カテゴリ: 日光・女峰山

山行日:2021.11.5
コース:東武日光駅=タクシー=寂光の滝(8:00)~芦沢~ロックガーデン(9:20)~聖天岩(10:00)~女峰山登山道(10:20)~石祠・休憩~若子神社・寂光の滝(11:30)~東武日光駅(12:50)


体調不良のため、山歩きから遠ざかって11ヶ月。現状、山を歩くに自信がない。でも紅葉は見たい。
と言う訳で、人が居なくて、短時間で歩けて、紅葉の綺麗な所を考えた。昨年行った日光芦沢の紅葉が見事だったので今年も。

芦沢は短時間で歩けるが、それでも体力が心配だ。なのでタクシーを使った。

タクシーに乗ると、すでに日光市内のカエデは真っ赤に色付いていた。タクシーの運チャンによると、今年の紅葉ははじめ遅れたが、その後一気に冷え込んで、アッという間に紅葉して、上の紅葉は2、3日で散ってしまったとの事。今は中禅寺湖はお終い、東照宮辺りの黄葉が見頃だそうだ。ムムッ・・・。
運チャン曰く、「あんた、渋い所へ行くねぇ~」


若子神社より寂光の滝に下る。上部のみ切り取る。
DSC04683


若子神社に戻り、女峰山登山道を少し登り、寂光の滝落ち口付近へ。ムムムッ・・・。去年と様子が違う!昨年は谷の廻りが見事に黄色く色付いていたのだが、今年はサッパリだった。カエデの葉が茶色く縮んでいた。手で触るとカサカサだった。


こんな感じ。ガッカリ。
DSC04690


しかし、不思議な事に赤色から燈色のカエデは色付いていた。
DSC04709



でも赤いカエデは多くはなく、同じ木の写真。
DSC04713



実態はこんな感じ。
DSC04722



たまにいい色のものが。
DSC04725



ここは、昨年、黄色で満ち溢れていた所。
DSC04736



逆光でなんとか。
DSC04745



透過光でなんとかなっているが、実態は茶色く縮れている。
DSC04747



芦沢の水量が多かった。枝沢からも滝状に大量の水が流れていた。
DSC04761



貴重な黄色が鮮やかだったので近づいてみた。
DSC04762



同じ木。なにしろ貴重なもので。
DSC04763



もう一丁。
DSC04764



赤いものはある。
DSC04766



でも、なんだか少し状態が良くなってきたみたい。
DSC04768



ムフフフッ・・・。
DSC04781



そして、ロックガーデンに到着。不思議な事にロックガーデンの色付きは昨年以上であった。
DSC04782



ロックガーデンにて。天気のせいもあるかもしれない。
DSC04787



先へ進もう。黄色が回復気味。
DSC04789



そして、燈色。
DSC04794



やっぱり、渋めか。
DSC04795



いやはやなんとも。しかしこの木はカエデではなく、三つ葉カエデ(メグスリノ木)であった。
DSC04796



このコースのランドマーク。yamasanpoさんの記事からこの滝が「扇滝」であると知った。
DSC04800



聖天岩手前のカエデの巨木。天気が良く、いい色合いだった。
DSC04809



聖天岩に到着。
DSC04813


聖天岩の基部には登らず、手前のカツラの木のそばの岩に腰かけて菓子パンを食ってオサラバ。疲れちゃいました。
女峰山登山道に向かう。

草に覆われつつある女峰山登山道は、金属プレートやテープ無しには追いきれない所がでてきている。カラマツが尽きた石祠の所で、握り飯を食い、胃薬を飲む。この薬、効かんのぉ~。

やがて急斜面の下り坂となると、意外にも素晴らしい紅葉に恵まれた。
DSC04830



ヒヒヒッ・・・。
DSC04836



赤と黄色のコラボ。黄色はカエデではない。
DSC04837



いいねぇ~。
DSC04842



こちらは、三つ葉カエデ。ここの主役であった。
DSC04851



カエデも黙ってはいない。やっぱり黄色はカエデではない。
DSC04858



ここは、昨年以上にいい塩梅。
DSC04863



ムフフフッ・・・。
DSC04868



そして、ハイライトが終わると、間もなく若子神社・寂光の滝に帰着。県道をノソノソと歩く。住宅地の黄葉が美しいな。
国道に出ると、すでに帰り車の渋滞が発生中。渋滞は神橋のT字路まで繋がっていた。歩くより少し早いぐらいには流れていた。西参道からバスに乗ろうと思っていたが、この渋滞ではいつバスが来るかも知れず、東武日光駅まで歩いた。


