2010年06月

山行日:2010.6.12
目的地:前宿堂坊山
コース:西の湖入り口(9:25)~西ヶ浜(10:00)~カクレ滝(10:30)~ヤジノ沢へ戻る~ヤジノ沢右岸尾根1540m(11:20)~前宿堂坊山(12:15)~(13:00)宿堂坊山(13:30)~東尾根~柳沢川堰堤(14:40)~柳沢川右岸~西の湖手前の赤い橋(15:10)~千手ヶ浜(15:45)~九輪草園地~千手ヶ浜バス停(16:10)



池田正夫氏著「全踏査 日光修験 三峯五禅頂の道」を参考に前宿堂坊に向かった。

前日は、帰りが遅く、本日の目覚めは遅かった。どうやら、入梅も間近な様子。貴重な晴れは逃したくない。飯を食わずに家を出る。東北道は渋滞気味。赤沼の駐車場はすでに満車であった。係員が駐車場への侵入を厳しく制限している。埒があかないので、三本松へ向かう。こちらの駐車場はまだまだ空きがある。急いで靴を履き、赤沼バス停に向かう。さい先悪し。

千手ヶ浜に向かうハイブリットバス乗り場は、多くの観光客が並ぶ。バスは同時刻に2台発車した。西の湖入り口で、数人が下車。皆様大型のカメラと三脚を手にしている。皆様とともに西の湖方面に向かう。

イメージ 1
道々に、色々な花が咲いている。

イメージ 2
そして、歩きやすいすばらしい森の道を行く。

イメージ 3
ツツジは大好きなのだ。

イメージ 4
巨木の森を経て西の湖・西ヶ浜へ寄り道。

イメージ 5
えも云われぬ西ヶ浜。誰もいない。美しすぎる。

いつまでも居たいところだが、ヤジノ沢へ向かう。意外にもルートには広い道があった。赤・黄のルート標示もある。
涸れ沢を渡る手前に「カクレ滝へ」の標識があった。涸れ沢を渡ると前方よりケモノの鼻息が聞こえてきた。昨年、酉谷山手前小黒付近で聞こえた鼻息にそっくりだ。豚と馬の鼻息をタシテ2でワッタような感じ。緊張して、鈴を激しくかき鳴らした。前方、側方を注意深く見回した。またしても鼻息が聞こえた。姿は見えない。手を激しく打ち鳴らした。鼻息がまたしても。そして、ガサガサと藪を掻き分ける音。やがて静寂が戻った。全身汗ばんでいた。極度の緊張感の中、ゆっくりと前進した。鈴を手に持ち、激しく振りながら。
気がつくと、かなり沢の奥まで来ていた。ヤジノ沢入り口を通りすぎているようだ。赤・黄の標識が乱打されている。どうやらカクレ滝へ導く標識のようだ。道ははっきりしている。ならば、カクレ滝に寄ってみるか。
少し進むと、間近に滝の音がする。だが滝は見えない。沢は右に屈曲していた。容易に前に進めなくなった。辺りを観察し、対岸に登れそうな斜面があった。飛び石で対岸に移り、ぐちゃぐちゃな斜面を少し登り上流側へトラバースした。滝が少しだけ見えた。さらに沢床に恐る恐る下るとカクレ滝を正面に見ることができた。

イメージ 6
まさに、カクレ滝。近づいてもなかなか見えないのだ。

ここより、引き返し、ヤジノ沢を捜す。
ヤジノ沢は意外なほど狭い涸れ沢だった。
涸れ沢を登るとすぐに左に細い水流とやや広い涸れ沢に分かれた。中州のような所を登った。「全踏査・・・」によれば、岩屋が現れるはずだったが、見つからなかった。水の流れる細流が消え、右岸沿いに登った。鹿道が現れ、これを辿る。やがて小滝が見えた。「全踏査・・・」に記述あり。ここよりヤジノ沢右岸尾根の山腹に取り付いた。幸い、鹿道があり、これを辿る。右手に涸れた枝沢が浅く切れ込んでいる。ほぼこの枝沢の右岸近くを登る。傾斜はきつい。

