2022年12月

山行日:2022.12.30
コース:JR高尾駅=バス=陣馬高原下(8:20)~(9:20)陣馬山(9:30)~明王峠(10:00)~(11:00)景信山(11:20)~小仏バス停(12:10)~摺差バス停(12:35)=バス=高尾駅
富士山を見に陣馬山に行った。
ところが、高尾駅に着いた頃は完全な曇り空。
そして、バス乗り場へ。
ギョギョ!陣馬高原下行のバス乗り場に凄まじい行列が!乗れるのか?とりあえず最後尾に並ぶ。バスがやってきて、ゾロゾロと人々が乗り込む。何とか乗れた。なぜか俺の目の前に空席がひとつ。ムムムッ・・・。座るべきか座らざるべきか。しばらく立っていたが、誰も座らない。俺も60の半ばにさしかかった。座らせてもらおう。ラッキー・・・。


バスを降りて、なるべく遅く出発したい。抜かれまくるのは目に見えているし。と思いつつ、なぜか出発者が少ない。寒いので渋々出発。
しばらく舗装道を進む。やがて左側に登山道が現れる。寒々とした沢沿いに道が続く。沢筋から離れて木の根がむき出しの急斜面を登る。


急斜面が落ち着いて、尾根筋の道となる。
DSC09426



陣馬山に到着。今日もピンボケ写真のオンパレード。
DSC09428



奥多摩の山々。右は大岳山だろう。中央にミツドッケ。
DSC09429



遠く日光連山。拡大して赤味を増してみると、男体山と女峰山が確認できた。
DSC09430



そして山の彼方に南アルプスが。左は三つ峠山か?右奥は滝子山か?右手前は扇山か?
DSC09432



拡大して、赤石岳と悪沢岳。展望表示板にそう書いてあった。
DSC09433



海が見えた。左は相模湾なのか?右は駿河湾なのか?してみると中央は伊豆半島なのか?
DSC09435



しかし、肝心の富士山方向は曇り空。全く見えん。
DSC09438



寒いので10分ほどで陣馬山を去る。
DSC09439



う~ん、富士山方向は晴れる気配なし。
DSC09440



明王峠に到着。
DSC09442



茶屋脇にある不動明王尊の碑。
DSC09443



明王峠でも富士山は拝めず。

ところで、本行程で行き交う人々は多いのだが、なんと半数以上の方々が走っていらっしゃる。これは大袈裟ではない。老いも若きも、男も女も。大会が開かれている節は無い。前後からやって来るので。


そうこうしているうちに景信山に到着。泥濘とした山頂には多くのテーブルと腰掛がある。茶屋があるからだろうが、本日はお休み。都心方面の展望がよい。人気の少ない杉林側のベンチに座って菓子パンを食う。


景信山にて。ムムッ・・・。杉林の切れ目から、何やら富士山らしきものが。
DSC09452



う~む、富士山だ。
DSC09454



杉林の(多分)伐採によって、富士山方向に狭い範囲で展望があった。景信山には多くの登山者が憩っていたが、富士山に気が付く者はいなかった。薄汚い恰好の俺が、富士山展望ベンチに座っていたから誰も近づかなかったのかもしれない。そもそも俺は登山者の恰好をしていないし。
20分ほど富士山専用展望ベンチにいたが、これ以上雲が去る気配はなかった。とりあえず全く見えないよりはマシだと思いつつ、景信山を去る。


高尾山まで行きたいところだが、今は無理というもの。最短下山路の小仏へ向かう。陽が射してきた。
DSC09459



踏み固められた杉林を下る。
DSC09460



中央高速の下に出た。ここはすでに旧甲州街道。
DSC09462



人気のない釣り堀にサギが。魚を狙っているのかな。
DSC09466



ミツマタは早くも開花の準備中。
DSC09467




間もなく小仏バス停に到着。
バスの待ち時間は30分。寒いので先に進む。
豆腐屋のある摺差(するさし)バス停からバスに乗った。

山行日:2022.12.27
コース:つくばEXつくば駅=バス=つつじヶ丘(10:00)~白雲橋コース合流(10:30)~女体山(11:00)~(11:15)御幸ヶ原(11:40)~筑波山神社(12:40)~筑波山神社入口バス停(12:50)=バス=つくば駅


