2008年12月

山行日:2008.12.30
目的地:棒ノ折山
コース:白谷沢登山口(9:40)~岩茸石(休)~棒ノ折山(11:20休)~槇ノ尾    山~落合(13:30)~白谷沢登山口(14:20)

青空ではあったが、初雁橋を越えても奥武蔵の山の輪郭はぼやけていた。ややガッカリ。
白谷沢の登山口に着くと、すでに駐車スペースは満車だった。少し道を戻り、駐車場所を確保。
白谷沢左岸の登山道を登りだすと、すぐにふくらはぎが痛む。アキレス腱伸ばしの体操をし再び歩き出すと、最初の小滝が現れた。

イメージ 1
最初の滝、藤懸けの滝



イメージ 2
藤懸けの滝を過ぎると、ゴルジュ状となる。


次々に滝が現れる。

イメージ 3
天狗の滝

イメージ 4
白孔雀の滝


白孔雀の滝を過ぎると、谷は平凡となり、林道に飛び出す。ここまで、一時間足らずで核心部を終えてしまう。
林道を突っ切ると、木段道となり、苦しい。
木段が終わり、尾根をからむと岩茸石だ。


イメージ 5
岩茸石のベンチで一服する。


ここから再び木段の急登となる。あっさり、老人に抜かれる。
嫌気がさしたころ、権次入峠(ゴンジリとうげ)に着く。

イメージ 6
権次入峠からは、有間湖と金毘羅尾根がよく見える。

再び木段道をあえぐと、棒ノ折山山頂に着いた。


イメージ 7
棒ノ折山頂からは奥武蔵の山々がよく見える


山頂には大勢の人がいたが、片隅のベンチで昼飯とした。
棒ノ折山からは奥武蔵の山々がよく見えたが、奥多摩側は見えない。東京や飯能の街も霞んで見えない。北関東の山々も霞んで見えない。

棒ノ折山の先は道が細くなる。

イメージ 8
道は不鮮明だが、明るい雑木林は心地よい。それに今日は全く寒くない。



地図にある槇ノ尾山との鞍部付近から落合に下る道は見つからなかった。
道が暗くなると槇ノ尾山だ。
山頂にある「落合へ」の標識の先には、落ち葉と薄く積もった雪で踏み跡を見つけることはできなかった。磁石で方向を定め下る。すぐに「落合」への標識がみつかった。ここからは踏み跡は不鮮明ながら仙岳尾根の小尾根に乗り、迷うことは無い。

イメージ 9
槇ノ尾山下の標識を見つければ、ルートがはっきり分かる。


やがて「見晴らし」の標識があるが、「見晴らし」に行かず、右後方下に向かうと林道に出る。


イメージ 10
「見晴らし」からの見晴らし  見晴らしに出てしまったら「見晴らし」の標識まで戻る


林道を突っ切るように山道に入る。やがて防火帯のような切り開きのルートとなるが、異常な急坂となる。部分的には防火帯を絡むように、ジグザグの道もあるが、これがかえって、ルートを見つけるのに厄介な原因となる。

イメージ 11
写真では表現できない異常な急坂  スキーの横滑り状態で下った


観光釣り場が、見えれば落合は近い。が、有間川目前で道を失う。少し引き返し、かすかな踏み跡を見つけ、有間川に降り立った。




仙岳尾根は、何箇所か迷いやすい所があるので、下りに使うには明るい内に限ったほうがいいと思います。


権次入

「入」は入間川上流域の沢名に多い。「~入」
東京側に権次入沢があるが、入間川側からみると、「入」と「沢」が重複しているように思える。権次入沢は、「ゴンジリ」なのか「ゴンジイリ」なのか。
この辺の事情はどうなっているのであろうか。

山行日:2008.12.21
目的地:社山
コース:歌ヶ浜(8:10)~阿世潟峠~社山(11:00休)~阿世潟峠~歌ヶ浜(14:40)

ブログ記事にあった上野島から中禅寺湖南岸尾根に上がり、社山に行こうと、家を出発。ところが、寝坊で歌ヶ浜に着いたのは、8:00近かった。
歌ヶ浜は、快晴だった。雪は極端に少ない。かろうじて白根山付近が白くなっている程度だった。

イメージ 1
白根山は白かった 手前の高山には雪は少ない

中禅寺湖南岸の道は陽が当たらず、凍りついていた。ソロソロと歩いていると、異様に疲れた。なんだか体調が思わしくない。阿世潟に着いた頃はすでにバテていた。この分では、上野島からのコースは厳しいと判断し、一般ルートの阿世潟峠に向かった。

