山行日:2024.3.15
コース:つくばTXつくば駅=つくば市営つくバス=大池・平沢官衙入口バス停(8:45)~~山口コース(2)分岐(9:25)~
山口コース(1)~宝篋山山腹トラバースコース~(10:30)宝篋山(10:45)~極楽寺コース分岐(10:55)~常願寺コース~宝篋山小田休憩所(12:00)~関鉄バス宝篋山入口バス停(12:10)=関鉄バス=JR土浦駅


以前から同じ山に続けて登るクセがある。今年に入って宝篋山に登るのは2回目。前回は中世城の道から小田城コースに入り宝篋山に至り、極楽寺コースを下った。今回は、山口コース(1)で登り常願寺コースを下った。宝篋山山頂下でルート選択を失敗し、少し残念な歩きとなった。コース名は、つくば市発行の「宝篋山ハイキングコース」に記載のマップによる。


つくば駅からバス乗り場に行くと、ムムムッ・・・・、大勢が並んでいた。すぐにバスがやってきた。座席がすべて埋まって平和にバスは出発した。つくば市営つくバスは、あちこち寄って進む。宝篋山が近づいたと思う間もなく宝篋山は遠のく。そんなことを繰り返して1時間ほどで「大池・平沢官衙入口」バス停で下車した。



バス停からすぐそばの北条大池。宝篋山を望む。
IMG_1248



反対側に筑波山。
IMG_1249



舗装道は暫時細くなりながら、ユルユルと登る。
IMG_1250



ユルイ登り。棚田が続く。
IMG_1252



見慣れない見え方の筑波山。
IMG_1253



道は細いがコンクリ道が続く。
IMG_1255



民家が尽きて、砂利道に。
IMG_1258



山口コース(1)(2)の分岐に到着。この辺りは山道。
IMG_1259



宝篋水。
IMG_1263



樹間から多分北条大池。あそこから登ってきた。
IMG_1265



万博の森と書いてあったので寄ってみる。
IMG_1266



万博の森。なんでこんなものを作るのか、意味不明。
IMG_1267



意味なしオブジェの所にいらっしゃったオバサンが、トウゴクミツバツツジが咲きかけていますよ、と教えてくれた。ツボミが膨らんだトウゴクミツバツツジ↓。写真クリックで拡大。それにしても早いですなぁ~。
IMG_1268



途中、山頂まで500m→と700m→の分岐があり、楽そうな700m→を選択。すると道は林道のようになってしまい。ほとんど傾斜がなくなってしまった。そしてなんだか宝篋山の山頂をやり過ごしてしまったような感じになってきた。
IMG_1269



やっぱり。行き過ぎていた。ただ山頂を巻いただけ。
IMG_1270



そして、完全な林道様を歩き、看板があったので振り返ると、なんと立ち入り禁止。
IMG_1272



前回、宝篋山を訪れた際にふみふみぃさんが書き込みをしてくれていたのだが、「無意味な立ち入り禁止が多くあり、北東方向に行けなくなっている」との旨、指摘していただいていた。なるほど。



そして、なんだバイオトイレ前に出たのだった。
IMG_1273



今回はつくば市発行のハイキングマップだけを持って歩いていたのだが、自宅に帰り地理院地図を見るに、今回歩いた失敗ルートが明確に示されていた。ハイキングマップには山頂を巻く道は記載されていなかった。まぁ、ちゃんとした地図を持っていかなかった俺が悪いのだが、山頂まで700m→の標識は迷惑だよなぁ~。



というわけで、不満タラタラで山頂に到着。筑波山はクッキリ見えたが、
IMG_1274



東側は春霞がかかったようで、霞ヶ浦がボンヤリとなんとか見える程度。中央の椅子に腰かけて昼飯を食う。
IMG_1276



宝篋印塔を写真に収めて、オサラバ。
IMG_1277



前回、極楽寺コースと常願寺コースの分岐が分からなかった。ふみふみぃさんにここらあたり分岐があるはずとの指摘をいただいていた。分岐は確かにあったが、極楽寺、常願寺を示す標識は見つからなかった。ふみふみぃさんの言を信じてここが件の分岐であろうと、常願寺コースに進むべく、左側の道を選択。
IMG_1280



道は明るくユルイ下りが続いた。向こうからやって来たオッサンに、「この道は常願寺コースですか」と聞くと、「常願寺かなんだか知らないけれど、この先にナントカあさま山があるよ」とのこと。ありがとう。ナントカあさま山とは尖浅間(とがりせんげん)のことだろう。この道でいいようだ。
IMG_1281



小ピークを一つ越え、二つ目の小ピーク。
IMG_1282



尖浅間山とあった。オッカサンが登ってきて、「暑いですねぇ~」と。この冬、何回この言葉を聞いたことか!
IMG_1283



しばらく下ると、沢沿いの道となった。
IMG_1286




埋もれかけている五輪塔。
IMG_1289




傾斜がなくなり、
IMG_1288



開けた。宝篋山を振り返る。
IMG_1290



右手の小さなわだかまりが尖浅間山だと思う。あまり尖っていないけど。
IMG_1299



小田休憩所に到着。予定よりだいぶ早く降りてきた。
IMG_1305



つくバスの方が値段がはるかに安いのだが、すぐにやって来た関鉄バスに乗って土浦駅に向かった。なぜか、バス停で鼻水がとめどもなく流れでてきた。