カテゴリ: 日光・女峰山

イメージ 1



山行日;2017.5.8
目的地;羽黒尾根のアカヤシオ、黒岩尾根の隠れた殺生禁断境碑
コース;東武日光駅=タクシー=羽黒尾根取り付き(7;50)~羽黒尾根~黒岩尾根合流(11;00)~白樺金剛~水呑みの碑~(11:40)稚児ヶ墓(11;50)~隠れた殺生禁断境碑(12:25)~殺生禁断境碑(12:40)~二荒山神社(13;15)=バス=東武日光駅



2016.5.8のきりんこさんの記録に「「えげつないほど」の咲きっぷり」という表現で羽黒尾根のアカヤシオが紹介されていた。
「えげつないほど」のアカヤシオを是非堪能してみたい!一年越しの悲願だった。

もう一つ。たそがれオヤジさんの黒岩尾根紀行で、もう一つの「殺生禁断境碑」が紹介されてからかなり久しい。ここも気になっていた所。今回ここも訪れる事にした。「第二の殺生禁断境碑」でネット検索すると、たそがれさんの記録と烏ヶ森の住人さんの記事がヒットした。お二方の記録をパクリ、地図上に赤い点を打った。


羽黒尾根には、寂光の滝はるか手前の林道ゲートから取り着いた。羽黒尾根最末端部から歩きだ。尾根には林道が絡みつくように伸びている。


イメージ 2
スミレが乱れ咲き。


イメージ 3
女峰スミレかな?そんな訳ないか!


肝心のツツジは全く咲いていなかった。確か、きりんこさんの記事では、昨年の同日には、羽黒尾根下部ですでにミツバツツジとシロヤシオが咲いていたとあった。


イメージ 4
羽黒尾根の石祠付近。山ツツジはツボミ。



イメージ 5
かわりに、桜が咲いていた。



イメージ 6
やっと見つけたミツバツツジ。ミツバツツジは、ほんの数本咲いているだけだった。



イメージ 7
でも、桜が綺麗。



イメージ 8
おおっ、やっと出てきたアカヤシオ。



アカヤシオは1050m付近から1400m付近にかけて、断続的に咲いていた。

1050mでは、花数少なく、ツボミも見当たらなかった。1400mでは咲き始めのようで色の濃い花が咲いていた。また、ツボミも多く見受けられた。



イメージ 9



イメージ 10
色の濃いやつ。



誰も居るはずはないと思っていたが、雨量計の少し上で、山腹でアカヤシオを見上げている御仁を発見。下っているようだ。距離もあったので、声はかけなかった。



イメージ 11
1400m付近にて。この辺り、強風が吹き荒れる。


もう、黒岩尾根合流地点は近い。
アカヤシオのツボミが多い。どうやらフライングを犯したようだ。やはり、今年は去年より花期が遅いようだ。来週はどうなるのだろうか。気になる所である。
なお、1400m付近では、他のツツジ類は、ツボミも葉も出していなかった。


愛想の無い黒岩尾根合流地点は、素通り。黒岩尾根を下る。


水場上の草原では、全くツツジの気配無し。



イメージ 12
黒岩尾根の水場の上。風が強い。


黒岩尾根は刈り払いが行われたようで、歩きやすい。稚児ヶ墓も笹が刈り払われてスッキリしていたが、スッキリしすぎてしまった感もある。


さて、ここから「隠れ禁断境碑」捜しだ。高度計をセットし直し、地形を気にしながら歩く。980m付近で、ダンビロになった尾根に至る。ここだな。磁石をセットし、東へ向かった。小さな沢形が現れ、このヘリに沿って北進。すると前方に石塔が見えた。


イメージ 13
「隠れた殺生禁断境碑」を発見。先人達の記録のおかげで、アッサリと見つかった。

が、彫られた字は、正直な所読めなかった。


イメージ 14
「隠れた殺生禁断境碑」を背後から。日光の市街地が見下ろせる所であった。



登山道に戻り、黒岩尾根を下る。
行者堂の参道を下っていると、若い外人が二人駈け登ってきた。元気ですなぁ~。

二荒山神社に着くと、目の前にバスが停車していた。バスに乗るとすぐに発車。
東武日光駅から、各駅停車を乗り継いで帰宅。


「えげつないほどのアカヤシオ」を見る事はかなわなかったが、ソコソコの咲きっぷりであった。来年も「えげつない」ヤツを狙ってみるつもりでいる。

「隠れた殺生禁断境碑」は、たそがれさんや烏ヶ森さんの記録なしには、見つける事は困難だったろう。あらためて、お礼を申し上げる次第です。

行った日:2017.3.4



日光女峰山山麓、芦沢源流に聖天岩がある。



イメージ 1
聖天岩の基部にいくつかの洞穴があり、その真ん中あたりの穴に、




イメージ 2
石像が二体ある。



二体とも首が取れている。一体の首は見当たらない。一体の首は胴体に載せる事ができる。



その石像の奥に、



イメージ 3
氷筍ができる。



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7
聖天岩右側の穴にも、つららとともに、



イメージ 8
苔に突き刺さるように。


イメージ 9
どしたら、こういった形になるのだろう。

山行日:2017.3.4
コース:東武日光駅=タクシー=寂光の滝(8:50)~芦沢~(11:00)聖天岩~女峰山登山道~寂光の滝~ラーメン屋~東武日光駅(13;20)


