イメージ 8

行った日:2018.11.24


ほぼ毎週安行に行っているのだが、紅葉の始まりが著しく遅かった。且つ、葉っぱの外縁部が茶色く変色してしまったものが多かった。一部で台風による塩害のウワサがささやかれているようだが、俺には分からない。10月下旬に一時的に冷え込んだが、11月に入ってからはそれらしい寒さが訪れていない。今年の紅葉は期待できないのかな、と思うと中毒症状もかげをひそめつつあるのだ。
そうは云っても、今日も安行へでかけてしまったのだ。


やはり、写真家諸氏が出張ってきている。他に、なにやらパンフレットのようなものを持って歩いている人々もいた。



イメージ 1
まずは、一輪草自生地。



イメージ 2
いいとこ撮り。やはり、茶色が目立つ。



イメージ 3
本命の弁財天。青葉99%。一本だけ黄色いヤツが。



イメージ 4
安行の中でも、最も早く色付く小林もみじ園さん。



イメージ 5
小林もみじ園さん。しかし、青葉多し。今だ例年の勢いは感じられないが、今後の色付きに期待したい。



イメージ 6
小林もみじ園さん。以下いいとこ撮り。ちなみに、こちらはモミジ専門の植木屋さん。なので値札が付いている。



イメージ 7
小林もみじ園さん。



イメージ 9小林もみじ園さん。



イメージ 10
小林もみじ園さん。



イメージ 11
小林もみじ園さん。



イメージ 12
小林もみじ園さん。



イメージ 13
小林もみじ園さん。



イメージ 14
植物振興センター西。ここの紅葉は毎年冴えない。今年も推して知るべし。



イメージ 15
植物振興センター東。



イメージ 16
植物振興センター東。青葉多し。紅葉しているものもあるが・・・。(大きな声では言えない)





峯ヶ岡八幡宮のカエデは無残。イチョウは大半は色付いていたが、大イチョウは全くの青葉。

興禅院隣地は紅葉していたが、色付き悪し。興禅院のイロハカエデは青葉。

肝心の弁財天は99%青葉。下手をすると見頃は12月中頃になるかもね。しかし、こうなっては、ここに期待するしかあるまい。