山行日;2018.10.21
コース:JR日光駅=バス=清滝駐在所前バス停(8:40)~細尾入り口~補佐尾峠旧道870m付近より藪入り~細尾峠・篭石の尾根(11:40)~篭石(12:00)~茶の木平展望所(12;40)~中禅寺湖畔(13:30)


JR日光駅では、バス積み残しの人々が大量に出現。バスは西参道付近まで順調に進むも、旧道に入ったとたんに動かなくなった。俺はバスでは座れず、このままいつまでも立っているのはしんどいなぁと思いつつ、考えを巡らしていた。何時着くか判らないバスに乗っているよりも、以前から構想にあった細尾地区から茶の木平に至る尾根筋を辿った方がいいのではないかと。

バスの降車ボタンを押した。

それからしばらくはバスは動かず、ようやく降りたバス停は「清滝駐在所前」であった。

全く動いていない車列を横目に、車道を歩いた。

桐生に向かう国道にでると、車の往来はほとんどなし。

クルクルっと細尾峠の旧道に入り、わずかで取り付き地点に辿り着いた。870m付近である。



イメージ 1
手書きで、あまり精確ではありません。


予定の尾根を尾根を廻り込んですぐの所で尾根に取り付くと簡単に尾根に乗れた。しかも、藪尾根だと思っていたが、明瞭で幅広の道があった。


イメージ 2
こんな道があった。


道に沿って杉林を登る。道は尾根を外れる事はあっても必ず尾根に戻るように続いていた。送電線を二つ過ぎると雑木林に変わる。しだいにツツジの濃密な尾根となり、紅葉したハウチワカエデが混じるようになる。



イメージ 3
ヒヒヒッ・・・。


もうすぐ主尾根だろうと思った所で道を失ったが、低い笹の尾根を辿ると、


イメージ 4
細尾峠~篭石の主尾根に辿り着いた。1330m付近である。


そこは、ツツジ紅葉の別天地であった。



イメージ 5
紅葉の尾根道を篭石目指して。



イメージ 6
ツツジ紅葉を愛でながら。



イメージ 7
赤・黄のツツジ紅葉。




イメージ 8
アッサリと篭石到着。



イメージ 9
茶の木平の一角に着いた。ここは、紅葉する木が少なかった。



イメージ 10
茶の木平ロープウェイ跡地。



イメージ 11
茶の木平の下りで、素晴らしい紅葉にまみれて。



イメージ 12
ヒヒヒッ。ハウチハカエデ多し。



イメージ 13
たまりませんのぉ~。




イメージ 14
中禅寺湖にて。



土産物屋で、舞茸天ぷら蕎麦を食って、


歌ヶ浜で、イヤと言うほど中禅寺湖を眺めたのだ。