カテゴリ: 日光・柳沢川、外山沢周辺の山

山行日:2013.7.20~21
コース:7/20 西の湖入り口(8:30)~赤い橋~宿堂坊山東尾根取り付き(9:15)~宿堂坊山(11:40)~ネギト沢のコル(12:10 泊)  7/21ネギト沢のコル(4:50)~宿堂坊山(5:10)~前宿堂坊山(6:10)~1789m(7:20)~(8:15)三俣山(8:40)~1928m(10:10)~シゲト山(11:00)~1919m(11:50)~黒檜岳(12:50)~中禅寺湖(15:00)~千手ヶ浜バス停(15:30)


できうる事なら、黒檜岳から登りたかった。
前週の3連休にはそのように予定していたが、雷雨の予報にアッサリ延期した。
しかしながら、そろそろ始動しなければ。前夜の帰りは遅く、早起きは無理。反対方向から歩きを決断した。

そもそも、本コースは日光藪山通の方々が漏れなく歩かれている所。とは言え、かなりの長丁場である事からいろいろと工夫されて歩かれているようだ。未明早くから赤沼あたりから歩かれたり、自転車を駆使したりとかして、日帰りで歩かれている。時間的に余裕で踏破されているのはみー猫さんを知るのみである。
おいらは、とても日帰りは不可能。寝不足では全く歩けないし、夜目も利かないし、腰が悪く自転車にも乗れない。根本的に体力が不足している。

従って、最も確実に安全に踏破するには1泊が必要である。宿泊地は水場が近いネギト沢のコルとなる。前夜の就寝時間が遅ければ、宿堂坊山から登りネギト沢のコルに泊まる計画は、おいらにとって必然であった。


7/20
閑散としたハイブリッドバスに乗った。遅いバス時刻にその筋の方々は見当たらない。
西の湖入口で下車。美女がお一人下車された。一緒に歩きだすのははばかれ、タバコを1本吹かし出発。本日は急ぐ旅でもなく、赤い橋で柳沢川を渡った。草叢を宿堂坊山東尾根に向かった。
取り付きは、東尾根南側に沿って少しだけ歩き、東尾根のタワミが見える所。尾根の腹を斜上しタワミに上がれば、尾根に沿って歩くだけ。下部に少しだけ石楠花があるが、北側の山腹を小さく回り込んで、尾根に復帰。
藪は無い。薄い踏み跡様と赤テープあり。


イメージ 1
樹間から表日光連山。


天気は高曇り。展望の期待できないコースにはもってこいのコンディション。荷物が肩に食い込むが、汗はさほどかかずにすんだ。


イメージ 2
ヌタ場。トピックスとなるような光景は少ない。


二重山稜のヌタ場を過ぎれば、山頂は近い。


イメージ 3
山頂直前のグリーンカーペット。


イメージ 4
宿堂坊山。相変わらず、静かな山頂。展望はほぼ0。


宿堂坊山は4回目。展望の無い山頂で4回目ともなると、さしたる心の動きも無くネギト沢のコルに下る。


イメージ 5
男嶽の宿。ネギト沢のコルに佇む室町時代の石祠。


石祠の前は刈り払いがされたのであろうか、幾分笹の丈が低い。ここにテントを張ろうかとも考えたが、なんとなくはばかれる気分を生じ、ネギト沢側に少し下った平坦面に移動。


イメージ 6
テントを設営し、早速酒パックを頂く。


水汲みに行かなくては。
前回は数分で水にありつけたが、今回は正規の水場まで10分弱の下りが必要だった。3つの沢型が集まる所だった。
テントに戻り、ゴロリと横になり2つ目の酒パックに手を着ける。薄い文庫本を読みふける。

読書に集中していたら、いきなり「ん、ギャー」という大きな声がした。あわてて、テントから首を出す。そして「ん、ギャー」がもう一声。何者だ!

