2012年06月

山行日:2012.6.30
目的地:ツメタ沢、白檜岳
コース:カラサワ橋(6:00)~ツメタ沢(6:30)~左俣へ入る(7:20)~1710m涸れ沢へ入る~ツメタ沢薙ぎ状最上部(10:20)~両毛国境2310m付近(11:00)~(11:15)白檜岳(11:50)~白根隠し山(12:30)~前白根山(13:30)~湯元(16:00)


大岳の尾根から白錫尾根に登りたいと思っていた。昨年実行に移そうとした所、柳沢林道進入禁止で退散した。その後も地図を何回となく眺めていた。大岳の尾根の東側にツメタ沢なる沢がある。左俣には滝記号が無く、沢も浅いように見受けられる。最上部は薙ぎ状で大岳の尾根に自然に出られるように思われる。
大岳の尾根は、大岳北峰でゲキ藪になっているのを確認しておったので、やや気の重いコースであった。沢登りはできないが、ツメタ沢左俣はなんとなく行けそうな感じを受ける。

そんな訳で、ツメタ沢から白檜岳を目指す事にした。沢登りはできないので、危なくなったら大岳の尾根によじ登るか、退散するか、そんな思いで出発した。

赤沼5:30のバスに乗った。九輪草が終わったのか、乗車した人間は5、6人だった。ツイ、たそがれさんらしき人が居ないか確認してしまった。
弓張峠を越し、一つ目の橋の所で降車ボタンを押した。運転手は、「え、ここでいいんですか?」と聞いてきた。「この橋はカラサワ橋ですよね」と聞くと、運転手「判りません」との事。

橋の先から林道に入る。

イメージ 1
いきなり、すばらしい森となる。奥日光の森は美しいのだ。

林道のどん突きから、ゴーゴー流れるツメタ沢が見えた。一旦河原に出てみたが、すぐ上に砂防堰堤が見えたので、左岸の森戻り、適当に登る。支沢が何本か合流するたびに、及び腰で渡る。堰堤は数えるのも面倒なほどある。基本、左岸を行く。たまに、かつての作業道らしきものに出会う。

イメージ 2
ツメタ沢。

イメージ 3
ようやく、堰堤がなくなった。

イメージ 4
第一の分流点。この上流に美弥古滝があるようだ。

美弥古滝のある右俣を見送り、左俣に入った。

イメージ 5
青もしくは緑の粘土状の岩が現れる。左岸を高巻く。

イメージ 6

1710m付近で第二の分流点が現れた。右側は勢いよく水が流れていた。左側は涸れ沢である。地図では、右が涸れで左が水流になっていた。ここは、高度計を信じ水の無い左側に入った。すぐに広々とした河原になるが、また狭いゴロゴロの浅い窪みとなる。

イメージ 7
広くなった河原から振り返ると、中禅寺湖が見えた。

イメージ 8
こんな窪みを登る。だんだん傾斜がきつくなってきた。

イメージ 9
ツメタ沢佐俣の最上部が見えてきた。遠いのぉ~。ここらで、数十m水流が復活。ポンジュースのペットボトルがすでに空になっていたので、水を補給。

イメージ 10
やっと登り着いたツメタ沢最上部から下を見る。おおっ、大岳が見える。

笹を掴んで、ツメタ沢最上部の薙ぎから脱出。


イメージ 11
大岳からの尾根と合流した。尾根型に沿って笹の斜面をズリズリと登ると白錫尾根・両毛国境の尾根が見えてきた。


イメージ 12
しかし、白錫尾根に着いた時はガスが渦巻いていた。

待望の白檜岳に到着するも、真っ白け。取りあえず昼飯を食った。疲れておったので、長居した。アンチャンが、無言で錫ヶ岳の方へ歩いて行った。

イメージ 13
白根隠し山に向かう。

どうもこの尾根とは相性が悪い。まだ青空で「栃木が誇る天空の回廊」を見た事が無い。

イメージ 14
左手の巨大なくぼ地から人の声が聞こえた。

イメージ 15
白根隠し山からは花だらけ。

イメージ 16

イメージ 17
枯れ木もある。

イメージ 18
怪しげな小屋のそばに咲く。

最後の前白根の登りをこなして、外山尾根に入る。ここも花だらけ。

イメージ 19

イメージ 20

そして、荒れ果てた最後の下りで苦しむ。
疲れた足でスキー場をギクシャク下り、湯元バス停にヘタリ込んだ。

ツメタ沢は普通の登山靴で登れた。沢靴は不要。ヘルメットはあった方がいいかもです。外山尾根の下りは怖かった。

山行日:2012.6.24
目的地:塔ノ峰
コース:銀山平(6:15)~舟石峠(6:45)~鳥獣観察舎に戻る~1070m付近で舟石新道発見~小沢渡る(7:30)~乗越峠(7:45)~熊の平・新道出会(8:00)~塔ノ峰(9:50)~1750m圏(10:40)~1840m付近石塔尾根合流(11:40)~(12:00)庚申山(12:50)~道迷い~庚申山荘(14:00)~一の鳥居(14:50)~銀山平(15:40)

