2017年06月

行った日;2017.6.24
目的地:清久氏館跡(久喜市上清久:雷電神社、常徳院)、粟原城(久喜市鷲宮;鷲宮神社)
コース:東武伊勢崎線久喜駅=バス=高木病院前バス停~道迷い~清久氏館跡~粟原城跡(鷲宮神社)~東武伊勢崎線鷲宮駅


日光の山に行こうと早起きをしたが、どうも気乗りがしなくなった。こんな日もある。
家でゴロゴロしていると、腰が痛くなる。どこかに行かなければ、との強迫観念のようなものに襲われる。


捻り出したのが、清久氏館跡の探訪だった。
「デカマップ埼玉」を見ていると、清久氏館跡から歩いて旧鷲宮町の鷲宮神社(粟原城跡)に行けそうである。

清久次郎秀行の活動は吾妻鏡の記述から知られる。源頼朝の初上洛や奈良東大寺落慶供養の折に随行している。
清久次郎秀行(久喜市清久)は太田荘太田行尊の子孫大河戸行方の次男である。長男は大河戸広行(大河戸御厨)、三男高柳行基(栗橋町または加須市)、四男葛浜行平(加須市、騎西町)。いわゆる藤原秀郷流太田氏の一族とされる。
しかし、俺は多少の疑問をもっていた。太田氏系であれば、騎西領用水(新川、旧日川)左岸に割拠しているはずであるが、久喜市清久は騎西領用水の右岸に位置するのである。右岸は崎西郡になり野与党の領域となる。まぁ、素人の考えなので旧日川の流れが、現在の騎西領用水とは完全には一致していないのかな、などと思っていた。
ところが、「埼玉の城址めぐり」を読み直してみると、「久喜市史調査報告書・第二集[清久村郷土史]に「・・・源平の時代、野与党の一族に清久次郎(清久山城守)がおり・・・」の記述を発見。おおっ、やっぱりそう考える御仁がおったかぁ~、と、なぜか安心したりするのである。

久喜駅から「菖蒲仲橋」行きのバスに乗り、「高木病院前」バス停で降りた。



道に迷った。みつからん。「デカマップ埼玉」だけでは無理があった。
県道を行ったり来たり。犬に吠えられる。
仕方ない、農作業の方に雷電神社の位置を聞いてみようと脇道に入ったら、神社らしきものを発見。



イメージ 1
久喜市上清久・雷電神社、清久氏館跡。


イメージ 2
雷電神社、清久氏館跡。


やっとみつけた雷電神社であったが、住宅地が浸食してきており神社としてはややお寒い状況であった。また、残念ながら中世の館跡の雰囲気は微塵も感じられなかった。
お隣の常徳院に移動。


イメージ 3
常徳院。雷電神社から徒歩2分。


イメージ 4
常徳院、清久氏館跡。


白幡山常徳院と雷電神社は神仏習合による一体のものであったが、明治初年に神仏分離令により境内を二分したそうだ。


イメージ 5
常徳院にて。


常徳院もまた、中世館跡の雰囲気は全くなかった。ただ、周辺の田地とは比高1~2m位の微高地にある事はすぐに判った。

常徳院のガラス付きの案内には清久氏の系図が張り出されていた。写真を撮って後でみればいいやと思っていたが、家で写真を見るとガラスが反射して全く読みとれなかった。ガクッ。


所で、県道を挟んで、「赤旗神社」なるものがあった。常徳院は「白幡(白旗)山常徳院」である。地元伝承では、この近辺で紅白の戦いがあり、赤旗=平、白旗=源で、白旗の勝利となり、清久氏の治めるところとなった。
清久氏は執権北条氏の滅亡とともに滅びた。



さしたる成果も得られず、県道12号を北上。
騎西領用水を渡ると、(旧)鷲宮町の住居標示となった。ここからほぼ太田荘領域と思っていいのではないか。などと、生意気な事を頭に浮かべつつ、大汗をかいて歩いた。

東武鉄道を跨線橋で渡り、左折。青毛掘川に沿って歩くと、大きな森が見えだした。



イメージ 6
鷲宮神社に到着。


イメージ 7
鷲宮神社神楽殿。



イメージ 8
鷲宮神社、粟原城跡。ここも城跡の感じは皆無。


鷲宮神社は鎌倉期以降、多くの武将たちの崇拝をあつめた。徳川家康からは400石の社領を受けていた。ちなみに武蔵国一宮大宮氷川神社の社領は100石であった。
鷲宮神社が粟原城としていつ頃から機能したかは判っていないが、上杉謙信が小田原城を包囲した折に、上杉方の羽生城主木戸氏によって粟原城は焼き落とされた。従ってこの頃は、小田原北条氏の傘下に入っていたものと思われる。