イメージ 7
ほどなく、岩が見えてきた。「全踏査・・・」に記述の岩ではないと思う。オーバーハングのせり出しは無かった。

岩の右手を登る。傾斜は益々きつくなり鹿道が消える。湿った腐葉土の堆積。二本足だけでは斜面を滑り落ちそうな感じ。手をつき、膝をつきゆっくり登った。帰ろうにも帰れない状況。
右手の涸れ沢が草付の斜面となり、その向こうに緩やかな斜面が見えた。そちらへ向かう。草付の沢型を渡り、ホット一息つく。危なかった。緩く登ると、平坦地に出た。宿の跡のようにも見えたが、6巡もしている池田氏の本には載っていなかったので、自然地形なのだろう。ここより、背の低い笹の斜面を登ると、待望のヤジノ沢右岸尾根に出た。高度計は1540mを指していた。正直なところ、これで無事に帰れると思った。

笹の無い登りやすい尾根であった。ミツバツツジ、シロヤシオが咲いていた。1644m峰で直進しようとすると、尾根が無くなっていた。磁石を確認すると、左手を指していた。体感的には直角に曲がる感じがした。尾根上には赤テープは、ほんの2、3あったか。踏み跡は無いに等しい。あっても鹿道程度。
やがて、石楠花が現れ行く手を妨げるが、木の勢いは無く、中央突破、巻きなどでさほどの困難は無かった。石楠花が消えると密笹地帯となった。とはいえ、背丈程度。足が空中に浮くところまでヒドクは無かった。ただ、逆層気味で、歩行速度は、鈍った。

イメージ 8
笹の海から皇海山と三俣山へ続く尾根が見えた。

笹を掻き分けていると、いきなり前宿堂坊山と思われるピークに着いた。

イメージ 9
山頂を示す標示は無かった。本当にここが、前宿堂坊山なのか。高度計は1820mを示していた。

イメージ 10
宿堂坊山が樹間に見える。錫も、白根も山頂部のみ見えた。

一服後、宿堂坊山に向かう。下り始めは密林でうんざりしたが、すぐに鮮明な踏み跡が現れ、赤い金属製の標識が乱打され、安心して歩けるようになる。尾根幅が広がると踏み跡は消えるが、赤い標識を辿ればよさそうだ。登り返しも思ったほどの事は無く、すでになつかしく感じられる宿堂坊山に到着した。遅い昼飯を食い、安全な東尾根を下る。


イメージ 11
東尾根の入り口は、グリーンカーペットが敷かれている。

テープの多い東尾根は歩きやすい。1450m付近で右手の沢型を下り、広い平坦地に出た。柳沢川は渡らず、右岸に沿って歩いてみた。それほど苦も無く歩くことができた。西の湖へ繋がる赤い橋で柳沢川を渡った。

イメージ 12

イメージ 13
千手ヶ原は、とびきり美しい森が広がる。

千手ヶ浜にでて右折し、九輪草を見に行った。

イメージ 14
九輪草は今年も咲いていた。昨年より、株数が少ないようだ。

撮影ポイントはオバサマ方に占領されていた。あきらめて、ひっそりと咲く九輪草を一枚だけ撮影した。

バスで戦場ヶ原に戻ると、山々は灰色の雲に覆われつつあった。いよいよ、入梅か・・・。



本コースを振り返って、
ポイントは、ヤジノ沢からヤジノ沢右岸尾根間の山腹の登り。もう少し、登りやすいところがあるのか?
ヤジノ沢右岸尾根は、下りには使いたくない。

山行日:2010.6.6
目的地:姥ヶ平・日の出平・南月山
コース:沼原駐車場(5:10)~沼原湿原~姥ヶ平~牛ヶ首(7:40)~日の出平(8:10)~南月山(8:30)~白笹山(9:00)~沼原駐車場(10:20)


峰桜の存在は、去年まで知らなかった。昨年、ブログ記事を見て知った。

ネット情報とは、実にありがたいものである。登山愛好者にとって、ネットの利用価値は高いと思う。今回のような花情報に限らず、おいらの場合は藪山情報・山スキールート情報などで大変重宝している。

