2011年01月

山行日:2011.1.22
目的地:社山、大日尾根下降
コース:歌ヶ浜(8:20)~阿世潟(9:30)~中禅寺湖南岸尾根・阿世潟峠西方1430m付近(10:10)~(12:10)社山(12:40・敗走)~阿世潟峠西方1430m~阿世潟(14:00休)~歌ヶ浜(15:40)


(社)雪センターの積雪情報を見るのが日課になりつつある。秋田県矢島、山形県肘折、山形県大井沢、福島県田島などが、おいらの注目地点である。東北中部、北部などは、累積降雪深が少ない割りに、現在の積雪深が近年に無く深い。春スキーが楽しみである。当然日光湯元も欠かさずチェックを入れている。先週の土日にドカ雪が降ったようである。例年であれば1月下旬から2月にかけて積雪深が増えるようであるが、今年は少し早めに雪が深くなったようである。

という訳で、日光に行ってみよう。日光市晴れ。片品村曇りの予報である。天気は微妙であるが、おいらのアイドル社山にしよう。雪が深そうなので、一般ルートで登り、大日尾根を下りにとろう。
装備は、ワカン、アイゼン、ストック。服装は、下着がヒートテック2枚重ね、もも引き。スキーズボン
にチェックのシャツと通勤用のセーターにスキージャンパー。

前夜は帰宅が遅く、早起きできなかった。まぁ良い。誰かが先行のトレースを付けてくれるだろう。
栃木IC付近で、男体山が赤くもえていた。日光市内にはけっこう雪がある。いろは坂は完全除雪されていた。ノーマルタイヤでも上がれた。立ち木観音へ左折すると道に雪が残っていた。4WDモードにして、ソロソロと走る。歌ヶ浜駐車場に無事到着。他に車は4~5台程度か。余り寒さを感じないので、スキージャンパーはリュックに押し込んで出発。

イメージ 1
天気はまずまず。男体山には薄雲がかかっているが、社山は晴れている。白根方面は雲の中。駐車場には雪がごっそりあった。

イタリア大使館までは圧雪されていたが、部分的に波打つような吹き溜まりがあり、先週の大雪が偲ばれた。圧雪は民宿半月荘まで。その先からは、最大すね程度のズボズボの雪道となる。先行の足跡は2人分か。先行者の足跡に足を入れて歩くが、結構疲れる。


イメージ 2
雪が深いのぉ~。

イメージ 3
男体山はボンヤリとしている。鉛色の中禅寺湖とともに、キレが無いねぇ。

阿世潟に着いた時にはへばっていた。
幸い、新しい足跡と古い足跡2つが、阿世潟峠に向かっていた。足跡が有るのと無いのでは大違いである。
少し登り、小沢を渡る橋を過ぎた所から格段に雪が深くなった。もも以上の所もある。先行の足跡は夏道を捨て、チョロチョロと笹の頭が出ている小尾根に向かっていた。おいらも堪らず小尾根に取り付いた。夏道よりも遥かに雪が少ないが、急斜面である。先行者はアイゼンを着けたようだ。おいらは、ズボラ癖が出て、キックを蹴り込み登った。新しい靴は、キックをしてもつま先が痛くない。いいねぇ~。とはいえ、進みが悪い。結局、阿世潟峠西方の1430m付近で中禅寺湖南岸尾根に達した。阿世潟からここまで、通常の約2倍の時間を要してしまった。ここより、アイゼン装着。

イメージ 4
男体山は、薄雲がまとわりついたり、晴れたり、めまぐるしく様子が変わる。


イメージ 5
鹿が雪を掘って笹を食ったのだろうか。雪面が荒れていた。

イメージ 6
疎林に至ると、雪がパックされ、潜らなくなってきた。

イメージ 7
それでも、こんな所は、よく潜る。

イメージ 8
ようやく、社山山頂に着いた。12:00を過ぎていた。このコースでの鈍足記録を更新したと思う。

イメージ 9
石塔尾根も真っ白だ。険しいな。


山頂の先の雪原で、お一人休んでいた。トレースに感謝した。

イメージ 10
皇海山はどんよりしているが、見えた。

ラーメンを食いながら考えた。この時間で、この鈍足。大日尾根にトレースは期待できない。大日尾根下降はアッサリ諦めた。来た道を帰ろう。
もう一本タバコを吹かせて、おさらば。

イメージ 11
男体山を見ながらワッシワッシ下る。快適な下りだ。

イメージ 12
なおも下る。
イメージ 13
どんどん下る。鉛色の中禅寺湖は、らしくないねぇ。


体格の良い爺さんが登ってきた。「社山はあれかい。」と聞くので、「いいえ、もう少し先ですよ」と答えた。多少不安げな顔をしていた。「この先で、傾斜が緩みますよ」と慰めた。慰めないほうが良かったかも。などと思う。

