2012年08月

山行日:2012.8.25
目的地:タカノス沢と大真名子山
コース:裏男体林道分岐(8:20)~太郎山新薙登山口付近・軽石沢左岸尾根取り付き(8:30)~1790m広場(9:10)~タカノス沢出会(9:20)~1860m付近・敗走~西の小沢を越え1909mの尾根に取り付く~尾根に上がる(10:30)~1909m(10:40)~1890m広場(11:30)~(12:00)寒沢宿(13:10)~飯場跡(13:15)~1860m太郎山新薙登山道(13:30)~林道(14:10)~裏男体林道合流(14:30)

そろそろ三峯五禅頂夏峯を巡る山旅に区切りをつけたい。寒沢宿周辺は当初の見込みとは大幅に異なり、苦戦を強いられている感じ。
夏峯を辿った修験者達は、寒沢宿を拠点に御沢金剛峡を往復したり小真名子山や大真名子山に赴いている。現在、御沢金剛峡を完全に踏査するのは無理である事が判った。小真名子山、大真名子山とも寒沢宿から向かうコースはかなり厳しそうである。
代替案はないものか。地図をよくよく見て、いくらかでも可能性のあるコースとしてタカノス沢を辿りタカノ巣に出る事を思いついた。傾斜はさほどでもない。問題は軽石沢から派生し間もなくの所で両岸が狭くなっている所だ。ここさえ突破できれば何とかなりそうな感じがした。
しかしながら、沢は素人。危なくなったら必ず諦めようと肝に銘じて出かけた。

朝寝坊の朝を迎えてしまった。仕事に行く時間になってようやく起き出した次第。まずいねぇ~。

遅い出発の為か、8月最後の休日のせいか、東北道はいつもの休日よりも混んでいた。車間が狭まり減速し、車間が広がり加速する。ムムッ・・・、縦波か。全ての粒子は波を伴う。ド・ブロイの唱えた物質波(ド・ブロイ波)との繋がりを妄想する。俺の車は二重スリットのどちらを通過するのだろう。しかし、通った方が判った瞬間に波動性は失われる・・・。おバカだねぇ~と、我に返った。

裏男体林道の通行止めは解除されていた。志津と太郎山登山口の分岐の所へ車を止めた。

イメージ 1
太郎山新薙登山道手前約100mの軽石沢左岸尾根の取り着き地点。


イメージ 2
今日も軽石沢左岸尾根に取り着いた。笹と唐松の疎林からすぐに石楠花藪に変わる。

しかし、前回の教訓から尾根上にこだわらず右手の山腹を行けば何とかなる。


イメージ 3
1790mの広場。今日はなんだか、アッサリ着いた気がした。


イメージ 4
1790m広場から左手に下る道が現れる。これを辿るとアッサリとタカノス沢に出られる。

アッサリ続きでいい感じ。一服する。

イメージ 5
タカノス沢出会から上方を見る。おおっ、行けそうな気がする。


イメージ 6
しかし、それは勘違いだった。すぐにこんな所が。ここは、何とか登った。


イメージ 7
ここも何とか登れた。

磁石を確認すると、進んでいる方向が違うじゃないの。仕方ない、GPSのスイッチを入れた。直前で西側の小沢に入り込んでしまったようだ。それにしても、アッサリGPSを見るようになってしまったよナ。

取り敢えず、右手の山腹に取り付きトラバースし石楠花を掻き分けてタカノス沢に戻った。ヤレヤレと思い、ゴロゴロを歩いていたら石車に乗り、前方へ体が投げ出された。眼鏡が吹っ飛んだ。横山ヤスシのように眼鏡を捜した。うかつに動いて踏みつけたら終わりだ。ようやく眼鏡を見つけて安心したら、膝や腕の痛みを知覚した。腕からはかなりの出血。水筒の水で洗い流した。気を引き締めて歩こう。

イメージ 8
ガーン!

歩きはじめて直ぐに絶壁に出くわした。10m近い。とても直登は無理。高巻きを考えたが、両岸も絶壁でいちだんと高い。戻って高巻くか、とも思ったが危ない歩きはここまでとしよう。1860m付近だった。いくらも登っていないなぁ~。

タカノス沢を下った。下りはじめて間もなく行き詰まった。絶壁である。登りで小沢に迷い込んだ所だろう。腰を下ろして作戦を考えた。
結果は、先ほどのトラバース地点に戻り小沢に出る。小沢の西側の尾根によじ登り、その北の1909m標高点を目指す。そして、1879m寒沢宿に出る。
このルートが一番安全に帰還できるだろう。ようやく登ったタカノス沢を下る自信は無かったのである。GPSあってのルート設計である事に間違いはない。

小沢に無事戻り、西側の山腹に取り着いた。ひどい石楠花藪の中南西に向かった。石楠花藪が消えると幅広の尾根上に出た。磁石を北に変え、1909mを目指した。藪は薄く、倒木が煩わしいだけだった。ほぼ平坦になり、1909m付近に達した。