靴を履き、あたりを見回す。何者も居ない。そしてまた「ん、ギャー」
鳥ではない。なにか凶暴なけものではないか!!緊張感がたかまった。追い払わねば!
おいらは、強烈な指笛を吹き鳴らした。山々にこだました。そして、指笛に呼応して、「ん、ギャー」
おいらも負けずに指笛を吹いた。奴の「ん、ギャー」が明らかに遠ざかった。追い打ちをかけるように指笛。そんなやり取りを長々と繰り返した。
「ん、ギャー」は去った。
何者だったのだろうか?おいらは、少しの動悸を残してホッとした。

気が付くと、青空が出ていた。

16時半に餅入りサッポロ一番醤油味とシーチキンを食ってテントに戻る。再び読書にふける。

18時頃だったろうか、足音が聞こえ、沢筋を下る様子。水でも汲みにいかれたのだろうか?帰ってきたらご挨拶でもしようかと思っていたが、戻ってくる様子は無かった。あの時間にネギト沢を下るとは・・・。

深夜、「キョン、キョン」の鳴き声に目を覚ます。2頭の鹿がしきりに鳴いている。鹿のテリトリーに入り込んだおいらが悪いのか。鹿が去るのを待つだけであった。


7/21
3時半起床。
まだ暗い。食欲無し。味噌汁とロールパン一個を食った。
テントの撤収に手間取った。ペグいれが無い。ポール入れが無い。いずれも目の悪さが原因だった。
出発は4時50分になってしまった。

ネギト沢のコルから宿堂坊山に戻るのに苦労した。目の悪いおいらに、赤い鉄の目印がなかなか見つからないのである。磁石で山頂を目指した。途中、赤い目印を発見し、薄い踏み跡を辿れるようになった。
宿堂坊山に着くと、下のグリーンカーペットにテントが一張り。


イメージ 7
「おはようございます」と声をかけると、「オーッ」とオヤジ声。


イメージ 8
あれが、今日辿る後半戦の尾根か?天気は今日も高曇り。夏の藪山歩きにはうってつけの天気。

イメージ 9
たまには、少しだけ展望が得られる事もある。



イメージ 10
前宿堂坊山・ヤジの頭。この山頂は、今回の縦走路のピークで最も藪密度が高かった。


途中ですが、もう寝る時間なので・・・。

イメージ 1
やっとこさ、白根隠し山に着いた。まさに夏山。ギンギラギンに太陽が照っている。



イメージ 2
白檜岳の奥に錫ヶ岳。



イメージ 3



イメージ 4
白い砂礫の前白根。錫の水場から帰還のお二人。


イメージ 5
ペットボトルのジュースは簡単に無くなった。


タバコを吹かし、カップ麺にお湯を注ぐ。カップ麺が横倒しに。タマゴ、エビなどの具がこぼれ落ちた。お湯を注ぎ足す。そしてさらに、口が開いていた水筒が倒れた。ありゃまぁ~。残った水は5cmに満たない。ジュース500ml2本はすでに空になっていた。どーすんベ~。どうにもならない。


イメージ 6
十二分に休んで下山。隠し山を振り返る。


イメージ 7
燧ケ岳


瞑想の谷に寄ろうと思っていたが、バテていた上に水を失いその気が失せた。前白根山へ直行。


イメージ 8


イメージ 9
今日登った尾根が右側。深い外山沢を隔てて左の左が外山尾根。奥は高山か。


イメージ 10
前白根の登りにかかると五色沼が見えた。


イメージ 11
白錫尾根を振り返る。


イメージ 12
女王様は、すでにお婆さんになってしまっていた。


誰も居ない前白根で一服。今日も咳込んだ。


イメージ 13



イメージ 14
五色山付近からの白檜岳、隠し山。


五色山に着く頃には大分空模様が怪しくなっていた。
五色山には2パーティー5名が休んでいたが、「雷が来る前に帰ろーっ」と弥陀ヶ池の方に下って行った。


イメージ 15
おいらも国境平に向かった。足早に去りたかったが、足はもつれておった。


陰気な中曽根は、外山尾根よりはるかにマシであるが、もつれた足はほどけない。水は湯場見平で尽きた。ノドの乾きが耐えがたい。尻を付きながら湯元バス停に向かった。温泉街手前の沢水をがぶ飲みして、バス停に到着。

バスにて睡魔に襲われた。

山行日:2012.8.5
目的地:白根隠し山南東尾根
コース:弓張り峠の下(5:50)~遊歩道~1440mより藪入り(6:10)~1587m付近(6:45)~1702m(7:30)~2193m(9:20)~2268.3m(10:00)~(10:40)白根隠し山(11:50)~前白根(12:40)~五色山(13:20)~国境平(13:40)~湯元バス停(15:20)


寝不足気味で5:30のハイブリッドバスに乗った。いっそ、雨でも降ればいいのにとも思ったりした。弓張り峠を下った所で降車ボタンを押した。「ここで、いいんですか?」今日も運転手に念を押された。
熊に出会った時の注意書きのある遊歩道に入った。ひとしきり登ってトラバース気味に尾根の先端に出た所で藪入りをする。とは言え、藪など無く、やや急な斜面を登るだけ。尾根が西に折れた所で磁石をセットし直し、1587m標高点を目指す。

イメージ 1
ガ~ん!いきなり石楠花藪か!!

