アブの大群に襲われた事がある。
平成12年(2000年)のお盆休みに飯豊連峰を縦走した最終日であった。


2000.8.11早朝、祓川無人小屋を出発。瘤岩山の急登に喘ぎ、さらに雨が降り出し切合小屋付近でテント泊。翌日もガスの中飯豊本山を越え御西小屋付近にテントを張り、大日岳を往復。

御西付近でようやくガスが切れ大日岳が見えた。
DSC01334


翌朝、御西小屋より北上。梅花皮岳付近からガスがたなびき始め、彩雲が現れる。
彩雲は移動し、ブロッケンの妖怪となる。彩雲がブロッケンに変化したのを見たのはこの時だけ。
DSC01336


あらまし、ブロッケンは悪天候の予兆。門内岳付近から猛烈な風雨となった。雨風がひどいので、この日は頼母木小屋泊とした。やがて女子大ワンゲル部が転がり込んできて賑やかな夜となった。女子大生が天気図を描いていたので、わざとらしく明日の天気を聞いたりした。明日は晴天との事。


翌朝。最終日。頼母木小屋付近から杁差岳を望む。女子大生の予報通り、今回の縦走中一番の好天となった。
DSC01337


非常に暑い一日となった。杁差岳からは西股川の道が崩落との情報で、千本峰経由で下山した。ジリジリとした暑さで、水を飲み過ぎた。千本峰付近で水が無くなってしまった。軽装のオッサンが、軽快に下っていった。喉の渇きに苦しみながらようやく東股林道に辿り着いた。が、脇を流れる沢になかなか近付けない。草叢を掻き分け沢水にありついた。ガブ飲みだ。その時、首筋にチクンと痛みが走った。首筋を叩くと胴長、トラ縞のアブだっだ。
東股林道に戻る。すると、アブの大群に襲われた。尋常な数ではない。首筋、腕とは言わず、Tシャツの上からもカジリ付いてきやがる。かなり痛い。アブを叩き潰しながら、走って逃げた。しかし、長くは走れない。荷物は重いし、体力はほぼ使いきっていたし。また、アブに襲われる。走って逃げる。でも、もう限界だ。バンテリンを顔、首、腕、腹に塗ったくってみた。ムムッ、アブが去った。効果あり。しかし、5分もするとまたアブがカジリ付いてきやがった。また、バンテリンを塗る。5分程効果あり。またカジリ付かれてバンテリン。しつこいアブ達であった。大石ダムのバス停まで、2時間かかる。バンテリンはついに尽きた。タオルをブン廻しつつ潰しつつ歩く。最早、走れない。激痛に耐えながら歩くしかあるまい。
と、前方から車がやってきた。俺はタオルを頭上で廻しながら、「助けてくれぇ~」と叫んだ。車は俺の前で止まって、ウインドゥを開けて「どうしました?」「アブの大群に襲われまして・・・」と。するとクダンの運転手が「痛ぇ!」
運転手さん、状況を飲み込めたようで。「乗って、乗って!早く、早く!」と。俺は後部座席に転がり込んだ。すでにアブは車内に大量に入り込んでいた。俺は車内でタオルをブン廻し続けた。運転手さん、「痛ぇ~!」と叫びながら車をUターンさせ、急発進。窓を全開にしてようやくアブを全て追いだした。潰れたアブが窓にヘバリ付いていた。
顛末を説明、車を汚してしまった事をわび、助けてもらった事にお礼をした。しかもJR越後下関駅まで乗せていただいた。

川筋にアブが大量発生するとのウワサは聞いたことがあったが、これほどしつこく怖いものとは知らなかった。二度と出会いたくないものだ。