ここからは小真名子山の衛星峰2034m峰と軽石沢の間の台地上を北上する。
地図では読み取れない浅い切れ込みが多く意外と登り下りが多い。相変わらず藪密度は低い。


イメージ 9
途中でこんなものが。おいらもこうなるのか・・・。いやいや、もう少し楽しみたい。


イメージ 10
途中で、開けた所に出た。なんか、遺跡めいたものはないんかい。そんなものは、無かった。


そして、最後はGPSのお世話になり、寒沢宿に辿り着いた。



イメージ 11
はじめに、この盆栽を見つけた。イコ~ル寒沢宿である。


イメージ 12
人心地ついた。


イメージ 13
今日も静かにたたずんでいた。


今日は、特別長くここにいた。

古の人々がここから大真名子山や小真名子山に登ったのかと思う。おいらもここまでやって来たが、この先の見通しはつかないのである。
が、一つの光明がある。みー猫(さん)ルートである。
いずれ、みー猫(さん)ルートを辿る事にしよう。

行った日:2012.8.12
目的地:小田城、平沢官衙

久しぶりに長期のお盆休みが取れたので、長めの縦走を計画した。しかし、お盆休み期間中は最悪に近い天気予報が発表された。10日、みどりの窓口に駆け込み、指定券をキャンセルした。

こうなると、やる事も無し。家でゴロゴロしていると腰が痛くなるのは目に見えている。そんな訳で、通勤定期券を利用し格安で行ける小田城と平沢官衙跡に行ってみる事にした。

今日も「関八州古戦録」上・下巻を小脇に抱えて電車に乗った。小田城がらみの所をはしょり読み。読みふけっていたら、アッと言う間に着いてしまった。頭に全然入っとらん。

つくばTXの終点、つくば駅を出てバス乗り場を捜した。「小田シャトル」なるバスに乗らねばならぬ。広い楕円形のバス乗り場を一周したら、捜し始めた所が「小田シャトル」だった。汗。

つくバス「小田シャトル」に乗ったのは2人だけ。40分近く揺られて「小田中部」で下車した。たったの300円であった。北関東の人々は電車、バス嫌いの人が多い。廃路線にならない事を祈る。

小田城は国指定の史跡だから案内板くらいあるだろうとタカをくくっておったが、何も無し。通りかがりのオッサンに場所を聞いた。

イメージ 1
ようやく見つけた案内板。


イメージ 2
そこは、サイクリング道路だった。


ん・・・。ここは、確か最近yamasanpoさんとhosoyaさんが走った「つくば100kmマラソン」のコースじゃぁないの!


イメージ 3
サイクリングロードを歩くと。


イメージ 4
こんなものがあり、


イメージ 5
小田城のパンフレットが入っていた。


イメージ 6
本丸を囲む形で、広い堀がある。


イメージ 7
本丸に沿ってサイクリングロードがある。



イメージ 8
現在、小田城は整備中。整備完了後はどんな感じになるのかな?今は本丸の中は立ち入り禁止状態であった。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11
サイクリングの人は結構いるが、城見物の人はいない。

小田氏は鎌倉時代初期から続き、常陸国の守護でもあった。南北朝時代は関東の南朝の拠点となった。戦国期は古河公方方として活躍したようだ。上杉氏越山の折り、北関東勢が次々に上杉氏になびく中、上杉氏に攻め込まれたりしている。その後も結城氏、真壁氏、多賀谷氏、佐竹氏などに攻められ落城を繰り返すも、ねばり強く奪回をしている。

「のぼうの城」の次に小田城の攻防の小説を誰か書かないものか。ただし、こちらは登場者が多すぎて訳がわかんねぇだろうなぁ。




イメージ 12
小田城を後に、サイクリングロードを歩く。かつては「筑波鉄道」が走っていた所?




イメージ 13
信玄棒道か! こんな直線を見たヒには・・・。マラソンランナーのyamasanpoさんはどんな気持ちだったのだろうか。


イメージ 14
北条大池を曲がると、


イメージ 15
平沢官衙跡に着いた。


手狭な資料館に立ち寄り、パンフレットをもらう。

イメージ 16
青空が広がってきた。ここは、史跡めぐりというよりも、気持ちの良い芝生広場の風情で終わってしまった。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21
北条大池に戻る。


平沢官衙入り口でバスを待つが、時間が過ぎてもバスが来なかった。
おかしいなと思ってバスの時刻を再確認。バス停の下の所に、パウチされた印刷物が。
「8月12日、北条地区盆踊りのため、バスルート変更」だとさ。まいったな。

国道125号に出て臨時バス停に行った。ちょうどバス停の前にソバ屋があったので、ビールを飲み、冷やしタヌキソバを食った。

客1人のバスに揺られ帰途に着いた。

イメージ 1
やっとこさ、白根隠し山に着いた。まさに夏山。ギンギラギンに太陽が照っている。



イメージ 2
白檜岳の奥に錫ヶ岳。



イメージ 3



イメージ 4
白い砂礫の前白根。錫の水場から帰還のお二人。


イメージ 5
ペットボトルのジュースは簡単に無くなった。


タバコを吹かし、カップ麺にお湯を注ぐ。カップ麺が横倒しに。タマゴ、エビなどの具がこぼれ落ちた。お湯を注ぎ足す。そしてさらに、口が開いていた水筒が倒れた。ありゃまぁ~。残った水は5cmに満たない。ジュース500ml2本はすでに空になっていた。どーすんベ~。どうにもならない。