それは思いすごしで、左から簡単に回避できた。


1587mは平坦地のはず。やや緊張気味の歩きとなる。僅かな凹凸の平坦地に出る。前方の微妙に小高い所に行ってみる。その先は一段下がった棚部が見えた。

イメージ 2
ここを1587mとし、磁石を北に向けた。

少し進むと前方は下がり地形。西に尾根状があった。しだいに顕著な尾根となり斜面がやや急になってきた。右手には樹間からすごい急斜面の湖上山の尾根が見える。

イメージ 3
1702m付近で初めて前方の高みが見えた。う~ん、なかなか厳しそう。

この辺りより太めのピンクリボンが目立ち始める。秩父ではピンクリボンは林業関係と相場が決まっている。しかし、このピンクリボンは登山者用のように感じる。
傾斜がきつくなる。下を見るととんでもない。尾根型など見えない。上を見ると尾根である。そんな急斜面に延々とピンクリボンが連なる。このピンクリボンは下り用の道標としては役にたちそうである。取りあえず藪の煩さは感じない。2193mまでこの急斜面を耐えなければならない。頭上僅かに見える天井は真っ青だ。すでに汗だく。この青空が続いてチョウ~ダイ。


イメージ 4
少しずつ、密林の度合いが薄まってきた。

ピンクリボンが右手にトラバースしていく。高度計を確認すると2180m。尾根を忠実に詰めると石楠花が現れ、それを掻き分けると小ピーク2193m峰に辿り着いた。
やれやれ感が漂う。この先は緩傾斜になるはずである。水をたらふく飲む。

二重山稜となる。東側の方が高そうなので窪地のヌタ場を通り抜け尾根を変えると、2268.3m三角点標石があった。

イメージ 5
2268.3m三角点は二重山稜の東側にあった。

ここより、細身の針葉樹藪や石楠花藪が現れたが、ゲキ藪ではない。

イメージ 6
おおっ、稜線の一角が見える。空は青い。何とかもってくれ~。

イメージ 7
そして、開けた。

イメージ 8
夏の日だ。

イメージ 9
おおっ、錫ヶ岳ではないか!

イメージ 10
男体山もくっきりと。

イメージ 11
ムムッ。でも簡単に登れた。

イメージ 12
あと一息だ。

山頂らしきピークが3つ見える。どれにしようかな?

取り敢えず真ん中を目指す。

イメージ 13
そして、快晴の白根隠し山に着いた。

つづく。

山行日:2012.6.30
目的地:ツメタ沢、白檜岳
コース:カラサワ橋(6:00)~ツメタ沢(6:30)~左俣へ入る(7:20)~1710m涸れ沢へ入る~ツメタ沢薙ぎ状最上部(10:20)~両毛国境2310m付近(11:00)~(11:15)白檜岳(11:50)~白根隠し山(12:30)~前白根山(13:30)~湯元(16:00)


大岳の尾根から白錫尾根に登りたいと思っていた。昨年実行に移そうとした所、柳沢林道進入禁止で退散した。その後も地図を何回となく眺めていた。大岳の尾根の東側にツメタ沢なる沢がある。左俣には滝記号が無く、沢も浅いように見受けられる。最上部は薙ぎ状で大岳の尾根に自然に出られるように思われる。
大岳の尾根は、大岳北峰でゲキ藪になっているのを確認しておったので、やや気の重いコースであった。沢登りはできないが、ツメタ沢左俣はなんとなく行けそうな感じを受ける。

