2012年02月

山行日:2012.2.26
目的地:ウノタワ
コース:名郷(8:15)~石灰工場(8:45)~鳥首峠(10:00)~(11:00)ウノタワ(11:40)~(12:10)大持山(12:20)~妻坂峠(13:10)~名郷(14:30)


ハイトスさんやたそがれさんの記事にあった唐沢尾根の孤高の石灯篭を見に行こうと計画していたが、前日の冷たい雨故、土地勘の無い所へ行くのはあきらめた。この時期のピンチヒッターはどうしても奥武蔵になってしまう。奥武蔵も昨日の冷たい雨で積雪が増えているだろうと思って出かけた。

今日はアプローチからして想定外の事が続いた。

新秋津駅のコンビニで昼飯を調達しようとしたら、廃業していた。ここのコンビニだけで売っていた大福餅がもう食えないのかと思うと悲しかった。

飯能の駅前の吉野家で朝飯を食おうとしたら、店に「あと15分お待ちください」と張り紙がしてあった。いつの時点からの15分かは不明。バスの時間まで20分。迷ったが、近くのコンビニで焼きソバパンを買った。バスの出発時間になっても吉野家は閉っていた。

名郷に着くと、駐車場にかなりの車が停まっていた。昨日の雨の影響か、土曜日登山の方々も含まれているのか。

天気予報とは全然異なり、今にも降り出しそうな塩梅である。バスから吐き出された人々の半分は蕨山に向かったようだ。残り3名は鳥首、妻坂方面へ。おいらは、タバコを吹かし、コーヒーを飲み、グズグズと最後尾で出発。

林道に雪なし。これも想定外。湿った舗装道を行く。

余りの暑さ故、石灰工場の自販機で冷えたデカビタCを飲む。

イメージ 1
石灰工場にも雪は無し。

イメージ 2
白岩の廃集落にて。昭和45年の木札が奉納されていた。

白岩集落跡を過ぎるといくらか雪がでてきた。湿った雪だった。
鳥首峠も雪は少なかった。

イメージ 3
鳥首峠より、アイドル三つドッケと大平山・大ドッケを遠望。右端は坊主山か?

先行者が、橋小屋の頭の方へ向われるのをチラリと見た。後続の方が上がってこられた。この曇天の中、登山者が多い。おいらは、雨が降る事を願った。雨が降ったら大日堂に下ろうと思ったが、雨は降らなかった。

雪は少なく歩くのが楽だ。湿った雪が再凍結したような雪質だった。食べごろの「赤城シグレ」状態。気温が高いので、ベチョベチョの赤城シグレにならない事を祈る。とりあえず、今は、踏みしめる毎にバリバリ音が聞こえてきそうな感じ。

イメージ 4
赤城シグレの尾根を行く。

小さな岩場を越えた所から右斜面を下ってみた。以前から気になっていた所である。樹間の下方に平坦地らしき地形が見えるのである。

イメージ 5
平坦地着。おいらは、こういった所が好きなのである。


イメージ 6
どうやらこの平坦地はウノタワに続いているようだ。ここだけは、ズボズボと潜る。無精をこいて、スパッツを着けていなかったので靴の中に雪が入りこんでしまった。

イメージ 7
ウノタワ着。今日もここで昼飯を食う。セブンの坦々麺を食う。(タンタンは字があっているのか?)

イメージ 8
小鳥が鳴いていた。静寂だ。

静寂を破るように、二重山稜の東側の尾根から大型動物の気配が!ついにお出でなすったか!!緊張して身構えた。が、人間であった。あらぬ所から現れたのでびっくりしてしまった。当のお方はこちらに気が付かないようで森の中を歩いている。道迷いのお方か?まぁ、そっちに歩けば数10mでウノタワの解説板が目に入るだろう。おいらはタンタン麺を再びすすった。スープの味噌が溶けきらず、薄味であった。最後の一ツユが妙に濃かった。
山中方面から若者が現れた。先ほどのご仁だった。聞けば、山中から登ったが道型が埋まりケモノの足跡を追い登ってきたのだそうだ。中々清く正しい青年ではないか。青年は休む間もなく大持山の方へ去って行った。

