2015年03月

イメージ 13

行った日:2015.3.29


どうやらソメイヨシノの見頃はまだ先の様子。でもこの暖かさでは、週ナカで満開かな?そして来週は落花なんて・・・。

安行植物振興センターならば、春の花が見られるのではないかと、でかけてみた。



イメージ 1
おおっ、咲いている、咲いている。



イメージ 2
なんだか、嬉しくなっちゃうぐらい咲いている。



イメージ 3
桜だって咲いている。名前はでていたけど、忘れた。



イメージ 4
草花だって咲いている。



イメージ 5
いいやねぇ~。



イメージ 6
ピンとが合っていないが、まっ、いいか。


イメージ 7
咲き過ぎじゃぁねぇ~の。


イメージ 8
こいつは、何桜かねぇ~?



イメージ 9
秘密の花園かぁ~。




イメージ 10
ウヒヒヒッ・・・。




イメージ 11
ピンク、ピンク、ピンクがいい~。



イメージ 12
まさか、これほど咲いているとは・・・・。







花にのぼせて、ヨタヨタと帰った。

行った日;2015.3.28

コース:日光湯元温泉(7;40)~(8:00)金精道路刈込湖分岐(8:20)~温泉ヶ岳南東尾根(8:35敗走)~金精道路刈込湖分岐~蓼ノ湖~小峠~刈込湖~小峠~蓼ノ湖~日光湯元温泉(12:10)


金精道路の刈込湖分岐のすぐ先に温泉ヶ岳の南東尾根の末端がある。以前この尾根を辿って温泉ヶ岳まで行った事がある。今冬は全く雪山に行っていないので、経験のあるコースをお気楽に歩こうと言う算段ででかけたのではあるが・・・。

出発時は雲量が多めの晴れ。寒さは無し。湯元温泉の湯畑の所から金精道路に登るも、雪が硬く苦戦し、早くもバテ気味となった。
金精道路は、すでに完全除雪状態(ただし、通行止め)。コンクリの上でアイゼンを着けようとしたが、中々着かない。50肩で左肩が殆ど動かないのだ。


イメージ 1
温泉ヶ岳南東尾根の取り付きは赤白ポールのすぐ後ろから。刈込湖分岐から20m位先の所。


上の写真では、雪が少なく見えるが、尾根に取り付くと結構な積雪量だった。締まった雪の急斜面をアイゼンをきかせてズンズン登る。が、10分も歩くと柔らかい雪が現れ高下駄状態となる。柔らかい雪の下には当然硬い雪がある。急斜面でかなり不安定な状態。手にしているのはストックである。下に金精道路がまだ見えている。ど~すんべ~。なんとなく、イヤな感じがして、登山を中止した。
高下駄で急斜面の下りはてこずった。やっぱりやめておいてよかった。わずか15分での敗走であった。


金精道路に戻って、これからどうするものかと考えた。思ったほど天気は良くないし。元々お気楽に来ているので、さらにお気楽に久しぶりの刈込湖にでも行ってみようか。



イメージ 2
蓼ノ湖①


イメージ 3
蓼ノ湖② すでに氷が溶けはじめていた。


イメージ 5
蓼ノ湖③


イメージ 4
蓼ノ湖畔にデブリが達していた。


イメージ 6
こういった森が好き。


イメージ 7
谷が狭くなって・・・。


イメージ 8
刈込湖に着いた。奥に太郎山と山王帽子山。


イメージ 9
温泉ヶ岳に繋がる尾根。


握り飯を2個食って去る。


イメージ 10
蓼ノ湖に戻る途中より、温泉ヶ岳が見えた。ありゃ~、晴れちゃったよ!


イメージ 11
蓼の湖に戻る。対岸に数人の人々が居た。


イメージ 12
完全に晴れあがっていた。


イメージ 15
この斜面を上がると金精道路。


イメージ 16
金精道路から。奥に温泉ヶ岳がチラリと。


イメージ 13
湯ノ湖畔にて。


イメージ 14
金精様。



今日も清滝の焼きソバ屋に寄って・・・。


ヒシヤに寄ろうとしたら、本日もお休み。


クシャミをしながら帰路に着いた。

行った日:2015.3.22


つくばTXのホームに八潮フラワーパーク「花桃の祭り」のポスターが掲示されていた。



イメージ 1
八潮フラワーパーク。おおっ、咲いているじゃぁないの!



