2009年07月

山行日:2009.7.20
目的地:於呂倶羅山
コース:山王峠付近(8:00)~(9:20)於呂倶羅山(9:40)~山王峠付近(11:30)

先週、梅雨が明けたそうな。
もう、もう三週間も山に行っていない。

金曜日の晩、喜び勇んで食料などを買い込んで帰宅。カビ臭いテントなどをヒッパリ出しながら天気予報を見ると、土日は雨。ガックリ。

土・日は、買い込んだ食糧の一部を食って家でゴロゴロ。雨の予報が出たら山には行かないのだ。

日曜の晩に天気予報を見ていると、栃木に晴れのマークが出た。
どこかの山に行こう。
暑いので、あまり低い山は厭だ。
於呂倶羅山に行ってみよう。

於呂倶羅山は以前から気になっていた。山名が変わっているからだ。道が無いのも良い。
ただ、今年買った昭文社の地図には小道の記号が付いていた。13年前に買った地図には小道の記号は無かったのだが。はたして道はあるのか?

今日も寝坊して、歩き出しは8:00になってしまった。梅雨が明けたのか、明けていないのか、雲が多く部分的に青空がある程度の天気だ。

日光側から涸れ沼の入り口を過ぎ、少し行くと送電線がある。電線の真下に登山道入り口があった。


イメージ 2
見事な登山道があった。標識はなし。


イメージ 1
山王峠付近から見える鉄塔と小岩峰。まずは、ここを目指す。


刈払われ階段もある。至れり尽くせりの道だ。すぐに鉄塔に着く。


イメージ 3
良い道はここまでだった。鉄塔巡視道だったようだ。鉄塔の右側に笹に埋もれた踏み跡を見つけ、これを辿る。

間も無く、岩峰の基部に着いた。岩峰にはあっさり登れた。

イメージ 4
岩峰(1789m)からは白根山が見えた。

イメージ 5
これから登る於呂倶羅山の斜面。鬱蒼としている。

岩峰を下ると、赤いテープが尾根の北側に導いている。取り敢えずこれに従う。沢型に出て、すぐに尾根に登り返す。どうやら尾根どうしでも行けたようだが、赤テープに従う。

イメージ 6
こんな感じのルート。道はある。赤テープもやたらにある。密林だ。


笹の深い尾根を登る。凄い急登になる。
尾根形が無くなる。赤テープに従う。
ようやく急斜面が緩み、広い尾根となる。


イメージ 7
広い尾根の南端に笹を漕ぐと、白根山が見えた。


ルートに戻り、やや下り、再び登ると、於呂倶羅山山頂に着いた。


イメージ 8
山頂にある立派な標識。


イメージ 9
山頂からの展望はよくないが、少し藪を下ってみたりすると景色が広がっていた。


イメージ 10
男体山には雲がかかり始めていた。


山頂から金田峠方向に少しだけ行ってみた。先人の痕跡が僅かに感じ取られた。基本的にはこの先踏み跡は無いものと思った方が良さそうだ。ただ、赤リボンを2つ見付けられた。
金田峠に向かいたい気持ちをどうにか抑え、もと来た道を下った。金田峠には、もう少し気力を充実させてから行こう。


イメージ 11
男体山と中禅寺湖。中禅寺湖南岸尾根は雲に覆われていた。


イメージ 12
三岳。この山は、相当手強そうだ。おいらの実力では登れそうも無い山だ。


広く緩やかな尾根では、ルートを失いやすい。あれほどあった赤テープが見えない。磁石で方向を確認して進むと、赤テープが現れた。
ヤマネらしき小動物が、足元を横切る。

急斜面の下りは、笹をワシ掴みにして凌いだ。

尾根通しに岩峰に戻った。


イメージ 13
三岳と涸沼がよく見える。


イメージ 14
太郎山を裏側から見る。


岩峰で早い昼飯を食い、山王林道に下った。



行ってみれば、かなりアッサリとした登山だった。
道は昭文社の道記号で云えば、赤い破線とグレーの破線の中間程度。赤テープが多く道迷いの心配は比較的少ないと思う。ただし、コンパス必携。
笹の深さは、腰程度が主体。胸までは極僅か。背丈を越えるような所は無かった。石楠花無し。
金田峠への踏み跡は、痕跡程度。無しと思った方がよい。また、石楠花があり、困難度は高そう。

時間があったので、立木観音に寄って見た。


イメージ 15
立木観音から。この三連休で行きたかった山々が見えた。

2009.7.12
目的地:鳴虫山登山口と四本龍寺
コース:東武日光~日光市立図書館~日光市総合庁舎~観音寺~日光金谷ホテル~大黒山~日光金谷ホテル~星の宮~本宮神社~四本龍寺~東武日光


今年は、梅雨らしい梅雨だ。しばらく山に行っていない。今日も天気はイマイチだ。
山に登る気はしないが、鳴虫山の登山口の偵察に行ってみよう。
三峰五禅頂の鳴虫山回峰ルートが、イマイチ分からない。現地にて確かめることにした。
そして、日光開山の礎となった、古寺四本龍寺にも行ってみたい。


その前に、日光市立図書館でお勉強をしよう。三峰五禅頂の回峰ルートを確認しよう。

日光市立図書館で、「日光市史」を所望すると、全三巻を出してくれた。一冊あたりの厚さは、10cmはある代物だった。この他に資料編が数冊あった。

古代、勝道上人による日光開山から日光修験が起こり、中世から近世にかけて行われた三峰五禅頂の峰修行とは、
  春峰(華供峰)
  夏峰
  冬峰
の三峰と
  秋峰(五組が一日毎に入峰)
の五禅頂のことらしい。

