2010年10月

山行日:2010.10.23
目的地:大日尾根から中禅寺湖南岸尾根
コース:歌ヶ浜(6:10)~阿世潟~阿世潟・大日尾根取り付き~大日尾根~中禅寺湖南岸尾根~黒桧岳~千手ヶ浜~赤岩~竜頭の滝~菖蒲ヶ浜(14:55)

大日尾根の呼称が一般化しているかどうかは知らない。中禅寺湖大日岬から中禅寺湖南岸尾根に突き上げる尾根をそう呼称しているようだ。以前、大日岬から大日尾根に取り付いたが、石楠花藪に悩まされた。
手前の上野島付近から取り付いたときは、取り付きの急斜面に難儀した。阿世潟の浜から二つめの橋を渡った所にある小尾根から大日尾根に取り付ける。ここが、歩きやすく時間的にも最も短いと思う。

紅葉見物に大日尾根と中禅寺湖南岸尾根にでかけた。千手ヶ浜から菖蒲ヶ浜で紅葉を堪能する時間を得ようと最も短時間で登れる阿世潟からのルートを選んだ。

前夜、濃密な霧の中、いろは坂を登った。23日は一日中快晴の予報が出ていた。
歌ヶ浜で目を覚ますと中禅寺湖畔はやはり霧に覆われていた。もう一眠りした。5:30に再び目を覚ますと、霧は無くなっていたが、周辺の山はガスに覆われていた。とても快晴が望めるような雰囲気ではなかった。紅葉も思っていたほど進んでいなかった。
パンをカジリ、出すものを出し、6:10に歌ヶ浜を出発。

イメージ 1
出発の頃には、ガスが切れ始めていた。

社山をはじめとする中禅寺湖南岸尾根は、厚い雲に覆われていた。
例年に無く、人の数は少ない。紅葉の色付きは極めて悪い。やや、がっかり。
前方を歩く人2組。1組は半月峠に向かった。一組は阿世潟峠に向かった。おいらは、阿世潟峠分岐から2つ目の橋を渡ったすぐ先から小尾根に取り付いた。道は無いが美しく歩きやすい尾根だ。


イメージ 2
色付きは芳しくないが、紅葉の尾根となる。

薄霧が出てきた。弱い陽射もある。ブロッケンでも出そうだな、と思った矢先に出た。

イメージ 3
薄っすらと大日如来様が現れた。薄霧が消えると如来様も消えた。

ブロッケンの妖怪は久しぶりに見た。以前に何回か見たことはあるが、藪山で見たのは初めてだ。

天候は回復気味だが、上を見るとまだガスがかかっている。


イメージ 4
また、薄霧がかかってきた。

また、出るかと思っていたら、

イメージ 5
本当に出た。しかも、今回はクッキリと。長々と。場所を変えても、くっついてくる。

大日尾根の笹の急斜面に差し掛かると、大日如来様は消えた。そして、信じられないくらい急速に青空が広がった。深い笹で靴もズボンもびしょ濡れとなった。下腹が冷たい。靴の中で足がカポカポ音を立てている。

イメージ 6
先日登った錫ヶ岳が見え出した。

イメージ 7
完全に青空となった。大日如来様のごりやくか。

イメージ 8
大日尾根上部からは、大展望が広がった。

イメージ 9
足から下腹が冷たいが、気分はいい感じ。

中禅寺湖南岸尾根に合流。社山鞍部を見るとお一人登ってこられる。
おいらは、あまりに眺めが良いので、かえって休むことを忘れた。ゆっくりと歩き続けた。

イメージ 10
中禅寺湖南岸尾根。

イメージ 11
歩いてきた中禅寺湖南岸尾根を振り返れば、男体山、太郎山、山王帽子山が見える。

中禅寺湖の湖面は空の色を映しているのだろうか。

イメージ 12
白樺の林に囲まれた草原で、初めて一服した。誰も来ないねぇ。鹿がキョンキョン鳴いている。

イメージ 13
袈裟丸の連山が見える。足尾の町もクッキリみえた。白い石塔尾根だけはボンヤリしていた。

道は以前よりも笹薮が繁茂し、足探りとなる。何回か踏み跡を失う。大平山の別れを通過。黒木の森に入る。ここでも道を失いかけるが、赤/黄の案内板を捜し黒桧岳に到達する。すぐにオサラバ。黒木の森を抜けるとレッドカーペットが敷かれていた。