今年の芦沢の紅葉は寂光の滝からロックガーデン手前まで黄色カエデが全くだめで、冴えないものであった。しかし、ロックガーデン付近は綺麗に紅葉していた。また、女峰山登山道の三つ葉カエデは今まで気が付かなかったが、素晴らしいものであった。毎年三つ葉カエデの赤が楽しめるのかは分からない。

短時間歩きではあったが、楽しかった。明日、筋肉痛が心配だ。

山行日:2020.11.4
コース:東武日光駅=バス=田母沢御用邸(8:00)~寂光の滝(8:40)~芦沢~聖天岩(10:20)~東へトラバース~女峰山登山道~寂光の滝(11:50)~田母沢御用邸(12:20)~東武日光駅(13:00)


電車の車窓からは雲に覆われた女峰山が見えた。そして、中腹まで雪に覆われているようだ。ど~うすんべ~。
まぁ、運よく三段染めが見えるかもしれない。でも雪が現れたら撤退しよう。そう心に誓って寂光の滝へ向かった。なにせ運動靴とチノパンでは、雪が現れたらどうにもなるまい。

車道を歩き若子神社の駐車地に着いた。ここまでは晴れている。先を見るに、雲がかかっていた。
若子神社脇から寂光の滝に下る。ろくな写真が撮れずガッカリ。神社に戻り、女峰山登山道を登る。すぐに、左手の芦沢に下り、寂光の滝の落ち口に向かう。


寂光の滝落ち口より。ムフッ・・・。
DSC01966



芦沢の左岸に沿って登る。
DSC01983



時に真っ赤なモミジが現れる。
DSC01990 (2)



しかし、ここでは曇り空。
DSC01991



いい感じなんだけど。
DSC02001



時折り、雲の間から陽が射す。
DSC02013



陽が射した時。逆光だけど。
DSC02017



陽が射すとうれしい。
DSC02021



この調子で陽が射してちょうだい。
DSC02026



真っ赤なカエデも陽が射さないとねぇ~。
DSC02039



ロックガーデンにて。
DSC02040



ロックガーデンにて。ヒヒヒヒッ・・・。
DSC02041




DSC02043



おっ、陽が射した。
DSC02044



小滝を右から越えるも、水分が多くてズブズブ。そして小雪が舞い始めた。
DSC02045



芦沢源流の先の平坦地にカエデの巨木があった。
DSC02051



そして、聖天岩に辿り着いた。ここは(落石が)危ないので長居は無用。おっ、晴れているじゃぁないの。小雪はやんでいた。この辺りは雪は積もっていなかった。ホッ。
DSC02053



聖天岩から東にトラバースして女峰山登山道に出た。
DSC02057



女峰山登山道は、以前にも増して笹に覆われ始めていた。
DSC02064



場所によっては、テープや赤/黄プレートを追わなければ道が判然としない所もあった。
DSC02068



また曇った。雪が舞った。
DSC02072



対岸の尾根(羽黒尾根)の山腹に穴を発見。
DSC02075



薄日が射す。
DSC02076



大分下って、陽が射す。
DSC02080



ヒヒヒッ・・・・。
DSC02082



青空が。
DSC02092



フフッ。
DSC02094



結構当たったかもね。
DSC02099



黄金色に輝いていた。
DSC02100



若子神社に戻り、車道を下る。



鳴き虫山方面もかなりの色付き。
DSC02105



田母沢御用邸前のカエデも真っ赤。
DSC02107



金谷歴史資料館もいい色に。
DSC02109



紅葉はすでに日光市内に降りていたのだ。

国道が渋滞していたので、日光駅まで歩いた。




東武日光駅前から赤薙山と外山。プチ三段染め(二段染め)になっていた。
DSC02115 (2)




遅れていると言われていた紅葉は、ここにきて、駆け足で山を下っているようだ。




23197歩

山行日:2019.5.23
コース:東武日光駅=バス=田母沢御用邸前(7;50)~尾根取り付き(8:15)~黒岩尾根合流(11:10)~黒岩尾根を下る~(11:40)水場(12:00)~二荒山神社(13:20)=バス=東武日光駅


今年の日光ツツジ尾根は、開花が遅れている。またヤマツツジ、シロヤシオの花付きが今一歩であった。黒岩尾根も、同様であった。しかし、思いがけず、満開のズミが列を成していた。