この後、お隣の花崎城に行くつもりであったが、いつもの如く、もういいかぁ~と思い、クーラーの利いた電車に乗り込んだ。

山行日:2017.6.17
目的地;山王二宮、馬頭石付近の石祠
コース;東武日光駅=バス=日光総合会館前(7:50)~銭沢不動尊~ルート間違え~銭沢本谷源頭850m付近~北上~正規の銭沢不動尊降り口~山王二宮840m圏(9:20)~化星宿北方890m圏~西方の張り出し尾根を下る~860m付近・馬頭石・金剛堂(10:10)~890m圏に戻る~化星宿~合峰(11:00)~(11:20)鳴虫山(11;40)~神主山(12:30)~天王山~東武日光駅(13:00)


鳴虫山山中にある石祠のうち、いくつか未見のものがありそれを捜しに歩いてみた。一つは化星宿北方の山王二宮である。随分前に銭沢不動尊に下る途中で失念し未見となっていた。もう一つは化星宿東方の馬頭石の傍らにあるという石祠である。こちらは、前回尾根を一つ間違ったようで到達できていなかった。

まぁ、素人が石祠を見たからと言ってどうなるものでもないのだが、他に歩く所も思い当たらず、お気楽に歩いてみた。


日光総合会館前バス停で降りて、適当に大谷川畔の道に出る。「銭沢不動→」があり、これに従う。


イメージ 1
発電所の路傍にて。


大谷川を渡り、沢沿いの道を緩く登る。


イメージ 2
銭沢不動尊。


イメージ 3
銭沢不動尊にて。


イメージ 4
銭沢不動尊にて。



銭沢不動尊で、朝飯代わりの菓子パンを食う。社にかかっていた温度計は13℃。半袖でちょうどいい。

腰を上げて、辺りを見回すも道は無し。すぐに谷は二股に分かれる。広めの左を選択。少し登って磁石を当てると、微妙に方向が疑わしい。戻る。
右の谷に入る。枯葉の堆積した沢床をズブズブと登る。水流無し。


イメージ 5
銭沢。


しばらく登り岩の間を越えると、日光特有の赤/黄のプレートを発見し安堵する。しかし、道型と言えるようなものは無い。以前下った時はどうだったのか、覚えていない。

傾斜がきつくなり、四足で登ると上が見えた。おかしいな。確か最後はロープが長々と垂れていたと思う。それだけは覚えていた。
尾根上に出た。尾根に道はあるものの、「銭沢不動→」の標識が見当たらない。高度計を見ると850mを示していた。登り過ぎダワい。途中で支沢に入いるのが正規のルートのようだ。

まぁよい、この尾根を下ればいいはずだ。
小尾根を北に下る。途中「ソウメン滝→」の古い標識を見る。そこはスルーし、下る。んっ、何の気なしに不安を感じ磁石を確認。ややっ、方向が違うじゃぁないの。樹間から右手に尾根が見える。ムムムッ・・・。トラバース。尾根を移ると明瞭な道となる。ホッ。

すぐに「銭沢不動→」が現れ、谷にロープが垂れているのを発見。ヤレヤレ。


イメージ 6
銭沢不動尊への降り口に佇む、首なしの石像。


尾根を北上。大岩を右から越えると、



イメージ 7
山王二宮の石祠。


山王二宮の石祠の左側には石製の扉があった。精巧な作りであった。
五葉ツツジに囲まれたここは、中々雰囲気がよろしいな。
煙をバキュームし、オサラバ。

下った尾根を登り返す。

星の宮~合峰の尾根に合流。
お次は馬頭石だ。
890m圏のピークから東に緩く下る尾根に入った。藪無し。
僅かで、


イメージ 8
馬頭石と思われる小振りの石体が現れ、


その僅か下の木の陰に


イメージ 9
お坊さんのような陽刻が入った石祠が佇んでいた。


ここでも、煙をバキュームし、オサラバ。
890m圏に戻る。

ここからは、もう迷う事はないだろう。呑気に歩く。


イメージ 10
化星宿。



イメージ 11
化星宿の上方にある石祠。屋根右側の黒っぽい所は地面に落ちていた。載せて撮影。安定が悪いので、戻しておいた。


イメージ 12
合峰。


イメージ 13
鳴虫山。朝は晴れていたが・・・。女峰山は雨か?


