カテゴリ: 日光・女峰山

2014.5.18

羽黒尾根を登って、ツツジにのぼせた。
ツツジは、下から山ツツジが咲き、進むに連れ主役はミツバツツジ、白ヤシオへと変わった。

1250m付近で猛烈な登り坂となる。



イメージ 1
やっと傾斜が緩んで、樹間から男体山。



イメージ 2
雨量観測所。


大きなアンテナが見えてきた。そばに行くと、「モッコ平雨量観測所1301m」とあった。
2万5千図ではここはモッコ平では無いし、俺の高度計は1370mだった。ハテナ?・・・。





イメージ 3
1400m付近より枯れ木の山となる。


赤ヤシオでも咲いておらんかい!



イメージ 4
と思ったら、アカヤシオが咲いていた。


う~ん、あまりにもでき過ぎている。


ここから、わずかで、


イメージ 5
1530m、黒岩尾根に合流した。


この付近、たしかシロヤシオの密生地のはずだが、殆ど枯れ木状態で蕾も見当たらなかった。


本日は、ハナっから女峰山に行く気なし。最近のショボくれた歩きすらママならないのに、女峰山様は無理な話。後日と言う事で・・・。


緩く下ると、僅かで白樺金剛。水呑みの碑を通過。


イメージ 6
ありゃ~。期待していた草原地帯では、全くツツジは咲いていなかった。ガックリ。



イメージ 7
ようやく見つけたミツバツツジ。



イメージ 8
稚児ヶ墓の盆栽型ツツジも未開花。



稚児ヶ墓の少し先で、美女3名がツツジ狩りをしていらっしゃいました。
毎年、この時季毎週来るのだそうだ。
美女3人の話では、今年は開花が幾分遅いのだそうだ。フムフム。
俺は、「5月末~6月初め・満開説」を主張したのだが、それでは遅いのだそうだ。


イメージ 9
殺生禁断境の手前。この辺りで山ツツジが満開。咲き始めは色が濃いのだろうか?


殺生禁断境から5分で林道に達した。通常は左に行くのだが、本日は右に行った。
が、僅かで林道は尽きていた。2万5千図にある小道が見つからず、磁石を信じて山腹を下る。一旦右手の尾根に斜上したら、道のようなものが現れる。尾根筋を下る。平坦地に出て突っ切ると、根通沢が現れた。沢の向こうに民家がある。石を伝って川を渡り、民家の庭先をササッと通過。車道に出て駐車地まで15分であった。


羽黒尾根のツツジは1300m付近まで満開。方や黒岩尾根は寂しいものであった。
隣の尾根なのに不思議な事ですなぁ~。

山行日;2014.5.18
目的地:羽黒尾根(女峰山黒岩尾根の支尾根)
コース:寂光の滝手前標高750m付近(7;50)~羽黒尾根~935m・石祠(8:15)~1122m(9:15)~1314m(10:00)~1370m付近雨量観測所~1530m付近・黒岩尾根合流(10:50)~稚児ヶ墓(11;45)~殺生禁断境碑(12:30)~緑の林道(12;35)~藪漕ぎ~駐車地(13:30)


今回もまた、アキ爺氏のパクリで、羽黒尾根なる尾根道を辿ってみた。アキ爺氏は、毎年、この時季、この周辺で、ツツジ狩りを楽しんでおられるご様子。だいぶ前から気になっていた。

羽黒尾根とは、田母沢と根通沢に囲まれた尾根で、1530mで黒岩尾根に接続している。


寂光の滝に向かう道に入り、駐車地を捜し求めた。人家が尽きて間もなくの所に、ほど良い駐車スペースがあった。標高750m付近だと思う。


羽黒尾根の山腹は杉が植林されていた。山腹を戻るように斜上した。直ぐに羽黒尾根に達した。




イメージ 1
さっそくおでましの山ツツジ。



イメージ 2
なんと、野太い廃林道?があった。



羽黒尾根の頂稜部には、驚く事に野太い廃林道のようなものがあった。
かなりの距離、林道様は続くが、いつしか消えた。

都笹の緩い尾根道をトボトボ歩く。杉林の中にツツジが点在する。
杉から唐松に変わって、


イメージ 3
おおっ、石祠ではないか!



