行った日;2018.10.13
コース;JR武蔵野線東所沢駅(14:00)~滝の城(14;40)~JR武蔵野線新座駅(16;00)



朝4時半に起きた。暗がりの外を見る。よく判らんが、どうも厚い雲に覆われているように思われた。山に行くのはやめよう。布団に入った。



所沢市にある「滝の城」の存在を知ったのは今年に入ってから。清瀬市との境界近くにある。近年、古代の横穴墳墓が発見された。中世後半には後北条氏支配の城となった。


自宅で昼飯を食ってから出かけた。


東所沢駅から県道を歩いていると、「アライテント」の建屋が目に入った。おおっ、こんな所にあったのか。俺も大分お世話になった。


畑地が目立つようになると、


イメージ 1
滝の城に着いた。



イメージ 2
滝の城案内板。



イメージ 3
滝の城解説板。



イメージ 4



イメージ 5
いきなりの掘跡。



イメージ 6
広く深い掘。



イメージ 7
二郭。



イメージ 8
竪掘りか。上に城山神社社務所。



イメージ 9
本郭にある城山神社。




イメージ 10
本郭下の崖の崩落修復時に発見された横穴墳墓群の解説。



イメージ 11
二郭付近の倒木。




イメージ 12
折りを伴う切岸。




イメージ 13
三郭。




イメージ 14
三郭から南側を望む。JR武蔵野線と城郭下の野球場。北条氏照が望んだ風景とはどれほど異なっているのだろうか。



イメージ 15
三郭を通り、



関越自動車道をくぐって、城下の柳瀬川を越え、新座駅に向かった。