2018年04月

山行日;2018.4.30
コース:東武日光駅=バス=明智平=ロープウェイ=明智平山頂(9:30)~茶の木平~半月山駐車場~半月峠(13;00)~ムジナ窪(13:30)~立木観音~中禅寺温泉バス停(14:40)=バス=東武日光駅


イメージ 1




日光のオーソドックスなアカヤシオスポットのはずであるが、意外と人の訪れは少ない。今年の東武鉄道の日光宣伝ポスターはアカヤシオであった。ガイド本などでは、この付近のアカヤシオシーズンは5月となっている。
観光客・登山者とも明智平と半月山を除けばはそれほど多くなく、落ち着いてアカヤシオを堪能する事ができた。




イメージ 2
明智平付近。




イメージ 3
明智平付近。




イメージ 4
茶の木平に向かおう。雲量多し。




イメージ 5
男体山は晴れたり、曇ったり。晴れ間で撮る。





イメージ 6




イメージ 7
でっかいヤツ。




イメージ 8
樹間から日光白根山。




茶の木平の一角に出た。

妙齢のご婦人がいらっしゃいました。黒磯の方だった。ムムムッ・・・、なんか見覚えのあるお方。烈風の峰の茶屋(冬季)を御一緒に越えたメンバーの方だった。御夫人よりトマトを頂く。アカヤシオスポットを教えていただいた。長話しになった。トマト、おいしかったです。



イメージ 9
茶の木平を下る。




イメージ 10
ズンズン下る。



イメージ 11
日光白根山。雪が少ないのぉ~。




イメージ 12
下りきって、車道歩き。



つづく。

山行日;2018.4.28
コース:東武日光駅・・・尾根取り付き(7;50)~黒岩尾根(11;10)~四本龍寺~東武日光駅(13;30)


イメージ 1




日光精通者のアキ爺さん、きりんこさんの日光アカヤシオ記を見るに、すでに1500m付近までアカヤシオの開花が進んでいるとの事。こうしてはおれぬ。予定変更で、連休初日にアカヤシオ尾根を徘徊した。なお、首記御二方とも場所を公表していないため、俺もお二方の意向を尊重する事にしよう。




イメージ 2
早くもシロヤシオが何本か咲いていた。



イメージ 3
ミツバツツジも点在。900m付近。



イメージ 4
えげつないものができていた(怒)。これ以上の進展が無い事を望む。



イメージ 5
疲れ気味のアカヤシオが現れる。



イメージ 6
少し元気がでてきたみたい。



イメージ 7
いい感じになってきた。



イメージ 8




イメージ 9
女峰山様と。



イメージ 10
男体山と。



イメージ 11
1450m付近。まだ若干のツボミがありました。



黒岩尾根を下って、


(黒岩尾根は下部でわずかにミツバツツジが咲いている程度。ヤマツツジは未開花。)