塔ノ峰(庚申山東方1738m峰)は、たそがれオヤジさん、ハイトスさんの記事で知り、随分綺麗な所だと思い是非行きたい所であった。舟石新道なる廃新道を経由し行けるらしい。
以前長沢背稜の寂峰でお会いした足尾のRR氏に舟石新道の様子をうかがった所、片斜面の山腹のトラバース道が続き、通して歩くのはキツイとおっしゃっていた。塔ノ峰は春・秋にお勧めの山との事であった。

塔ノ峰はもう少し早い時期に予定しておったが、体調不良や天候不良でノビノビとなってしまった。梅雨の間隙を縫って行くのは少々抵抗があったが、他の山が思い浮かばず、決断した。


桐生あたりではどんより雲で、山にガスっていたらやめようと思っていた。所が銀山平に着くと晴れていた。駐車場はすでに満杯に近い。庚申草狙いの方々か?

一人閑散とした舟石林道を登った。ハイトス氏の記事にあった鳥獣観察舎にはアッサリ着いた。時間が早すぎるのでこの上にさらに観察舎があるのではないかと林道を進んだら舟石峠に着いてしまった。戻る。

イメージ 1
ハイトス氏の記事によると、ここから舟石新道が始まると言う。

しかし、舟石新道はみつからなかった。少し林道を上がり平坦地の藪に入りなめるように道を捜したが見つからなかった。
林道を少し下がり1251m峰(向山)東方に突き上げる沢筋に沿って登る事にした。ハイトス氏の資料では、この沢の上流を舟石新道が横切る事になっているから。なお、本記事での地名の多くはハイトス氏のGPS軌跡に記入された地名をそのまま使用している。

小沢の左岸の高みに沿って登った。登り難い事は全くない。舟石新道を捜しながらの歩きとなる。1070m付近で右上方に段差が見え、よじ登ってみると明瞭な道型が見つかった。ヤレヤレ一安心。舟石新道が見つからなければ、塔ノ峰へはまず行けない。
少し登ると小谷の渡渉点となる。

イメージ 2
小谷を渡ると山腹のトラバース道となる。

廃道とは言え、明瞭な道が残っている。多くの人々が言うような乱打された赤いプレートはほとんど見えなかった。赤いプレートを頼りにする歩きはおいらにはできなかった。

とは言え、乗越峠、熊の平にはアッサリ着いた。全てハイトスさん、たそがれさんの情報に頼った結果ではあるが。

熊の平の先には明瞭な尾根が盛り上がっており、ここで舟石新道と分かれた(新道出会)。うっそうとした森の中の急斜面を登る。藪は少なく歩き易い。左右から顕著な尾根が合流してくる。下りに使うのは厳しそうだ。一旦傾斜が緩み、中倉山などがカイマ見えた。

イメージ 3
時折、天然芝が現れたりする。

1528m峰を目指すも確認できず。再びやや急な尾根となり1528m峰をすでに通過している事を覚る。傾斜が緩み左手から尾根が合流すると、待望の塔ノ峰に着いた。

イメージ 4
塔ノ峰山頂。皇海山を正面に見る気持ちの良い山頂であった。

山頂にはハイトス氏私製の山名板があるはずであるが、残念ながらみつからなかった。たそがれさんもみつからなかったと書いていた。一応あたりの地面も捜してみたが見当たらなかった。

さて、ここまで予想以上に時間がかかってしまった。どーすんべー。

往路を枝尾根に引き込まれずに戻るのは至難の感じがした。ハイトスさん、たそがれさんのように日ヶ窪峠(塔ノ峰南東1455.9m付近)に下るのも難しそうだ。となれば、当初の予定通り、庚申山に向かうしかあるまい。午前中に庚申山に着くのは難しそうだが、仕方あるまい。

イメージ 5
塔ノ峰のすぐ下から石塔尾根を垣間見る。

イメージ 6
最後のシロヤシオ。

イメージ 7
途中、猿の群れに囲まれる。


イメージ 8
1650m鞍部は、軽い湿地帯。

イメージ 9
鉢植え状のツツジ。


イメージ 10
得も言われん。

イメージ 11
初め、ここが1750m圏ピークだとおもった。

イメージ 12
岩稜ピークが現れ、ここが1750mかと思った。そして、もう一ピークあった。

イメージ 13
ようやく1750mピークを越えたようだ。

イメージ 14
そこは仁田元沢と笹ミキ沢の源頭部。別天地だった。

1680鞍部より尾根型無し。石塔尾根1850m付近に狙いを付け、磁石をセット。ここより、やや笹が深くなる。鹿道を捜しながらの登りとなった。倒木多し。倒木に足を引っ掛け2度転倒。斜めの尾根型が正面に見えだした。