イメージ 9
おいらも、そろそろ出発しよう。

相変わらず、不思議と滑らない雪が続いた。いつもなら苦労する横倉山の登りもアッサリクリア。

イメージ 10
少し雪が増えたようだ。

イメージ 11
大持山着。酉谷山、坊主山、大平山などが見えた。うっすらと雲取山が見えたような気がした。

大持山には数人の方々が休憩中。長沢背稜の山々は雪が多そうに見えるが、実態はどうなのであろうか。矢岳、熊倉山が気になるねぇ~。

早々に引き揚げる。雪が多ければ妻坂峠への下りは楽である。はたしてどうなのか?

イメージ 12
はたして、雪の量は楽して下れる下限ギリギリであった。赤城シグレ状の雪をボリボリ音をさせて下った。助かった。

妻坂峠からの下りは食べ残しの赤城シグレがベチョベチョになった感じ。つづら折れが終わると雪は完全に消えた。

イメージ 13
キングコング岩

いつもなら滑ってどうしようもない車道も、雪が無く呑気に下った。

イメージ 14
想定外に早く下れたので、気になっていた車道脇の石段に登ってみた。

イメージ 15
岩のひさしの下に、小さな祠と、

イメージ 16
こんなものが祭られていた。

名郷に帰り着くと、気温は朝より低く感じられた。またしても自販機でコーヒーを飲んでしまった。今度は温かいものを選んだ。
そして、飯能駅前の吉野家は、何事も無かったかのように営業していた。

山行日:2012.2.19
目的地:金精トンネル入り口
コース:湯元(9:00)~(10:50)金精トンネル入り口(11:10)~湯元(11:40)

テレビはほとんど見ないのだが、レッドカーペットショーの特番を見逃すわけにはいかない。
23時過ぎまで見てしまった。寝不足に弱いおいらは、翌朝早起きできるはずもない。軽い歩きにしよう。日光市と片品村の天気予報をチェックしたら、どちらも「晴れ時々曇り」だった。スキーで金精様を見に行くことにした。

東北道を走っていると、筑波山の右側から太陽が昇ってきた。赤城山の方から東に向かって一本の真っ黒い雲が伸びていた。変な雲だった。とりあえず日光の山々は見えなかった。

8:30に湯元着。小雪が舞っているワイ。奥山は薄雲に覆われている。グズグズと準備。スキーが泥だらけだったが、そのままシールを貼った。

イメージ 1
五色通りを行く。先行あり。極太スキーの跡が。時折、陽が射す。上に行ったら金精様を拝めるだろうか。

白根山登山口を過ぎると、なんと極太スキーヤーがもう下ってきた。年配の方だった。道型がなくなるも、そのまま金精沢を登る。広い沢筋なので雪崩の心配はいらない所だ。

イメージ 2
金精道路に合流。こりゃぁ、金精様とのご対面は無理か?

イメージ 6
金精道路を突っ切り、なおも沢型を詰める。また、少し陽が射してきた。

イメージ 3
2回目の金精道路合流。おおっ金精様が出迎えてくれたワ!

ここより、金精道路を歩く。風が強くなる。

イメージ 4

イメージ 5
金精トンネル入り口着。

蜂蜜漬けのサツマイモを食う。手と口の周りがベチョベチョとなる。
お次はタバコを一服と思ったが、火が着かない。イライラ感がつのる。

イメージ 7
金精様をバチバチ撮り、おさらば。

金精道路は全く滑らなかった。スキーにノリでも着いているようだ。しまったな、ワックスを持ってこなかった。たまらず橋の所から沢筋に降りた。何とかスキーが滑り出した。

次の橋の所で、二人組のスキーヤーに会った。金精峠に行けるか聞かれた。おいらは、ストックで雪を突くように言った。「雪が完全に二層に分かれているでしょ。薙ぎの横断もあるし、危ないと思いますよ。」と言っておいた。