そんな訳で、ツメタ沢から白檜岳を目指す事にした。沢登りはできないので、危なくなったら大岳の尾根によじ登るか、退散するか、そんな思いで出発した。

赤沼5:30のバスに乗った。九輪草が終わったのか、乗車した人間は5、6人だった。ツイ、たそがれさんらしき人が居ないか確認してしまった。
弓張峠を越し、一つ目の橋の所で降車ボタンを押した。運転手は、「え、ここでいいんですか?」と聞いてきた。「この橋はカラサワ橋ですよね」と聞くと、運転手「判りません」との事。

橋の先から林道に入る。

イメージ 1
いきなり、すばらしい森となる。奥日光の森は美しいのだ。

林道のどん突きから、ゴーゴー流れるツメタ沢が見えた。一旦河原に出てみたが、すぐ上に砂防堰堤が見えたので、左岸の森戻り、適当に登る。支沢が何本か合流するたびに、及び腰で渡る。堰堤は数えるのも面倒なほどある。基本、左岸を行く。たまに、かつての作業道らしきものに出会う。

イメージ 2
ツメタ沢。

イメージ 3
ようやく、堰堤がなくなった。

イメージ 4
第一の分流点。この上流に美弥古滝があるようだ。

美弥古滝のある右俣を見送り、左俣に入った。

イメージ 5
青もしくは緑の粘土状の岩が現れる。左岸を高巻く。

イメージ 6

1710m付近で第二の分流点が現れた。右側は勢いよく水が流れていた。左側は涸れ沢である。地図では、右が涸れで左が水流になっていた。ここは、高度計を信じ水の無い左側に入った。すぐに広々とした河原になるが、また狭いゴロゴロの浅い窪みとなる。

イメージ 7
広くなった河原から振り返ると、中禅寺湖が見えた。

イメージ 8
こんな窪みを登る。だんだん傾斜がきつくなってきた。

イメージ 9
ツメタ沢佐俣の最上部が見えてきた。遠いのぉ~。ここらで、数十m水流が復活。ポンジュースのペットボトルがすでに空になっていたので、水を補給。

イメージ 10
やっと登り着いたツメタ沢最上部から下を見る。おおっ、大岳が見える。

笹を掴んで、ツメタ沢最上部の薙ぎから脱出。


イメージ 11
大岳からの尾根と合流した。尾根型に沿って笹の斜面をズリズリと登ると白錫尾根・両毛国境の尾根が見えてきた。


イメージ 12
しかし、白錫尾根に着いた時はガスが渦巻いていた。

待望の白檜岳に到着するも、真っ白け。取りあえず昼飯を食った。疲れておったので、長居した。アンチャンが、無言で錫ヶ岳の方へ歩いて行った。

イメージ 13
白根隠し山に向かう。

どうもこの尾根とは相性が悪い。まだ青空で「栃木が誇る天空の回廊」を見た事が無い。

イメージ 14
左手の巨大なくぼ地から人の声が聞こえた。

イメージ 15
白根隠し山からは花だらけ。

イメージ 16

イメージ 17
枯れ木もある。

イメージ 18
怪しげな小屋のそばに咲く。

最後の前白根の登りをこなして、外山尾根に入る。ここも花だらけ。

イメージ 19

イメージ 20

そして、荒れ果てた最後の下りで苦しむ。
疲れた足でスキー場をギクシャク下り、湯元バス停にヘタリ込んだ。

ツメタ沢は普通の登山靴で登れた。沢靴は不要。ヘルメットはあった方がいいかもです。外山尾根の下りは怖かった。

山行日:2012.2.11
目的地:赤岩滝
コース:赤沼茶屋(7:10)~(11:10)赤岩滝(12:10)~赤沼茶屋(16:00)

金曜日に帰るとsajunさんから赤岩滝に達したとの書き込みがあった。う~ん、踏み跡が残っているかもしれない。ならば、鈍足のおいらでも赤岩滝に達する事ができるかもしれないナ。急遽予定を変更し、二週連続で赤岩滝に向かう事とあいなった。

イメージ 1
今週は、正統にワカン、アイゼンをザックにほったり込み出発。アレレ、予想に反し、小田代林道は先週より雪が多いではないか!しかしながら、ツボ足て゜OK。