気象庁の積雪情報によると、中宮祠の積雪0cm。
先週、セとナさんが社山へ行かれていた。相当雪が少なかったようだ。
俺はアセッタ。芦沢で、チョボチョボだろうが雪を見ておきたいと思っていたからだ。こうしてはいられない。すぐにでも行かなければ。

東武日光駅よりタクシーに乗る。タクシーの運ちゃんの話では、今年の積雪は驚くほど少なかったそうだ。そんな話題よりも、「陽明門修復完了」の方が一大エポックのようで、そちらの事を長々と解説されてしまった。



イメージ 1
若子神社前。


イメージ 2
若子神社。こちらも修復完了。



イメージ 3
寂光の滝落ち口。



イメージ 4
芦沢の小滝。



イメージ 5
芦沢。



ほとんど雪なし。


しかし、落ち葉の下に、凍結した雪の層があり、恐る恐る歩く。

二股で、こらえきれずに、チェーンスパイクを装着。安定して歩ける。早く着ければよかったと後悔。



イメージ 6
ツララすら無い。



イメージ 7
これは、高く売れるものなのか?



日溜まりで一服を繰り返す。



イメージ 8
滑滝。本日は、落ち葉の下の凍った雪が怖くて、二股から真ん中の尾根に上がった。



イメージ 9
滑滝の上の平坦地。


水が湧きだしている所から、もう一段登って、



イメージ 10
聖天岩に到着。



イメージ 11
聖天岩の石像。



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14
聖天岩の氷筍。こいつを見に来たのだ。



雪は無いし、暖かかったので心配したが、聖天岩の氷筍は今年もちゃんと残っていてくれた。
出来栄えは、よろしいのではないでしょうか。

ここは、長居は無用。落石にでもあったら洒落にならない。

女峰山登山道に向かう。
青テープが出現し、アッサリ登山道に出る事ができた。


イメージ 15
山の神。



イメージ 16
女峰山様。



イメージ 17
男体山。



寂光の滝から、舗装道をトボトボ下る。

途中、義理チョコ返しの日光カステラを購入。


神橋先のラーメン屋でラーメンを食う。
婆さんの姿が無いので店員に聞くと、「引退」との事。寂しいこってすなぁ~。


区間快速に乗って、ピールを飲んで、ウトウトしていたら、「春日部~、春日部~」で、あわてて飛び降りた。

羽黒尾根を登って、


イメージ 1
羽黒尾根のシロヤシオ。


黒岩尾根合流点に達した。
この辺り、ツツジは見当たらない。少し登ってみたが、ツツジの開花の気配なし。
黒岩尾根を下る。



イメージ 2
黒岩尾根下部の笹原に出た。



イメージ 3




イメージ 4
水場付近。ミツバツツジは咲いていたが、山ツツジはツボミがほとんど。



イメージ 5
ミツバツツジはかなり咲いていた。



イメージ 6
稚児ヶ墓。ここら辺りから山ツツジが開花していたが、まだまだツボミが多い。



イメージ 7
少しずつ、山ツツジの開花が増えて。



イメージ 8
おおっ、下るに従い濃い色の山ツツジが現れる。



イメージ 9
ここにも・・・。



イメージ 10
ツツジ列が見えたので、奥の方へ行ってみたが、近づいて見るとツボミだった。



イメージ 11
箸休め。



イメージ 12
殺生禁断境付近は、満開。




西参道へ下ると、ちょうどバスがやってきたので飛び乗った。


黒岩尾根のツツジは、まだツボミが多かった。稚児ヶ墓の上は、これからが本番。ツツジ祭り初日といったところか。

山行日;2016.5.15
目的地;羽黒尾根
コース:東武日光駅=タクシー=羽黒尾根最末端林道ゲート(8:30)~羽黒尾根~黒岩尾根合流(11:10)~黒岩尾根~西参道(13:30)=バス=東武日光駅



家から最寄駅に向かう途中で、カメラにSDカードを挿入していない事に気がついた。あわてて帰宅。始発電車に乗り遅れた。

時間を取り戻すため、日光駅からタクシーを利用した。出費1500円少々。


寂光の滝へ向かう県道の途中東側に、ゲートで閉ざされた林道がある。ここに侵入。侵入後すぐに、羽黒尾根最末端部が現れ、これに乗る。いくらも歩かないうちに廃林道が現れる。倒木や枝打ちの残材と思われる障害物が堆積している。歩きやすい所は廃林道を、そうでない所は尾根筋を忠実に登る。尾根筋にも踏み跡様があり、歩き難い事は無い。いつしか、廃林道は消える。ただ、尾根を忠実に辿ればよいだけ。


イメージ 1
はじめから、山ツツジ満開。


イメージ 2
石祠が現れると、杉林はなくなる。



イメージ 3
山ツツジから主役はミツバツツジへ。御料局の石柱?




イメージ 4
男体山。



イメージ 5
ミツバツツジにシロヤシオが加わる。足が進まん。



イメージ 6
シロヤシオ。天気予報では、曇りがちの晴れ、だったが、好い方に転んだようだ。



イメージ 7
たまりませんなぁ~。



イメージ 8
1200mを越えると、ミツバツツジのツボミが多くなってきた。



イメージ 9
思わず、ほくそ笑んでしまう。



イメージ 10
女峰山様が見えました。


この後、アカヤシオの残骸が現れる。その落下の数から、よほどの咲き具合だった事が偲ばれる。


本日の羽黒尾根は、下から1400m付近までツツジ祭り状態。1200m以上では、ミツバ、シロのツボミが多数あり。お祭りは、もう少し続くと思われます。



黒岩尾根編に続く。

↑このページのトップヘ