イメージ 2
阿世潟付近の浜辺  日当たりが悪く、雪が残っている

阿世潟峠でヘバリ込みザックを投げ出した。天気はすこぶる良い。寒くも無い。気を取り直し、泥ドロの道を半歩ずつ登る。

イメージ 3
普段から雪着きの悪い男体山だが、それにしても雪が少ない


イメージ 4
男体山と太郎山  登るにつれ、展望がよくなる 今日登ろうと思っていた上野島からの尾根も手前に見える


展望が良くなると、写真などを撮りながら、なおゆっくりと登る。
泥ドロの道と凍った道が交互に現れる。若者二人が勢いよく降りてきた。なおゆっくり登ると年配のご夫婦が休んでいた。11:00にようやく社山山頂に着く。

イメージ 5
人気(ひとけ)の無い社山山頂

いつものように、展望の良い、山頂の先の草原に行く。草原は一応雪に覆われていたが、薄皮一枚と言ったところ。
松木川側から足跡が登っていた。また、黒桧岳方面へ多くの足跡が着いていた。

イメージ 6
皇海山


イメージ 7
大好きな尾根の先に黒桧岳が


イメージ 8
大好きな尾根 その2   見事に雪は南斜面から消えている


天気予報通り、南風が強いので、樹林の山頂へ戻り昼飯とした。山頂には、先ほどのご夫婦がいた。なんでも、財布を落とし、前日に引き続いての財布捜し登山だそうだ。なんと、先ほどすれ違った、若者が財布を拾い、無事財布は戻ってきたんだそうだ。
めでたし、めでたし。ご夫婦はうれしそうに山を下っていった。
おいらは、すごく疲れていたので、ここで一時間の大休止。

天気予報では、午後から天気が崩れると言っていたけど、その兆しは無し。あくまで快晴。
重い腰を上げ、少々緩んだ氷道を、腰を引きながら下る。

イメージ 9
中禅寺湖を見ながらの下りは爽快なはずだが、凍りついた斜面をビクビクしながら下る

イメージ 10
太郎山、山王帽子山、於呂具羅山  戦場ヶ原に雪は無い

イメージ 11
どう言う訳か、今日は白根山が近くに見える
冬至の今日は、昼だと言うのに、影が長い


イメージ 12
疲れた体をごまかすため、やたら写真を撮る

イメージ 13
また、写真を撮る  以外にも、半月山に雪が多い


阿世潟でヘタリ込み、林道をトボトボ歩き帰着
 

イメージ 14
今日登った社山  白黒にするとなぜかノスタルジックに


歌ヶ浜で白根山を撮影しようとしたらカメラが壊れていた。幸い、画像の再生だけはできた。おいらと同様、カメラも疲れていたのかもしれない。
キャノン・パワー・ショット・A80よ、お疲れ様でした。

山行日:2008.12.13
目的地:なし
コース:竜頭の滝上(8:30)~小田代ヶ原~戦場ヶ原~石楠花橋~竜頭の滝上(12:30)


ここ何週間か、奥武蔵や奥多摩の山に行っていたが、遠くに白く見える日光の山に急に行きたくなった。社山から白銀の山を見たい!
革靴に油を塗り、アイゼン、ストックを持ち出し家を出発。
中禅寺湖に着くと、山々は雲に覆われていた。車のフロントガラスに霧雨が。この時期、雨に見舞われたらひとたまりも無い。
あっさり社山をあきらめ、赤沼茶屋へ。公設駐車場は閉鎖されていた。竜頭の滝上に戻り、ここから小田代ヶ原に行こう。


イメージ 1
さえない天気の中を竜頭の滝上から出発

イメージ 2
湯川沿いの森は大好きな所だ 


ところどころ、テリテリに凍りついた道となる。

イメージ 3
特に木道の氷は歩きにくい  いや恐ろしい

小田代ヶ原が見えてくると、幾分雲が減ったような気がする。

イメージ 4
少し雲が上がり、男体山の裾野が見えてきた


小田代ヶ原の鹿除け門扉の中には、写真家が二人いて、例の貴婦人を眺めながら語り合っていた。


イメージ 5
わずかだが、陽も射して来た  ガサツな俺には貴婦人の良さがピンとこない 残念


氷ついた木道をよたよた歩いていると、とうとう晴れてきた。


イメージ 6
ついに全容を現した男体山  案外、雪は少ない


イメージ 7
大真名、小真名も見えてきた 間にチラリと帝釈山?が見える


戦場ヶ原に着くと、完全に晴れた


イメージ 8
モノトーンの山から明るい山に


イメージ 9
登るに手間どらせるくせものコンビも、さわやかに見える


イメージ 10
奥奥日光のツワモノたちの上に白い白根隠し山が見える


イメージ 11
ズミの林と太郎山・山王帽子山


石楠花橋手前のベンチは、シーズン中は大変な混みあいだが、今日は誰も居ない。昼飯を食っていると、二組ほど泉門池の方に向かって行っただけだった。
少し氷が緩んで歩きやすくなった道をのんびり下ると、すぐに竜頭の滝上だった。
白銀の山にはお目にかかれなかったけれど、満足して帰路に着いた。