イメージ 14
深い森の梢の間から、紅葉した斜面が見えた。

波の音が聞こえると、中禅寺湖畔に到着。湖岸の道を行く。

イメージ 15
千手ヶ浜は、それほど紅葉していなかった。

歩き続け、熊窪で昼飯を食う。ここらへんは人が多い。
早くに国道に出てしまったので、竜頭の滝に向かう。竜頭の滝の紅葉は色褪せ気味。
菖蒲ヶ浜の船着場に着くと、5分前に船が出ていた。することも無く、船着場でソバを食い、茶をススル。桟橋に出ると、早くも山々に雲がかかり始めていた。

イメージ 16
歌ヶ浜に着くと、すでに陽は傾いていた。

山行日:2010.10.16
目的地:平標山
コース:元橋(8:10)~岩魚沢林道別れ(8:50)~平元新道~平標山の家(9:50休)~(10:50)平標山(11:20)~元橋(13:10)

前日仕事帰りが遅くなり、前夜発の日光山行を諦めた。朝発でこの時期日光に行くことはできない。ピンチヒッター的ではあったが、平標山に出かけてみた。

かなり昔、平標山にはよく登った。上越線の急行で後閑や越後湯沢経由で行っていたので必ず平標山の家に泊りがけとなった。今回、初めて車利用の日帰りとなった。
元橋周辺の様相は一変していた。バブル時の名残か、巨大な建物がひしめいていた。登山口に登山者用大型駐車場ができていたのも驚きだ。そして、数十台もの車が停まっていたのにも驚かされた。いつの間にか人気の山になっていたようだ。きっと、日帰り客ばかりになっているに違いない。

岩魚沢林道に入ると、住宅が点在していた。別荘地であろうか。これも驚きである。林道周辺は以前よりも薄暗く感じた。木が育ったのだろうか。舗装されている所もある。かつてのイメージは全く失せていた。

平元新道に取り付くと、木段の連続でる。これもかつて無かった事。ただ、歩きやすい間隔で助かる。登るにつれ紅葉が美しくなってきた。何組か抜かしてしまった。紅葉を愛でながらゆっくり歩きたいので抜きたくなかったのだが。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 7
苗場山が見えた。

イメージ 3


イメージ 4
青空のもとの紅葉は美しいな。

イメージ 5
平標山の家着。快晴だ。ここから眺めはすばらしい。

小屋も新築されたようだ。以前は2棟あったが、1棟に。景色は変わらないが、人工物は、かなり変わってしまった。「谷川連峰の鐘」だけは同じように吊るされ、そして誰かが鳴らしている。

イメージ 6
エビス大黒の頭が覗いてる。

一服後、山頂に向かう。こんなに遠かったけ。バテる。


イメージ 8
仙ノ倉山を眺めたり。


イメージ 9
赤谷川を眺めたりし、休み休み登った。


山頂には大勢いらしゃった。若い方々も多い。いつの間にか、人気の山になっていたのだ。


イメージ 10
平標の池を俯瞰。

イメージ 11
仙ノ倉山に雲がかかり始めた。この後すぐに、濃密な雲に覆われてしまった。

雲に覆われた国境稜線を見て、仙ノ倉山に行くのはアッサリやめにした。握り飯を食い、山頂を去る。


イメージ 12
松手山に向かう。雲が押し寄せてきた。

イメージ 13
ヤカイ沢の紅葉が美しかった。それにしても、腕が悪いねぇ~。

イメージ 14
松手山付近

イメージ 15
降りてきた道を振り返る。


木段の多い道を下ると、国道17号線の車の音が聞こえ始める。鉄塔をくぐりイヤになった頃元橋に帰着。
このまま、金精峠に向かおうと思っていたが、雲が多くなった事と意外な疲労感におそわれた事を理由に家路に急ぐ。
途中、名胡桃城に寄ってしまった。

山行日:2010.10.11
目的地:三本槍ヶ岳、鏡ヶ沼
コース:堀川の橋(6:00)~鉄ハシゴ(6:15)~赤面山スキー場分岐(7:40)~赤面山肩(8:20)~一時退避~(8:40)赤面山肩(9:10)~(9:15)赤面山(9:40)~敗走~堀川の橋(11:30)

