2017年09月

山行日:2017.9.30
目的地;赤面山、三本槍ヶ岳
コース;堀川(7:40)~赤面山~中の大倉尾根合流~清水平分岐・撤退~赤面山~堀川(15:00)


皆様のHPなどを見ていると、どうやら今年の紅葉は早そうだ。朝冷え込んだ日もあった。フライング覚悟でイチカバチカで赤面山に行く事に決めた。
しかし、前夜NHKで「那須連峰紅葉」の映像が映し出された。最早フライングはあり得ない。あとは天気次第と言う事だ。


堀川手前の広い路側帯に車を停めた。先客一組。御夫婦が出発準備中。俺はたいした準備も無いので先発。


1150mを過ぎるとチラホラ赤くなったやつが現れはじめた。


イメージ 1
部分的ではあるが、ツツジ紅葉。



イメージ 2
まだらなカエデ紅葉。



イメージ 3
スキー場からの道が合流して。



イメージ 4
天気は北側良好。南側雲多し。



イメージ 5
風強し。いつもの事ですが。



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11
赤面山到着。左スダレ山、右須立山。随分時間がかかってしまった。


赤面山山頂下の岩陰で休憩。一服後、立ち上がろうとした時強風に煽られて、オットットッ・・・。足腰が弱い。


取り敢えず、スダレ山方向に進む。



イメージ 12
朝日岳と茶臼岳。南側に雲が多い。



緩やかな尾根をスゲースゲーと騒ぎながらノソノソと歩く。



つづく。

行った日;2017.9.24
コース:東武伊勢崎線木崎駅(9;30)~明王院~大館氏館跡~東楊寺~早川サイクリングコース~永徳寺~満徳寺~徳川東照宮~普門寺~東毛歴史資料館~世良田東照宮~長楽寺~総持寺~清泉寺~八坂神社~ヤマイモの食堂~東武伊勢崎線世良田駅(14;30)


東武伊勢崎線木崎駅に降り立って、観光案内板を見て唖然とした。
なんと観光スポットの多い事か!
これでは、一日では全く廻りきれん!

とりあえず、缶コーヒーを飲んで、煙をバキュームして、予定コースの明王院に向かった。

複雑と思われた道には、観光スポットへ導く道標が完備され苦労無く歩けた。

石田川を渡り、クネクネっと曲がって、


イメージ 1
明王院。1061年源頼重が開き、新田義重が中興。新田義貞が大寺院として再建。右のピラミッドは千体不動塔。


新田義貞が鎌倉討幕軍を起こした際、千体の不動明王は山伏に変身し、一夜にして各地に触れまわった。


イメージ 2
ここの不動明王には、お決まりの火炎が無い。


畑地を歩き、


イメージ 3
大館氏館跡。新田義重4代後の家氏が大館氏の祖となる。開発領主であろう。



イメージ 4
東楊寺。江戸時代、津軽藩飛地。代官石田氏のお墓あり。


早川サイクリングロードに出て、


イメージ 5
サツキの永徳寺。806年創建の超古刹。徳川義季(初代徳川氏)の祈祷所。


道を渡って、


イメージ 6
縁切り寺の満徳寺。徳川義季建立。資料館があるらしいが、スルー。



満徳寺裏に、



イメージ 7
徳川義季館跡であり、かつ、



イメージ 8
徳川東照宮。


畑地を歩いて、



イメージ 9
普門寺。



イメージ 10
普門寺。毛呂権蔵のお墓あり。


毛呂権蔵は、上野地誌を編纂。
毛呂山町の毛呂氏との関連を求めてやってきたが、残念ながら確認できなかった。


車道を歩き、


イメージ 11
歴史公園内、東毛歴史資料館。


近くにあるはずの食堂を捜して、辺りをうろついていると、地元の方に話しかけられ、新田氏の歴史について解説を頂く。細部に至り、ついていけず。歩留まり0.申し訳ありません。毛呂氏の事についてうかがうと、毛呂山町から移ってきたとのご説を頂く。毛呂氏のご子孫は当地で健在との事。ちなみに、毛呂山町の毛呂氏は主筋が小田原征伐の際に滅亡している。