下界は日光山中に比べ、雲が多かった。山のほうが、天気がいい日もたまにはあるようだ。

山行日:2008.12.7
目的地:蕎麦粒山
コース:浦山大日堂(7:30)~広河原谷・逆川林道~ワサビ田(道迷い9:40)~蕎麦粒山北尾根(仮称)~蕎麦粒山(11:40休)~仙元峠(12:00休)~仙元尾根~浦山大日堂(14:20)

今週も浦山大日堂に来てしまった。今回は、蕎麦粒山から北に伸びる尾根から都県境を目指した。
悪名高き広河原谷・逆川林道を辿り、林道が広河原谷を離れる所から、ワサビ田への作業道へ入った。

イメージ 1
ワサビ田作業道入り口

作業小屋を何軒かやり過ごすと、一番目の橋で右岸に渡る。

イメージ 2
一つ目の橋

すぐに二番目の橋があるが、これを渡らず、作業道を進む。

イメージ 3
二つ目の橋

やがて三つ目の橋があり、これを渡り左岸に出る。登山道を探すが見つからないのでさらに作業道を進む。

イメージ 4
三つ目の橋

すぐにせん道となり、小滝が現れた。

イメージ 5
せん道

イメージ 6


これを過ぎるとワサビ田があり、右に行く道があったが、谷沿いの道で目的のルートではないと考え、引き返した。
結局、二つ目の橋を渡った所にある東電の黄色い支柱「新秩父54号」に従って登ることにした。

イメージ 7
二つ目の橋に戻り、このポールを頼りに登った。

初めは落ち葉の中にかすかな踏み跡があったが、すぐになくなった。見上げると、黄色いポールが見えるので、これを追った。やがて尾根型がはっきりしてきて、尾根上を行く。かすかな踏み跡も再び現れた。
すると上から二人の登山者が降りてきた。そしてこう聞かれた。「この尾根はどこに出るのですか」と。
よく聞くと、二人は、今朝一杯水を出て川苔山を目指したのだが、途中道が崩落しているので、蕎麦粒山から山を回りこむように進もうとしたらしい。
「この尾根は浦山川に出ますよ」と言うとキョトンとしていた。武甲山などを説明すると驚き、秩父側に出たことをようやく理解したようだった。昭文社刊奥多摩の地図しか持っていないようなので、浦山大日堂バス停までのルートを教え、分かれた。
その後ルートは杉林となり、黄色ポールが無くなるとともに再び踏み跡が消えた。尾根上を外さないように登る。昭文社刊奥武蔵・秩父では二工場谷源頭部にルートが取られているが、尾根上を行くことに決めた。僅かだが赤・青のテープが散見される。
急登に次ぐ急登が少し緩むと、左から明瞭な道が合わさった。これが正規ルートか?この後、鮮明な踏み跡となる。
再び急登となり、右手に仙元峠が見えてきた。木の枝、笹をつかみながら登ると、ヒョッコリ蕎麦粒山山頂に着いた。30年ぶりの山頂だ。
カヤトの頂上と思っていたが、勘違いだった。雑木林のあまり展望の無い山頂だ。それでも木の間越しに富士山が見える。
イメージ 8
イメージ 9
広河原谷への下山路 テープがまいてあるが、笹に覆われ、ほとんど分からない

山頂には何人かいた。後から人も来たので早々に退散する。
仙元峠で昼飯としたが、誰も来ない。皆、巻き道を行くのだろうか。此花咲くや姫を祭る祠のお神酒の中には雨水がたまり、凍っていた。
帰路は先週歩いた仙元尾根だ。途中噴煙を上げる純白の浅間山が見えた。

イメージ 10
遠く浅間山が見えた。

ずんずん下るとコースアウトした。ピンクリボンに引き込まれたのだ。少し登り返し、ルートに戻る。やがて杉林の中、九十九折れの道となれば浦山大日堂の屋根が見えてくる。
市営バス最終便(14:20)が出発しようとしているところで帰着。



本コース(のぼり)は、昭文社刊奥武蔵・秩父の中で破線の登山道として示されているが、同じ地図内の破線道に比べ、難易度が比較的高いと思います。

仙元尾根を降りに使う場合、ピンクテープに引き込まれないようにしてください。登山者用の目印は紅白のリボンおよび、紅白のテープのようです。

山行日:2007.11.25
コース:天神平~谷川岳 往復

谷川岳に行きたい!

去年の谷川岳があまりにすばらしかったから。
今年の週末は、いつも新潟が雨か曇り。

おいらの実力では、群馬北部と新潟に晴れマークが出ないと谷川岳には行けない。


イメージ 1
白毛門


イメージ 2
俎グラ  クラの字がうまく変換できない


イメージ 3
国境稜線


今度の週末の天気はどうなのさ。

こんな天気にもう一度めぐり合いたい。

↑このページのトップヘ