イメージ 6
十二分に休んで下山。隠し山を振り返る。


イメージ 7
燧ケ岳


瞑想の谷に寄ろうと思っていたが、バテていた上に水を失いその気が失せた。前白根山へ直行。


イメージ 8


イメージ 9
今日登った尾根が右側。深い外山沢を隔てて左の左が外山尾根。奥は高山か。


イメージ 10
前白根の登りにかかると五色沼が見えた。


イメージ 11
白錫尾根を振り返る。


イメージ 12
女王様は、すでにお婆さんになってしまっていた。


誰も居ない前白根で一服。今日も咳込んだ。


イメージ 13



イメージ 14
五色山付近からの白檜岳、隠し山。


五色山に着く頃には大分空模様が怪しくなっていた。
五色山には2パーティー5名が休んでいたが、「雷が来る前に帰ろーっ」と弥陀ヶ池の方に下って行った。


イメージ 15
おいらも国境平に向かった。足早に去りたかったが、足はもつれておった。


陰気な中曽根は、外山尾根よりはるかにマシであるが、もつれた足はほどけない。水は湯場見平で尽きた。ノドの乾きが耐えがたい。尻を付きながら湯元バス停に向かった。温泉街手前の沢水をがぶ飲みして、バス停に到着。

バスにて睡魔に襲われた。

山行日:2012.8.5
目的地:白根隠し山南東尾根
コース:弓張り峠の下(5:50)~遊歩道~1440mより藪入り(6:10)~1587m付近(6:45)~1702m(7:30)~2193m(9:20)~2268.3m(10:00)~(10:40)白根隠し山(11:50)~前白根(12:40)~五色山(13:20)~国境平(13:40)~湯元バス停(15:20)


寝不足気味で5:30のハイブリッドバスに乗った。いっそ、雨でも降ればいいのにとも思ったりした。弓張り峠を下った所で降車ボタンを押した。「ここで、いいんですか?」今日も運転手に念を押された。
熊に出会った時の注意書きのある遊歩道に入った。ひとしきり登ってトラバース気味に尾根の先端に出た所で藪入りをする。とは言え、藪など無く、やや急な斜面を登るだけ。尾根が西に折れた所で磁石をセットし直し、1587m標高点を目指す。

イメージ 1
ガ~ん!いきなり石楠花藪か!!

それは思いすごしで、左から簡単に回避できた。


1587mは平坦地のはず。やや緊張気味の歩きとなる。僅かな凹凸の平坦地に出る。前方の微妙に小高い所に行ってみる。その先は一段下がった棚部が見えた。

イメージ 2
ここを1587mとし、磁石を北に向けた。

少し進むと前方は下がり地形。西に尾根状があった。しだいに顕著な尾根となり斜面がやや急になってきた。右手には樹間からすごい急斜面の湖上山の尾根が見える。

イメージ 3
1702m付近で初めて前方の高みが見えた。う~ん、なかなか厳しそう。

この辺りより太めのピンクリボンが目立ち始める。秩父ではピンクリボンは林業関係と相場が決まっている。しかし、このピンクリボンは登山者用のように感じる。
傾斜がきつくなる。下を見るととんでもない。尾根型など見えない。上を見ると尾根である。そんな急斜面に延々とピンクリボンが連なる。このピンクリボンは下り用の道標としては役にたちそうである。取りあえず藪の煩さは感じない。2193mまでこの急斜面を耐えなければならない。頭上僅かに見える天井は真っ青だ。すでに汗だく。この青空が続いてチョウ~ダイ。


イメージ 4
少しずつ、密林の度合いが薄まってきた。

ピンクリボンが右手にトラバースしていく。高度計を確認すると2180m。尾根を忠実に詰めると石楠花が現れ、それを掻き分けると小ピーク2193m峰に辿り着いた。
やれやれ感が漂う。この先は緩傾斜になるはずである。水をたらふく飲む。

二重山稜となる。東側の方が高そうなので窪地のヌタ場を通り抜け尾根を変えると、2268.3m三角点標石があった。

イメージ 5
2268.3m三角点は二重山稜の東側にあった。

ここより、細身の針葉樹藪や石楠花藪が現れたが、ゲキ藪ではない。

イメージ 6
おおっ、稜線の一角が見える。空は青い。何とかもってくれ~。

イメージ 7
そして、開けた。

イメージ 8
夏の日だ。

イメージ 9
おおっ、錫ヶ岳ではないか!

イメージ 10
男体山もくっきりと。

イメージ 11
ムムッ。でも簡単に登れた。

イメージ 12
あと一息だ。

山頂らしきピークが3つ見える。どれにしようかな?

取り敢えず真ん中を目指す。

イメージ 13
そして、快晴の白根隠し山に着いた。

つづく。

↑このページのトップヘ