イメージ 1
930m付近。




イメージ 2
1000m付近。レンゲツツジは咲きはじめ。


早くも御夫婦が降りてきた。日光周辺のツツジ情報をお聞きした。


イメージ 3
ヤマツツジは、チョット寂しい花付き。



イメージ 4
シロヤシオも寂しいねぇ~。



イメージ 5
ツツジトンネルとまでは言えないか。



1200mを越えると、ヤマツツジはツボミとなってしまった。



イメージ 6
ミツバツツジは、そこそこ。




イメージ 7




イメージ 8
1450mまで登ってみると、なんと、まだアカヤシオが残っていた。



イメージ 9
1500m付近。天気予報に反して、曇り空。この辺りからはシロヤシオもツボミとなる。



黒岩尾根に合流して、ど~すんべ~。
曇り空だし、上のシロヤシオも期待薄となると・・・。
下りましょう。


イメージ 10
黒岩尾根・水場付近。やっぱりね。ヤマツツジはツボミ。ミツバツツジのみが咲いていた。



イメージ 11
水場付近。こんなものが咲いていた。ここで昼飯とする。大荷物のオッサンが、ゆっくりと登っていかれた。軽装のオッサンが、走り下って行った。俺は、呑気にタバコを吸っていた。



イメージ 12
昼飯を食って下りはじめると、急速に青空が広がりはじめた。



イメージ 13
ツツジはツボミだった。



イメージ 14
ミツバツツジだけが、豪勢に咲いていた。



イメージ 15
稚児ヶ墓まで下ってきた。ここでもヤマツツジは5分咲き未満であろう。



イメージ 16
ズミが咲いていた。



イメージ 17
ようやくにヤマツツジ。



イメージ 18
チョット脇へ入って。



イメージ 19




イメージ 20
ようやくいい感じになってきた。おっ、奥で咲いているのはズミかな。



イメージ 21
そして、ズミの列が現れた。ヒヒヒッ・・・。



イメージ 22
これまで、ズミ列の存在には気が付いていなかった。



イメージ 23



イメージ 24
スゲ~、スゲ~、と、一人ではしゃいだ。



イメージ 25
殺生禁断境碑付近にて。



ツツジは残念な状態だったが、ズミ列に出会えて幸いだった。

山行日:2019.5.13
コース:東武日光駅=バス=高原歩道入口バス停(8:10)~高原歩道~中ノ沢渡渉~尾根取り付き~1404m付近(9:45)~土平~1767m付近(11:00)~1850m付近・好展望地~(11:50)赤薙山(12:20)~霧降高原バス停(13:30)=バス=東武日光駅


本尾根は、日光薮山通の多くの人々によって歩かれている。通称もあるようだが、本記事ではタイトルのような名称にしておいた。

その筋の方々が平然と歩かれているからと言って、俺が歩ける保障はない。途中の等高線密度からして、俺は怯えていたのだ。昨年歩かれたyamasanpoによると、キツイだけで危険な所は無いとの事。まぁ、ダメもとで、歩いてみる事にした。


まさか、「高原歩道入口バス停」で、俺以外の人が降りるとは思っても見なかった。とてつもなくデカいリュックを背負ったオッサンだ。聞けば、稲荷川の方へ行ってキャンプだそうだ。長話となって、出発は遅れた。

