2015年07月

行った日:2015.7.25
コース:秩父鉄道親鼻駅(8:10)~萬福寺(8;30)~(9;40)美の山(10:10)~和同遺跡~聖神社(11:30)~秩父鉄道和同黒谷駅(11;50)


羽生から秩父鉄道に乗った。
便意を催し、油汗を流した。
秩父鉄道親鼻駅に着いて、便所を捜すも便所無し!ゲゲゲッ~。

萬福寺に急行。便所を発見。ことなきを得た。

国道に戻り、自販機を捜す。冷えたお茶が飲みたいのだ。



イメージ 1
萬福寺付近にて。



イメージ 2
萬福寺ふきんにて。



萬福寺は修理中。


寺の脇から、「関東ふれあいの道」を辿った。
歩き始めは、木陰に入り涼しいと思った。


イメージ 3
こんな道。


5分も歩くと、汗が噴き出した。


暑い、暑い。フラフラするよ~。


何か大型の昆虫が、何回も体当たりしてくる。その度に、ビクッとする。

ユスリカかなんかの糸が顔に引っかかる。

ユスリカ程度ならば良いのだが、たまに、お毛毛の生えているヤツがぶら下がっていたりする。ムムツ・・・、こいつはかなわん。夏の低山恐るべし。


イメージ 4
先週も見たな。


もう、イヤ、と思った頃、山頂に着いた。


イメージ 5
無愛想な美の山山頂。


だ~れも、おらん。



イメージ 6
美の山山頂の展望台より。奥秩父~長沢背稜の山々が、よ~く見えた。




イメージ 7
案内板。



イメージ 8
実写版、パノラマ写真。


両神山、二子山、三宝山、木賊山、大常木山、雲取山、酉谷山、太平山、三つドッケ、武甲山などなど。丸見えであった。


イメージ 9
美の山山頂付近にて①。


イメージ 10
美の山山頂付近にて②。



イメージ 11
美の山山頂付近にて③。東秩父村方面の山々。


だ~れも居ないので、シャツを脱いで日向に干した。
ついでに、ズボンも降ろして、パンツに風を通した。


自販機があったので、アセロラドリンクを購入し、一気に飲み干した。


ビチョビチョのシャツは20分ほどで乾いた。


さ~て、帰りましょ。
予定では、山道を下るつもりでいたが、お毛毛の芋虫君にはかなわんと思い、車道を下った。

木陰が多く、思いのほか、涼しかった。道々に花が満ち溢れていたのも幸いした。


イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19



途中、和同遺跡による。ここで、大汗を再びかいてしまった。


関連の聖神社に寄る。ここは銭の神様らしい。


国道に出ると、まさにギンギラギンの暑さがおそってくる。





秩父鉄道和同黒谷駅に辿り着き、一服していると、汽笛が聞こえた。


イメージ 20
おおっ、蒸気機関車ではないか!



クーラーのきいた列車で、帰途に着いた。

行った日:2015.7.20

コース:東武東上線森林公園駅(8;50)~武蔵丘陵森林公園南口(9;40)~北口(12:20)=バス=JR熊谷駅(13:00)


梅雨が明けて、日光でも行こうと思っていたが、何故か天気に不安を覚え、公園歩きに変更した。
はたして、日光の山々の天気はどうであったのだろうか。


国営武蔵丘陵森林公園は高校時代に遠足で一度だけ行った事がある。担任の先生が水筒にウイスキーをいっぱいに詰めてきた事を覚えている。その他の記憶は全くない。


東武東上線森林公園駅から歩き始めた。
駅前から森林公園まで2kmチョット。プロムナード道が続く。


イメージ 1
プロムナード道にて。


イメージ 2
プロムナード道にて。丘陵と丘陵の狭間に田園が広がる。こういった風景を見ると、どしても鎌倉時代の事に思いが馳せてしまう、今日この頃でした。


イメージ 3
国営武蔵丘陵森林公園南口に到着。


国営武蔵丘陵森林公園は9:30の開園である。ちょっとふざけた時間の開園ではないのかい!このクソ暑い時季に、開園時間が遅すぎるワ。公務員様の出勤時間に合わせたような開園時間に呆れるワ。

などとホザキつつ、410円を支払って入園。


イメージ 4
まずは、園内にある山田城跡に向かおう。


イメージ 5
おおっ、城跡らしいたたずまいではないか。


イメージ 6
フムフム、行田成田氏の支城だったのか!


