2017年03月

行った日:2017.3.5


朝、パパッと、安行を歩いた。



イメージ 1
宝厳院。



イメージ 2
金剛寺。



イメージ 3
植物振興センター。ミツマタ。



イメージ 4
植物振興センター。



イメージ 5
植物振興センター。寒桜。



イメージ 6
植物振興センター。



イメージ 7
植物振興センター。



イメージ 8
植物振興センター。



イメージ 9
植物振興センター。ボケ。

行った日:2017.3.4



日光女峰山山麓、芦沢源流に聖天岩がある。



イメージ 1
聖天岩の基部にいくつかの洞穴があり、その真ん中あたりの穴に、




イメージ 2
石像が二体ある。



二体とも首が取れている。一体の首は見当たらない。一体の首は胴体に載せる事ができる。



その石像の奥に、



イメージ 3
氷筍ができる。



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7
聖天岩右側の穴にも、つららとともに、



イメージ 8
苔に突き刺さるように。


イメージ 9
どしたら、こういった形になるのだろう。

山行日:2017.3.4
コース:東武日光駅=タクシー=寂光の滝(8:50)~芦沢~(11:00)聖天岩~女峰山登山道~寂光の滝~ラーメン屋~東武日光駅(13;20)


気象庁の積雪情報によると、中宮祠の積雪0cm。
先週、セとナさんが社山へ行かれていた。相当雪が少なかったようだ。
俺はアセッタ。芦沢で、チョボチョボだろうが雪を見ておきたいと思っていたからだ。こうしてはいられない。すぐにでも行かなければ。

東武日光駅よりタクシーに乗る。タクシーの運ちゃんの話では、今年の積雪は驚くほど少なかったそうだ。そんな話題よりも、「陽明門修復完了」の方が一大エポックのようで、そちらの事を長々と解説されてしまった。



イメージ 1
若子神社前。


イメージ 2
若子神社。こちらも修復完了。



イメージ 3
寂光の滝落ち口。



イメージ 4
芦沢の小滝。



イメージ 5
芦沢。



ほとんど雪なし。


しかし、落ち葉の下に、凍結した雪の層があり、恐る恐る歩く。

二股で、こらえきれずに、チェーンスパイクを装着。安定して歩ける。早く着ければよかったと後悔。



イメージ 6
ツララすら無い。



イメージ 7
これは、高く売れるものなのか?



日溜まりで一服を繰り返す。



イメージ 8
滑滝。本日は、落ち葉の下の凍った雪が怖くて、二股から真ん中の尾根に上がった。



イメージ 9
滑滝の上の平坦地。


水が湧きだしている所から、もう一段登って、



イメージ 10
聖天岩に到着。



イメージ 11
聖天岩の石像。



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14
聖天岩の氷筍。こいつを見に来たのだ。



雪は無いし、暖かかったので心配したが、聖天岩の氷筍は今年もちゃんと残っていてくれた。
出来栄えは、よろしいのではないでしょうか。

ここは、長居は無用。落石にでもあったら洒落にならない。

女峰山登山道に向かう。
青テープが出現し、アッサリ登山道に出る事ができた。


イメージ 15
山の神。



イメージ 16
女峰山様。



イメージ 17
男体山。



寂光の滝から、舗装道をトボトボ下る。

途中、義理チョコ返しの日光カステラを購入。


神橋先のラーメン屋でラーメンを食う。
婆さんの姿が無いので店員に聞くと、「引退」との事。寂しいこってすなぁ~。


区間快速に乗って、ピールを飲んで、ウトウトしていたら、「春日部~、春日部~」で、あわてて飛び降りた。

↑このページのトップヘ