イメージ 12
四本龍寺によって帰りました。

イメージ 1



三ツ峠山から清八山に向かう。予想外の大下りで、早くもげんなり。
気温は高い。



イメージ 2
最低鞍部付近から三ツ峠山を振り返る。



さしもの下りもようやく終わったようだ。



イメージ 3
桜が咲いていた。



イメージ 4
ようやく清八山に到着。今日も快晴。雲一つない。



イメージ 5
清八山から。



清八山から先は、富士山観賞スポットだらけ。



イメージ 6
清八山から南アルプス。



イメージ 7
本社ヶ丸到着。三ツ峠山と富士山。



イメージ 8
本社ヶ丸より。


本社ヶ丸の先は、ブナをまじえて素晴らしく明るい尾根筋だった。



イメージ 9
こういった所が好きなのだ。



イメージ 10
時折り桜の木が。



イメージ 11
ツツジも時折り。


急斜面を下っていると、本日初めて人の姿を見かけた。


登り返して、角研山で早めの昼飯。
ここから笹子駅に向かって下った。



イメージ 12
樹間から桜。



イメージ 13
ミツバツツジ。



イメージ 14
林道を横切って、桜。


かなり疲れてきた。

正面の樹間に中央自動車道が見えると、笹子駅は近かった。



三ツ峠から清八山・本社ヶ丸の歩きで、富士山見物を充分堪能する事ができた。

さて、北関東のツツジはどうであったのだろうか。気になるところである。

山行日:2018.4.21~22
コース;4/21富士急河口湖駅=バス=三ツ峠登山口バス停(10;15)~木無山~三ツ峠山荘(11;20)
4/22三ツ峠山荘(6:45)~三ツ峠山(7:00)~清八山(8:45)~本社ヶ丸(9:30)~(10:40)角研山(11;00)~JR中央線笹子駅(13:40)


イメージ 1



ツツジは見たし、富士山も見たし。

迷った末に、延び延びになっていた三ツ峠・清八山・本社ヶ丸にでかけた。


本数の少ない「天下茶屋行き」のバスは満員だった。
途中、3人が下車しただけで、あとは全員「三ツ峠登山口バス停」で降りた。

ゆっくり煙草を吹かせて出発。
桜が咲いていた。
車道なのか林道なのか登山道なのか判らないような道をユルユルと登る。暑い。すぐにワイシャツ一枚となる。腕まくりして、大汗かいて登る。


イメージ 2
木無山に到着。快晴。一点の雲もなし。



イメージ 3



イメージ 4
三ツ峠山荘到着。宿泊手続きをするも、時間が早いためもう少し待って下さいとの事。


周辺を歩き廻り、山頂にも行った。
時間は過ぎず、小平地のベンチで、ボーッとしていた。


イメージ 5



2時を過ぎて三ツ峠山荘に再び言ったら、入場が許された。
部屋には爺さんが一人いた。
バターピーをつまみに、ピールを飲む。飲みながら爺さんの話を聞いた。

爺さんが何処かへ行って、俺はゴロリと横になって読みかけの新書を読んだ。読みやすい本で、日暮前には読み終えてしまった。こうなると、もう1本となってしまう。


期待していた夕暮れの富士山は、あまり赤くならなかったが、山荘裏手の小平地に行くと、


イメージ 6
南アルプスの背後が赤くなっていた。鳳凰山と甲斐駒。


晩飯を食って18:30に寝た。





4/22


イメージ 7
朝焼けの富士山を期待したが、赤くならなかった。常連客らしき写真家は太陽の方角に春霞があるからと言っていた。しかし、今日も一点の陰りも無い。



イメージ 8
八ヶ岳の方は少し赤くなっていた。



イメージ 9
チョットだけ赤くなった。



朝飯を食ってノソノソと出発。



イメージ 10
出発した時には、赤味は全く無くなっていた。中央に赤石岳、左に聖岳。右側は悪沢か塩見か判然としない。



イメージ 11
白根三山。



イメージ 12
八ヶ岳。




イメージ 13
三ツ峠山山頂より。



イメージ 14
御巣鷹山の登りにて。



イメージ 15
御巣鷹山を越えて。あれが本社ヶ丸だろうか。


御巣鷹山からの予想外の大下りで、早くもげんなり。




つづく。

行った日;2018.4.15


昼飯を食って、NHK杯の囲碁を見終わったら、雨があがっていた。



イメージ 1
一輪草自生地。一輪草は先週より大きくなっていた。



イメージ 2
一輪草自生地。



イメージ 3
道々にて。




イメージ 4
弁財天。



イメージ 5
興禅院。石楠花満開。



イメージ 6
植物振興センター。サクラソウ。



イメージ 7
植物振興センター。キリシマツツジ満開。



イメージ 8
植物振興センター。



イメージ 9
植物振興センター。ミツバツツジの大木満開。



イメージ 10
植物振興センター。こちらのツツジも満開。



イメージ 11
植物振興センター。



イメージ 12
植物振興センター。石楠花の大木満開。



イメージ 13
植物振興センター。



イメージ 14
植物振興センター。石楠花満開。



いやはや、ツツジ類が次々に満開となってる。サツキもなんとなく咲きだしそうな勢いでした。

↑このページのトップヘ