2019年05月

安行弁財天の石仏をできるだけ写真に撮ってみた。
なお、弁財天は興禅院に隣接し、興禅院が管理しているようだ。



イメージ 1
25.寛文9年 1669年 台地上



イメージ 2
26.元禄    台地上



イメージ 3
27.   台地上



イメージ 4
28.元禄9年 1696年  湿地



イメージ 5
29.宝暦9年 1759年  湿地



イメージ 6
30.寛保4年 1744年  湿地



イメージ 7
31.    湿地



イメージ 8
32.(享保12年 1727年) 湿地



イメージ 9
33.  斜面



イメージ 10
34.  斜面



もう一体斜面に埋没しかけていたはずであるが、最近見かけなくなった・・・。



イメージ 11
あまりにも地味なので・・・、 道々にて

安行興禅院にある石仏をできるだけ写真に撮ってみた。


イメージ 1
1.享保7年 1722年



イメージ 2
2.



イメージ 3
3.



イメージ 4
4.



イメージ 5
5.宝暦8年 1758年



イメージ 6
6.



イメージ 7
7.宝永5年 1708年



イメージ 8
8.宝暦12年 1762年



イメージ 9
9.



イメージ 10
10.明和4年 1767年  、宝暦13年 1763年



イメージ 11
11.元禄



イメージ 12
12.享保17年 1732年



イメージ 13
13.正徳6年 1716年



イメージ 14
14.(宝永5年? 1710年)



イメージ 15
15.元禄16年 1703年



イメージ 16
16.○永7年



イメージ 17
17.享保18年 1733年



イメージ 18
18.元禄7年 1694年



イメージ 19
19.



イメージ 20
20.



イメージ 21
21.


イメージ 22
22.



イメージ 23
23.



イメージ 24
24.抱かれ地蔵

イメージ 1



山行日:2019.5.4
コース:東武日光駅=バス=日光レイクサイドホテルバス停(8;50)~明智第二TN西側(9:00)~鉄塔巡視道~1420m付近鉄塔(9:40)~小尾根を南下~1520m付近・明智平、茶の木平登山道~茶の木平分岐(9:55)~篭石~1370m付近より東へ下降(10:30)~細尾峠旧道870m付近(11:50)~国道(12:00)~(12:10)奥細尾バス停(13:20)~清滝三丁目バス停=バス=東武日光駅



先週の大木戸山では1200mで、アカヤシオはツボミ多しだった。今週は1400m級でも開花しているだろうと思い、茶の木平付近から細尾峠~薬師岳~地蔵岳~古峯神社を計画した。茶の木平へは、昨年、栃木県北のK山岳会のオバチャンに聞いたコースを歩いてみる事にした。
結果から言うと、アカヤシオは1350mが精一杯で、天候も悪く、細尾峠手前から薮(でもない)尾根を使い下山した。


バスは、のっけからノロノロ運転。神橋、東照宮前がネックで、西参道を通過するとガラガラ道となった。日光レークサイドホテルで降りたのは、俺だけ。車道を戻る。

明智第二トンネル西側の左側に黄色い鉄塔巡視道を示すポールが立っていた。ここより地図には無い、明瞭な踏み跡を辿る。


ジグザグに登って、


イメージ 2
すぐにアカヤシオ登場。雲量多しと雖も、この頃は青空があった。



イメージ 3
しかし、しばらく登るとアカヤシオはツボミとなった。ツボミのアカヤシオ列の先に華厳の滝。ムムッ、このコース、ポテンシャル高いワ。咲いていなくて残念。



イメージ 4
最初の鉄塔が現れた所で、南にブナの小尾根が見えた。巡視道は東に伸びているが、このブナの小尾根を辿る事にした。


都笹の尾根は、人工を感じる雛壇状であった。歩き難い事はない。チョット尾根が急になって、1520m付近・明智平~茶の木平の登山道に出た。この頃はすでに曇り空。
昨年はアカヤシオが咲いていたが、全くその気配が無いままに、茶の木平・細尾峠分岐に到着。この天気では茶の木平の展望所に行っても仕方が無いので、細尾峠に向かう。
枯れ木の山を進む。篭石で、何となしに見覚えのある団体さんが休憩中。軽く挨拶して通過。



イメージ 5
1450m付近。寂しいのぉ~。



イメージ 6
1390m付近。あった、あった。



イメージ 7
1390m付近。



1390m付近でようやく生きのいいアカヤシオ。ここには一組が休憩中。お話を伺うと、すでに地蔵・薬師を登って、ここまで来たという。アカヤシオは薬師で咲いていたらしいが、ツボミが多かったと。う~ん・・・。
分かれる時に、小雨が降り出した。
チョット歩くと、雷鳴一発!
ヒーッ!
やめた、やめた!
地図を見て、昨年の秋に登った薮尾根を下る事にした。幸い、降り口は直ぐそこのはず。GPSを引っ張り出して、降り口を捜す。


イメージ 8
おおっ、ここだ、ここだ。何の印も無し。



イメージ 9
少し下ると、アカヤシオ尾根になった。ヒヒヒッ・・・。小雨の中をノソノソと。雷鳴は遠くなった。



イメージ 10
ムフッ・・・。



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20
これは、桜。



イメージ 21
杉林に入って、ミツバツツジ。


イメージ 22
870m付近で、舗装された旧道に降りた。


一回、急回転して、国道前のクルクルを通過。小雨の中をトボトボと歩く。



イメージ 23
橋を渡って、再び旧道へ。


旧道に出た所に、奥細尾バス停があった。
時刻表を見ると、1時間待ちだった。
ど~すんべ~、とタバコに火を付けた所で、突然豪雨となる。バス停の対面に民家の車庫らしきものがあり、その庇に避難。

そして、


イメージ 24
雹となる。


鉄板屋根に雹があたり、すごい音。どうも、こうも無いワ。バスが来るまで待つしか無いワサ。
握り飯二つを食う。
あとは、やる事無し。やる事が無いと、タバコを吸うしかないワサ。何本吸ったのだろうか。

人間何のために生まれたのだろう。
俺は、タバコを吸うために生まれたのだろうか。

バスの到着5分前に雨があがった。
しかし、5分待ってもバスは来なかった。
タバコを吸った。道に、人の通りも車の通りも無い。
10分たった。
バス停にバス会社の営業所の電話番号が書いてあった。営業所に電話をしてみた。
なんとバスは、1時間半の遅れ。奥細尾発のバスは、今だ日光駅に向かっている最中で、折り返しこちらに向かう予定との事。日光市内大渋滞発生、だそうだ。「細尾入り口まで歩かれたほうが、いいのではないでしょうか。山から下りてくるバスもありますから」と付け加えられた。

ムムムッ・・・。

まぁ、ここに居ても仕方ない。雨はあがっている。歩くしかあるまい。

歩き出した所で、再び雨が降ってきやがった。大粒の雨である。駐在所があったので、駐在さんにことわって、軒下を借りて合羽を引っ張り出した。

雨の中を歩く。

清滝3丁目バス停まで来た所で振り返ると、バスがやってきた。バスに乗った。渋滞した所で降りればいいやと思っていたら、スイスイと日光駅に到着。どうなっているのかね。雨はやんでいた。

しかし、駅でも電車は1時間待ち。
ビールを飲んで、やる事もなく、やつぱりタバコを吸っちゃった。

↑このページのトップヘ