マイ・パソコンを手にしたのは、僅か5年前。それ以前は、現地に行く前に、地図を丹念にニラミ、ルートを捜していた。岡山に居たときは、土地勘が無く、道が無く、強烈な根曲り竹の海をさまよっていた。たかだか1200mの山に登るのに2年を要した事もある。

たいていの山は、ネットで検索すれば記事にぶち当たる。それを参考にすれば、確度よく藪山でもスキールートでも登る事ができる。だから大変ありがたい。ただ、少しありがた過ぎるのではないかと、なぜか心の片隅に引っかかりを感じないわけではない。でも、もう手放せないだろうな。

今回もネット情報で仕入れたネタで、お花見に出かけたのである。


奇跡的に早起きに成功。

イメージ 1
沼っ原の駐車場からは、川をはさんで大佐飛山が見えた。初めてこの山の姿を確認した。

大佐飛山は以前から気になっていた山だ。栃木県内では高薙山と並び、かなりの難山のようだ。多くの藪山愛好者が日帰りで登っているようだが、おいらの体力では無理そうだ。ネット情報は、諦めも促してくれることもある。ただ、いつかは取り付いてみようとは思っている。

イメージ 2
沼っ原湿原の木道は、霜がおりていた。

イメージ 3
三斗小屋に向かう道すがら、僅かに咲いていた。

三斗小屋への道を分け、姥ヶ平に向かう。
ひょうたん池に立ち寄る。

イメージ 4
潅木帯となると、姥ヶ平に着いた。おりしも、茶臼岳の脇から太陽が顔をのぞかせた。

ここまで峰桜と思われる木または花は無かった。峰桜を捜す。

イメージ 5
広場の中央に3分咲きの花があった。

イメージ 6
これが、峰桜だろか? 

同じような木がたくさんあるが、咲いていたのはこの木1本だけ。早すぎたのか。残念。

がっかり気分で牛ヶ首に向かう。

イメージ 7
牛ヶ首着。

イメージ 8
牛ヶ首より、姥ヶ平と流れ石山方面。流れ石山も行きたい(徒然草子さんのブログを見てしまったら、ムショウに行きたくなった)。

牛ヶ首は、15年ぶり位か。栃木県岳連主催の清掃登山で、峰の茶屋からここらあたりまでゴミ拾いをして以来のような気がする。
峰の茶屋の方からドンドン人が来る。皆様お早い。硫黄臭気の中、一本吸う。

日出平に向かうと、なんと花がたくさん咲いている。姥ヶ平で一本しか咲いてなかったヤツが。
これが、峰桜か?
通りがかりのカメラマン氏に聞くと、峰桜とのこと。

イメージ 9

イメージ 10
峰桜の回廊と化していた。狂喜乱舞し、先へ進む。

日の出平を通過。まだ、峰桜は続く。

イメージ 11

イメージ 12
燧ケ岳、会駒、窓明。坪入山か?会津朝日か? 6月としては良く見える。

イメージ 13
南月山到着。どうしてもこのようなものがあると、写してしまう。

イメージ 14


休まず進む。峰桜はここらあたりまで。

這い松の尾根が、普通の松のようになり、一登りで白笹山到着。狭い山頂。一本吹かし去る。

ここからは、花・花の連続攻撃だ。


イメージ 15
これから咲いてやるとの意欲満々。背後に高原山。

イメージ 16


イメージ 17
燧・アイコマに別れを告げる。

イメージ 18


イメージ 19
シロヤシオ乱れ咲き。


人々がドンドン登ってくる。
やや急な道が平らになり、タンポポの小道となると、沼っ原駐車場に帰着した。
広い駐車場から車があふれ、路上駐車も多くなっている。
たこ焼き屋が店を出し、かき氷まで売っている。

早々にオサラバする。

車窓からはいつまでも大佐飛山が見えた。男鹿山塊の親分が、おいらを睨みつけているような気がした。

↑このページのトップヘ