2015年09月

行った日:2015.9.26


たしか、夏の初めからムクゲが咲いていたよなぁ~。


いまだに咲いている。しかも同じ木に。




イメージ 1
ムクゲ。安行植物振興センターにて。



イメージ 2
ムクゲ。安行植物振興センターにて。



イメージ 3
これは、ムクゲではない。安行植物振興センターにて。



イメージ 4
安行植物振興センターにて。



イメージ 5
うっすらと色づいて。安行植物振興センターにて。



イメージ 6
あきですなぁ~。安行興禅院にて。



イメージ 7
一本のカエデの一部分が・・・。ムムムッ・・・。安行植物振興センターにて。



イメージ 8
一本だけ、不思議ですなぁ~。安行植物振興センターにて。

行った日:2015.9.23

コース:JR京浜東北線埼玉新都心駅(8;00)~見沼代用水西縁~氷川女体神社~見沼代用水西縁~JR武蔵野線東浦和駅(11:30)


埼玉新都心駅に初めて降り立った。信じられないほどの大都会であった。しかし、人影はマバラである。


広い道を東に向かって歩いた。いきなり高速道路が地下から現れた。
道が下り加減となり、住宅地となりその先に広大な農地が広がった。


イメージ 1
見沼代用水西縁は、住宅地と農地の間を縫うように流れていた。




イメージ 2
道々に咲く。



[イメージ 3
ちょうど彼岸花が満開の季節だった。




イメージ 14
左のビルが埼玉新都心。右のビル群が大宮であろえか?左の森に沿って見沼代用水西縁は流れている。




イメージ 4
氷川女体神社に立ち寄った。



イメージ 5
氷川女体神社。



イメージ 6
おおっ、武蔵国一宮であったのか~!



まさか、ここの氷川女体神社が武蔵国一宮であったとは知らなかった。大宮氷川神社が一宮であると信じて疑わなかった。ここの女体神社、大宮氷川神社、もう一社の三社で一宮を形成していたとは・・・。



イメージ 7
氷川女体神社前の公園。見沼代用水ができる以前は、この辺りで、船を渡らせる神事が行われていたと。




イメージ 8
同上。




イメージ 9
向こうの林が、氷川女体神社。




イメージ 10
見沼代用水西縁に戻る。




イメージ 11
同上。




イメージ 12
これでもかと言うほど咲いていた。




イメージ 13
遠くにJR武蔵野線が見えてきた。



ケツから足の指までシビレてきやがった。もう歩けんワイ。

JR東浦和駅に向かった。

行った日:2015.9.6


安行興禅院で、彼岸花が咲き始めました。



イメージ 1
安行興禅院①



イメージ 2
安行興禅院②



イメージ 3
安行興禅院③



先週は、まだ赤いものは少なかったが、大分増えた。



イメージ 4
安行興禅院④


イメージ 5
安行興禅院⑤



イメージ 6
安行興禅院⑥



イメージ 7
安行興禅院⑦



イメージ 8
安行興禅院⑧



イメージ 9
道々にて。植木畑。



イメージ 10
金剛寺。法事が行われているようなので、退散。



雨が降らないうちに帰りましょ。

山行日:2015.9.5
コース:北条仲町バス停(8:50)~つくば道~普門寺(9:10)~一の鳥居(9:50)~女体山(11;40)~御幸ヶ原~ケープルカー=筑波山神社(12:15)~つくば道~そば屋~北条仲町バス停(14;00)~北条大池バス停(14:20)


前日の金曜日にメガネのレンズがポロリと落ち、割れてしまった。メガネ屋にいくもレンズは注文品。古いメガネをゴソゴソ捜しだしかけてみた所、ボンヤリとしか見えなかった。車の運転はとんでも無いし、足元の悪い所は歩きたくない。が、歩かねば痛い腰がさらに悪化しそうな気配である。

そんな、こんなで、思いついたのは、以前行った「つくば道」である。大半は舗装道で、山道も整備されている。そこそこの距離も歩ける。あの「ゐだ」というソバ屋にも、もう一度行きたい。


「つくバス・小田シャトル」には、なんと3名もの乗客がいた。このバスにはこれまで都合4回乗っているが、俺以外の乗客を見たのは初めてである。ちなみに帰りは赤ん坊を含めて4名もの乗客があった。異常事態である。



イメージ 1
北条仲町。つくば道の起点。


缶コーヒーを飲んで出発。


イメージ 2
つくば道① 筑波山が遥か彼方に見える。


イメージ 3
つくば道② 手前の小高い丘を超える。


イメージ 4
道々に花が咲く。


イメージ 5
前回、お世話になった普門寺。今日もここでクソをした。戦国期常陸国守護小田氏の菩提寺。


イメージ 6
普門寺より。


イメージ 7
道々に咲く花。


イメージ 8
つくば道③ 普門寺を過ぎると、一旦下る。


イメージ 9
つくば道④ 最低部。


イメージ 10
道々に咲く。


イメージ 11
つくば道⑤ 登りになって来ると臀部が痛みだした。


イメージ 12
道々に咲く。


イメージ 13
一の鳥居。ここより上は筑波山神社の神域との事。暑い。


イメージ 14
つくば道⑥ 坂が急になり、汗ダクとなる。


筑波山神社に汗ダクで到着。脇の茶屋で缶コーヒーを飲む。
女体山へのコースへ入る。かなりの人々が歩いているが、異常に汗をかいているのは俺だけだった。

メガネが合っていないのか、足を小石や根っこに引っ掛けてしまう。

つつじヶ丘から道を合わせると、渋滞気味となった。ケツから足首にかけて痛みとシビレがあるので、渋滞歓迎である。濡れた岩で足を滑らせる。今日は安物の運動靴できている。



イメージ 15
女体山山頂の人混み。立ち止まる事なく、御幸ヶ原に下る。


ケツから足首のシビレと痛み、メガネも合っていない。下りが心配となり、恥ずかしながらケープルカーに乗ってしまった。


イメージ 16
わずか数分で着いた筑波山神社。


イメージ 17
つくば道を再び下る。


途中、「ゐだ」と言うソバ屋に寄る。奮発して、ピールと天ぷら蕎麦を注文。太く硬い蕎麦は独特の味わいがある。お勧めであるが、チョットお高い。


フラフラとつくば道を下り、北条仲町バス停に到着。
バスの尻尾を見てしまった。ガクッ。一時間待ちである。しかたない、北条大池まで歩くか。


イメージ 18
北条大池付近からの平沢官衙跡と筑波山。


自販機でまたしても缶コーヒーを購入して、バスを待った。

↑このページのトップヘ