージ 10
清水平より流石山方面。見えているのは大倉山か?

清水平も人だらけ。すぐ先の小平地で早めの昼飯を食った。次々に人々が行き交う。

トットと帰ろう。

スダレ山の嫌な片斜面を下る。

イメージ 11
ガスが出てきた。このクソ天気の中、80枚も撮ってしまった。デジカメはありがたい。

イメージ 12
赤・青・黄。遠景がだめなので・・・。

あ~ぁ。赤面山に戻ってしまった。そして、何と、ここにも物凄い数の人々が居るではないか!この超マイナーな赤面山に!ここは、ただのモグサ山なのだ!

イメージ 13
赤面山山頂。おいらは、山頂を素通りし、人気の無い肩で、一人タバコを吹かせたのだ。

イメージ 14
そして、アキもせず、同じような写真を撮り続けた。

天気の回復の見込みもなし。下山した。そして、20人超の団体さんに行く手を阻まれた。

イメージ 15
結局、小さい秋しか見つけられなかった。

木の実を食いながら下った。色付き、天気とも今一歩。来週辺りが見ごろなのか?

いづれにせよ、また来年か・・・。

山行日:2010.10.11
目的地:三本槍ヶ岳、鏡ヶ沼
コース:堀川の橋(6:00)~鉄ハシゴ(6:15)~赤面山スキー場分岐(7:40)~赤面山肩(8:20)~一時退避~(8:40)赤面山肩(9:10)~(9:15)赤面山(9:40)~敗走~堀川の橋(11:30)

この三連休を利用して、庚申山荘泊で庚申山から石塔尾根・間藤を計画していた。しかし、天気が怪しくなり敢え無く中止とした。
ネットを見ていたら、徒然草子さんが先週那須の縦走をしていた。なかなか良いコース取りで感心させられた。紅葉も良さそうなので徒然草子さんのコースの端っこを使わせていただき那須の山に登ろうとした。目的地は鏡ヶ沼である。もちろん、紅葉見物が主目的である。

入山は国立少年自然の家からである。行ってみると予想以上に広大な敷地と建物群があった。さらに意外なことに駐車場はほぼ満車状態であった。正面玄関から建屋に入るが、ヒトケが無い。5:30では仕方ないか。取り敢えず便意を催し、暖かいトイレを借りる。ルパン3世似の男がヒゲを剃っていた。
再び表に出て登山口を捜すが見つからない。風が強いな。すぐに、登山口探しはあきらめて、短絡コースの堀川の橋に向かった。
堀川の手前に駐車スペースがある。登山口とオボシキ所もすぐに見つかった(標識なし)。


イメージ 1
堀川に架かる橋より。怪しげな天気。風が異常に強い。


前日の天気予報では、白河晴れ、下郷曇り。微妙な感じではあった。
出発すると小雨がパラついてきた。
出発して15分で鉄ハシゴに着いた。徒然草子さんのブログに出ていたので、ここで少年自然の家からの道に合流した事が判った。
道は赤土で掘れている所もあり、かなり利用者がいるようだ。おいらの1988年度版の昭文社のエリアマップには載っていない道だ。今回はネットから地図を印刷し持参した。
風がうなりをあげて吹いている。深い森の木々が風を弱めてくれている。

イメージ 2
キノコが大発生していた。こんな奴がいたるところに。


イメージ 3
樹間から晴れ間が見えてきた。良い傾向でる。但し、風は絶え間無く吹いている。

イメージ 4
緩やかに登ると、紅葉した木々が見られるようになってきた。しかし、再びガスの中に入ったようだ。

イメージ 5
黄葉しているのだが、光が無くさえないねぇ~。

樹林帯から潅木帯に移ると、風は一段と激しくなってきた。

イメージ 6
赤面山の肩が見えた。爆風が吹き荒れていた。展望0。

赤面山の肩から山頂まではすぐなのだが、立っている事も間々ならず、後方へ退避した。元来た道を下り、潅木の陰でタバコを吹かした。どうすんベーか。
お一人上がって行った。

イメージ 7
そして、一瞬のうちに晴れ上がった。筑波山が見える。

再び、山頂へアタックをかけた。しかし、肩では再び爆風にさらされた。尾根をのっこして向こう側の斜面に退避した。息苦しいくらいの爆風だ。風が冷たくないのが救いだった。

イメージ 8
そして、目の前に紅葉の大絶景が広がった。但し、写真の腕が悪すぎた。爆風で手振れが抑えられない。

イメージ 9
西風がガスを伴って吹き付ける。ガスは下降し消えてゆく。

あまりの激しい風に、最早これまで、と下山を決意する。と、尾根道をオバサマ方が歩いている。尾根に上がってみると風は大分弱まっていた。どうやら最も風の吹き付ける斜面に居たようだ。気を取り直し、山頂に向かう。それでも風は強く、ヨロケルように赤面山着。東側の斜面に退避する。おいらが、肩の西斜面で爆風にさらされている間に多くの人が山頂に達したようだ。皆様東斜面に退避。


イメージ 10
ガスは絶え間なく西から尾根をのっこす。一瞬、朝日岳が見えた。手振れを抑えられんワサ。

イメージ 11
緑と潅木紅葉が見事だった。腕が悪すぎるワ。

興奮気味にシャツターを押すが、結果はご覧の通り。ここの紅葉は凄すぎる。ならば先へ行こうではないか。力強く決心し、スダレ山に出発。強風に煽られ、10歩と行けずしゃがみ込む。撤退致し方なし。
山頂を後に下るが、未練がましく休憩をし風が弱まらないか待ったりした。

ボチボチ下る。

イメージ 12


イメージ 13

イメージ 14
よう晴れたわ。くやしいねぇー。

イメージ 15
茶臼がくっきり。あ~ぁ。

来年また来るしかないか。ガックリ。

↑このページのトップヘ