日光市史によると夏峰のルートは、五月晦日出発
星宿~小来川~古峰ヶ原~深山宿~行者岳~大岩山~滝の宿~掛合宿~歌ヶ浜~中禅寺(湖?)南縁~黒桧岳~宿堂坊山~錫ヶ岳~沼田宿~前白根山~白根山~五色山~金精山~金精峠~?~山王帽子山~太郎山~小真名子山~寒沢宿~大真名子山~男体山~大和田宿~歌ヶ浜~小真名子山~帝釈山~専女山~女峰山~唐沢宿~八風~稚児ヶ墓~四本龍寺七月十七日帰着。 と云う途方も無いルート。

夏峰は、「犠牲者がでたため、天正年間に中絶、享禄4年に再興するも、後に廃絶。近世では復興されることは無かった。」とある。

この記述だけではルートの詳細で、なお分からない所が多い。特に
 ・黒桧岳への登りと下り
 ・宿堂坊山への登り
 ・金精峠~山王帽子山間のルート
は、不明だ。
編集者の記述では、登山ルートが無く、遺跡調査ができないとの旨。

ネット情報によると、
 ・黒桧岳の沢筋で石覗の目撃情報あり。但し、近年の目撃情報無し。
 ・於呂倶羅山西方金田峠近くで多くの方が石覗を確認。


日光市史を読みふけっていると、12時を過ぎていた。
あわてて、図書館をあとにする。

日光市総合庁舎の裏手あたりに鳴虫山への踏み跡があるのではないかと、探索する。
 
イメージ 1
粋な造りの日光総合庁舎

総合庁舎の裏手に、戊辰戦争戦没者の墓があった。踏み跡を見つけ登ってみると、

イメージ 2
石覗があった。ただ、新しそう。

踏み跡はかすかにあるし顕著な尾根もあるが、間伐の作業道のようだった。
舗装道に戻り、先にある観音寺に行ってみた。ここの墓地裏に「空海自刻の観音」ありとあるので行ってみた。

イメージ 3

イメージ 4
千手観音は拝めなかった。

このお堂から藪をさらに進むと、なんと日光金谷ホテルの裏に飛び出した。

イメージ 5
金谷ホテルのプールには人影は無かった。

何故か、薄気味悪く退散した。

腹が減ったので、もと来た道を戻り、国道に出て小さな食堂に入った。
店の人に、鳴虫山へのルートを聞くと、神主山からのルートと憾満ヶ淵からのルートを教えてくれた。遺跡のルートは無いかと、さらに聞くと、「知らないが、金谷ホテルのプールの先あたりかねぇ。」との返事。フムフム。
ラーメンと餃子を食って、店を去ろうとすると、「そのコース、行ったら、また店に来てね。」と。「フムフム。」

店を出て、星の宮に向かう。

イメージ 6
星の宮は想像以上に小さかった。

イメージ 7


星の宮の上手に金谷ホテルの正面玄関がある。
金谷ホテルの威光は、おいらの侵入を厳しく排除している。
ホテルの右手に散策路の標示がある。散策路なら文句はあるまい。散策路を進む。
次第に登り道となり、10分ほどで大黒山という山頂にたどり着いた。

イメージ 8
大黒山山頂。

山頂近くには、金網で囲まれた金谷ホテルの畑があった。これが行く手を阻んでいる。鹿が一頭、金網越しにご馳走を睨んでいた。写真を撮ろうとすると踵を返して森に消えた。

イメージ 9
山頂近くの石像。この他にも磨滅した古い石塔などがあった。

山頂から、別方向に道があったので、ここを下る。すると、何と再び、金谷ホテル裏のプールに飛び出した。

イメージ 10
よく見ると、散策順路とあるので、今度は安心して侵入。ではなくて、散策。

イメージ 11
順路に従い、建物に侵入。ではなく、見学。

古いスケート靴などがおいてあった。古い写真展示があり、多くの外人がスケートを楽しんでいる様子がうかがえた。

晴れていれば、日光の山々が見えるのだろう。

ところで、ここには誰も居ない。またしても、薄気味悪くなり、退散しようとするが、退路が見つからない。屋内のドアを開け、廊下を進むと掃除機の音が。
「ヤバイ!」という思いが、瞬間した。
緑色に光る「非常口」を見つけ、屋外に脱出!
と、美人従業員と鉢合せ。
「ヤバイ!」
足早にその場を去った。
貧乏で、薄汚いおいらに、金谷ホテルは敷居が高すぎた。気後れというやつだろう。

先ほどまで降っていた小雨があがったところで、神橋脇を通過。

イメージ 12
三峰五禅頂の出発点。鳴虫山への枝尾根が見える。

殆どの人が行かない本宮神社には、外国人親子が居た。そのすぐ裏手に四本龍寺三重塔が見えた。

イメージ 13

イメージ 14
766年創建の四本龍寺観音堂。東照宮・輪王寺・二荒山神社の賑わいとは対照的だ。

不謹慎にタバコを一本吹かして、日光駅に向かった。


列車を待つ間、お決まりのソバをススリ、ビールをグビリと流し込んだ。
鳴虫山登山ルートは、結局発見できなかった。涼しくなったら、藪を漕いでみよう。

↑このページのトップヘ