ここからは、緩斜面ではあるが、パラダイス的にスキーが滑り始めた。途中中高年の団体と小学生の団体とすれ違う。ガイド付きの雪原散策であろうか。完全に圧雪状態の林道となる。ズンズン滑って、あっという間に湯元に着く。

車に戻り、タバコを吸い、雪灯篭を見て、湯の湖畔で写真を撮ったりした。

イメージ 8
日光湯元

イメージ 9
湯の湖


イメージ 10


イメージ 11
湯の湖の下流側は凍っていた。


とりあえず、金精様を拝めたので、満足して帰った。

山行日:2012.2.11
目的地:赤岩滝
コース:赤沼茶屋(7:10)~(11:10)赤岩滝(12:10)~赤沼茶屋(16:00)

金曜日に帰るとsajunさんから赤岩滝に達したとの書き込みがあった。う~ん、踏み跡が残っているかもしれない。ならば、鈍足のおいらでも赤岩滝に達する事ができるかもしれないナ。急遽予定を変更し、二週連続で赤岩滝に向かう事とあいなった。

イメージ 1
今週は、正統にワカン、アイゼンをザックにほったり込み出発。アレレ、予想に反し、小田代林道は先週より雪が多いではないか!しかしながら、ツボ足て゜OK。

写真家のオッサンが山腹から飛び出してきた。と思ったら小田代ヶ原に到着。

イメージ 2
小田代にて、とりあえず1枚撮る。天気は上々。

小田代を過ぎると、踏み跡は極太のショートスキーのみ。新しい踏み跡だ。新雪あり、こりゃぁ、sajunさん御一行の踏み跡は期待できないかもしれんなぁ。

弓張峠を越える。ショートスキーの方も滑らないようで、シュプールが乱れていた。ショートスキーのお方よ、赤岩滝に向かってくれ~。悲痛な叫びである。残念ながらショートスキーはツメタ沢に向かってしまった。ムムムッ・・・。(汗)。

鼻水をズルズルとすするも、流れ出る。首に巻いたタオルでぬぐえば、一瞬で凍りついた。

イメージ 3
あざみ橋に到着。おおッ。しっかりした踏み跡が残っているではないか!ラッキーだ。

とりあえず、ツボ足で柳沢林道に入る。踏み跡を辿ればワカンは不要。あっけなく、西の湖分岐に着く。先週の苦労は何だったんだい!
しかし、分岐を過ぎると、sajun様御一行のものと思われる踏み跡のみとなる。時折、踏み跡が新雪か、流れ雪かに埋没している。そんな時はズボズボと靴が潜り込んでしまう。たまらずワカンを装着。いくらかマシな程度。兎に角踏み跡の僅かな痕跡を探しながらの歩きとなる。そして、案外アッサリと先週のギブアップ地点に辿りついた。この分なら何とかなりそうだ。

しかし、その後、踏み跡の痕跡が中々見つからなくなる。急速にバテる。時折現れる踏み跡がヤケにありがたい。

林道に倒木があり、それを回避すべく一旦河原近くまで下り、再び林道に戻ろうと登り始めた。すると、下方から呼び止められた。「どこえ行くんですか~」と声がする。「滝までで~す。」と答えると、「そっちじゃないよ、ここから川を渡るんだよ。」

再び河原に降りた。年配の方だった。「赤岩滝は始めてですか?」と聞かれ、「ええ」と答えると、「夏に一度来ておかないとここは危ないよ。」とたしなめられた。尤もであります。

ここまでのトレースに感謝され、「ここからは私が先に行きましょう。」と言われ、素直に従った。
ここいらの山にやたら詳しかった。そして、古びた青いザックを目にし、ピンときた。「ちなみに、ブログなど見られるのですか?」とおいらが聞くと、「魔法使いさん、キリンコさん、グッチャンさんのを見ていますよ。」との事。そのお三方を見ていて、もう一方のブログを見ていないのは不自然だ。「もしや、アキ爺さんではありませんか?」

