山行日:2018.2.17
コース:JR中央線鳥沢駅(8:15)~高畑山分岐~破線道倉岳山北側の尾根~(10:50)倉岳山(11;15)~(12:15)808m・鳥屋山(12;30)~816m舟山(13:05)~寺下峠(13;20)~JR中央線梁川駅(14;50)


イメージ 1


JR中央線鳥沢駅で降りたのは3~4組の人々であった。俺が最後に無人の改札を通ったと思う。
すると、お巡りさんが近づいてきて、「どちらの山ですか?」と聞いてきた。「倉岳山です」
どうやら最近、近くの山で行方不明者がでているらしい。「斜面を滑り降りた跡は発見しているのですが、アイゼンは着けていなかったようです。アイゼンはお持ちですか?」 ムムムッ、スパイクチェーンしか持ってきていなかったが同じようなものだろうと、「ええ、持ってきていますけど・・・」「そうですか。倉岳山ならば大丈夫でしょう」との事。
そして、おかしなものを手渡された。幅2cm、長さ20cm位の黄色いリボンをリュックにくくりつけるように指示された。「上からの指示でして、遭難の際は、ヘリに向かってこのリボンを振ってくだい」と。ムムムッ・・・。こんなもの振って、見つけてくれるのかねぇ~。取り敢えず「判りました」と言っておいた。
しかし、3~4組降りた中で、俺だけが指導を受けたようでガテンがいかないねぇ~。そういやぁ、一番素人ぽい格好をしていたかもね。



イメージ 2
道々にて。左百蔵山、右扇山。扇山と百蔵山の落ち込みは、やっぱりすごいよなぁ~。


先月、高畑山から降りてきた道を途中まで辿ったのだが、街中で道迷い。記憶力はほぼ0かぁ~。ウロチョロして、ゲートを開いて山道にありついた。

小振りなダムを過ぎると、道が氷っていた。お巡りさんにも注意されていたし、せっかく持ってきた
のだからチェーンスパイクを装着した。この程度の氷と雪だと中々塩梅が良いではないの。


道に鉄道の定期が落ちていた。拾って脇の小岩の上に載せておいた。50mほど進んで、思い直し戻って定期を再び拾い上げた。良く見ると6カ月定期でこの先の期間は長い。距離もそこそこあるねぇ。どうすんべ~。落とし主が戻って捜しに来るかなぁ~。それともすでに下山している人のものかなぁ~。取り敢えず、フトコロに収めて、帰りがけに警察かJRに届ける事にした。

そこからしばらくで、高畑山の分岐を分け、さらにチョット先で石像の前の分岐に達した。右は沢沿いの正規ルート、左は「昭文社」の地図で破線道となっている倉岳山直登の尾根ルートであろう。左の破線ルートを選択。


イメージ 3
破線道分岐。破線道の方には標識が無かった。


しばらく登って、どうも様子がおかしい。地図では間もなく尾根に乗るはずであるが、ずーと尾根の山腹に道が繋がっている。標高が上がらない。下に見えていた沢が間近く見えてきた。道型が薄れていたが、先にテープが見えたので行ってみる。取り敢えず折り返すような薄い踏み跡が見えたので従ったが、ザレた山腹の急斜面で完全に道型を失う。まぁ居る場所はおおよそ特定できているので、あせらず山腹を斜上してみると、明瞭な道型に合流し尾根に達する事ができた。但し、昭文社記載の破線道とは違う方向から現れた道だった。


イメージ 4
尾根に乗ると平和な尾根だった。1~2名分位の古い足跡があった。


斜度が増して、


イメージ 5
カリカリした雪の上を歩くと、


看板があり、振り替えて見ると、


イメージ 6
と言った具合で・・・。


そこは、


イメージ 7
倉岳山山頂だった。青岸渡寺の札あり。


先客一人。
定期の事を聞くと、落としていないそうだ。



イメージ 8
先客のオッサンによると、今ようやく、雲が切れてきたとの事。ラッキーだ。



イメージ 9
アップで。


やがて、オッサンは去り、俺はタバコを吹かせる。

しばらくして、男女がやってきた。定期の事を聞くと、女性が定期を捜しはじめた。ナイナイ!との事。
乗車区間を聞くと、ピッタリ一致。俺はフトコロから定期を出した。



イメージ 10
そして、雲は去った。


もう一本吸って、山頂を去る。


イメージ 11
808m付近より、最後の富士山。


808m鳥屋山で、握り飯を食う。人影は皆無。



イメージ 12
綺麗な尾根道を進み、


818m舟山を越え、


イメージ 13
ここは、結構迷いやすそう。雪の上の踏み跡がなければ、あらぬ所へ行くところだった。



寺下峠に達した。
ここより梁川駅に向かう。


イメージ 14
ウワサ通りのロープ地帯。ロープがあるので大丈夫。ないと、かなりヤバイかも。


沢に出て、またしても道を失う。戻って、その途中で左に斜上する道を発見。こちらの方が薄いかもねぇ~。斜上し、小さな尾根を越え、再び沢に下るも、沢床には出ず、山腹を緩く下る(地図のイメージとは異なる)。広い車道に出て、これまた判り難い道を梁川駅に向かった。