2017年03月

山行日;2017.3.19
コース:JR常磐線羽鳥駅=バス=板敷山前バス停(9:15)~大覚寺~板敷山登山口~板敷峠~市界尾根~吾国山(11;30)~旧洗心館~道祖神峠~難台山(12:50)~団子石峠(13:30)~車道~駒場~JR常磐線岩間駅(14:50)



今日は良く晴れるらしい。
ならば、岩間・上郷の早春の風景を堪能しようじゃぁないの。

と言う訳で、吾国山~難台山を歩いた。



バスの終点板敷山前で下車。右手に大覚寺らしき大きなお寺が見えた。取り敢えず、大覚寺に向かう。


イメージ 1
いきなりのナイスな石柱。


人食橋の石柱から大覚寺に向かう。


イメージ 2
大覚寺。「親鸞聖人法難の遺跡」とあった。


大覚寺をひとしきり見て回って、寺を後にする。細い車道沿いに歩く。


イメージ 3
加波山方面の山だろうか。すこぶる景色が良い。


イメージ 4
県道に復帰してすぐの所に。


どうやら、石柱のすぐ右側の篠竹に覆われた所が板敷山の登山道のようだ。あまりの篠竹藪に躊躇していると、犬が走り寄って来て激しく吠えられた。蹴っ飛ばしてやろうと身構えると民家から婆さんが小走りにやってきて、犬をつかまえて頭をこっぴどくひっぱたいていた。おおっそこまで叩かなくてもいいだろう。

婆さんに、「板敷山へは、この藪を登るのでしょうか」と聞くと、「ここはボサがひどくて登れません」との事。最近寺の人が全然刈らなくなっちゃったんだ、そうだ。右手の道を登ると上で林道に出て、そこから板敷山に行けると教えてくれた。


畳屋さんの脇から、林道状を辿る。はじめはきちんとした道だったがすぐに、


イメージ 5
倒木だらけとなった。


歩くに支障がある訳ではないが、腰が弱い俺にはチト苦しい。が、僅かで板敷峠と思われる林道に出た。左手に板敷山があるはずであるが、今日は先が長いので寄らなかった。


イメージ 6
板敷峠と思われる所。ここから市界尾根を辿るつもりだ。


しかし、まともな道は無かった。上の写真のわずか数m桜川市寄りの所にかすかに斜上する踏み跡を発見。これを辿る。しかし、すぐに踏み跡を失う。篠竹藪の洗礼を受ける。かなわんと思い、左手に見える杉林に向かうと篠竹は収まった。傾斜が緩むと、再び薄い踏み跡を発見し、ユルユルと登る。


イメージ 7
こんな感じの尾根を進む。


暑くなり、フリースを脱いだ。そして、クシャミと鼻水がとまらなくなった。腰に響くのぉ~。


やがて車道に出た。左側に断続的に山道もあるようだが、面倒なので車道を歩く。


イメージ 8
自転車の方々が、多く通り過ぎていく。


そしてなにやら話し声が聞こえてきた。駐車地があり、多くのハングライダーが横たわっていた。


422m峰手間から再び山道に入る。山道は422m峰を巻いていた。


イメージ 9
電波反射塔があった。


2.5万図では、反射塔の先は車道になっていたが、そんなものは無かった。先へ進むと、すぐに急斜面の下りとなる。下に舗装道が見えるが、今いる所から登山道が消えうせていた。左側の斜面に活路を求め、木につかまりながら車道に降りた。
そこには、「カタクリ自生地→」と「吾国山・急坂→」の標識があった。「吾国山・急坂」を選択。


イメージ 10
「吾国山・急坂→」写真でみるより相当急である。脇のロープにつかまりながら登った。


イメージ 11
急坂を登りきって。山頂はすぐそこだろう。


イメージ 12
吾国山山頂から、加波山方面。


吾国山山頂に着いた時には、すでにどんより空になっていた。山頂には先着1組。握り飯をパパッと食っていると、もう一組登ってきた。


イメージ 13
吾国山を少し下った所からの難台山。空は白っぽく、冴えない。



イメージ 14
旧洗心館付近。


道祖神峠に、「バイク侵入禁止」の紙が貼られていた。こんな所にバイクが入り込むのカネ!
そんな事を思いつつ、道祖神峠からの急斜面にアエイでいると、何と本当に上からバイク3台が降りてきやがった。至近距離まで近づくと、先頭のヤツが「こんにちは~」だって。何がノーテンキにこんにちはだ。「ここは、バイク侵入禁止じゃぁないの!」と言うと、「えっ、向こう側にはそういう標識はありませんでしたけど」ときたもんだ。


イメージ 15
バイクのワダチ。たった3台のバイクで、このエグレよう。奥武蔵の山のような深く醜いエグレにならなければよいが。


イメージ 16
そして、難台山に着いた。大覚寺の所からやって来た。



難台山には、5組ほど休憩中。
展望は霞んで宜しく無い。煙を肺に吸入し出発。

爺さん、婆さんに抜かれまくる。
意外と遠くに愛宕山が見えた。
2.5万図にある、団子石付近から駒場に下る小道を捜したが見つからなかった。


イメージ 17
団子石峠。左の林道を下った。



イメージ 18
駒場付近まで下ってきた。



イメージ 19
駒場付近より、難台山を振り返る。


イメージ 20
大古沢付近から、館岸山?加賀田山?