イメージ 14
落葉松林まで下ると、雪が悪くなってきた。アイゼンは、高下駄製造機になった。ここよりギクシャク下る。あっという間にバテル。

最近のアイゼンには雪の付着防止機能があるらしい事を知ったのは、つい最近の事。

1430mで、南岸尾根を捨て、北上。強引に下る。登りと違い、僅かな時間で夏道付近に合流。ところが、ここからが地獄。傾斜が緩み、深雪、高下駄に悩ませられる。今思うと、ここでアイゼンをとっちまえば良かった。


イメージ 15
ヘロヘロで阿世潟の浜へ着く。

オーバー手袋をとり、軍手をホッポリだしたら、すぐに凍りついてしまった。不思議に寒くなかった。結局、ジャンバー無しで過ごせた。ヒーットテック、恐るべし。
ここから、歌ヶ浜まで、遠っかた事。



イメージ 16





歌ヶ浜に着くと、陽はすでに傾きかけていた。予想外にキツかった。いやな疲れが残っている。爺さん、大丈夫だろうな。

山行日:2011.1.10
目的地:明智平~古峯神社
コース:明智平~ロープーウェイ(9:40)~茶の木平東端(細尾峠分岐)(11:10)~篭岩(11:40)~(12:50)細尾峠(13:10)~国道(14:10)~細尾(14:40)~清滝(14:50)

収縮した革靴に見切りをつけた。20年使用でビブラムを2回張り替えたものである。しかし、足の親指が痛くて仕方がないのである。年末についに新しい靴を買ってしまった。店の店員に6万円もするやつを進められたが、とんでもない。2万円台のヤツである。店員は、「この靴では足が冷たいですよ。」と言っていた。安物買いのオイラとしたら、これで充分だと思う。アルプスの冬山など登る事は無いのだから。

新しい靴の履き慣らしに行こう。雪が全然無ければいやだなぁ。少しは雪があって欲しい。という訳で、明智平から古峯神社への禅頂行者道に出かけてみた。
少々甘く見すぎていた。ストックなし。ワカンなし。オーバーズボンなし。で出かけたのだ。

東武日光駅で降りた登山者は、先週に比べ激減していた。湯元行きのバスはガラスキ。明智平で降りた人間はオイラのみ。
ロープウェイ乗り場は閑散としている。売店のソバ屋のネイさん達がおしゃべりに花を咲かせている。
ロープウェイに乗ろうとすると、切符売りのネイさんが、10分待ってください、との事。外に出て、タバコを吹かせてから、切符売り場兼改札口に出直すと、お兄さんが、これから試運転をするので10分待ってください、との事。おいおい、始発は9時ではなかったのカイ。結局出発は9:30を大分過ぎてしまった。

イメージ 1
ロープーウェイで2分の空中散歩。390円。20分待たされたら、歩いても同じであった。


イメージ 2
ロープウェイ山頂駅より。奥の方は曇っている。

イメージ 3
女峰山は晴れている。

イメージ 4
男体山も晴れている。

駅舎の先の登山道にはロープが張られていた。どうしたことか、駅舎の兄さんが、くぐって行ってください、と言うので、ハイと返事をし、ロープをくぐった。

いきなりの雪だった。作業衣の綿のズボンが雪まみれになる。最初の小ピークでスパッツを着けた。歩くに従い、雪は深くなった。

イメージ 5
道標はあっても道が見えない。

やがて、足は膝までもぐりだした。そして、モモまで・・・。古い足跡を見つけた。笹がいくらか出て居る所を歩いている。足跡を追う。が、見失う。笹も隠れ急斜面となると、振り出した足がズブズブと潜り、全く高度を稼げなくなった。シュカブラの上は潜らないので、シュカブラを辿るが、5歩目にはズボリと股まで潜る。茶の木平まで遠いのぉ~。ワカンを持って来るべきだったのぉ~。

イメージ 6
ウサギの足跡しかないワサ。


イメージ 7
樹間からの男体山に慰められる。


イメージ 8
茶ノ木平付近にようやく到着。ロープーウェイ跡の展望所まで行こうと思っていたが、とても無理。細尾峠への分岐標柱を見つけ、そそくさと細尾峠に向かう。

ここまでに時間がかかりすぎている。ここで古峯神社は無理だと悟った。装備不良だった。細尾峠に向かっていると、モモ裏に何かが当たる。綿のズボンが凍りついていたのだ。ありゃまぁ。まずいねぇ。戻るか。しかし、細尾峠に行くのも時間的に大して変わらんだろう。取り敢えず、細尾峠に向かう。