結局、食堂は廃業の様子で、歩行を続行。

お隣の、

イメージ 12
世良田東照宮。徳川家光により造営。日光東照宮の奥社殿を移築。


さらにお隣の、


イメージ 13
長楽寺。1221年、徳川義季によって開かれた禅寺。奥に新田氏の墓域などがあった。



イメージ 14
長楽寺。渡月橋。


車道を歩いていると「足尾銅山道」なる標識を発見。
その先に、


イメージ 15
総持寺。新田氏館跡。



イメージ 16
総持寺。



イメージ 17
清泉寺。



イメージ 18
清泉寺。悪源太義平のお墓あり。




イメージ 19
清泉寺。藪蚊に刺されて、カイカイ。


車道を歩いて、


イメージ 20
八坂神社。



イメージ 21
八坂神社の彫り物。



八坂神社から表の道にでて、ヤマイモの食堂を発見。ようやく昼飯にありついた。エビスビールを飲んで、世良田駅に向かった。



本コース、濃厚な歴史散歩道であった。とても一日で廻るような所ではなかった。ゆっくりと、ジックリみたいものである。


これだけのポテンシャルを持ちながら、歴史散歩者の人影は皆無であった。太田市は、宝の持ち腐れである。
まぁ、俺にとっては好都合である。また来たいと思わせる濃厚な雰囲気をプンプン感じてしまったのである。

イメージ 1



行った日;2017.9.18
コース:東武日光線幸手駅(10:00)~権現堂堤~高須賀池~東武日光線南栗橋駅(13:00)



「彼岸花」はなんとか書けそうだが、「曼珠沙崋」はまず無理だろうな。
などと思いつつ、台風一過の日に幸手権現堂堤の曼珠沙崋を見に行った。


幸手駅は大改造中。
反対ホームにあるトイレに駆け込み、事無きを得る。
狭い道の旧日光街道と思われる道をノソノソと歩き、



イメージ 2
権現堂堤に到着。アレ、チョットしょぼいかなと思ったが、



イメージ 3
少し進むと、いやはやなんとも凄い咲きっぷり!



イメージ 4
濃密であった。



イメージ 5
ぷは~。



イメージ 6
たまに混じっている白いやつ。



イメージ 7
濃いのである。



イメージ 8
このくらいの密度だとホッとする。



イメージ 9
また濃いの。



イメージ 10
濃いねぇ~。



イメージ 11
この位がいいかもね。



権現堂堤が尽きて、
ここから少し歩きましょう。



イメージ 12
道々にて。中央に日光男体山。



イメージ 13
高須賀池。


高須賀池は随分整備されて綺麗になってしまった。
この池、近世の浅間山の噴火で出現した池だそうだ。その後、台風による川の氾濫の影響で形もかわってきていると。そして、現代の公園化で周囲の雰囲気は全く変わってしまった。


高須賀池の先で、中川を渡ろうとすると、向こうからオッカサン連中3人組がやってきた。どこに行くのか聞かれて「南栗橋」と言うと、そちらに行きたいとの事。道に迷ったらしい。この先、結構道がゴチャゴチャしているので、桜堤まで一緒に歩いた。

桜堤からは、もうよかろう。歩速を少しだけ上げて南栗橋駅に到着。駅向こうの食い物屋に行ってみたが、どこもお休み。
腹を減らしたまま、電車に乗った。

行った日;2017.9.17



台風接近中につき、風が吹かないうちにと、朝安行興禅院の彼岸花を見に行った。


どうやら、俺は赤いものが好きなよう。

野球は広島カープ、サッカーは鹿島アントラーズ。
運動会は赤組がいい。



イメージ 1
興禅院。先週のツボミが皆咲いたのか!




イメージ 2
興禅院。写真家のオッカサンが、熱心にシャッターを切っていた。



イメージ 3
興禅院。雨の中を歩き廻った。



イメージ 4
興禅院。



イメージ 5
興禅院。



イメージ 6
弁財天。



イメージ 7
弁財天。



イメージ 8
弁財天。



イメージ 9
興禅院。



雨が、ざざざっーと降ってきた。
急いでおうちに帰りましょ。

行った日:2017.9.10


イメージ 1
一輪草自生地。



イメージ 2
弁財天。




イメージ 3
興禅院。




イメージ 4
興禅院。




イメージ 5
興禅院。




イメージ 6
興禅院。




イメージ 7
興禅院。




イメージ 8
興禅院。




イメージ 9
植物振興センター。ハナミズキが色付きはじめた。




イメージ 10
植物振興センター。




イメージ 11
杉も美をつけるのだねぇ~。




安行の彼岸花は、花芽多し。来週くらいかなぁ~。

↑このページのトップヘ