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4
でも、梅の花と区別がつかない。花びらの数か?葉っぱがあるねぇ~?木の肌がツルッとしているよな?



イメージ 5
菜の花も咲いて。ん、カラシナと区別がつかないのだ。



イメージ 6
これは、黄梅だとさ。


とりあえず満足して、草加公園へ移動。


イメージ 7
草加公園にて。多分桃だろう。



イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11
鳥が花の蜜をついばんでいた。いや、なめていたのかもしれない。


イメージ 12
梅なのか、桜なのか?全くわからん!


イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



取り敢えず、春を充分感じた散歩であった。

山行日:2015.3.21
目的地:館岸城、難台山城
コース:羽梨神社(8:00)~館岸城跡~館岸山~383.2m~加賀田山410m峰(9:30)~364.6m峰(10:00)~373.8m峰(10:30)~305m峠(11:00)~428.6m峰(11:20)~(11:50)難台山(12:40)~難台山城分岐を下る~難台山城跡~小田五郎碑~道迷い~駒場集落~羽梨神社(14:30)


セとナさんの本拠地、旧岩間町の館岸山、加賀田山、難台山を周回した。本コース、セとナさんが益子勢の皆様をご案内した記事により知ったコース。その後、yamasanpoさんのブログに地図とコースが掲載され具体的な歩き方を知った。

コース上には二つの城跡の他にも、西山廃寺跡や式内社羽梨神社など、古い時代の遺跡や神社仏閣が散在する、まことに興味深い一帯なのである。


カーナビなど持ち合わせていないもので、岩間ICから羽梨神社までは、車をたびたび止めては地図を確認し、ようやく着いたと言った次第で、歩く前からかなりゲンナリしていた。


羽梨神社前の少し道幅が広くなった所へ車を停めた。神社裏手の大きな屋敷からご婦人が出てきたので、車を停めておいてよいか聞いた所、「大丈夫でしょう」との事でそのまま置かせていただいた。



イメージ 1
延喜式記載の郷社羽梨神社。


羽梨神社を見学し、大通りを渡り西寺口ハイキングコースに向かう。この辺はyamasanpoさんが赤線を引いてくれた地図がたよりである。西寺口ハイキングコースの案内標識を見つけて一安心。2.5万図には無いコースなので。

どんより雲のもと、しっかりした登山道を上がると、いきなり西寺廃寺跡が現れた。ただし、お寺雰囲気は無し。緩傾斜地に雑木と笹が茂っているだけであった。案内によると、土器や瓦などがかなり出土しているとの事。

さらに登ると、土塁状の切岸が見えた。ムムッ・・・。館岸城跡の一角に着いたのだ。僅かな削平地と堀切、土塁跡などが見えた。


イメージ 2
館岸城跡の平坦面。

イメージ 3
なるほど。小田氏の対抗の城と言う事か?
小田氏(元八田氏)は下野の国からやってきて常陸の守護に収まっている。東国の南朝方の中心として奮闘していた。

そこいら辺を歩き廻っているうちに時間が過ぎていた。まずいね。先へ急ごう。

波石なる、波模様の入った奇岩を通過。

イメージ 4
ホド無く館岸山に着いた。

館岸山に展望は無く、タバコを一本吸ってオサラバ。


加賀田山へ急ごう。館岸山を下ってすぐに狭い林道のような道になった。そして林道がT字路になっていた。標識無し。ムムムッ、どっちに行こう。
結局どちらにも行かず、中央突破で道の無い尾根上を歩いた。杉林で下草無し。歩くに問題なし。やがて、左手から上がってきた山道と合流。すぐに右からの金毘羅山からの道とも合流。加賀田山へ向かおう。

イメージ 5
加賀田山に到着。ここも展望無し。タバコをまたまた吹かしてオサラバ。


加賀田山から結構な急斜面を下る。その後、364.6m峰、373.8m峰、その他のピークを小刻みに登り降りする。標高305mで、道祖神峠に向かうも、その先に地図に無い道が現れる。どうやら主脈への短絡路のようだ。道祖神峠に向かうよりもてっとり早い。なので、ここを登る。ここもけっこうな急斜面であったが、ほどなく傾斜が緩み、思った通り主脈上428.6峰に辿り着いた。