写真家のオッサンが山腹から飛び出してきた。と思ったら小田代ヶ原に到着。

イメージ 2
小田代にて、とりあえず1枚撮る。天気は上々。

小田代を過ぎると、踏み跡は極太のショートスキーのみ。新しい踏み跡だ。新雪あり、こりゃぁ、sajunさん御一行の踏み跡は期待できないかもしれんなぁ。

弓張峠を越える。ショートスキーの方も滑らないようで、シュプールが乱れていた。ショートスキーのお方よ、赤岩滝に向かってくれ~。悲痛な叫びである。残念ながらショートスキーはツメタ沢に向かってしまった。ムムムッ・・・。(汗)。

鼻水をズルズルとすするも、流れ出る。首に巻いたタオルでぬぐえば、一瞬で凍りついた。

イメージ 3
あざみ橋に到着。おおッ。しっかりした踏み跡が残っているではないか!ラッキーだ。

とりあえず、ツボ足で柳沢林道に入る。踏み跡を辿ればワカンは不要。あっけなく、西の湖分岐に着く。先週の苦労は何だったんだい!
しかし、分岐を過ぎると、sajun様御一行のものと思われる踏み跡のみとなる。時折、踏み跡が新雪か、流れ雪かに埋没している。そんな時はズボズボと靴が潜り込んでしまう。たまらずワカンを装着。いくらかマシな程度。兎に角踏み跡の僅かな痕跡を探しながらの歩きとなる。そして、案外アッサリと先週のギブアップ地点に辿りついた。この分なら何とかなりそうだ。

しかし、その後、踏み跡の痕跡が中々見つからなくなる。急速にバテる。時折現れる踏み跡がヤケにありがたい。

林道に倒木があり、それを回避すべく一旦河原近くまで下り、再び林道に戻ろうと登り始めた。すると、下方から呼び止められた。「どこえ行くんですか~」と声がする。「滝までで~す。」と答えると、「そっちじゃないよ、ここから川を渡るんだよ。」

再び河原に降りた。年配の方だった。「赤岩滝は始めてですか?」と聞かれ、「ええ」と答えると、「夏に一度来ておかないとここは危ないよ。」とたしなめられた。尤もであります。

ここまでのトレースに感謝され、「ここからは私が先に行きましょう。」と言われ、素直に従った。
ここいらの山にやたら詳しかった。そして、古びた青いザックを目にし、ピンときた。「ちなみに、ブログなど見られるのですか?」とおいらが聞くと、「魔法使いさん、キリンコさん、グッチャンさんのを見ていますよ。」との事。そのお三方を見ていて、もう一方のブログを見ていないのは不自然だ。「もしや、アキ爺さんではありませんか?」

まさにアキ爺さんだった。
握手を交わした。

日光周辺の山々に関する知見でこの御仁に勝る人は居ないのではないかと思われるお方である。山のルート、動植物、歴史、等々幅広い知識をお持ちである。
過去、何度かすれ違った事はある。

イメージ 4
柳沢林道を離れて、力強く歩くアキ爺さん。

イメージ 5
谷が狭まった。一人歩きだったら、この辺で引き返していたかもしれない。

イメージ 6
そして、赤岩滝に辿り着いた。4時間を要した。

アキ爺さんは熱心に写真を撮られておった。なんでも、写真家のお友達にシゴかれているそうだ。

イメージ 7
近くには、小規模なブロック雪崩の跡が。

写真を撮ったり、飯を食ったりし、1時間程ここで過ごした。

すると、美男・美女の御夫婦が現れた。本日4名が赤岩滝に達したのだ。この御夫婦も日光の滝に詳しかった。かなり奥地の滝まで訪れているようだ。凄い方々はいるものですねぇ~。

さて、お帰りも難しい所はアキ爺さんにほぼ先行して頂き下った。

イメージ 8
ここは、良いナメ滝だそうだ。

イメージ 9
柳沢川渡渉点①

イメージ 10
柳沢川渡渉点② ①と同じ場所です。

柳沢林道に出てからは、日光の山々についていろいろと教えて頂いた。長い林道歩きも気分的には短く感じてしまった。

イメージ 11
小田代ヶ原で一服。

イメージ 12
竜頭の滝上に駐車されているアキ爺さん。名残り惜しくもお別れだ。


赤岩滝に達し、満足な一日であった。しかし、幸運が重なっての事のように思われる。そして、何と言ってもアキ爺さんと半日に渡って同行できた事は、無上の喜びであった。そして、sajunさん御一行にもお礼を申し上げねばなるまい。

↑このページのトップヘ