鳴虫山には何組かいた。端っこで握り飯を食い、オサラバ。
本日は、普通に神主山の方へ下ってみた。歩きにくい。


イメージ 14
神主山を越えると、コアジサイの花園となる。


イメージ 15
天王山。



日光駅に着き、ピールを買って乗車。
早い時間に帰る事ができた。

山行日:2017.6.10
目的地;皆野町天空のポピー(秩父高原牧場)
コース;秩父鉄道親鼻駅(8:30)~ガスト親鼻店(8:40)~県道~三沢郵便局~天空のポピーお祭り会場跡最下部(10;20)~カユニタ峠(10;50)~大霧山(11:30)~旧定峰峠(12;00)~経塚バス停(12:40)~皆谷バス停(13:10)=バス=東武東上線小川町駅



秩父高原牧場の天空のポピーを見てみようと狙っていた。しかし、公式HPでは一時、「強風のためポピーが倒れてしまった」などの情報が発信されていた。今年はだめかなと思っていた。ところが先週、HP「山登りに行きたい」のHIDEJIさんが、秩父高原牧場の天空のポピーを紹介されていた。なかなかのもんじゃぁないか!お祭り期間は6/9までだが、行ってみようじゃぁないの。


羽生駅、秩父鉄道の始発駅である。
手売りの券売所と自動券売機の前に長蛇の列ができた。2台ある券売機うちの1台は故障。女子高生が殺到したのである。皆ジャージ姿である。ジャージの背中には埼玉東部地区の越谷市、春日部市、久喜市等の高校名がズラズラと。ムムムムッ、列が進まん。秩父鉄道の本数は少ないのである。前に並んでいた春日部○高の女生徒に何処まで行くのか聞いたら、「広瀬野鳥の森」だそうだ。ムムムッ・・・、「広瀬野鳥の森」は熊谷のさらに先である。たとえ電車に乗れたとしても、そこまで立ちん棒ではつらいのぉ~。
列の後方から、「私の分も買って、買って」と次々にやってくる。まずいねぇ~。

なんとか発車時刻ギリギリに切符は買えた。ホームに走る。やっぱり座席は満員。一人分の座席が空いていた。助かったぁ~。

行田、熊谷でも女子高生が大量に乗り込む。どうやらバスケットの大会があるようだ。「広瀬野鳥の森」からようやく平和が訪れた。



前オキが長すぎた。

今日もガスト親鼻店で朝飯を食った。

別名「戦場通り」という県道をひたすら南下。左手に千馬山城を見送る。



イメージ 1
皆野町来谷地区。早くもポピーが。ポピーの先の山際の道は、先日辿ったところ。



イメージ 2
天空に着く以前に、ポピー畑のオンパレード。



イメージ 3
これでは、お祭りが終わったとはいえ、天空はどんな事になっているのだろう。



三沢地区の三沢郵便局の先で左折。しだいに道が険しくなってきた。ところで、親鼻駅から秩父高原牧場まで全部舗装道を歩いた。これで山登りと言うのはチョットおこがましいかもね。

県道を外れると、すぐにバテた。暑い!


イメージ 4
道沿いに咲く花の写真などを撮って、歩みを止める。


草地が現れて、カーブを曲がると、



イメージ 5
「天空のポピー祭り」会場跡に着いた。いやはや、なんとも凄い咲きっぷり!



イメージ 6
残念な事に、「お祭り」終了後はポピー畑には入れない事になっていた。厳しく綱が張られ、「立ち入り禁止」の立て札が。


仮設トイレなどを撤去しているオッサンがせわしなくお仕事をしていた。
ポピー畑の際を歩いてベンチに座って休憩。


さて、腰を上げっかぁ~。
なおも車道をカユニタ峠に向かった。

カユニタ峠の休憩舎で菓子パンを食う。
ここから山道で大霧山へ向かった。



イメージ 7



イメージ 8
群生していた。



イメージ 9
暑い!


イメージ 10
大霧山山頂から美ノ山。


大霧山には数組が休んでいた。俺は煙を吸い込んでオサラバ。


イメージ 11
笠山、堂平山方面。


しだいに、青空が減少し涼風が吹き渡る。


旧定峰峠から経塚に下る。一旦車道に出るが、ホド無く山道が現れ緩く下る。
経塚バス停に着くと、バスは1時間半待ち。ムムムッ・・・、ど~すんべ~。

確か皆谷に酒屋があった。そうだ、皆谷で冷えたビールを飲もう。
ビール、ピール・・・、とうなされながら歩く。


イメージ 12
道々にて。


イメージ 13
道々にて。


イメージ 14
道々にて。


イメージ 15
道々にて。


皆谷バス停に到着。
バス停先にある酒屋に急行。
ん、休みである。
確か、前回も自販機でピールを買った。しかし、自販機はジュースのみ。ガクッ。


バス停に戻り、食っていなかった握り飯を食う。お茶をガブ飲み。
する事も無く居眠りをしていたら、バスがやってきた。

行った日;2017.6.4


イメージ 1



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4


どくだみだけでは。ちょっとさびしいので、


イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



今日は、意外と涼しかった。

山行日:2017.6.3
コース:JR日光駅=バス=レイクサイドホテル前バス停(8;45)~(9:30)茶の木平(10:10)~篭石~細尾峠~栃木平バス停(13:10)=日光市営バス=東武日光駅


茶の木平にあるという石祠。何度か捜したが見つかっていない。たそがれオヤジさんからヒントとして、あるHPに茶の木平の石祠が写っているいる事を教えていただいていた。その写真を見るに、団体登山の人々が憩っている傍らに偶然のように写し込まれているように見えた。団体登山となれば、普通の登山道を歩いているだろう。なんとなく、場所は判る。今回こそ見つけたいのぉ~。


最寄駅で始発電車に乗ると、登山者がいるわいるわ!
ムムムッ・・・、九輪草狙いの方々か?