まさにアキ爺さんだった。
握手を交わした。

日光周辺の山々に関する知見でこの御仁に勝る人は居ないのではないかと思われるお方である。山のルート、動植物、歴史、等々幅広い知識をお持ちである。
過去、何度かすれ違った事はある。

イメージ 4
柳沢林道を離れて、力強く歩くアキ爺さん。

イメージ 5
谷が狭まった。一人歩きだったら、この辺で引き返していたかもしれない。

イメージ 6
そして、赤岩滝に辿り着いた。4時間を要した。

アキ爺さんは熱心に写真を撮られておった。なんでも、写真家のお友達にシゴかれているそうだ。

イメージ 7
近くには、小規模なブロック雪崩の跡が。

写真を撮ったり、飯を食ったりし、1時間程ここで過ごした。

すると、美男・美女の御夫婦が現れた。本日4名が赤岩滝に達したのだ。この御夫婦も日光の滝に詳しかった。かなり奥地の滝まで訪れているようだ。凄い方々はいるものですねぇ~。

さて、お帰りも難しい所はアキ爺さんにほぼ先行して頂き下った。

イメージ 8
ここは、良いナメ滝だそうだ。

イメージ 9
柳沢川渡渉点①

イメージ 10
柳沢川渡渉点② ①と同じ場所です。

柳沢林道に出てからは、日光の山々についていろいろと教えて頂いた。長い林道歩きも気分的には短く感じてしまった。

イメージ 11
小田代ヶ原で一服。

イメージ 12
竜頭の滝上に駐車されているアキ爺さん。名残り惜しくもお別れだ。


赤岩滝に達し、満足な一日であった。しかし、幸運が重なっての事のように思われる。そして、何と言ってもアキ爺さんと半日に渡って同行できた事は、無上の喜びであった。そして、sajunさん御一行にもお礼を申し上げねばなるまい。

山行日:2012.2.4
目的地:赤岩滝
コース:赤沼茶屋(8:10)~小田代(9:00)~弓張峠(9:10)~西の湖入り口(9:50)~柳沢林道分岐~鳥居(10:30)~宿堂坊山東尾根付近~(11:10)撤退地(11:40敗走)~柳沢林道分岐(12:10)~(12:30)西の湖(12:45)~西の湖入り口(13:20)~弓張峠(14:20)~(14:30)小田代(15:00)~赤沼茶屋(15:50)

今週も雲竜を予定していた。何故か直前で気が変わってしまった。以前アキ爺さんが厳冬期に赤岩滝に達していたのを思い出してしまったのだ。アキ爺さんの記録には、コースなどの記載は一切無い。どうやって行こうか。往復8時間位は覚悟しなければなるまいな。
夏道最短コースは竜頭の滝上からの入山であるが、考え抜いた末、クロスカントリースキーで赤沼から入山することにした。最後はスキーが使えないだろうから、ザックに冬靴とアイゼンとワカンをブチ込んだ。

クロカンスキーを利用すれば弓張峠からの下りで時短できるはずだ。ただし、クロカンスキーは持っていない。三本松で借りることにした。茶屋が開くのは8時頃だろう。出発時間が遅くなるのがこの計画の難点ではあった。

7:40頃に三本松に着いた。幸い茶屋の爺さんが犬の散歩から帰った所だった。早速スキーを借りた。1500円だった。
赤沼茶屋に戻り、出発。便所の脇でいきなりコケた。スキーの先端に青空が見えた。腰からケツにかけてしたたかに打ちつけた。クロスカントリースキーは20年程前に宇都宮のオオハシスポーツの講習会で山王峠まで利用した事がある。その他に赤沼~小田代往復をした事がある。特に問題なく使えたのだが・・・。寄る年波のせいか。ちなみに腰とケツは帰宅した今も痛い。
後傾がいけないのだ!そう言い聞かせ、前傾にする。10CMほどの下り段差で前のめりにツブれた。まずいねぇ~。先が思いやられる。

