行った日;2018.10.22(月)
コース;歌ヶ浜(7:30)~中禅寺湖南岸~千手ヶ浜(12;50)~熊窪~赤岩~竜頭の滝~菖蒲ヶ浜船着き場(14;20)=船=立木観音(15;20)~(15;50)中禅寺湖バス停(17;00頃)=バス=東武日光駅(18;50)



中禅寺湖畔の民宿をゆっくりめの時間に出発。



イメージ 1
天気は良好。



が、紅葉はイマイチ進んでいなかった。


以下、紅葉の切り取り写真。


イメージ 2




イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6



最も美しいはずの大和田沢の氾濫原は、ほとんど青葉。ガッカリ・・・。



イメージ 7
千手ヶ浜に着いてしまった。



そもそも千手ヶ浜で紅葉が残っている時は、南岸の紅葉が深まっていない事が多いように思う。


日当たりのよい北岸に期待しよう。



イメージ 8
青葉多しといえども、南岸よりは紅葉が進んでいた。




イメージ 9
熊窪付近。




イメージ 10




イメージ 11
菖蒲ヶ浜付近。写真は悪いが、この辺りが一番綺麗だったかも。



竜頭の滝に寄るも、多くの観光客がおり素通り。



船着き場で、船の待ち時間30分。蕎麦を食おうと思ったが、本日終了との事。



中禅寺湖バス停に着くと、なんとまぁ凄い行列。行列はバス停を軽く越え、俺は「日光自然博物館」の入口付近に並んだ。その後も続々と行列は伸び、その先の信号の所まで達した。外人さんが半分位はいたように思う。

待てど暮らせどバスは来ない。湯元温泉からやってくるバスは満員で誰も乗れない。
バス会社の人がメガホンで状況説明。「臨時バスを3台出しているが、第二イロハ坂で渋滞。現在清滝付近」との事。後ろの婆さんに「清滝ってどこですか?」と聞かれた。「清滝はねぇ~、イロハ坂の下。1時間やそこらじゃぁバスはきませんなぁ~」

その後、メガホンによると「臨時バスは5台」に増えた。

日が暮れてきた。寒いワ。短パン姿のアジア系の女の方、大丈夫なの?俺はフリースを出して重ね着。

意外にも外人の方々は和やかに並んでいたが、日本人のオッサンが騒ぎ出した。なんか色々な所に苦情の電話を入れている。

俺は、婆さん軍団との雑談で気を紛らわせていた。婆さん軍団①は遊覧船に乗っただけで一日が終わった
と。婆さん軍団②は、バスでやっとここまで来て、すぐに帰りバスに並んだと。してみると、俺はかなり恵まれた境遇にあるのではないか。

俺は臨時バス5台めに乗れた。バスに乗れなかった外人の団体さんが、朗らかに手を振ってきた。俺は手を振りつつ、内心「臨時バスは5台なのだよ」と・・・。

立ちっぱなしでイロハ坂を下った。婆さん爺さんも立っているのだからしょうがない。それでもトロトロとバスは動いてくれた。東武日光駅に着いたのは7時前。


各駅停車の電車に乗って、帰宅は10時を過ぎていた。

明日は仕事かぁ~。