2018年02月

行った日:2018.2.12
コース:東武野田線愛宕駅=バス=中里バス停()~北側の菅生沼~茨城県立自然博物館(8;50)~芽吹橋~東武野田線愛宕駅(11:50)


職場で多々良沼の白鳥の話をしたら、近所(でもないか)の菅生沼にはたくさんいるとの事。朝は北側の菅生沼に居て、夕方には南側の菅生沼「あすなろの里」に居るとの事。地図を見てみると確かに湖記号が南北に分かれて存在し、地理院地図には両方に「菅生沼」と記されていた。沼に近づける道は少なく、且つ水辺に沿った道は記されていない。詳しく白鳥の居る所を教えてくれと言うと、北側はドロドロの道で素人では道はみつからないとの事。ムムムッ・・・。

とりあえず行ってみるかぁ~。
と言う訳で、今回はクソッタレGPSをポケットに忍ばせた。山では使い物にららないが平原見たいなところだもの、少しは役にたつだろう。

東武野田線愛宕駅そばから「イバキュウバス」「岩井車庫行き」のバスに乗った。バスの運チャンがズボラなのか、次のバス停の案内音とバス停名が一致していない事に気が付いた。う~ん困ったよ~。

途中より案内音とバス停名が一致。無事目的地「中里バス停」で下車。ホッ。


地図を見ながら北側の菅生沼に向かう。老人ホームの先から下り坂となる。すぐに芦の生い茂った小川の前に出た。小川を渡る橋は無し。先に沼なども見えない。道は右に南下。南下してみる。しばらくで、広い道に出て、左に橋がある。地図通り。

橋を渡る途中から、


イメージ 1
おおっ、あれが菅生沼か!確かに白いヤツが居る。


イメージ 2
橋を渡って。


イメージ 3
ズームをいっぱいにして。


う~ん、遠くに白鳥らしき姿はあるのだが。
実の所、至近で見ても白鳥とツル、ガチョウ、アヒルとの区別はつかないのだが。

橋を渡ってウロウロしてみたが、どうしても沼に近づけるような所は無かった。人通りは犬の散歩のお方がお一人随分前に通ったきり。人影無し。



イメージ 4
橋に戻ると、こんな絵柄があったので、確かに白鳥だったんだろう。


と、納得し、バス通りに戻った。


イメージ 6
道々にて。


お次は、茨城県立自然博物館である。博物館から南側の菅生沼の核心部を通って対岸の「あすなろの里」に渡る橋が地図に記されている。

車の往来が多い県道を南下。GPSを見ると軌跡がくるっとる!こんな平坦地でこうも狂うとなると、全くのクソッタレGPSである。最近、遭難防止の観点からGPSの携行を勧める御仁がいらっしゃるが、こんなものを持って歩いている方がよっぽど危ないワ。

茨城県立自然博物館に8:50に到着。
まだ閉っていやがる。会館は9:30からと書いてある。しかも、開館しないと橋の方にも行けない様子。外の便所で、クソでもすっかぁ~。

ようやく開館。「野外券」なるものがあり、少々安い。210円也。



イメージ 5
茨城県立自然博物館の屋上から。バカと煙は高い所に登りたがる。しかし、このような景観は初めて見るものだった。いかにも低湿地の雰囲気。我が町もかつてはこんなんだったのかなぁ~。


肝心の橋に行かなくては。

ところが、橋の手前に、「工事中のため、通行できません」ときやがった!
クソッタレ~~。
寒い中40分待って、210円払って、「通れません」はないだろう!


イメージ 7
橋の途中から、ゴイサギ君。


イメージ 8
角度を変えて見てみると、小さく白いヤツが3つほど。橋はここで行き止まり。その先は工事中。で、渡れません。


スゴスゴと戻る。


博物館の敷地を


イメージ 9
チョットだけ見て廻って。


地図を見る。
「あすなろの里」への道を検討。
随分遠回りしなければならない。事前に調べておいた「あすなろの里」への公共交通機関は乏しい。橋を渡れないとなると、今日の所はあきらめておいた方がよさそうだ。

愛宕駅に向かう。


イメージ 10
利根川を芽吹橋で渡って千葉県へ。帰りは徒歩で。


愛宕駅そばのラーメン屋でラーメンを食って帰途に着く。

行った日;2018.2.11



イメージ 1
興禅院。



イメージ 2
興禅院。



イメージ 3
一輪草自生地。



イメージ 4
一輪草自生地。水芭蕉。



イメージ 5
植物振興センター。ミツマタ。



イメージ 6
植物振興センター。



イメージ 7
植物振興センター。



イメージ 8
植物振興センター。



イメージ 9
植物振興センター。



イメージ 10
植物振興センター。



イメージ 11
植物振興センター。



イメージ 12
植物振興センター。




今年も安行に早春がやってきた。

毎年変わらない。

撮ってる写真も変わらんのぉ~。

「変わらなきゃ」

変わらなくて、いい事もある。

行った日:2018.2.4
コース:東武伊勢崎線多々良駅(9:10)~群馬県立緑化センター(9:35)~ガバ沼(9:50)~浮島弁天神社~うずら古城~多々良沼公園~東武伊勢崎線館林駅(12;00)


低山歩きに行きたいのだが、ここ2回の雪で低山といえども雪が残っているだろうな。積もった雪の上を歩けるとも思えず、捻り出した歩きが「白鳥の沼とうずら古城」だった。

気の緩みか、早起きに失敗した。白鳥は9時頃にはお出かけになる事が多いらしい。まぁ、いいか。

東武伊勢崎線多々良駅を出発したのは、9時を過ぎていた。
まずは、群馬県立緑化センターに向かった。



イメージ 1
群馬県立緑化センター。


群馬県立緑化センターの中を一巡り。さすがに、季節柄寂しい感じがした。小高いアズマヤに婆さんが一人座っていた。


ここから多々良沼は道を挟んですぐだった。


イメージ 2
多々良沼の一角、通称ガバ沼。白鳥は数羽ほどいらっしゃいましたが・・・。


イメージ 3
いやはや、カモが群れてしまって・・・。



イメージ 4
すごい事になっとりました。


イメージ 5
孫兵衛川に沿って歩き、


イメージ 6
多々良沼の南側は、干潟のようになっとりました。


イメージ 7
多々良沼にて。


イメージ 8
浮島弁天神社付近より、うずら古城。


イメージ 9
うずら古城跡案内板。鎌倉北条氏の滅亡と後北条氏の滅亡に関わった城かぁ~。


イメージ 10
案内等は無かったが、これが土塁跡かもしれんなぁ。


イメージ 11
うずら古城を後に、公園化した多々良沼畔の道を歩く。


イメージ 12
うずら古城。う~ん、まさに「浮き城」だなぁ~。


イメージ 13
多々良沼にて。


イメージ 14
多々良沼。ここには、白鳥とカラスが至近にいらっしゃいました。


イメージ 15
チョットアップで。


イメージ 16
日光連山も見えました。


イメージ 17
多々良沼東端からうずら古城。


この先、群馬県立美術館を予定していたが、いつものように、「もういいや」がムクムクと起き出して、ここから館林駅に直行した。

↑このページのトップヘ