イメージ 15
石塔尾根1840m付近に出た。

磁石をセットし直し、庚申山に向かう。

イメージ 16
庚申山着。12:00ちょうどだった。よく挽回したものだ。

狭い庚申山山頂に多くの人々がいた。展望地へ移動。ここにも人々が。

イメージ 17
皇海山は雲の中。なぜか、遠くに雪を頂く山が見えた。

昼飯を食っていると、いつの間にか人々が居なくなった。タバコを一服。ムセルがやめられん。

さぁて帰りましょ。アキレス腱を伸ばしてから出発。

途中先行の5人組の後ろに着く。なんだか足場が異常に脆い。岩が落ち着いておらん。赤い岩の転がる岩溝の急斜面だった。おかしいと思い、岩溝から這い出て上を見上げると、はるか上方の岩壁の下を人々が通過している。5人組に声を掛け、登り直す。ヤレヤレ。

お山巡りコースに入って庚申草を見物したいところだが、その余力はなし。

イメージ 18
道道に咲く花①

イメージ 19
庚申山荘付近。

イメージ 20
庚申山荘着。晴れていたのは朝のうちだけ。良く天気がもってくれた。

疲れた足を引きずって、銀山平に帰着。


それにしても、塔ノ峰から庚申山手前まではおいら好みの別天地だった。ツツジが咲いている時に行きたいものである。ハイトスさん、たそがれオヤジさん、いい山を紹介してくれて、ありがとうございます。
しかし、体にコタエルコースであった。

雨が降っておる。
明日の天気は、どうなんだろう。
なぜか、四国の山の事を思い出した。


四国には、実にいい山がたくさんあった。
深田久弥氏の「日本百名山」は山好きの人ならば読んだ方が多いと思う。その「後記」に百名山選定の苦悩がしるされている。北海道、東北、関東、上信越・・・と地域ごとにその選定の経緯が述べられている。ところが、四国の山に関しては、「石鎚山と剣山の二座は異議のないところと思う。」と、わずか半行の記述で終わっている。
おいらとしては、大いに異議あり!である。まぁ、選定当時と現在とでは諸般の事情が異なるので一概には言えないが。

現在感覚での、おいらの思いである。





イメージ 1
イザり峠からの三嶺(みうね・さんれい)。奥に剣山と次郎ギュウ。

イメージ 2
三嶺山頂。

一押しは、三嶺である。名頃から登るよりも、高知県側の久保影(影)からカンカケ谷経由が楽しい。稜線に出るすぐ直前にオカメ岩避難小屋があり、脇に水が湧いている。近くのイザり峠、天狗塚も美しい草原が広がっているので立ち寄るとよい。西熊山を経て三嶺までの尾根道は実に気持ちがよい。





イメージ 3
西赤石山。

愛媛県の法皇山脈にはいい山が目白押しである。
中央構造線のすぐ南側にあるためか、瀬戸内海から一気に1400~1700mの標高差が立ちあがっている。稜線を西に向かえば、石鎚山系につながる。

西赤石山は、アケボノツツジの名所。春は下からでもピンク色の山嶺が確認できる。山の北側、南側の山中には別子銅山の遺跡が多く残っている。足尾のような公害の痕跡は判らなかった。

東赤石山は岩がちな山。こちらもよい山であった。

イメージ 4
二つ岳よりエビラ山の稜線。

法皇山脈の二つ岳とエビラ山は岩稜の山。瀬戸内側から二つ岳に登った。鯛の頭付近は素晴らしい紅葉だった。エビラ山に向かったが、難路に阻まれ引き返した。



イメージ 5
伊予富士付近より寒風山、笹ヶ峰方面を遠望。

法皇山脈を西に進むと、平家平から笹ヶ峰にかけてすばらしい笹原の尾根が広がる。さらに西に行くと、寒風山、伊予富士、瓶が森が連なる。







さらに、さらに西に行くと石鎚山である。






イメージ 6
石鎚山系二の森より堂が森を振り返る。

石鎚山は、確かにいい山だった。特に保井野からのルートがすばらしかった。
保井野~堂が森~二の森~石鎚山で、累積標高差は2000mを越えるかもしれない。多分、現在の体力では日帰りできないと思う。

イメージ 7
二の森からの石鎚山。





とにかく、四国にはいい山が多かった。深田氏には、もう少し選定に迷って欲しかったなぁ。特に三嶺、赤石山、笹ヶ峰は何度も行ってしまった山である。
そして、今、多少の後悔があるとすれば、石立山の存在に気が付かなかった事である。多分、もう行く機会はないだろう。