イメージ 4
山ツツジが満開だぁ~。



イメージ 5
やがて、主役はミツバツツジに変わり、



イメージ 6
白ヤシオが加わり、ツツジトンネルとなる。



イメージ 7
3色混合。たまりませんなぁ~。ムヒヒヒッ・・・・。


足が進まん。


イメージ 8
白ヤシオ満開だぁ~。



つづく。

山行日:2013.11.3
目的地:女峰山、四本龍寺
コース:霧降高原(5:30)~赤薙山(7:10)~赤薙奥社跡(8:00)~ヤハズ(8:30)~一里ヶ曽根(9:00)~(10:10)女峰山様(10:15)~(10:55)唐沢宿(11:10)~箱石金剛(11:40)~(12:15)遙拝石(12:35)~八風(12:35)~白樺金剛~水呑みの碑~稚児ヶ墓(13:50)~殺生禁断碑(14:10)~行者堂(14:35)~四本龍寺(15:10)~東武日光駅(15:35)


今年の正月休みに鳴虫山から滝ヶ原峠への尾根道を歩いている時に、発作的に日光連山(大谷川流域の山々)の周回を一年かけてやってみようと思い立ってしまった。もちろん、日光修験三峯五禅頂の夏峯ルートを視野に入れての事だ。
途中、春の試験に落第したと思い秋の再受験に向けて山遊びどころではないなと思っていたが、思いがけず合格通知が届き再び歩きはじめた。周回は9月中には終わるかと思っていたが、土曜出勤や天候がおもうにまかせず、この日まで引きずってしまった。

最後の女峰山様は、長丁場。黒岩尾根往復を考えていたが、ここまで時季が遅くなると昼間の時間が少ないので鈍足のおいらには無理である。日帰り可能なのは霧降~黒岩尾根だった。但し、15:45までに日光駅に辿り着かなければならない。車の回収が必要なのだ。


霧降高原に来たのは10何年かぶりである。その時は、電車とバスでやって来て9:00頃から歩いて田母沢のバス停で16:00代のバスに乗っている。う~ん、体力の衰えは確実に進行している。

辺りの様子は以前とは全く異なっている。暗くて何処が登山口か判らなかった。自販機の光が見え、吸い寄せられるように缶コーヒーを飲んだ。若いアベックが目の前を通り過ぎていく。そして、軽い音をたてながら階段を登って行った。
おいらも階段に近づき、そばの案内板を見た。どうやらこの階段が今話題の階段のようだ。


ヘッドライトを灯し、階段を登った。300段くらいでバテた。アベックが途中で写真を撮っていた。
すでに夜は明けていた。


イメージ 1
階段を登りきった。30分を要した。標高差約300m。このペースで登ったら死んじゃうよ。


高原山は晴れているが、こちらは高曇り。風は強いが、寒気はそれほどでもない。


イメージ 2
あれ、同じような写真を繰り返してしまった。栗山ダム?がヤケに目立つ。



イメージ 3
紅葉はすでに終わり。


イメージ 4
女峰山様が見えてきた。


山頂とも思えない赤薙山を通過。赤薙奥社跡で一服。その先の下りはヘコたれるよな~。


イメージ 5
一里ヶ曽根付近から赤薙奥社跡下の崖をみる。


以前、シッタカをコイテ、当ブログで「霧降コースからは崖は見えない」と偉そうに書いてしまった事があるが、大間違いでした。


思いのほか、細かいピークがありバテバテとなる。強風に鼻水を飛ばしながらの歩きとなった。
足音が聞こえたので振り向くと、青いウインドブレーカーを着たオバチャンだった。アッと言う間も無く姿が見えなくなった。


イメージ 6
やっとこさ着いた女峰山様。

山頂にはオッサンが一人。青いウインドブレーカーのオバチャンは何処に去ったのだろう。
山頂は風が強く、一段下の所で一本吸ってオサラバ。


イメージ 7
唐沢の宿で、握り飯2個を食う。

15:45に日光駅に着かなければとの思いのせいか、行動はセワシない。かと言って、歩きが早くなる訳でもないのが悲しい現実。


イメージ 8
箱石金剛到着。この屋根、以前からズレていましたっけ?


イメージ 9
遙拝石到着。


今回は時間が無く、前女峰はカット。ちょっと心に引っかかる。


八風の下から五葉ツツジの紅葉が点在するも、茶色く枯れてしまった木々が目立つ。


イメージ 10
唐松は元気。


白樺金剛、水呑みの碑を通過。


イメージ 11
おおっ、突然的に青空が!


唐松林の森から笹とツツジの斜面に出ると、東の空が晴れていた。


イメージ 12
一人はしゃいでいたら、5,6人グループが登ってきた。ウヘッ、お恥ずかしい。


稚児ヶ墓で一服。ツツジの森から杉林へ。多くの木が倒れていた。今秋の台風の影響は大きそうである。


殺生禁断碑を横目で見て通過。


イメージ 13
行者堂着。

ここから、西参道ではなく左手の石畳み道へ下った。

石畳み道へ下ってみると杉の巨木が2箇所に渡って倒れていた。滝尾神社のすぐ下である。現在石畳み道上部は通行不能。車道へ出た。


イメージ 14
日光山内。

車道を下り、開山堂を見て右の道に入り、つきあたりを左に少し行って、右に曲がり、駐車地を突っ切るように進み、突き当りを左へ行って、勘を働かせ右に行ったら幼稚園が左手にあり、幼稚園の下の怪しげな道を左に行ったら、


