行った日:2017.1.28


いろいろあって、高峯歩きは短時間で終わった。
加波山麓、筑波山麓の下道で帰る途中、真壁城を思い出した。


石井進氏の「中世武士団」の中で、常陸平氏の繁茂の例として真壁氏が取り上げられていた。そしてかすかな記憶の中に「真壁町長岡」の地名がよみがえる。
カーナビというものを持たない俺は、キタナイ車内の中から地図を掘りだした。かなり古い。しかも全国版である。当然大幅な縮尺率である。幸い「真壁町長岡」を見出す事ができた。

しかし、現地に着くも、城跡の案内は無い。ムムムッ・・・・。まぁ、急遽来た訳で、見つからなくて当然。諦めかけた所で、大きな「観光案内」を見つけ、車を急停車。しげしげと案内を見て、「体育館」のそばに真壁城がある事が判った。戻る。

真壁城は、「桜川市真壁古城」の体育館裏にあった。良く見ると車道から堀と土塁が見えていた。



イメージ 1
真壁城案内板。


真壁城は、想像を越える規模であった。俺のイメージは鎌倉初期の常陸平氏傍流の開発領主であって、広大な城郭を構える一族とは思っていなかった。どうやら鎌倉初期に造営された館が、戦国末期まで増築増強されたようだ。従って、今見る城跡は、戦国末期のもののようだ。


イメージ 2
農道を通って、ここから入城した。



イメージ 3
背後には、加波山~足尾山~筑波山の山並みが迫る。



イメージ 4
奥に筑波山。とにかく広大だ。筑波山の麓には宗家多気氏の北条多気山城、平沢官衙跡、すぐその先にライバル小田氏の小田城(国指定史跡)がある。


イメージ 5
確か、真壁氏一族から剣豪も輩出している。



イメージ 6



イメージ 7
パラグライダーがたくさん飛んでいた。城跡の隣地にパラグライダーの着陸基地があるようだ。



イメージ 8
折れをともなう土塁。



イメージ 9
土塁の切れ目から、加波山方面。



イメージ 10
堀も深くて広い。



イメージ 11
堀は何重かになっている。



イメージ 12
土塁に咲く。土塁に登ると白い日光連山が見えた。風光明媚である。



イメージ 13
城内にある鹿島神社。本郭には稲荷神社があった。


イメージ 14
鹿島神社にて。鹿島神社の裏手はひときわ高い土塁と堀があった。自然地形を利用したものか?



イメージ 15
調査が進行中なのか? それとも公園化に向けた工事なのか?


イメージ 16
一巡りしてくると、汗がでていた。



真壁城は予想をはるかに上回る広大さであった。今回廻った所は国指定史跡の範囲だけだった。周辺にも城跡と思われる景観があった。残念なのは、本郭付近に体育館が建設されてしまった事だ。願わくば、白亜の天守閣など、建設されないように。