駒場より、岩間上郷地区をノンビリ歩いてJR常磐線岩間駅に到着。

高曇りで景色が冴えず、チョット残念。

クシャミをしながら電車に乗り込んだ。

行った日;2017.3.18


イメージ 1
一輪草自生地。少しだけ水芭蕉が咲きだした。



イメージ 2
一輪草自生地。



イメージ 3
植物振興センター。桜の巨木。



イメージ 4
植物振興センター。桜の巨木を上から見てみた。



イメージ 5
植物振興センター。



イメージ 6
植物振興センター。河津桜。



イメージ 7
弁財天。カエデの新緑紅葉。



イメージ 8
弁財天。カエデの新緑紅葉。



イメージ 9
道々にて。



イメージ 10
道々にて。



イメージ 11
赤山城址。



イメージ 12
赤山城跡。



イメージ 13
赤山城跡。背後に外環自動車道。




今日は、腹いっぱいになった。

行った日:2017.3.18


先週は夕方、今週は朝方に密蔵院にでかけた。



イメージ 1
密蔵院参道。



イメージ 2
左手、台地上に安行小学校。




イメージ 3
安行小~密蔵院の斜面より、密蔵院。


イメージ 4
密蔵院山門。



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



やっぱり、朝の方が、クッキリ・スッキリ眺められていい感じでした。


そして、しぶとく、安行定番の花見スポットに向かったのだ。

行った日;2017.3.12


密蔵院の桜の様子を見に行ったら、満開だった。



イメージ 1
密蔵院。


イメージ 2
密蔵院。



イメージ 3
密蔵院。



イメージ 4
密蔵院。



イメージ 5
密蔵院。



イメージ 6
密蔵院。



イメージ 7
密蔵院。



イメージ 8
密蔵院。



イメージ 9
密蔵院。



イメージ 10
密蔵院。



イメージ 11
安行原。

山行日;2017.3.11
コース;秩父鉄道親鼻駅(8;⑩)~ガスト親鼻店・朝飯~赤城神社前~皆野・寄居有料道路・田野沢橋手前~北東の小尾根~(10:20)418m峰(10;30)~東進~林道~釜伏山・釜山神社奥宮(11;20)~北進~風布地区~秩父鉄道波久礼駅(13;20)


千馬山城周辺を徘徊して、北の方角に自然林のなだらかな尾根が気になった。是非歩いてみたいと思った。


今日もガスト親鼻店で朝飯を食った。

赤城神社のある道に入り、そのまま直進。皆野寄居有料道路が見えてきた。2.5万図で田野沢橋と書かれている手前から山に入った。



イメージ 1



イメージ 2
舗装道から腰高の石垣を乗り越えると、なんと伐採用と思われる道が着いていた。


伐採用と思われる道を辿る。わずかでその道が終わる。そして、うまく小尾根に上がれた。


イメージ 3
伐採道終点付近から。奥に見える尾根を左に行けば千馬山城。右に行けば琴平神社。


イメージ 4
伐採道が尽きると藪尾根となるが、わずらわしいほどの事はない。


イメージ 5
やがて左手から尾根が合わさると、明瞭な踏み跡が現れた。


踏み跡は、小ピークを巻くように尾根の東側に着いていた。ありがたく使わせてもらう。しかし、倒木が多く、たまに尾根に這い上がる。

ボロボロの白いビニール紐が踏み跡を塞ぐように垂れていたが、くぐって通行。やがて、大きな民家の前に出た。ポロボロビニール紐は、民家への侵入禁止を示していたのかもしれない。それにしてもこんな山の中に民家があるとは・・・。


イメージ 6
民家の背後の畑地の脇を登って、尾根に復帰。


それまで緩かった尾根が急になって、小ピークに着く。


イメージ 7
こんな感じの尾根で、とても気持ちが良い。


イメージ 8
展望地より荒川の流れと両神山。


イメージ 9
雑木に囲まれた418m峰に到着。三角点あり。桜の木が多数あり。また来なければ。


418m峰には北へ向かう踏み跡があった。大変興味深い道である。今日はここから東へ進む。東側には踏み跡は無かったが、すぐに、


イメージ 10
登山道三叉路に出会う。石柱には、正面が釜山神社、右が谷草、左が下田野と記されていた。


イメージ 11
よく整備された道をユルユルと登る。



イメージ 12
展望地より、奥に浅間山が見えた。


女の人が携帯を゜いじっていた。そのすぐ先で車道に出る。マウンテンバイクの集団がいた。本日山中で出会った人は、この二組だけ。

車道を右に少し歩くと「釜伏山→」の案内があり、これに従う。釜山神社に寄るつもりであったが、どうやらカスメて通り過ぎたようだ。


イメージ 13
釜伏山・釜山神社奥宮に到着。


釜伏山の先に展望地があった。そこから北の急な山道を下る。日本水への道は今だ通行止め。


イメージ 14
釜伏山を振り返る。


傾斜が緩んだ尾根道を北上。そして、左手に下る山道を辿ると、巨大岩壁が現れる。杉林でその威容は定かではない。


やがて車道が現れ、右折。


山村風景と今が盛りの梅を見ながら呑気に下る。



イメージ 15
山上の集落。


イメージ 16
梅が満開。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19
荒川を渡って、



イメージ 20
秩父鉄道波久礼駅に到着。



今回辿ったコース前半は、思った通りの美しい尾根だった。桜の季節に再び訪れたい所である。


羽生駅で東武鉄道に乗り換えると、数分の遅れが生じていた。アナウンスで、「本日、大地震時の停車訓練実施のための遅れ」と知った。

↑このページのトップヘ