イメージ 15
四本龍寺に着いた。


神橋から日光駅までの人混みは凄かった。掻き分けるように先を急いだ。

大笹牧場行き最終バスの10分前に駅に着いた。




そして、明日は中禅寺湖南岸の紅葉を見ましょうと、携帯で天気を確認。ヤヤッ、雨予報である。残念だが、このまま帰る事にしよう。

判っちゃいるけど、大渋滞に巻き込まれ帰宅は遅くなってしまった。





なにはともわれ、11ヶ月を要した日光連山周回の旅が終わった。日光修験三峯五禅頂夏峯ルートを意識してのものだったが、いろいろと不十分な点があった。一応不足な点を記録しておこう。

①茶の木平からの下りは現在の登山道を利用。
②今年は中禅寺湖南岸を歩いていない。
③大和田沢から黒檜岳へ登っていない。
④今年はヤジノ沢右岸尾根を登っていない。
⑤於呂俱羅山の下りは現在の踏み跡を利用。
⑥山王帽子山の登りは現在の登山道を利用。
⑦御沢金剛峡は今年未訪。
⑧大真名子山の登路は別ルートをとった。
⑨小真名子山の登路は別ルートをとった。
⑩男体山山頂から弁ノ石には行っていない。
⑪大多和宿へは、林道から最短距離で訪れた。志津からの直接コースは未踏。
⑫女峰山の下りは現在の登山道を利用。
⑬今年は前女峰山へ登っていない。
⑮今年は掛合宿に行っていない。

特に③と⑧は心残りであった。
まぁ、性格がいいかげんなのでこんなものだろうと思う。
そして、こんな事を考えつかなければ良かったとも思うのであるが、同時に冬峯を含め六巡もされたという池田正夫氏の凄さをヒシヒシと感じてしまうのである。

山行日:2013.6.13
目的地:女峰山様
コース:布引の滝遊歩道入口(6:50)~布引の滝分岐(7:10)~金冷泉(7:40)~1850m付近道の分岐(8:10)~1860m付近小屋の跡?(8:20)~富士見峠(9:40)~帝釈山~(11:30)女峰山(11:50)~帝釈山~富士見峠(13:20)~布引の滝遊歩道入口(15:20)


布引の滝入口から富士見峠まで2.5万図も昭文社の地図も小道の記号が描かれている。これが野門道かと思っていた時期もあった。古賀志山さん(池田正夫先生)からこの道は野門道ではない事を教えて頂いた。野門道は大事沢に沿って着けられていたそうである。
そんな折、昨年の夏にアキ爺さんとぐっちゃんさんの屈強コンビが本コースを辿られた。道は確かにあるようだ。日光連山の北面に登山道らしきものは皆無であると思っていたので、俄然スポットライトが当てられたような気がした。


多少の問題があるのだが、林道終点まで車で入れた。走行上の問題は無い。入ろうと思えば誰でも入れる林道だ。倫理観の問題だろう。


林道終点には「布引の滝遊歩道」の案内があった。道標に従って入山。

イメージ 1
想像以上に道はよい。


イメージ 2
20分ほどで布引の滝分岐点。久しぶりに深山の趣に浸った。


天気はすこぶる良い。道も想像以上に良いのでかえって拍子抜けするぐらいだった。ただ体調が思わしくない。とても体が重いのである。ノソノソと歩くしかないねぇ~。
途中より、道は2.5万図、昭文社とも違う所に着けられているように感じた。取り敢えず道が鹿ッ狩りしているので、道なりに進んだ。小さな木の祠や石祠が現れる。

イメージ 3
この赤い標識がかなり多くある。だから、道なりに進んだ。


イメージ 4
金冷水まで30mとあったが、行かなかった。

その先で、右手から明瞭な道が合流してきた。

さらに少し先で、小屋跡らしき所に出た。金属製のストーブ兼カマド、一升瓶、キリンのビールケースが散乱していた。

イメージ 5
道が合流して、ゴロゴロの平坦路となる。

やや緊張しながら、富士見峠下の異常なクネクネ道の登場を待ちわびた。
180°折り返し点が現れた。ついにおいでなすったね!このクネクネは地図で見る限り無駄である。どこかで短絡路を見つけたい。

イメージ 6
登れそうな沢筋に入る。成功。

もう一回沢筋に入る。成功。

イメージ 7
クネクネ道上部より。この時はまだ晴れ間が見えていた。


イメージ 8
富士見峠到着。

富士見峠越えの道をここでシゲシゲと眺めてみると、この道はどうやら車両が通行していた道であると判断できる。登って来た時に合流してきた道が車道の延長であるように思える。

さぁ~て、ここから400mの登りである。じっくり登るとするかぁ~。重い体を引きずるようにノソノソと歩く。湿った針葉樹の道はあまり好きではない。


イメージ 9
なんか、曇ってきたような気がする。左小真名子山。右太郎山。


イメージ 10
帝釈山付近より女峰山様。


イメージ 11
やっと女峰山様に着きました。


この頃より、頭がズキズキしだした。まずいねぇ~。飯もノドを通らん。タバコだけは2本吹かしてオサラバ。

帝釈山の登り返しで、頭がガンガンしてきた。吐き気もあり。とりあえず、歩くしかないだろーが!