山行日:2012.6.2
目的地:女峰山
コース滝尾神社入口(6:20)~殺生禁断碑(7:00)~稚児ヶ墓(7:40)~水呑みの碑(8:40)~白樺金剛(8:50)~八風(9:40)~遙拝石(10:00)~箱石金剛(11:00)~唐沢の宿(11:30)~(12:30)女峰山(13:00)~唐沢の宿(13:40)~箱石金剛(14:10)~遙拝石(15:00)~八風(15:15)~白樺金剛(15:50)~稚児ヶ墓(16:30)~滝尾神社入口(17:30)


今年も女峰山様での体力測定の季節がやってきた。
今年はどうしても西参道から登ろうと決意していたのだが、15:00から雨の予報、登山口到着の遅れ、体調不良を理由にまたしても滝尾神社入り口からの取り付きとなってしまった。

体力測定の結果は昨年に比べ、所要時間で1時間オーバー。昼飯時間を考慮すると1時間20分オーバーとなった。昨年は疲労が激しく赤信号が点灯したが、今年の疲労度も似たり寄ったり。所要時間を考慮し、女峰山登山の禁止令が発令された。

咳が止まらない。ここ1週間、咳込んだ後に1発クシャミが出るようになった。映画「どですかでん」の伴淳三郎のように。夜中にこのクシャミが出て、再び腰が痛くなってしまったのだ。


滝尾神社の駐車場に他に車はなし。石畳の道を少し下り、行者堂へ向かう。咳込むので、心してゆっくり歩いた。

鹿のドクロが倒木に載せてあった。

殺生禁断碑付近のツツジは、すでにシオレ気味。

イメージ 1
それでも、少し登るとこんな感じに。

イメージ 2
そしてどんどんツツジが増してきた。満開だぁ~。歩みがさらに遅くなる。

イメージ 3
そして、女峰山様がチラリと見えた。遠いなぁ~。

イメージ 4
稚児ヶ墓に到着。今年は稚児ヶ墓の盆栽型ツツジに花が着いていなかった。

イメージ 5
鳴虫山。その奥の高い山は?六郎地山?火戸尻山?

夕日岳なども見えた。

イメージ 6
白樺金剛を過ぎると、シロヤシオの世界に。

イメージ 7
八風手前では、アカヤシオの残骸が・・・。

イメージ 8
小鳥が人懐っこく寄ってくる。春ですなぁ~。

イメージ 9
八風到着。前女峰の赤いバンドが懐かしい。

イメージ 10
遙拝石到着。稲荷川対岸の絶壁群。

何を隠そう、これまで遙拝石から稲荷川対岸の光景をはっきり見た事が無かったのだ。多分6回目でようやく初見。兎に角、ウワサ通り、すさまじかった。

イメージ 11
桜は開花が始まったばかりだった。

そして、例年通り、ここから箱石金剛の区間でバテバテとあいなった。
箱石金剛の先からは雪が所々現れた。雪を踏み抜き股までズボリ。疲れきっているのに足が抜けなくてまいった。

イメージ 12
日光白根山。

イメージ 13
唐沢の宿到着。

足が動かないので、握り飯1個を食う。長髪のアンチャンが凄い勢いで登って行った。多分本日、黒岩尾根を登ったのは、アンチャンとおいらだけだったと思う。

さて、最後の登り。雪が多くて往生した。薙ぎを登りきった所から足が全然前に出なくなった。チョコレートを食ってみたが、効果なし。タバコを吸ってみたが、むせるだけ。遭難碑が現れ、石楠花、這い松となる。スローモーションのように山頂社に辿り着いた。山頂にズリズリと進み、リュックを投げ出した。

イメージ 14
すでに表日光連山にはガスがかかりはじめていた。

そのかわり、南会津のいまだ白い峰々が遠望できた。
セブンのカップラーメンと握り飯をパパッと食って山頂をおさらば。なにしろ、天気予報では15時より雨の予報。できるだけ下っておきたい。
そんな思いも、歩き始めて数歩で打ち砕かれた。全然下れん。足が疲れ切っていた。ギクシャク下るしかない。

イメージ 15
雷のような音がした。多分雷ではなく、規模の大きい落石か崖崩れがあったのではないかと思う。どこで起こったかは判らない。

疲れた足を誤魔化しながら歩くしかない。結局、登りで休んだ所では全て休んだ。

イメージ 16
写真を撮って疲れを誤魔化す。


イメージ 17
水場のそば。三つ葉ツツジが混じる。

稚児ヶ墓、殺生禁断碑と休み、薄暗くなった滝尾神社入口にボロボロで帰着した。
結局、雨は降らなかった。


所要時間で前年度を大幅に上回る。疲労度は前年並み。黒岩尾根からの退場を宣告されたような気がした。

大風呂敷を広げた計画は慎む事にした。

↑このページのトップヘ