イメージ 6
吾国山からの道と合流。ここより行き交う人々に出会うようになる。



イメージ 7
小ピークを幾つか越えて、難台山着。


イメージ 8
難台山から、加波山~足尾山~筑波山。


山頂に居たご夫婦と話しがはずんだ。地元笠間にお住まいだそうだ。yamasanpoさんの事をご存じだった。デイダラボッチさんを知ってますか?と聞かれ、知ってますよと答える。当然事故の話しに及んでしまう。う~ん・・・・。

ご夫婦が山頂を去り一人となる。しばらくここに佇んでおった。いつの間にやら青空が広がっていた。


山頂を辞し、まもなくで「難台山城→」が現れ、これに従う。
やや急な下りが少し緩むと。岩石の露出が多くなる。古びて読めない案内板があった。難台山城跡とある。え~っ、こんな傾斜地に城跡があるのかね?藪を掻き分け、歩き廻ってみたが、城跡の雰囲気は微塵も感じられなかった。


イメージ 9
難台山城跡付近。何も無かった。

何も発見できないまま、山を下ると、


イメージ 10
良く読める案内板があった。傍ら標識には「難台山城跡入り口」とあった。


結局、難台山城跡は通過したようだが、城跡らしきものは何一つ見つける事ができなかった。


「小田五郎の碑」に寄った。その後は、道に迷い迷い林道を迷走した。やっと団子石峠からの林道を合わせ、駒場に到着した。


駒場は早春を謳歌していた。


イメージ 11
駒場付近。


イメージ 12
駒場付近。


イメージ 13
駒場付近。


イメージ 14
駒場付近。


イメージ 15
羽梨神社付近。


残念ながら、城跡見物としては、今一歩であった。が、付近の景観はとても美しいものであった。古代中世の人々にとって、とても魅力的な土地であった事は間違いなかろう。おだやかな山に囲まれた広い平坦地はきっと一等地であっただろうな。


そして、デイダラボッチさんのお見送りに向かった。

山行日:2015.3.15
目的地:(日光山中)聖天岩
コース:寂光の滝(8:30)~芦沢~(10:00)聖天岩(10;30)~女峰山登山道へトラバース~寂光の滝(11:40)




イメージ 1
聖天岩の氷筍。



日光山中女峰山の山腹に聖天岩なる障壁がある。聖天岩基部の岩屋にひっそりと石仏と氷筍が佇んでいる。



イメージ 2
寂光の滝の落ち口。下から見ると直瀑だが、上から見ると、何段もの滝である事がわかる。



イメージ 3
穏やかな芦沢の左岸に沿って登る。昨年同時期に比べ雪が非常に少ない。



イメージ 4
春を思わせる陽気であった。



イメージ 5
昨年は左俣を登ったので、今年は右俣に入った。するとすぐに右手にロックガーデンが現れた。



イメージ 6
右俣を少しだけ行き見上げると、何とはなしに登り難いような雰囲気を感じ、写真左手の小尾根にルートをとった。



イメージ 7
すると、芦沢右俣に美しい滝を発見。しまったなぁ~。沢沿いでも全く問題無く歩けそうだ。最早下る気力も無く、小尾根を登った。


しばらくで、平坦地となり、やや急な切れ込みの右岸を登ると、再び平坦地となる。平坦地の先に聖天岩がある。


イメージ 8
聖天岩の岩屋。



イメージ 9
岩屋の中の石仏。聖天観音なのだろうか。



イメージ 10
石仏の奥に氷筍が。



イメージ 11
見とれてしまって・・・。


イメージ 12
長居をしてしまった。


石仏の首は取れているので、安定した岩の上にそっと置いておいた。

うっとり気分で、聖天岩の写真を撮るのを忘れてしまった。


雪の無い斜面を東にトラバースして、女峰山登山道へ出た。後は薄くなった登山道を寂光の滝へ下るだけ。


清滝の焼きソバ屋で焼きそばを食って、


イメージ 13
日光市庁舎に寄って。


「ひしや」が休業・・・、どうした事か!
「吉田屋」で水羊羹を買って・・・、帰った。


が、途中の高速から見た「梅」に惑わされ、


イメージ 14
越谷梅園に寄ってしまった。まさに満開。



あ~っ、清々した!

↑このページのトップヘ