イメージ 12
花が咲いていた。


富士見峠で大休止。水を飲んだら余計気持ち悪くなった。

この状態では、帰りは短絡は無理と考え、クネクネを辿る覚悟だった。が、初めの180°転回地点の先にピンクリボンが乱設されていた。森の中を覗くとピンクリボンが続いていた。シメシメ、助かった。ピンクリボンを追と道の屈曲点に出た。そこからまたしてもピンクリボンが!ピンクリボンを追うとドラム缶が放置されている所で登山道に復帰できた。ヤレヤレ。

あとは朦朧と山道を下った。

駐車地に戻り、トリモナオサズ車を出した。頭ガンガンと吐き気でツライ運転となった。


日光宇都宮有料道路で、小銭を払おうとしてサイフが無い事に気が付いた。ムムムッ。取り敢えずETCカードでその場を切り抜け、路側に車を停めた。何度もザックの中や車の中を探したが見つからない。アセッテ逆上しかけた。ついに諦め運転席に戻ると、足元にサイフが落ちていた。アーッ助かった。

そしてなんと、頭痛、吐き気も同時に治まってしまった。
自分の人格を疑っちゃいますよ。

そして、家に帰り、いつものように風呂に入りビールを飲み、ブログを今書き終えた所。

ん、頭が痛い!
さっさと寝る事に致します。

滝尾神社から仮称天狗沢左岸尾根を1700m付近の崩壊地まで登った。

そのすぐ先に小岩峰があった。

イメージ 1
ありゃりゃ、もう雲がかかりはじめちゃったヨ。

日が射したり陰ったり。めまぐるしくガスが行き交う。


イメージ 2
青空がまた現れた!思っていた通り、とても美しい尾根だった。


イメージ 3
たまりませんのぉ~。


イメージ 4
左。夢にまで見た尾根を振り返る。窪みは天狗沢の源頭部。


傾斜が増してきた。笹を掴みながら登る。


イメージ 5
黒岩尾根にデター。男体山のお出迎え。

1860m付近で黒岩尾根に合流。目の前に屋根だけの石祠が転がっていた。んっ、唐松金剛か?と思ったら、僅か先に健全な唐松金剛の石祠が建っていた。

やや急な笹尾根を登り、黒岩到着。


イメージ 6
黒岩から前女峰の赤いバンド。


イメージ 7
黒岩付近にて。


イメージ 8
遙拝石に到着。散り残りの桜が僅かに。


遙拝石に10:20に到着。10:00着なら女峰山様に登ろうと思っていた。う~ん、微妙な時間。どーすんベ~。
取り敢えず握り飯を2個食った。食っている最中にどんどんガスがやってきて真っ白けになった。最早これまで。誰もいない砂地で大の字にひっくり返った。

なんの未練があろうか、と開き直り、黒岩尾根を下った。これまで、この尾根の下りはとても苦しいものであったが、今回は何と楽に歩ける事か!遙拝石から女峰までのアルバイトがコタエルのだねぇ~。

八風で、天狗沢左岸尾根が霧の中チラリと見えたが、すぐに真っ白け。
八風の下で期待したアカヤシオは影も形も無し。シロヤシオが満開だった。


イメージ 9
水飲み場上部の草原から、僅かに鳴虫山が見えた。男体山は雲の中。


一組、3人がお食事中。


イメージ 10
水場付近。乱れ咲きだぁ~。

一組、約20人がお食事中。

あとは、だぁ~れもいなかった。

イメージ 11
ムヒヒ・・・。一人ホクソ笑む。


イメージ 12
レンゲツツジが咲くと、他のツツジは終わりかな。


稚児ヶ墓で、シオレタ山ツツジを見て下る。ツツジトンネルはすでに終了。


行者堂で左に折れて滝尾神社に帰着。


腹が減ったので清滝に廻って焼きソバを食う。何と昔所属した山の会の方がいた。

「どこ行ってきたんですか~。」
「女峰山ですよ。遙拝石で戻っちゃいましたが・・・。」

その時、何故かむなしさがシノビ寄ってきてしまったのである。

↑このページのトップヘ