筑波山の中で最も短時間で登れるつつじヶ丘からのコースを歩いた。このコース、40年ほど前に歩いた事があるが、コースの中身について全く記憶がない。

つつじヶ丘のバス停に着いたが、想像と全く異なる光景にとまどう。明るく開けた所に、あまりにもいろいろな施設がたくさんあった。登山道はどこにあるのだろう。バスの運転手に聞いた。「ほら、あそこを登山者が登っているでしょ」と運転手が指を指した。俺には登山者の姿は見えなかったが、「ありがとう」と言って、指さす方向に歩いた。ロープウェイ乗り場を過ぎるとすぐに登山道があった。


登山道の入口には「おたつ石コース」とあった。
DSC09371

灌木の階段道を登る。
DSC09372




思いのほか急だったが、振り返るとかなりいい展望が得られた。霞ヶ浦だ。
DSC09376




そして小広い広場にでると、樹間からクッキリと富士山が見えた。
DSC09377



トリミングして拡大した。
DSC09379



やがて、白雲橋コースが合流すると、多くの人々が行き交うようになる。


そして、奇岩、怪石地帯に。弁慶の七戻り。
DSC09386



高天原。岩の間を登ると社があった。
DSC09388



母の胎内くぐり。
DSC09392



母の胎内くぐり。
DSC09393



陰陽石。最近ピンボケの写真が多い。
DSC09395



入船出船。
DSC09398



ぶな地帯。
DSC09399



ぶな地帯にて。
DSC09400



ぶな地帯にて。
DSC09401



北斗岩。
DSC09402



そして、女体山山頂に到着。霞ヶ浦と出島村か。
DSC09405



女体山山頂は快晴で、太平洋まで見えたような気がする。山頂の岩場にはロープが新設されていて、奥には行けないようになっていた。狭い山頂がさらに狭くなったということだ。それに加えて、中学生の団体さんが先着していてロープ際が占領されていた。富士山がクッキリ見えていたが、御幸ヶ原からも見えるだろうと退散。退散間際に女体山神社をパチリ。
DSC09406



御幸ヶ原に下った。白くなった日光連山。
DSC09412



チョットアップで。
DSC09408



トリミングでアップ。やってきたアジア系の外人さんが、雪山を見て驚いていた。
DSC09409



ところで、富士山は御幸ヶ原からは見えなかった。そこで、これまで行ったことのなかった土産物屋さんの屋上展望台に登ってみた。しかし男体山の山影に隠れて富士山は見えなかった。


展望台から女体山。
DSC09411



展望台から加波山、難台山、吾国山。ムムッ、ここからは完全に南台丈(難台山)が加波山と吾国山の間に見える。
DSC09415



菓子パンを食ってオサラバ。ケーブルカー沿いの道を下る。あまり見どころのある道ではないが、なぜか人が多い。
DSC09417



筑波山神社に到着。比較的人は少ない。人なしで賽銭箱まで写せたのは初めてかもしれない。
DSC09420



筑波山神社を振り返る。
DSC09422



筑波山神社入口バス停に到着。道際よりスカイツリー。この時間、富士山は霞の中にうっすら状態。
DSC09424



自販機で甘酒を買って飲んだ。アルコール分0%。今だ酒は全然飲めない。


出だしで見た、「おたつ石」とはなんだったんだろう。でも「おたつ石コース」は結構見晴らしがよくて楽しいコースだった。標高差が小さいことが、なによりうれしい。

山行日:2022.12.20
コース:御岳山ケーブルカー山頂駅(10:30)~芥場峠(11:30)~大岳山荘(12:00)~(12:20)大岳山(12:40)~大岳山荘(12:50)~芥場峠(13:15)~御岳山ケーブルカー山頂駅(14:10)