高原歩道を少し歩くと、沢筋に出会い、堰堤右側を越える。僅かに進んで、



イメージ 1
中ノ沢を渡渉した。渡ってくださいと言わんばかりの石の配置で簡単に渡れた。



渡った所の目の前のやや崩壊気味の段丘状を少し登ると、目的の尾根に乗れた。ピンクテープ乱設だが、どうやら登山者によるものでもなさそうなので、忠実に尾根を辿る。



イメージ 2
天然芝の美しい尾根をユルユルと登る。



イメージ 3
すぐにミツバツツジが現れる。



イメージ 4
空も青いし、咲きっぷりもよい。



そんなミツバツツジも長くは続かない。1200m付近でツボミとなった。



イメージ 5
しかし、1300m付近からアカヤシオが現れる。



イメージ 6
ヒヒヒッ・・・。



イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9
1404m付近に岩のテラスがあり大休止。



イメージ 10
1404m付近にて。女峰山様



イメージ 11
1404m付近にて。



イメージ 12
1404m付近より振り返る。



イメージ 13
1404m付近より前女峰山の赤いバンド。あそこに行った頃は、もう少し元気だった。



イメージ 14
恐れていた急斜面の登り。笹や灌木を掴み、何とか登った。



イメージ 15
ヒーッ、つらい。



イメージ 16
ここが土平であろうか。1600m付近にて。



イメージ 17
土平。左手の尾根上を歩くと灌木がキツイので、笹原に戻る。



イメージ 18
土平といっても、全然平らではない。広大な笹原をヒーコラ言って登っている。



イメージ 19
尾根が収斂して、灌木薮となる。腕まくりして登っていたので、引っ掻き傷だらけとなる。アカヤシオもここらへんでは矮小化していた。ツボミとなる。




イメージ 20
ようやくにして、1767m付近に達した。ここでも大休止じゃぁ~。



イメージ 21
1850m圏は好展望地。あの怪異なピークが内の外山か?あそこを登る御仁がいらっしゃるのだから・・・。


イメージ 22
やっと着いた赤薙山。いつもより長く休憩いたしました。この頃より急に曇りはじめた。曇ると寒い。上着を着る。



霧降に向かって下りはじめると、残雪が現れた。しかし、草原に出ると雪は無くなり歩きやすくなった。



イメージ 23
草原に出ると、また陽が射してきた。振り返ると赤薙山は雲の中。



イメージ 24
今日登った尾根の側面。あんな崖になっていたんだねぇ~。



イメージ 25
1445段を下る。



イメージ 26
階段脇は、カタクリ園地になっていた。



霧降高原バス停のベンチに座ってタバコに火を着けた所でバスがやってきた。


バスの車窓からは、ツツジが丘、霧降の滝で、ヤマツツジが満開になっているのが見えた。

イメージ 15

イメージ 1




山行日;2019.5.10
コース;東武日光駅=バス=田母沢御用邸前(8:05)~車道~林道ゲート・尾根取り付き(8:30)~雨量計(10:30)~黒岩尾根・1540m付近(11:30)~黒岩尾根下降~水場・笹原~稚児ヶ墓~二荒山神社(13:30)=バス=東武日光駅



田母沢沿いの車道を歩く。



イメージ 2
民家の庭先にて。



イメージ 3
林道ゲートより尾根に取り付く。



イメージ 4
尾根に取り付くも、ヤマツツジの開花は無し。スミレとリンドウを見ながら登る。



醜い林道の手前で左手の小尾根を登る人がいた。以後姿を見る事はなかった。

醜い林道に出ると、日当たりがよいのか林道沿いのみミツバツツジ、ヤマツツジが開花していた。



イメージ 5
石祠のある935m付近のヤマツツジ。



石祠を過ぎて、再び醜い林道を横断。
ここで嫌なものを見た。ワナにかかった鹿が俺の姿に驚いて暴れていた。哀れであるが、どうする事もできない。



イメージ 6
やがて、ミツバツツジ点在し始めた。咲いているものは、ごく僅かだ。桜が咲いていた。



1070m付近で、巨大なまっ黒いクソを2山発見。あわてて、鈴をつける。この辺にもプーのヤツ引っ越してきたのかいな。


1100m付近より、散り残りのアカヤシオが現れはじめた。

急登をこなして、


イメージ 7
1300m付近より、ようやくアカヤシオにありつく。



イメージ 8
天気は快晴。



イメージ 9
雨量計付近にて。ゆっくりしよ~と。菓子パンを食う。



イメージ 10
雨量計付近にて。



再び急登となり、アカヤシオは途絶えるが、傾斜が緩んだ1450m付近より、



イメージ 11
アカヤシオが再び現れる。ヒヒヒッ・・・。



イメージ 12



イメージ 13
足が前に進まんワ。



イメージ 14
こういう所では休むのだ。



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20



黒岩尾根を下った。


イメージ 21
水場の笹原に出た。



イメージ 22
ヤマツツジは固いツボミだった。ここで握り飯を食った。



イメージ 23
稚児ヶ墓付近も固いツボミ。ミツバツツジも見当たらない。



イメージ 24



イメージ 25
地面を見て歩いた。


殺生禁断境碑を過ぎると、御夫婦が下っていた。ツツジが咲いていないので、途中からくだったと。


イメージ 26
行者堂から巨杉の参道を下る。



二荒山神社に降りると、さすがにここではヤマツツジが咲いてた。650m付近であった。


バス停の時刻表を見ているそばからバスがやって来た。


今日は、あまりタバコを吸わずにすんだ。



追記
日光ツツジ尾根は、1300m以下はアカヤシオ落花中、1350m以上でアカヤシオ満開。1500m付近でアカヤシオに若干のツボミあり。ミツバツツジは、点在するも開花は僅少。ヤマ、シロは開花無し(林道付近のみ開花)。
1070m付近で、プーの大グソがありました。注意が必要です。

黒岩尾根は、1550m以下で全く開花無し。殺生禁断境碑上で、ヤマのツボミが膨らんでいた。

↑このページのトップヘ