城址のあたりをグルグル歩き廻って、
先に進もう。


イメージ 7
夏空が広がってきた。


余りの暑さに休憩舎に入ろうとした。が、「10:30から」との事。ムムムッ。ムカッ!


公式ガイドマップを見ながら、野草園に向かった。


イメージ 8
野草園にて①。


イメージ 9
野草園にて②。


イメージ 10
野草園にて③。


イメージ 11
野草園にて④。


イメージ 12
野草園にて⑤。レンゲショウマ。この花は、デイダラボッチさんがよく紹介されていたなぁ~。


野草園で藪蚊に刺されまくって、退散。


イメージ 13


イメージ 14
いやはや、何とも暑い。


11:00に中央口に着いて、冷やしソバを食って、水のカブのみ。


表に出ると、またしてもギンギラギン。


イメージ 15
ツクバネナンチャラ。覚えられん。


イメージ 16
とにかく暑い。


イメージ 17
汗ダクで、北口に到着。


南口に戻る予定であったが、近くにバス停があるとの事で、ここでお散歩は終了。暑過ぎるのと、広過ぎるのとで、まいりました。


クーラーの利いたバスに揺られて15分で、JR熊谷駅に到着。

イメージ 17

山行日:2015.7.12
コース:大峠下の駐車地のさらに下の下の林道(7:40)~大峠(8:15)~(9:15)流石山(9:50)~大峠(10:40)~駐車地(11:20)


約2ヶ月以上山を歩いていない。あまり大そうな山には行けそうもない。
ここの所、流石山の記事を多く目にする。ニッコウキスゲも咲きだしたようだ。大峠下の駐車地からならば短時間歩きでなんとかなりそうだ。
そんな訳で、流石山に行く事にした。できれば大倉山くらいまでは行きたいものだが。


野際新田から細い林道を車で進む。かなり車を走らせた。かつてここをスキーで歩いた事が自分の事ながら今や信じられない。

大分車を勧めた所で一台の車が停まっていた。傍らのオッサン曰く、「上はもう満車だよ」
ムムムッ・・・。
軽自動車の強みで、車を反転し、近くの路肩に車を停めた。


林道を歩き始めると、路註の車がワンサとあった。ナンジャ、コリャー!
下手をすると100台超じゃネーノ。

徒然さんの記事を見て初めて出かけた時は、殆ど人に出会わなかったけど・・・。


取り敢えず、廻りに人はいない。なだらかな林道をゼーゼー言って歩く。


大峠に着いてビツクリ仰天。流石山の斜面に行列ができていた。




イメージ 1
大峠付近にて。


イメージ 2
とにかく、色々な花が咲いていた。

イメージ 3
デイダラボッチさんに手を合わせた。


イメージ 4
ニッコウキスゲは満開。


イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7
天気はすこぶる良い。なので、暑い。


イメージ 8
流石山にバテバテで到着。日光連山がよく見えた。


イメージ 9
旭岳と二股山。


遠く、雪を頂いた飯豊連峰も見えた。


イメージ 10

大倉山の方へ大勢の人々が歩いていた。
バテていた事もあり、ここで退散する事にする。


イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16



それにしても、凄い人の数だった。
そして、疲れた。


林道を下ると、なんと小型バスが2台停まっていた。


道の駅下郷で十割ソバを食って帰途についた。

行った日;2015.7.11

久しぶりに晴れたので、安行の植物振興センターに行ってみた。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5




あまり花は咲いていなかった。

暑過ぎて、すぐに退散しました。

↑このページのトップヘ