天気が良さそうなので、奥多摩の大岳山に行った。
最早、ケーブルカーは当たり前のように利用。というか、ケーブルカーがあるので足しげく大岳山に行っているようなもの。


ケーブル山頂駅がある御岳平にて。都心の方は少し黄色味がかっていたが、スカイツリーは見えた。写真はピンボケ気味。(下の写真をクリックするとスカイツリーが見えます。)
DSC09329



今回は撮った写真の多くがピンボケになっていた。カメラのせいなのか、腕のせいなのか。まぁ、たいした写真はないので、ガッカリ感はない。


前の日曜日に雪が降ったようだ。
DSC09331



御岳神社前。それほど寒くない。
DSC09332



綾広の滝分岐を過ぎ、沢筋の日陰に入ると雪が目に付くようになった。
DSC09333



今日も運動靴で来ているのでこれ以上雪が増えるとまずい。どういう訳か滑らない雪で今の所助かっている。
DSC09334



大岳山荘に到着。なにかトンカン音がしている。修理でもしているのか?
DSC09338



雪はそれほど増えることなく、大岳山に到着。
DSC09340



天気はすこぶる良い。富士山がクッキリ。写真はぼんやり。広域地図を出してみた。
左手の高い山は御正体山かなぁ。右の小さなポッコリは権現山(上野原)のような気がする。
DSC09342



写真をトリミングして、拡大。
DSC09345



菓子パンを食ってオサラバ。雪道の下りは怖い。が、なぜか滑らない雪であった。
DSC09350



「小さい冬」をみつけた。
DSC09353



天狗の腰掛け杉。
DSC09357



神代欅。
DSC09359



天気予報で言うほど寒くなく、雪があっても滑らず、そこそこ楽しく歩けた。

行った日:2022.12.19


安行中毒者は、天気が良いとどうしても気になってしまう。
昼飯を食ってから、紅葉の様子を見にまたしても行ってしまった。


道々にて。ひゃ~、まだまだいい色だ。
DSC09265



秘密の花園2号地。
DSC09266



弁財天に移動。
DSC09270



弁財天の湿地。垣根越しにパチリ。ムムッ・・・、見知らぬ御仁がこちらにやってくる。めずらしや。
DSC09271



弁財天。
DSC09272



弁財天のコマ蛇。コマ蛇の奥に小さな社がある。祭られてるのは蛇。この周辺のみ入れる。
DSC09274



弁財天。今が最盛期か!
DSC09278



弁財天。
DSC09280



弁財天の湿地。立ち入り禁止のネット越しに。
DSC09281



弁財天。
DSC09284



弁財天の社付近から台地上を見上げる。
DSC09286



弁財天。赤い階段も立ち入り禁止。
DSC09287



遠回りして台地上へ。
DSC09294



台地上。立ち入り禁止のネット越し。
DSC09298



道々にて。
DSC09299



興禅院に移動。
DSC09302



興禅院参道はほぼ落葉。散り残り。
DSC09304



興禅院の野仏。
DSC09312



秘密の花園1号地に移動。
DSC09313



秘密の花園1号地。ムヒヒヒッ…。
DSC09315



秘密の花園1号地は最盛期を迎えていた。来てよかった。
DSC09317



秘密の花園1号地。
DSC09323



弁財天の紅葉は、ここ数日が最盛期のような気がする。




山行日:2022.12.16
コース:東武足利市駅=足利市営バス=行道山バス停(8:50)~浄因寺(9:20)~石尊山(9:50)~大岩西公園~毘沙門天(10:30)~(11:30)両崖山(11:50)~織姫神社(12:30)~東武足利市駅(12:55)