イメージ 1
小田代林道にでた。

小田代林道は除雪されていた。何のための除雪なのだろうか。車のワダチ。バイクまたはマウンテンバイクのワダチが見える。スキーがワダチにとられ歩きにくい。写真家諸氏が次々に戻って来る。ここでコケルわけにはいかんワイ。
ところで、早朝は快晴だったが、雲が多くなってきた。

イメージ 2
小田代ヶ原到着。奥奥日光の山々は雲に覆われていた。

ちなみに、小田代ヶ原南岸の遊歩道は進入禁止になっていた。弓張峠から廻りこむように指示されていた。

イメージ 3
弓張峠着。足元は心もとないが、想定時間に着いた。

さあ、ここから滑降だ!意気込んでみたものの、スキーは全く滑らず。ものの数十m滑ったに過ぎなかった。結局、西の湖入り口まで時短は全くできなかった。

イメージ 4
西の湖入り口に到着。

待ってましたの深雪である。ムフフッ。ここからスキーの威力が発揮されるだ!喜んで深雪ゾーンへ突入したものの、スキーが沈んでラッセルに苦しむ。クロカンスキーでは深雪は無理なのか?その上、チョットした吹き溜まりもまともに登れない事が発覚した。ムムムッ、まずいねぇ~。

イメージ 5
こいつが、何となく足手まといになってきた。

イメージ 6
4.3kmかぁ~。結構あるねぇ~。ここから柳沢林道である。

西の湖入り口から大岳への登り口の鳥居まで40分を要してしまった。

イメージ 7
宿堂坊山東尾根の末端が見える。夏なら分岐から15分の所である。随分時間がかかってしまった。

このペースでは、赤岩滝は絶望的である。赤岩滝に到達できないのであれば、この単調な林道を歩いても仕方が無い。11:10に撤退を決意した。諦めが早いのがおいらの特徴。

イメージ 8
どこだか判らんが、ここで飯を食った。セブンイレブンのロゴ入りカップ麺「トンコツ味」を食った。期待を裏切るものであった。

さて、帰ろうか。と思った時手袋を風に飛ばされた。アセッテ手袋を追った。無事回収。アレッ、全然ツボ足でいけるじゃん。実は、大した雪の量ではない事が、ここで発覚した。下りで滑らないワ、大した雪でもないのに沈み込むワ、段差を乗り越えられんワ、いい事無しのスキーであった。打ち捨てたいところであるが、借りたもの故返さなければならない。スキーを履いて敗走した。
さすがに、往路のラッセル跡があるので帰りは早かった。アッと言う間に西の湖の分岐に着いた。

イメージ 9
すると、西の湖に向かって新しいスノーシューの足跡が深く着いているのが目に入った。せめて西の湖に行ってみるか。

スノーシューの跡にスキーを入れると楽に進めた。結局、ある程度整備された所でしか使えないと言う事か?いや、おいらの体力と技術が不足しているのかも知れんなぁ。

イメージ 10
西の湖到着。スノーシューのオッサンがお一人お食事中。

イメージ 11
上空を雲が激しく行き交う。

イメージ 12
雪面の陰影が面白く、何枚も撮ってしまった。

パッと明るくなったり、小雪がちらついたり風景画めまぐるしく変わった。面白くってずーッと見ていた。

帰りの赤い橋でまたコケル。イヤになっちゃうねぇ。とりあえずラッセル跡にスキーを入れれば楽である。楽なのは西の湖入り口までであった。ここから弓張峠への登り返しは辟易とした。抜け目無くツメタ沢の入り口などをチェックした。ムフフッ。

小田代に寄り、大休止。

イメージ 13
小田代ヶ原

イメージ 14

イメージ 15
ここでも光の陰影が面白く、長居をしてしまった。

そしてチッとも滑らない小田代林道をスキーで歩いた。

イメージ 16
ようやく湯川に着いた。

スキーを返却し、安売りの干し柿を食いながら帰宅した。
そして、腰とケツ、上半身の筋肉が異常に痛いのだ。

↑このページのトップヘ