2017年10月

鏡ヶ沼、三本槍、大峠と歩いて、大峠林道をくだった。



イメージ 1
大峠を下る。



イメージ 2



イメージ 3
樹間から、流石山の山腹。



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9
大峠林道。



イメージ 10
日暮の滝。



イメージ 11
観音沼。



とんでもない渋滞にはまり、グッタリして帰宅。

曇天の鏡ヶ沼から三本槍ヶ岳に登った。
帰りは大峠に下ろう。


イメージ 1
稜線上は、こんな感じで、近くの灌木紅葉でおなぐさみ。



下から爺さんが上がってきた。

「下はガスが切れているのですか?」

「いや、こことおんなじたヨ」

「ガクッ!」


しかし、その後、すぐに、


イメージ 2
ガスが切れた!



イメージ 3
おおっ、どんどん遠くまで見えるようになってきた!



イメージ 4
たまにだが、薄日が射しだした。



イメージ 5
振り返る。



イメージ 6
雲の動きが綺麗だった。



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11
流石山。



イメージ 12
何度も振り返る。


外人3人組が登ってくた。

「コノミチ、キビシイデスネ~」
「ええっ!」

俺は楽しくてしょうがないのに。



イメージ 13



イメージ 14
楽しい道は、長くは続かない。


大峠に着いてしまった。

2回目の昼飯、おにぎり2個食ってオサラバ。



つづくかも。

山行日:2017.10.9
コース;林道大峠線最奥駐車地(7:40)~鏡ヶ沼(8;30)~主稜線(9;10)~(9:40)三本槍ヶ岳(10;10)~(11:20)大峠(11;40)~駐車地(12;10)=車移動=日暮の滝=車移動=観音沼散策



昨年、濃霧に泣いた鏡ヶ沼に今年も出向いて見る事にした。
白河IC付近より霧雨。ムムムムッ・・・、天気予報とは全く違うではないの。

しかし、甲子TNを抜けると会津の山々が雲海の上に頭を出している。ウヒヒヒ・・・、これから晴れるのだろう・・・。


最奥の駐車地は、昨年と異なり、まだ駐車スペースあり。ラッキーだ。


ただ、天候はやや悪化。薄暗い感じ。
取り敢えず、出発。
いつもの事だが、単独爺さん2名に抜かれる。

浅い谷筋をエッチラオッチラ登る。


イメージ 1
谷筋を抜けて。



イメージ 2
紅葉はいい感じなのだが、



イメージ 3
雲が厚く覆ってしまって、



イメージ 4
下に鏡ヶ沼が見えた。



イメージ 5
鏡ヶ沼に到着。



イメージ 6
渋い感じだけど、これはこれで、



イメージ 7
いいかもね。



イメージ 8
昨年は、ガスで何も見えなかったし、



イメージ 9
晴れるとどうなるのか?また、来年来よう。


取り敢えず、先へ進もう。



イメージ 10
昨年よりも、色付きはいいかもしれない。



イメージ 11
樹間から。



イメージ 12
急になった道を笹やロープにつかまりながら登った。



イメージ 13
曇っているのに、いい色だなぁ~。



イメージ 14
主稜線に着いた。あ~ぁ。



イメージ 15
三本槍ヶ岳に到着。


風弱し。寒くないのが救いか。

多くの登山者がタムロしていた。

風下の端っこで、煙をバキューム。アンパン食ってオサラバ。



つづく。

イメージ 1


行った日:2017.10.8


柄にもなく、コキアが見たくて、国営武蔵丘陵森林公園に行ってしまった。コキアと言えばひたち海浜公園なのだろうが、遠すぎる。なるべく近くがいい。



気合いが入り過ぎて、開園の30分前に着いてしまった。灰皿のあるベンチに座って缶コーヒーを飲みつつ、タバコを3本も吸って、ビンボーゆすりをしながら開園を待つ。爺さんが、タバコに火を着けながらやってきて、「最近は、カタミが狭いですなぁ~」「そうですなぁ~」


開園。


イメージ 2
コキア会場に急がねば!



イメージ 3
赤ソバ会場。



イメージ 4



イメージ 5
コキア会場に到着。



イメージ 6



イメージ 7


目的はたっした。

あとは、ゆっくりと花でも見てまわろう。



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10
清楚ですなぁ~。



イメージ 11
あの、ゼンマイのようなものが伸びてくるのかぁ~。



イメージ 12
十月桜。



イメージ 13




イメージ 14



イメージ 15
少しだけ色付いたヤツがあったりして。



イメージ 16



東松山でラーメンを食って、帰途についた。

堀川からノソノソと歩いて赤面山に辿り着いた。

強風に煽られながら先へ進む。
少し歩くと強風は収まった。


イメージ 1
中の大倉尾根の方。



イメージ 2
黒川源頭部。日が当たると見事な色合いだ。




イメージ 3
朝日岳東方の1816mだろうか。目の悪い俺には肉眼では見えなかった。ズームをいっぱいにして、さらに拡大してみた。



中の大倉尾根の道に合流して、先に進む。

清水平の分岐に大勢の登山者がタムロしていた。
こりゃぁ、三本槍の山頂は大混雑かもしれんなぁ~。
時計を見るとすでに11時を過ぎていた。足が遅すぎる。

あれこれ考えて、ここから引き返すことにした。特に三本槍に未練は感じない。



イメージ 4
スダレ山の下のトラバース道。


イメージ 5
スダレ山のトラバース道から。


イメージ 6
スダレ山のトラバース道から赤面山。


イメージ 7
赤面山が近づいてきた。



イメージ 8
スダレ山を巻き終えて振り返る。



イメージ 9
黒川源頭部。



イメージ 10
旭岳と須立山。阿武隈川の源頭部。



イメージ 11
阿武隈川源頭部。



イメージ 12
実は、葉っぱの状態はよろしく無い。黒い斑が入っている。


赤面山の山頂に戻って、少し下った所から阿武隈川の源頭部を飽きることなく眺めた。

風でタバコに火が付かない。少しイラついて、山頂を去る。


イメージ 13
朝日岳展望所から、最後の一枚。今頃になって雲が取り払われた。



イメージ 14
堀川への道は、Dボッチさんが言う薬研掘り状態。足を滑らせながら下る。



今季最初の紅葉狩りは、上出来だった。
この先もこうありたいですなぁ~。

↑このページのトップヘ