2018年01月

行った日;2018.1.27



イメージ 1
弁財天。



イメージ 2
弁財天。



イメージ 3
弁財天。



イメージ 4
弁財天。



イメージ 5
興禅院。



イメージ 6
道々にて。



イメージ 7
植物振興センター。



イメージ 8
植物振興センター、梅園。



イメージ 9
植物振興センター。



イメージ 10
植物振興センター。池は凍っていた。



イメージ 11
植物振興センター。



イメージ 12
植物振興センター。



イメージ 13
植物振興センター。さざんか。



イメージ 14
植物振興センター。



寒い、寒い。

昨日は、さいたま市で最低気温-9.8°とのこと。
今日も寒い。

月曜に降った雪は、まだ残っている。

山行日:2018.1.21
コース:JR中央線初狩駅(7;55)~男坂~(9:20)高川山(9;50)~峰山(11;20)~むすび山~JR大月駅(12;40)


寒いのぉ~。
手袋をはめて出発。
複雑怪奇な狭いコンクリ道を「高川山→」に導かれてユルユルと登った。「沢コース」の分岐から本格的な登りとなった。先日降った雨が氷っておるのか、滑ってなかなか進まん。



イメージ 1
女坂合流地点付近。ここで富士山が見えた。結果から言うと、本日一番クリアに見えた富士山であった。



天狗岩からの尾根だろうか、太い尾根に合流すると道は緩んだ。



イメージ 2
ユルユルと登る。杉林は少ない。山頂は近そうだ。



イメージ 3
高川山に到着。左奥は滝子山だろうか。


高川山には数組、数人がいたが、俺が到着するとパラパラと皆居なくなった。一人占めの山頂で、360°の展望でなんとも贅沢な感じだが、肝心の富士山方面だけは春霞がかかったようで、少し黄色っぽい。そういやぁ、早朝の寒さはどこへ行っちゃったの?フリースを脱いでも全く寒くない。



イメージ 4
高川山から。



イメージ 5
高川山から。



イメージ 6
高川山から。右に三ツ峠。



イメージ 7
高川山から。30分ほどいたが、しだいに霞んでいくような。


2人組が登ってきた。ここらでオヒラキにしよう。オサラバ。


高川山から大月市街に伸びる尾根を下った。ユルイ尾根だと思ったからだ。所がドッコイ、急斜と平坦の混成で、泥濘とした斜面に苦しんだ。ロープ多数ありで助かったが、峰山まで昭文社の地図で1時間の所1.5倍の時間を要した。



イメージ 8
峰山を過ぎて、ようやく平和な尾根になった。



イメージ 9
そして、最後のピーク「むすび山」に着いた。扇山から百蔵山の連なりが見えた。手前の岩殿山も行かなくっちゃ。などと思いつつタバコを吹かせた。


JR大月駅には、外人さんが大勢いらっしゃいました。

俺はホームで、グビリとピールを飲んだ。本当に明日、雪が降るのだろうかと、いった陽気であった。

行った日;2018.1.13


安行植物振興センターに梅を見に行った。


イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5
ハクモクレンのツボミも膨らんでいた。

山行日:2018.1.3
コース;JR中央線四方津駅=バス=犬目バス停(9;00)~稜線(9;50)~(10;35)扇山(10:50)~(12:35)百蔵山(12;50)~JR中央線猿橋駅(14;15)


中央線四方津駅から犬目行きのバスに乗ったのは、3組4名。終点まで乗っていたのは俺だけ。
どうやらここ犬目は旧甲州街道の宿場のよう。立派な家々が並ぶ。それにしても桂川からは随分と標高を上げている。


イメージ 1
犬目宿、宝勝寺より。


宝勝寺の先から山道に入る。ユルユルとした登りが続く。ありがたいねぇ~。



イメージ 2
樹間より。



イメージ 3
アッサリと主稜線に乗る。先週行った九鬼山が杉林だらけだったので、こういった森に出会うとホットする。



しかし、最後は急登となって、



イメージ 5
扇山に到着。すでに何組かいらっしゃいました。



イメージ 4
先週より200mほど標高が高い。そのせいか、少しは裾野が広がった。



イメージ 6
扇山より、もう一枚。


朝飯代わりの菓子パンを食って、煙をバキューム。そして、オサラバ。


扇山より西に向かう。とんでもない傾斜の急降下。400m弱の下りはヘコタレルわい。こう言う時は、荒川前岳を思い出すようにしている。あちらは700mだったから、あれよりはマシだと。

急降下後は、長々と小さな登り下り。バテル。



イメージ 7
ようやく百蔵山の登りとなる。ここも超急斜面。一般道というのに、木につかまりながら登った。樹間から扇山。ここから見ると平和に見えるのだが。



イメージ 8
やっとこさ、百蔵山到着。



イメージ 9
百蔵山にも家族連れ他、数人の方々がいらっしゃいました。


百蔵山で握り飯2個を食う。
なんだか、風が強くなってきた。もう少しゆっくりしようと思っていたが、寒風に背中を押されオサラバ。

少し西に進み、南へ下る。主稜線を離れると、風が収まり、陽もあたり暖かくなる。手袋をはずす。



イメージ 10
展望地より。



イメージ 11
展望地より。



この下山路、地図で見るととても等高線が混んでいたが、実際には細かく屈曲していて、俺向きの緩斜面で歩きやすかった。

途中より谷筋に入る。途中先行のご夫婦が滞っていた。道が分岐していた。どちらがいいのか?奥さま、スマホのアプリで右が良いと。あいよ!俺も右に。すぐにコンクリ道となった。やがて民家が現れる。


イメージ 13
コンクリ道より、しぶとく。



イメージ 12
桂川。



桂川を渡るとJR猿橋駅は近かった。

行った日:2018.1.1



正月早々、安行に行ってみた。




イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





ささやかではあるが、蝋梅が咲いていた。

↑このページのトップヘ