イメージ 9
篭岩の石仏も寒そうねぇ~。

篭岩の先1453mピークからの下りは、少々アセッタ。尾根幅が広がりルートが判りずらい。2.5万図も持ってこなかった。昭文社の地図に磁石をアテる。が、いかんせん荒いねぇ。時折赤テープを見かけて安心したりもした。赤テープを完全に見失った。派生する小尾根が多いのぉ~。幸い弩ピーカンだったので、広い尾根の端から端まで横切って地形を観察し下ったりした。

イメージ 10
少し雪が減り、潜ることは無くなった。

運よく道型を発見し下った。

イメージ 11
道が見え出し、鉄塔を2基越え、細尾峠に降り立った。


イメージ 12
細尾峠には、日光修験の御札があった。日光山中で日光修験道の御札は初めて見た。

イメージ 13
日光修験道の他、多数の御札が散乱していた。那須修験道も見られた。意外にも定番の熊野修験道が見受けられなかった。雪の下にでも埋まっているのかもしれない。

細尾峠で立ったまま握り飯を食った。すでに13:00であった。古峯神社のバスは15:50だ。今日のペースでは、とても無理。厭だが、車道を下るしかあるまい。

イメージ 14
細尾峠を少し下った所にあった。遠いのぉ~。

イメージ 15
旧道の日蔭は凍りついている。

くねくねした車道を歩くのは厭だ。車は1台も来ない。誰か乗せてくんないかなぁ、などという甘い考えは通用しなかった。

くねくねが余りにもヒドイので、短絡しながら下った。藪に入り駆け下る。と、道路の手前の落ち葉に足を置くなりズボリとハマリ、かえるがノビタように前のめりに転倒した。肩に激痛が走った。しばらく車道にうつ伏せになっていた。右肩は昨年来、痛いのだ。50肩か・・・。兎に角、間接が弱い。膝、腰、肩と全て右側が悪い。取り敢えず、短絡はやめた。すると、国道122号に出た。

昭文社の地図には旧道は「冬季通行止め」と書いてあったが、本日はゲートが開いていた。そういえば、15年位前には、真冬に細尾峠まで車で上がったよな。

国道をトボトボ歩く。
もうすぐ細尾と思った頃、バスがおいらの脇を走り抜けた。バスはすぐそこの信号で一度止まり、再び走りだした。あ~ぁ。信号の手前にバス停があった。30秒、いや20秒遅かった。クソッタレと思った。

イメージ 16
今日下った尾根

イメージ 17
細尾付近から男体山。こんな写真を撮っているからバスに乗れなかったのだよ。


清滝三丁目のバス停で時刻表を見ると、35分待ちであった。再び歩いた。
古河電工の正門前にうどん屋があったので、そこに入った。客は他に、爺さんが一人。ラーメンはすぐできるかと聞くとハイと言うので注文した。そして、ラーメンが爺さんの所へ運ばれた。すると、爺さんが「アンタ急いでいるんでしょ。」と言い、店員に自分のラーメンをおいらの所へ運ぶように言った。おいらは、断ったが、爺さんがどうしてもと言うので有難くいただいた。余りにもラーメンが早く来たので、バスの時刻には早すぎる位に食い終わってしまった。しかし、爺さんの手前(おいらは急いでいる事になつている)、おいらは爺さん礼を言い店を出た。

そして、また歩いた。

すると、一台の車がおいらの脇に停まった。婆さんが「何処まで行くのか。」と聞くので、「日光駅まで」と答えた。婆さんは車に乗るように言うので、ありがたく乗せて頂いた。婆さんは清滝在住。これから日光駅近くまで、精米に行く所だといっていた。清滝にはコイン精米所が無いそうだ。

細尾までは、ひどい目にあったが、清滝からは良い回転になった。東武日光駅では、10分後の臨時特急列車に乗れた。


最後は、良いフィナーレを迎えたが、いい歳こいて反省すべき点が多すぎた。
それにしても、清滝には親切な方が多かった。

山行日:2011.1.3
目的地:日光金谷ホテル裏から松立山
コース:東武日光駅(8:35)~星の宮・日光金谷ホテル(9:00)~790m鉄塔(9:30)~869m松立山(10:00)~銭沢不動尊分岐(10:20)~897m峰(10:30)~化星の宿(10:35)~合峰(11:10)~(11:40)鳴虫山(12:00)~滝が原峠分岐(12:15)~山ノ神~千載宿~969m峰(12:50)~滝が原峠付近県道(13:10)~憾満が淵(14:00)~神橋(14:20)~(14:25)ラーメン屋(15:20)~東武日光駅(15:35)

前日、避難小屋泊のハイキングに行こうとしていたが、頭痛で取りやめにした。葛根湯を3回飲んだらほぼ回復した。何処へ行こうかと悩んだ。あまりキツイ所は厭だ。登り残していた日光金谷ホテル裏のルートで鳴虫山に行くことにした。このルート、松立山までは三峯五禅頂の夏峯ルートである。また、冬峯の下山ルートでもある。