行道山浄因寺、大岩山毘沙門天の紅葉を見に行こうと思っていたが、天気のことや家の事情などで行きそびれてしまった。みー猫さんが12/3訪れたようだが、青葉ありとのこと。わずかな散り残りでも見られればと思い、おとずれてみた。


行道山行きのバスに乗ったのは、俺を含めて三名。他の二人は登山者ではなく、途中で下車した。ちなみに運賃は10円アップの210円に値上がりしていた。



終点の「行道山」バス停で下車。天気はすこぶる良い。
車道を歩き始めると、多少疲れてはいるが、モミジが散見された。いくばくかの期待感が芽生える。
DSC09142



車道脇の浮石弁財天。う~む、そこそこモミジが残っておるなぁ~。ここにあるトイレによる。
DSC09145



細くなったコンクリ道を登る。


モノレール乗り場を過ぎて石段を登って右折すると、ややっ!
なんだ!なんだ!
DSC09152



興奮気味に最初の山門をくぐると、左手で大きなガサガサ音が!
DSC09159



ヒーッ、熊か!!  いやいや、カモシカ君ではないの。こんな所にまでカモシカが現れるとは! 
DSC09155



上を見上げて。ヒヒヒッ・・・・。
DSC09158



二つ目の山門をくぐると、
DSC09163



ドッカーン! 巨大モミジが! 浄因寺に到着。
DSC09166



なんだ、なんだ! 今が最盛期かとカン違いするほど。
DSC09169



さすがに、最盛期とは言えないものの、予想外の展開に驚いた。
DSC09180



クーッ、いい感じだ。
DSC09182



清心亭は今年も入室できないようだ。
DSC09178



浄因寺にて。
DSC09185



後ろ髪を引かれつつ、浄因寺を去る。名物の大イチョウは完全に落葉していた。
DSC09190



浄因寺上部。
DSC09193



浄因寺の寺域を離れると、カエデの木は無くなった。
DSC09194



石尊山に到着。赤城山。日光の山々は雲に隠れていた。
DSC09195



大岩山を越えて、車道に出る。以前からあったトイレに行くと、大規模に整備されていた。「大岩山西公園」とあった。整備されたのはよいが、目の前に大伐採地が広がっていた。
DSC09204



大岩山毘沙門天に続く道も新たに整備されていた。


大岩山毘沙門天に到着。ややっ、ここもなんだか凄い紅葉になっているよ!
DSC09209



ここは、完全に最盛期だ。どうなっているのだろう。
DSC09212



12月も半ばだというのに!
DSC09214



ここで、こんなに色づいているのをみるのは初めてだと思う。
DSC09221



こうなるんだねぇ~。
DSC09222



いやはや、なんとも。
DSC09223



スゲー。
DSC09224



けっして広い範囲ではないが、これだけ見れれば十分!
DSC09225



道の標識なども新しいものが散見された。「小天狗山→」付近から山火事跡の黒焦げの樹木が目立つようになった。かなり広い範囲の山火事だったのだなと思う。
DSC09231



かなり汗をかきだした。大岩山を振り返る。
DSC09233



両崖山・足利城本郭跡に到着。一段下がって菓子パンを食う。ここの紅葉は散り残りが僅かに、と言ったあんばいだった。
DSC09234



展望の良い岩がちな尾根をヨタヨタと下る。
DSC09240



紅葉の名所「モミジ谷」は落葉。上から見て僅かに黄色いものが見えたが、カエデかどうかは分からない。モミジ谷はスルー。


閑散とした織姫神社に到着。
DSC09247



参道を下ると、散り残り紅葉が。
DSC09252



散り残りとしては、かなりのもの。
DSC09256



ここまでのものは望んでもいなかったので、ラッキー感が。
DSC09260



いつもなら鑁阿寺に向かうところだが、今日はやめておいた。


足利市駅に着くと、2分後に館林行がやってきた。

↑このページのトップヘ