俺は、満員のバスを恐れた。
せこい俺は東武日光駅で、ササッとクソをし、喫煙所でタバコをパパッと吸引し、バスの始発のJR日光駅に向かった。せこいヤツらはすでにここに充満しておった。JR日光駅でバスの座席は8割がた埋まった。東武日光駅で、多くの立ち客が出現した。


レイクサイドホテル前バス停で下車。ここでも煙をバキューム。お墓の横から登山道を登る。期待していたシロヤシオは落花。登山道に白い花吹雪が満ちていた。気温はそれほど高くない。汗もかかずに茶の木平に達した。


イメージ 1
茶の木平より。錫ヶ岳と日光白根山。



イメージ 2
茶の木平より。男体山と女峰山。


茶の木平のロープウェイ跡地で、菓子パンを食ってゆっくりした。

さて、ここから茶の木平の石祠捜しだ。たそがれオヤジさんに教えてもらったHPの写真から、おそらくロープウェイ跡地のすぐそばにあるはず、と思った。
あたりをくまなく捜すもナイ、ナイ、ナイ・・・。

結局、またしても半月山分岐まできてしまった。


イメージ 3
茶の木平のナゲさん。ん、ふみふみぃさんの言葉がウツッてしまった。


ロープウェイ跡地まで戻る。しかし、ナイのぉ~。


下ばかり見ていた目線を上げると、


イメージ 4
日光修験道の御札が目に入った。ムムムッ。

もしやと思い、大木の根元を捜すと、

この大木の後ろに、



イメージ 5
やや、小振りの苔むした石祠のような・・・。


あまりに小さく、しかも石の露出はゼロ。手で触ってみると硬い。苔を剥がしてみたい欲望にかられたが、やめておいた。多分石祠だろう。


イメージ 6
少し離れて写真を撮ってみた。これじゃぁ判らんワイ。後背はロープウェイ跡地。


しかし、これが本当に茶の木平の石祠なのか?「全踏査日光修験道~」に掲載の写真は苔むしてはいなかったよなぁ~。
詳しい方のジャッジを仰ぎたいところ。

とりあえず、今は「茶の木平の石祠」であろうと納得し、細尾峠に向かった。


茶の木平から細尾峠にかけては、例年通りであればそれこそツツジが群れ咲いている所なのだが、今年は無理かなぁ~、などと思いつつ呑気に歩いた。


イメージ 7
茶の木平にて。


イメージ 8
篭石手前よりシロヤシオが現れる。が、花の着いていないものが多い。



イメージ 9
こんな感じで、スカスカ状態。



イメージ 10



イメージ 11
篭岩を過ぎて。ようやく見つけたミツバツツジ。



イメージ 12
送電線を過ぎて、ポツポツとヤマツヅジ。



イメージ 13
細尾峠付近。



途中で、木の根に足を滑らせて、右足全体がツル。ムムムッ・・・、やべ~。
誰も居ないので、転がって痛みのひくのを待つ。足の甲と足の指の痛みが抜けんワイ。あきらめて歩く。

細尾峠に辿り着き、大休止とする。
チョコレートを食い、水を飲む。ツッタ状態が回復せんのぉ~。

そうこうしていると、自転車のオッサンが細尾側からエッチラやってきて、長話となる。山王、滝ヶ原、粕尾とここいらの峠はみな自転車で越えているらしい。凄い方がいらっしゃるもんですなぁ~。

自転車のお方は足尾側に下っていった。
ど~すんべ~。足はまだ痛い。
握り飯を追加して2個食った。
治らん。

古峯神社に行くつもりであったが、やめよう。細尾に下るのは気が遠くなるほど車道が長い。遠い記憶で定かではないが、確か13時台に栃木平に日光市営バスがあったような。
それにかけようではないの。


舗装道路を足尾側に下っていると、いつしか足の痛みは無くなっていた。


イメージ 14
舗装道路より。



13時過ぎに国道に出た。栃木平バス停に急がなくては。ただ栃木平バス停の位置を正確には知らない。ヤマ勘で足尾側へ下ると、ホド無くバス停を発見する事ができた。バスは13:46となっていた。約30分待ちだがホットした。



さて、茶の木平の苔むした石祠のようなものは、本当に石祠だったのか?あまり自信が無いのである。

↑このページのトップヘ