この三連休を利用して、庚申山荘泊で庚申山から石塔尾根・間藤を計画していた。しかし、天気が怪しくなり敢え無く中止とした。
ネットを見ていたら、徒然草子さんが先週那須の縦走をしていた。なかなか良いコース取りで感心させられた。紅葉も良さそうなので徒然草子さんのコースの端っこを使わせていただき那須の山に登ろうとした。目的地は鏡ヶ沼である。もちろん、紅葉見物が主目的である。

入山は国立少年自然の家からである。行ってみると予想以上に広大な敷地と建物群があった。さらに意外なことに駐車場はほぼ満車状態であった。正面玄関から建屋に入るが、ヒトケが無い。5:30では仕方ないか。取り敢えず便意を催し、暖かいトイレを借りる。ルパン3世似の男がヒゲを剃っていた。
再び表に出て登山口を捜すが見つからない。風が強いな。すぐに、登山口探しはあきらめて、短絡コースの堀川の橋に向かった。
堀川の手前に駐車スペースがある。登山口とオボシキ所もすぐに見つかった(標識なし)。


イメージ 1
堀川に架かる橋より。怪しげな天気。風が異常に強い。


前日の天気予報では、白河晴れ、下郷曇り。微妙な感じではあった。
出発すると小雨がパラついてきた。
出発して15分で鉄ハシゴに着いた。徒然草子さんのブログに出ていたので、ここで少年自然の家からの道に合流した事が判った。
道は赤土で掘れている所もあり、かなり利用者がいるようだ。おいらの1988年度版の昭文社のエリアマップには載っていない道だ。今回はネットから地図を印刷し持参した。
風がうなりをあげて吹いている。深い森の木々が風を弱めてくれている。

イメージ 2
キノコが大発生していた。こんな奴がいたるところに。


イメージ 3
樹間から晴れ間が見えてきた。良い傾向でる。但し、風は絶え間無く吹いている。

イメージ 4
緩やかに登ると、紅葉した木々が見られるようになってきた。しかし、再びガスの中に入ったようだ。

イメージ 5
黄葉しているのだが、光が無くさえないねぇ~。

樹林帯から潅木帯に移ると、風は一段と激しくなってきた。

イメージ 6
赤面山の肩が見えた。爆風が吹き荒れていた。展望0。

赤面山の肩から山頂まではすぐなのだが、立っている事も間々ならず、後方へ退避した。元来た道を下り、潅木の陰でタバコを吹かした。どうすんベーか。
お一人上がって行った。

イメージ 7
そして、一瞬のうちに晴れ上がった。筑波山が見える。

再び、山頂へアタックをかけた。しかし、肩では再び爆風にさらされた。尾根をのっこして向こう側の斜面に退避した。息苦しいくらいの爆風だ。風が冷たくないのが救いだった。

イメージ 8
そして、目の前に紅葉の大絶景が広がった。但し、写真の腕が悪すぎた。爆風で手振れが抑えられない。

イメージ 9
西風がガスを伴って吹き付ける。ガスは下降し消えてゆく。

あまりの激しい風に、最早これまで、と下山を決意する。と、尾根道をオバサマ方が歩いている。尾根に上がってみると風は大分弱まっていた。どうやら最も風の吹き付ける斜面に居たようだ。気を取り直し、山頂に向かう。それでも風は強く、ヨロケルように赤面山着。東側の斜面に退避する。おいらが、肩の西斜面で爆風にさらされている間に多くの人が山頂に達したようだ。皆様東斜面に退避。


イメージ 10
ガスは絶え間なく西から尾根をのっこす。一瞬、朝日岳が見えた。手振れを抑えられんワサ。

イメージ 11
緑と潅木紅葉が見事だった。腕が悪すぎるワ。

興奮気味にシャツターを押すが、結果はご覧の通り。ここの紅葉は凄すぎる。ならば先へ行こうではないか。力強く決心し、スダレ山に出発。強風に煽られ、10歩と行けずしゃがみ込む。撤退致し方なし。
山頂を後に下るが、未練がましく休憩をし風が弱まらないか待ったりした。

ボチボチ下る。

イメージ 12


イメージ 13

イメージ 14
よう晴れたわ。くやしいねぇー。

イメージ 15
茶臼がくっきり。あ~ぁ。

来年また来るしかないか。ガックリ。

↑このページのトップヘ