実のところ、金谷ホテルルートの登り口は、良く判らないまま出発した。


イメージ 1
まずは、星の宮に新年のご挨拶。今年も一年間、日光の山にお世話になります。


星の宮の上にある日光金谷ホテル。恐る恐る正門から入場。玄関前にお神酒が並べられている様子。蝶ネクタイのオッサンが横に立っていた。おいらは、目を合わさないように伏し目がちにそそくさと右手に向かう。呼び止められることも無く、無事通過。
ホテルの裏手に「大黒山→」がある。大黒山は偵察で一度登っている。そこには石像などがかなりあり興味深いのだが、そこからは恐らくイノシシ像コースに繋がるはずである。大黒山入り口のすぐ先に駐車場のような所があった。駐車場の後ろに顕著な尾根があった。地図を確認。この尾根が夏峯で使われた尾根であろうと思われた。
駐車場の端から尾根に取り付いた。とりあえず道はおろか踏み跡さえなかった。ポコポコと小ピークが連なる。尾根は大谷川を見下ろすように続いている。

イメージ 2
樹間から女峰山が見える。好天気である。日光の社寺も見える。工事中のようだ。

イメージ 3
こんな感じの尾根。藪は無く、歩きやすい。

イメージ 4
790m鉄塔台地に到着。どうやら、目的の尾根のようだ。

790mの鉄塔台地は、下り要注意の所だ。顕著な支尾根が真っ直ぐ下っている。下りはのっぺりした左斜面を下らなければいけない。

見覚えのある超急斜面を登ると869m松立山だ。ここでイノシシ像コースと合流。取り敢えず、所期の目標はアッサリ達成された。
薄い踏み跡が現れはじめ、いっそう歩きやすくなった。銭沢不動尊の分岐を過ぎれば、すぐに897m峰となり、少し下ると化星の宿だ。

イメージ 5
化星の宿跡。

イメージ 6
化星の宿の少し上。ここの石祠は、転がっていた。以前からこうだったけか?

イメージ 7
さらに進むと、またしても超急斜面が。ロープが無ければ登れない。

イメージ 8
合峰着。石祠の中を見れば・・・。またしても那智山青岸渡寺。「奉修行下野国松立山入峯」とあった。

この頃より、雲量が増す。取り敢えず鳴虫山に向かう。途上、オッサンが鳴虫山から降りてきた。「地蔵さんからですか。随分時間がかかっているようだね。」と言われた。おいらは、「化星の宿からです。」と言ったが、理解されていないようだった。オッサンは「切り込み刈り込み」のスノーハイクの事を言っていた。しきりに雪崩の心配をしていた。関係者に雪崩の心配があるので控えるように言われたようだ。確かに一部狭い所があるが、あそこで雪崩れるのだろうかという思いがあった。しかし、余計な事は言わないほうがいいだろう。不安があれば、行かないほうがいいに決まってる。

イメージ 9
鳴虫山山頂より、男体山。すでに雲がかかっていた。

山頂には足跡がたくさんあったが、今は誰もいない。本日はオッサンとおいらだけのようだ。握り飯をさっさと食い、山頂を下る。合峰手前まで戻り、「この先道はありません」の立て札を無視して滝が原峠への尾根に侵入した。

イメージ 10
滝が原峠への尾根を下る。薄い踏み跡が微妙に見える。

イメージ 11
尾根を下りきる、少し手前に「山ノ神」がある。

イメージ 12
そして、気持ちの良い、藪道を進む。

イメージ 13
969m峰手前の石祠。千載宿に比定されているようだ。

石祠を見送り登りきった所で、尾根が二つに分かれる。左に少し登ると969m峰だ。薄い踏み跡を下る。やがて、細く緩やかな尾根となり、尾根のT字路となる。前回は左に少し行き、強引に車道に降りた。今回は右に行って見た。県道がヘアピンカーブする所に降り立つことができた。

イメージ 14
県道小来川・清滝線を下る。女峰山様は雪であろうか。ここらでも僅かに雪が舞った。

日光高校グラウンド左手に短絡道を行く。

イメージ 15
化け地蔵。外人が大挙してやってきた。

イメージ 16
寒々とした憾満が淵ではあったが、それほど寒くは無い。

イメージ 17
冬だというのに、大谷川の水量は多い。右手の尾根が今日登った尾根。

イメージ 18
神橋着。奥のポコポコした尾根が今日登った尾根。


神橋を通過。ラーメン屋でビールを飲み、ラーメンを食う。店の婆さんと長話をし店を出る。東武日光駅で特急券を購入したかったが、満席。各駅停車で3時間強の長旅を強いられた。

↑このページのトップヘ